あんスタ ノーツピース。 あんさんぶるスターズ × ナンジャタウン池袋 2.7

あんさんぶるスターズ × ナンジャタウン池袋 2.7

あんスタ ノーツピース

2015年にリリースされ、マンガ化・アニメ化も果たしている大人気の アイドル育成ゲーム『あんさんぶるスターズ! あんスタ 』のシリーズ版とでも言うべき存在。 大ヒットを収めた 『あんさんぶるスターズ!』は使いやすさとストーリーなどが強化された『あんさんぶるスターズ!! Basic』としてバージョンアップされ、分家のような形で 3DダンスMVなどの音楽要素メインの『あんさんぶるスターズ!! Music』が新たに作られたという形になっています。 本家がアイドルをプロデュースする育成型アドベンチャーゲームに分類されるのに対して 『あんさんぶるスターズ!! Music』はミュージック 音楽&リズム というカテゴライズ。 配信元のHappy Elements株式会社さんはあんスタのシリーズが代表的。 どちらにせよ、 グラフィックの綺麗さ・ストーリーの良さは折り紙付きと言っても良いのではないかと。 『あんスタ!! しかし『あんさんぶるスターズ!! Music』と『あんさんぶるスターズ!!Basic』は「!」のメインストーリーから一年後、アイドル業界の中心となっている アンサンブルスクエア(ES)に存在する 四つの事務所を軸にストーリーが進んでいきます。 プレイヤーも夢ノ咲学院プロデュース科の生徒ではなく、アイドルをプロデュースするための『P機関』所属スタッフという設定になっています。 ストーリーの詳細はネタバレになってしまうので書きませんが、大雑把なストーリーや世界観は他のアイドルプロデュースゲームやアニメと大差無いかなと。 それぞれのキャラクター・ユニットの個性がメイン だと個人的には思う。 『あんさんぶるスターズ!! Music』の方は音ゲー特化型と紹介されていますが、 ストーリーモードや育成要素もあります。 結構ボリュームがあり制限なく読み進めることが出来ますが、前作「!」のストーリは公開されていません。 はじめから読みたい、キャラクター達のことをもっと知りたいという時は『あんさんぶるスターズ!!Basic』をプレイしてねってことでしょう。 『あんさんぶるスターズ!』からのデータ引継ぎもBasicでは可能ですが、Musicの方へは出来ません。 今後BasicとMusic間で同じカードが追加されていく予定ですが、2つのアプリ間で連動させることもできません。 『あんスタ!Music』のゲームシステムと魅力 リズムゲームは3DMV演出 凄さは動画じゃないと伝わらないはず。 『あんさんぶるスターズ!! Music』一の目玉と言えるのが、この 3Dモデルのキャラクター達が歌って踊るMV。 リズムゲームとしてプレイするときのバックグラウンドがこれなんです。 こんな素敵なシーンが後ろにあったら集中できない! さらに 楽曲オリジナルのメンバーだけではなく 自分の好きなアイドルたちに変更したり、衣装をチェンジしたりも出来るという…ファン待望の仕様。 推しだけを集めたユニットを作るという野望も叶います。 音ゲー苦手勢も楽しめる 『あんさスタ!! Music』のリズムゲームパートでは、同じ楽曲でも Easy・Normal・Hard・Expertの4段階に難易度が設定されています。 上で貼らせていただいた動画のプレイヤー様はタップ部分が9箇所ありますが、 Easyモードの場合はノーツ数が少ないだけではなくタップ部分も7箇所に。 もちろん他の音ゲーと同じくノーツ速度の調節も可能。 リズムゲームが苦手・初チャレンジという方から、ExpertでのフルコンやAP・高スコアを狙う上級者まで楽しむことが出来ます。 また、 低難易度であっても楽曲をクリアすることで新しい曲が開放されたり、報酬がもらえます。 なのですが、 BPゼロでもプレイできちゃうんです。 なので消費BPゼロでプレイしても報酬は獲得できるんです。 倍率は• 他のゲームで言うところのライフ回復待ちをする必要が無いので、リズムゲームが苦手でミスが多いという方も気にせずプレイできるのも嬉しいポイントですね。 コンテンツは大きく3パート 『あんさんぶるスターズ!! しかし、 リズムゲーム部分だけではなく育成パートとストーリーパートもかなり充実しており、キャラクターを育てることが高スコアのカギになっていきます。 ストーリーパート こちらはほぼ説明不要。 ストーリーパートは大きく• メインストーリー• アイドルストーリー• イベントストーリー の3つに分けられており、メインストーリーはアイドルをプロデュースするための『P機関』所属スタッフとなったプレイヤーと、個性豊かなアイドルたちとの物語。 解放条件などなく、1話読み終わるごとにダイヤが貰えます。 アイドルストーリーは個別でそれぞれのアイドルのストーリーを読むことが出来ます。 ロードの開放には素材もしくはダイヤが必要になるので、そのためにもメインストーリーは読み進めておきたいところ。 アイドルの育成パート スマホ向け音ゲーでは一般的なシステムですが、高いスコアをとるためにはキャラクターを強化する必要があります。 『あんさんぶるスターズ!! Music』でも同様にアイドルを育成する必要があります。 アイドル(カード)自体の入手と育成 スカウトと呼ばれているのが、一般的に言われるガチャ機能。 ダイヤを使用してガチャを引き、キャラクター(アイドル)達を獲得します。 あんスタ!! 攻略サイトなどで「才能開花」という言葉が出てきますが、これもアイドルロードのマスを進めていった先にあるものです。 お仕事に参加させたアイドルは全員ファン数がアップするほか、アイドル自身のステータスが上がるというメリットも。 お仕事はミニゲーム的なものではなく、 画面をタップすることでアイドルに作業やファンサービスを進めてもらうだけ。 瞬殺で終わります。 らくちん。 お仕事に参加するには「 お仕事チケット」が必要。 ライブと同じく BPを消費すると獲得できるアイテムやステータスアップ率が高まりますが、BP消費無しで行うこともできます。 事業部を強化するメリットは• アイテムの配置は箱庭要素というか趣味のデコっぽいですが、オフィスにアイドルを配置しておくと限定会話が見られることもあるようです。 『あんスタ!! Music』のレビュー レビューで見る評価点と不満点 あんスタ!からファンが多かったゲームとということもあり、リリース開始から短期間でかなりのDL数を達成している『あんさんぶるスターズ!! Music』。 この記事を書いている現時点では• App Store:星5つ中 4. 4 評価件数1. 2万件• Google Play:星5つ中 4. 4 評価件数3,910件 と高評価を得ているゲームでもあります。 マイナスのレビューはあまり多くありませんが、意見としては 「前作からキャラクターの雰囲気・性格が変わっている」ことと「育成が難しい(課金しないと無理)」という二つが大半を占めています。 前作と比べるとアイドルの強化もMAXと言える「虹色開花」まで持っていくには必要アイテム数が多く大変。 あとは 前作『あんさんぶるスターズ! 』で集めたカードをMusicに引き継げない点、basicとmusicで連携出来ない点も挙げられています。 ストーリーなどは共通なのに連携できないとなると、ダブルで課金させようという目論見があるのではと疑われても仕方ない部分はありそうですよね。 良い評価としては キャラクターやストーリーについての評価、3Dで推しが動くことについての感動の声が大多数を占めています。 3Dの作りこみも細かく、ファン歴が長い方たちからも高く評価されています。 ガチでイベントを走ろうと思うと辛い部分もあるようですが、推しアイドルたちの雄姿を愛でるには絶好のゲーム。 Music から始めてもキャラの魅力は伝わりますので、あんスタに興味がある・音ゲーをこれから始めてみたいという方には良いのではないでしょうか。

次の

あんさんぶるスターズ!! Musicはおもしろい?レビュー評価まとめ

あんスタ ノーツピース

レッスン フェスプロデュース中は、4つのレッスンでアイドルたちが自由に練習をします。 その内のレッスンをプロデューサーが1つ選ぶと、そこにいたアイドルたちとの信頼度が上がって、レッスンの成果を表す『ノーツ』が手に入ります。 一定の確率でアイドルロードで使えるステータスピースが手に入ることもあります。 レッスンのタイプ レッスンはダンス、ボーカル、パフォーマンスの3つのタイプにわかれています。 2つのタイプを持つレッスンも存在します。 レッスンのタイプに応じて、手に入るノーツの色が決まります。 レッスンと同じタイプのアイドルがレッスンに参加していると、ノーツを少し多く集めることができます。 レッスンの人数 同じレッスンにたくさんのアイドルが参加していると、ノーツを多く集めることができます。 逆に、レッスンに参加しているアイドルの人数が少ないと、それぞれの信頼度が上がりやすくなります。 信頼度 アイドルたちと一緒にレッスンを行うと、信頼度が上がっていきます。 信頼度が高いアイドルは以下のような効果があります。 が発生しやすくなります。 フェスプロデュース完了時、そのアイドルのアイドルピースが入手しやすくなります。 の成功率が上昇します。 フィーバー フェスプロデュースを進めるとFEVERゲージが上がり、MAXになるとフィーバーが発生します。 フィーバー中は1回のレッスンで複数回練習を行い、ノーツを大量に集めることができます。 アイドルがいない場所でのレッスン レッスンでアイドルがいない場所を選択すると、レッスンの予習を行います。 次回また同じレッスンを続けて行うと、そのレッスンの効果が通常の2倍になります。 一度に多くのノーツを集めたい時などに活用しましょう。 同じレッスンで2回以上続けて予習を行う(2回以上連続でアイドルがいなかった)場合は、予習の効果は持ち越されず、予習からの上昇効果は2倍が上限となります。 フェスプロデュースの最後のターンで予習を行った場合、その効果は次のフェスプロデュースには持ち越されませんのでご注意ください。 レスティングルーム レスティングルームを選択すると、レッスンを行わずに教師とのが発生します。 オートモードを使用すると、レッスンの選択が自動的にランダムで行われます。 オートモードで進行している場合は、ミニトークやアピールトークは発生しません。

次の

3Dで踊る!『あんさんぶるスターズ!! Music』の内容と魅力、レビュー評価は?

あんスタ ノーツピース

よいレビューを書くにあたってのヒント:• - 理由をはっきりと: 商品の好き嫌いだけではなく、その理由も明記してください。 他の関連商品と比較した感想もわかるようにしましょう。 - 詳しく具体的に: 商品の特徴や感想、またはそれにまつわる体験を具体的に伝えてください。 ビデオレビューを投稿するにあたっては、その内容について簡単な説明文を添えることをおすすめします。 - 短すぎず、長すぎず: レビューの文章は、少なくとも30字以上、10,000字以内とします。 理想的な長さは、75-300字程度です。 ビデオレビューは最長10分までとしますが、視聴者の集中力が途切れないよう2-5分程度に収めることをおすすめします。 - 率直に: よい点も悪い点も含めて、その商品を率直に評価してください。 否定的なレビューであるということだけでは削除の対象にはなりません。 評価がよいか悪いかにかかわらず、他のお客様の役に立つ情報はすべて掲載されます。 - 十分な情報開示を:レビューに投稿することを条件にある商品を無料で受け取った場合は、はっきりとその旨を開示してください。

次の