街コン まちこん。 【動画あり】街コンからお持ち帰りされてもOKな男の特徴8選と成功例

500人の口コミでわかる街コンの実態|感想・評判まとめ

街コン まちこん

シニアでも参加できる合コンや街コンってあるの?• 中高年でも楽しめるイベントに参加して出会いを探したい! お見合いパーティーや結婚相談所は苦手でも、イベント形式で楽しみながら異性と出会える場、楽しく話せるチャンスがあるのが合コンや街コンの魅力なのですが・・・ 実際に合コンや街コンに参加しても若い人達が多く全く楽しめなかったという経験がある人もいるのではないでしょうか? 毎月のようにあちらこちらで開催されているにも関わらず50代や60代が参加できるイベントは残念な事にかなり限られています。 しかし友達や知り合いなどに聞きながらリサーチしたところ、シニアや中高年向けに開催されているサイトを見つけたのでご紹介したいと思います。 あなたの友達や趣味仲間、恋活や婚活に役立てて下さいね! Contents• シニアにおすすめ出来る合コンや街コンは、同年代が集まるのがポイント 出会いの形は沢山ありますが、どちらかと言えば若い年齢層向けで設定されているイメージが強いのが合コンや街コンなのではないでしょうか? 年齢別で検索してもなかなか思っている年代層が見つけられず、参加したいと思ってもやめてしまう・・・ あなたもそんな経験をした事があるのではないでしょうか。 年齢制限のないイベントに参加しても同年代を見つける事はほぼ稀で、 これじゃ行っても意味がない!! 行かなければ良かったと後悔したこともあるはずです。 しかしもし、 同じ世代ばかりが集まるようなイベントがあればとても楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか? 特に友達や恋人を見つけたいと考えているなら、同じような考えを持つ相手と出会えるのですから沢山の新しい出会いが見つかるはずです。 しかし参加するなら、まずはあなたが合コンや街コンで出会いを探すのが向いているか?を知らなければなりません。 折角参加してもあなたに向いた出会いでなければ参加するメリットはないので、まずは向き不向きを知ってみて下さい。 中高年が参加できる合コン、街コンであなたは出会いを見つけられる? もしあなたが結婚を考えて参加しようと考えているなら辞めた方が良いと言えます。 これらのイベントは低価格で金額的には魅力的なのですが、真面目な婚活とは異なりまずは友達から始めたいという人の方が多いので、結婚相手を見つけるための手段として選ぶなら結婚相談所の方がおすすめです。 【参考記事】 しかし会話を楽しみながらまずは友達になり、そこから時間をかけてお互いを知り恋人になる事も想定しているなら非常に向いている出会いの方法です。 あなた側と相手側が揃えばお気に入りのお店などで出会う事が出来るのですから、人数が揃うなら合コンで出会い探しをしてみて下さい。 しかしあまり友達がいない場合や一人で参加するなら街コンがおすすめです。 あなたが何もせずとも運営サイドが全てをセッティングしてくれるので、後は会場に行くだけ。 楽しいイベントで盛り上がりながら参加者全員と会話出来るよう配慮されているので、一緒に行く相手がいなくても安心して参加出来ますよ! まずは気軽に友達を探す感覚で、素敵なパートナーを見つけに行ってみて下さいね。 シニア向け合コンに参加するならコンパde恋ぷらん 1人でも参加できる合コンを行っているのがコンパde恋ぷらんです。 会員登録数10万人突破! 参加者140万人突破!(2018年)と、かなりの人数が参加しているのですが、年齢別で検索をすると50代~60歳までの登録者が想像以上に多いのが一番のおすすめポイントです。 イベント開催は東京・中部・関西・九州等で行われているので、あなたが足を運べるところで開催されているかまずは調べてみて下さいね。 コンパde恋ぷらんの合コンは面倒な幹事を引き受けてくれる お客様信頼度8年連続No. 1の合コンセッティングサービスでは、友達が集まれば後は面倒な幹事さんの役割を全て運営側がセッティングしてくれるので、人数が集まるならおすすめです。 お店選びに自信がない• 忙しいから全てを任せたい• お見合いパーティーは苦手 という人向けなので、一つでも思い当たる事があるなら、あなたに向いていると言えます。 参加するならまずは無料会員登録をしなければならないのですが、合コンが成立しても男性は3500円、女性なら1000円とかなりお得に出会いを見つける事が出来るはず。 中高年向けの年齢層が多く集まっているので気になるなら公式サイトを確認してくださいね。 今参加できる街コンは40代までのようですが、更新される可能性があるので詳しくは公式サイトをチェックしてくださいね! 一度に多くの人と出会う事が出来る街コンは、街中にある飲食店が開催地となり男女がお気に入りの相手を見つけるシステムです。 連絡先の交換が自由なので気に入った相手が見つかったなら早めに連絡先を交換してしまうのがおすすめですよ! コラボイベントで盛り上がりながら出会いを見つけよう コンパde恋ぷらんの街コンは大手企業とのコラボ企画が沢山あります。 まずは、日本では2003年から開催されているドイツのミュンヘン市で開催されるオクトーバーフェスト。 ドイツビールと郷土料理を味わいながらお気に入りの相手を見つける事が出来るのですが、皆とワイワイと楽しめるので気の合う仲間が見つかるはずです。

次の

500人の口コミでわかる街コンの実態|感想・評判まとめ

街コン まちこん

街と合コンの「コン」をつなげた造語で、「街を盛り上げる合コン」という意味がある。 は2004年に栃木県で開催された「」で、その後11年後半から全国各地に広まった。 街コンという呼び方が生まれるまでは「巨大合コン」「大型合コン」などと言われていた。 しかし、 株 リンクバル代表取締役CEOの吉弘和正が代表を務める団体「街コンジャパン」が、各地の街コンをプロデュースするために発足しサイトを立ち上げる際に、呼び名を統一するため「街コン」と命名した。 ただし、それぞれの街コンは街コンジャパンに属する人が主催しているわけではなく、各地域が自主的に開催している。 街コンジャパンのサイトでは、各地の街コン情報を集め、掲載している。 街コンは通常同性2名以上が一組となって制限時間内に開催地区の飲食店の飲み歩きや食べ歩きをしながら出会いを求めるという形式で、大規模な街コンの場合は複数の飲食店を貸し切って行うこともある。 受付は各店舗で行うケースと、1カ所で行うケースがあり、行ける店舗数もイベントによって異なる。 多くの場合、受付でリストバンドなどを貰い、それを参加証として入店する。 年齢や参加費など参加条件は街コンによって異なるが、飲食代は参加費に含まれるので、自由にいろいろな店での飲食を楽しめるのも魅力の一つだ。 1回の開催で数百人から千人を超える参加者があるため、低迷する景気対策にもなっている。 また、街コンの開催は土曜日・日曜日の午後が多く、飲食店にとってはアイドルタイムと呼ばれる来店が少ない時間帯であるため、売り上げにも貢献している。 更に同じ地域内に住む人同士の出会いの機会が高くなる点も多くの人に受け入れられている理由の一つである。 特に近年は少子化による若年層の人口減などで結婚に結びつくいい出会いの機会が減っていると言われるが、未婚率増加を解消する効果もある。 ただ、近年は街コンの人気をビジネスに利用する動きがあり、本来の飲食店の活性化と出会いの場をセッティングするという目的から逸脱したケースもある。 そこで12年に全国街コン協議会が発足。 公式サイトを通しての情報発信、SNSで非公開での情報交換、全国街サミットの開催などを通して、街コン本来の趣旨を伝えるとともに街コンのモラルの維持に努めている。 12年6月現在、全国街コン協議会に加入しているのは、宇都宮市の「宮コン」、広島市の「ひろコン」、前橋市の「前コン」、新潟市の「潟コン」、福島市の「福コン」、仙台市の「せんコン」の6つ。 ただ、それ以外にも、協議会に所属せず、独自に開催される街コンは多い。 中でも2000人規模で開催される東京・恵比寿の「恵比コン」や、独身の20代限定という東京・渋谷の「渋谷若者コン」など特色のある街コンも増えている。 金廻すみ子 ライター / 2012年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 市民が参加し、街ぐるみで行われる合同コンパ(合コン)のこと。 とも表記する。 や市民団体、自治体などが開催母体となり、市街地の活性化を目的として行われる大規模な市民参加の懇親会である。 2~数名の同性が1グループとなり、割安な参加費を支払って登録すると、半日ほどの制限時間内は、商店街の参加店で自由に飲食に興じることができ、同時にほかのグループとの出会いを楽しめるという内容が一般的である。 街コンは栃木県宇都宮市で2004年(平成16)に開かれた「宮コン」という市内活性化のためのイベントが始まりといわれている。 地域の活性化と若い男女に出会いの場を提供するという趣旨が話題をよび、その後数百人が参加する大規模なイベントが日本各地で催されるようになった。 地元の街づくりや高齢者を支援している市民団体などが企画、市の広報などを通じて参加者を募り、引きこもりがちな高齢者に出会いを演出し、友達づくりの場にしてもらうといった、高齢者向けの街コンも人気が高い。 [編集部] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の

街コン(まちこん)総合ポータルサイト 街こんひろば

街コン まちこん

街と合コンの「コン」をつなげた造語で、「街を盛り上げる合コン」という意味がある。 は2004年に栃木県で開催された「」で、その後11年後半から全国各地に広まった。 街コンという呼び方が生まれるまでは「巨大合コン」「大型合コン」などと言われていた。 しかし、 株 リンクバル代表取締役CEOの吉弘和正が代表を務める団体「街コンジャパン」が、各地の街コンをプロデュースするために発足しサイトを立ち上げる際に、呼び名を統一するため「街コン」と命名した。 ただし、それぞれの街コンは街コンジャパンに属する人が主催しているわけではなく、各地域が自主的に開催している。 街コンジャパンのサイトでは、各地の街コン情報を集め、掲載している。 街コンは通常同性2名以上が一組となって制限時間内に開催地区の飲食店の飲み歩きや食べ歩きをしながら出会いを求めるという形式で、大規模な街コンの場合は複数の飲食店を貸し切って行うこともある。 受付は各店舗で行うケースと、1カ所で行うケースがあり、行ける店舗数もイベントによって異なる。 多くの場合、受付でリストバンドなどを貰い、それを参加証として入店する。 年齢や参加費など参加条件は街コンによって異なるが、飲食代は参加費に含まれるので、自由にいろいろな店での飲食を楽しめるのも魅力の一つだ。 1回の開催で数百人から千人を超える参加者があるため、低迷する景気対策にもなっている。 また、街コンの開催は土曜日・日曜日の午後が多く、飲食店にとってはアイドルタイムと呼ばれる来店が少ない時間帯であるため、売り上げにも貢献している。 更に同じ地域内に住む人同士の出会いの機会が高くなる点も多くの人に受け入れられている理由の一つである。 特に近年は少子化による若年層の人口減などで結婚に結びつくいい出会いの機会が減っていると言われるが、未婚率増加を解消する効果もある。 ただ、近年は街コンの人気をビジネスに利用する動きがあり、本来の飲食店の活性化と出会いの場をセッティングするという目的から逸脱したケースもある。 そこで12年に全国街コン協議会が発足。 公式サイトを通しての情報発信、SNSで非公開での情報交換、全国街サミットの開催などを通して、街コン本来の趣旨を伝えるとともに街コンのモラルの維持に努めている。 12年6月現在、全国街コン協議会に加入しているのは、宇都宮市の「宮コン」、広島市の「ひろコン」、前橋市の「前コン」、新潟市の「潟コン」、福島市の「福コン」、仙台市の「せんコン」の6つ。 ただ、それ以外にも、協議会に所属せず、独自に開催される街コンは多い。 中でも2000人規模で開催される東京・恵比寿の「恵比コン」や、独身の20代限定という東京・渋谷の「渋谷若者コン」など特色のある街コンも増えている。 金廻すみ子 ライター / 2012年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 市民が参加し、街ぐるみで行われる合同コンパ(合コン)のこと。 とも表記する。 や市民団体、自治体などが開催母体となり、市街地の活性化を目的として行われる大規模な市民参加の懇親会である。 2~数名の同性が1グループとなり、割安な参加費を支払って登録すると、半日ほどの制限時間内は、商店街の参加店で自由に飲食に興じることができ、同時にほかのグループとの出会いを楽しめるという内容が一般的である。 街コンは栃木県宇都宮市で2004年(平成16)に開かれた「宮コン」という市内活性化のためのイベントが始まりといわれている。 地域の活性化と若い男女に出会いの場を提供するという趣旨が話題をよび、その後数百人が参加する大規模なイベントが日本各地で催されるようになった。 地元の街づくりや高齢者を支援している市民団体などが企画、市の広報などを通じて参加者を募り、引きこもりがちな高齢者に出会いを演出し、友達づくりの場にしてもらうといった、高齢者向けの街コンも人気が高い。 [編集部] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について.

次の