ソフトバンク 安心フィルター。 「スマホ安心サービス」のせいで設定が開けない!?

あんしんフィルターを利用する

ソフトバンク 安心フィルター

2018年7月現在、ソフトバンクのスマートフォンにインストールされている 「あんしんフィルター」というアプリに対してGoogleのシステムが警告を表示するトラブルが生じています。 そもそも「そんなアプリを入れた記憶が無い、使ったこともない」というユーザーも多いかもしれません。 そんなアプリでいきなり警告が出て驚いてしまう人もいるでしょう。 管理人の持っているソフトバンクスマートフォンでも発症し、 通知画面には「有害なアプリ」として判定されたとして、対処をしないと通知が消えないようです。 このままの状態だと「あんしんフィルター」のはずが危険なトラブルを起こしかねない&通知がとてもウザいので、原因と解決方法を紹介します。 症状:Googleにより、有害なアプリとして判定 まず、あんしんフィルターとは、ソフトバンクの多くのスマートフォンにプリインストール(初めから入っている)されている、利用者を有害なサイトやアプリの利用から守るためのフィルタリングサービスです。 利用者を設定することで、小学生・中学生・高校生モードなどが用意されており、ゲーム・SNS・出会い系・アダルトサイトへのアクセスを遮断することが出来ます。 正規のアプリケーション機能としては、Googleプロテクトに有害なアプリとして判定されてしまうようなものではなく、 公式アプリであれば「あんしんフィルター」はスパイウェア・ウイルスアプリではありません。 しかし、あんしんフィルターがインストールされた一部のスマートフォン端末にて、以下のようなアラートが出てしまっています。 上記は2017年夏モデルのHTC U11 601HT にて表示された警告文章です。 「詳細」をタップすると、警告の内容が表示されました。 このアプリの動作により、 「恒久的な損害」や、「不正な請求」が発生する可能性があるとしています。 実際にそのような損害・不正請求が発生しているかどうかは2018年7月15日時点では未確認ですが、 My softbankより料金請求状態を確認したところでは、特に問題はありませんでした。 誤動作であれば損害のあるトラブルは生じていないはずですが、同様にプロテクトの警告が表示された場合は、料金請求に異常がないか各自で確認してみることをオススメします。 Playプロテクトの警告が出る原因 Googleによれば、以下のような場合にPlayプロテクトが動作するとしています。 重要な情報を隠したり偽ったりする、望ましくないソフトウェアのポリシーに違反するアプリが検出された場合は、ユーザーに警告します。 (中略) 悪意のあるサードパーティ ソフトウェア、URL、その他のセキュリティに関する問題から保護することを目的に、Google はユーザーの端末のネットワーク接続、有害な可能性のある URL、オペレーティング システム、Google Play または他の提供元を通じて端末にインストールされたアプリに関する情報を受信することがあります。 はっきりとした原因について、2018年7月15日時点ではソフトバンクより情報公開がされていないものの、どうやらこのあたりが原因のようです。 あんしんフィルターのアプリ内に、古い情報・システムなどに、ポリシーに反するがシステムが含まれており、それがGoogleにより危険と見なされている可能性が高いでしょう。 しかし、すでに対処方法はありますので安心してください。 ソフトバンクの対応は? あんしんフィルターがGoogleに有害アプリとして判定されている件について、 ソフトバンクのSNSサポートは「現象は認識している」としていますが、7月15日時点では公式のアナウンスは確認出来ませんでした。 ツイッターのカスタマーサービスには同様の問い合わせが多数行われており、多くのソフトバンクユーザーが困っている状況が見て取れます。 この症状はソフトバンクスマートフォンのすべての機種で生じているわけではありませんが、特定の条件下において機種・メーカーに依らず、複数種のスマホで発生し得るトラブルです。 有害アプリの警告が出た場合の対処法 Googleプロテクトでは「アプリのアンインストール(削除)」を推奨しますが、あんしんフィルターのアプリが プリインストールされている場合、通常はアンインストールが出来ない仕様になっています。 アプリを使っていない場合には消してしまいたいものですが・・・Playプロテクトに表示された 「アンインストール」のボタンをタップしても、消すことは出来ません。 警告画面の「アンインストール」を押すだけではいつまでも警告が消えないので、以下の方法を試してください。 警告を止める場合は、 アプリを無効化するか、上記の通りSBカスタマーサービスによると、 Playプロテクトの警告が出た場合はアプリを最新バージョンにアップデートすることで解決するとして案内しています。 あんしんフィルターのアップデートは、 Google Playストアにアクセスし、インストールされたアプリから「あんしんフィルター for SoftBank」を探し、「更新」ボタンを押せば自動的に最新バージョンにアップデートされます。 2018年7月15日時点の 最新バージョンは「1. 6」となります。 Google Playプロテクトからの警告が出た場合は、 あんしんフィルターのバージョンが古いことが原因となっており、アプリをアップデートすることで解決します。 実際に管理人のスマートフォン(U11)では、アプリの更新後は警告通知は出なくなりました。 アプリを更新しない場合、何度でもPlayプロテクトからの警告が出続けるため、早急にアプリの更新を行うことをオススメします。 対処方法の内容としては上記で解説したとおり、 Google Playストア上で最新バージョンをインストール・アップデートすることにより解決する、というものです。 セキュリティ警告が出るのは古いバージョンのあんしんフィルター(旧名称:スマホ安心サービス)がインストールされている場合で、ソフトバンクによれば警告が出ている内容に関わる危険性は確認されていないということです。 これを 回避するためにはあんしんフィルターのアプリを最新の状態に更新しておく必要があります。 引き続きアプリ自体に危険性があることは確認されていませんが、警告はあんしんフィルターのサービス加入・非加入に関わらず表示されるため、ソフトバンクのスマートフォンを最近購入した人も注意してください。 2018年7月18日 at 6:14 PM 一応自己解決出来たっぽいので私のようなケースの人の為に、こちらに報告と記入をさせていただきます。 「あんしんフィルターfor softbank」が「お使いの通信会社〜」となる原因のひとつが、「あんしんバックアップ」というアプリを削除or無効にしているのが原因の様です。 googleplayで「あんしんバックアップ」を探し、再インストールした所、「あんしんフィルター」の更新が出来るようになりました。 一応、私の環境では今の所、警告を消せたようです。 (数日後、またダメになった場合は追記しにきます) 私と同様の症状にお困りの方がいらっしゃいましたらお試し下さい。 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 「」 人気の記事• カテゴリー• 197• 165• 133• 132• 1,061• 322• 265• 118• 2 最近の投稿• 2020年7月18日• 2020年7月17日• 2020年7月14日 最近のコメント• に シロテン(管理人) より• に 一括 より• に シロテン(管理人) より• に club30 より• に シロテン(管理人) より アーカイブ•

次の

ソフトバンクあんしんフィルターが本当におかしい件

ソフトバンク 安心フィルター

4 KitKat から5. 0 Lollipop にアップデートしました。 すると… 設定がおかしい! これがどうも、子供向けのペアレントコントロール(フィルタリング)の仕業のようで、強制的にONになるようです。 そして、設定はおろか、SNSなんかも一切開けなくなります。 Chromeも。 本来は保護者が子供に向けて設定するものですが、そうじゃなくてもなってしまうようです。 あえて設定しているのなら、それは保護者に頼んでください。 そうでないのになってしまったら、解除したければしてください。 自己責任です。 心配な方はソフトバンクショップでやってもらってください(未成年者は保護者同伴で)。 手順としては、まずアプリ一覧にある「スマホ安心サービス」を開いてください。 アカウント作成画面が出た方は、適当に作成してください。 終わったらログイン。 ログイン画面が出た方は、すでにアカウントを作成済みのようです。 ログインしてください。 Webやアプリの制限は、「フィルタリング設定」から変更できます。 あとは ログアウトして端末を再起動すると大丈夫でしょう(しばらくかかる場合もありますが、数回再起動すれば大丈夫でしょう。 ) これで解決ですが、アンインストールも無効化もできないようです。 ちなみに… 諸悪の根源のパッケージ名は「jp. softbank. parentalcontrols」のようです。 ADBで消そうと思いましたが、 adb shell pm disable jp. softbank. parentalcontrols exit しましたが、はじかれました。 どなたかいい手法をご存知でしたら教えてください。 ではノシノシ.

次の

スマホ安心サービス勝手に解除されてます

ソフトバンク 安心フィルター

トップ画像引用元: ソフトバンクの『あんしんフィルター』とは? まず、ソフトバンクが提供している『あんしんフィルター』について詳しく説明していきます。 あんしんフィルターとは、• 子供の年齢• 判断力 に合わせてフィルタリング(インターネット上で行うアクセス制限)機能を持つアプリのことです。 この機能により、 子供にとって有害なサイトやアプリを使う前にブロックし、犯罪から子供を守ることに繋がります。 小・中・高校生によってフィルタリングモードが選べる ソフトバンクのあんしんフィルターでは、年齢に合わせて選べる4つのモードが存在します。 フィルタリング の強度 内容 制限対象 小学生 モード インターネットを使う前、 または使い始めの年齢 主に通話とメールを スマホで行う子供向け ゲーム、動画 音楽、SNS 出会い アダルト 中学生 モード インターネットに慣れ始めている 犯罪や有害なものから 守りたいという子供向け 動画、音楽 SNS、出会い アダルト 高校生 モード インターネットに慣れている オークションや掲示板なども 活用したい子供向け SNS、出会い アダルト 高校生プラス モード 高校生モードよりも フィルタリングを緩和 出会い アダルト 最初からモードが設定されているため、子供に合わせたモードを選ぶことで、サイトやアプリに対して、個別にフィルタリングをかける必要がないので設定がとても簡単です。 サービス利用料金は無料だが申し込みが必要 あんしんフィルターは、無料で利用することができます。 しかし、 利用を開始するにはソフトバンクに申し込みを行う必要があります。 また、基本的にこのサービスが利用できるのは、ソフトバンクで購入したスマホが対象です。 フィルタリングの内容はスマホかパソコンから確定させる あんしんフィルターを使う場合、子供に持たせるスマホでアプリをダウンロードする必要があります。 しかし、フィルタリング設定を行うのは、• 他のスマホ(例えば保護者のスマホ)• パソコン からになります。 つまり、 1度あんしんフィルターアプリをダウンロードし、初期設定を行っておくことで、子供のスマホが手元になくても遠隔でフィルタリングが行えるのです。 次の項目から、あんしんフィルターの詳しい設定方法を紹介します。 ソフトバンクのあんしんフィルターの初期設定方法 画像引用元: あんしんフィルターのことがわかったところで、設定方法を見ていきましょう。 この項目で説明するのは 、あんしんフィルターを初めて使う人が行う「初期設定」の方法です。 あんしんフィルターの申し込みを行う My SoftBank・電話・店舗の3つの方法から申し込むことができます。 My SoftBank|営業時間は24時間対応• My SoftBankのログインページを表示• 子供のスマホの電話番号でログインして申し込む 電話|営業時間は9:00〜20:00• ソフトバンク携帯電話から(157:無料)• 一般電話(0800-919-0157:無料)• 音声ガイダンスに従って番号を選ぶ 店舗|営業時間は店舗により異なる• 自宅や会社近くの店舗へ出向く• あんしんフィルターだけの申し込みは受け付けていません。 必ず保護者が行いましょう。 アプリで初期設定・保護者の管理者登録を行う あんしんフィルターの申し込みが完了したら、アプリから初期設定を行い、保護者を管理者として登録します。 使用するスマホによっては、ダウンロードが必要な場合もあります。 Androidのスマホ・タブレットの場合• 子供のスマホのアプリ一覧からあんしんフィルターを探して選択• ポップアップ画面から「設定を行う」を選択• 有効の可否を聞かれるので「有効にする」を選択• 引き続き案内画面が表示されるので「次へ」を選択• サービスに「同意する」を選択• 保護者のメールアドレスを入力し「次へ」を選択• パスワードを入力し「次へ」を選択• メールアドレスとパスワードの確認後、「確認メールを送信する」を選択• あんしんフィルターからのメールが届いたことを確認する• 「受信が確認できたので登録する」を選択• 「完了」を選択すると初期設定が完了 iPhone・iPadの場合• 子供のApp storeからあんしんフィルターアプリをダウンロードする• ホーム画面の「設定アプリ」を選択• 「Wi-Fi」を選択し、オフにする• ホーム画面に戻り「あんしんフィルター」を選択して起動• 案内画面から「設定する」を選択• ポップアップ画面が表示されたら「許可」を選択• 案内画面から上部にある「インストール」を探してタップ• もう1度上部の「インストール」を選択• リモート管理案内から「信頼」を選択• インストール完了画面の上部から「完了」を選択• 「あんしんフィルターを起動する」を選択• 以降の設定はAndroidのスマホ・タブレットの4〜11を参照 次の章では、ソフトバンクのあんしんフィルターの管理者設定方法について詳しく紹介します。 子供の利用状況を確認するための設定 画像引用元: 初期設定が完了したら、次は 子供の「インターネット利用状況を確認するための設定」を行いましょう。 Androidのスマホ・タブレットの場合• あんしんフィルターアプリを起動させる• 右上のメニュー(縦三本線「…」)を選択• メニュー一覧から「アプリ設定」を選択• WEB履歴・電話着信履歴・位置情報履歴など確認したい項目にチェックを入れる• ポップアップ画面で「OK」を選択• 確認したい項目にチェックが付いてたら設定完了 iPhone・iPadの場合• 「あんしんフィルター」アプリを起動させる• 画面下部のメニューを選択• メニュー一覧から「設定」を選択• 「詳細設定」を選択し、「Web履歴」を探す• 「Web履歴」をオンに設定し、「はい」を選択• 「Web履歴」がオンになり緑色に変化していたら完了 ソフトバンクのあんしんフィルターの管理者設定方法 画像引用元: 初期設定やインターネット利用状況確認設定が完了したら、 フィルタリングの詳しい内容を決めていきましょう。 設定は、管理者ページ(保護者ページ)と呼ばれるサイトから行います。 スマホやパソコンからあんしんフィルターのログイン画面へ• 初期設定のときに決めたメールアドレスとパスワードでログイン 子供の情報を登録する フィルタリングを行うスマホを持つ子供の情報を登録します。 管理者ページのトップ画面から「フィルタリング設定」を選択• 左下にある「利用者情報の編集」を選択• アイコン・子供の名前・生年月日を入力し「設定を保存」を選択して完了 ウェブフィルタリング設定を行う 子供の情報の登録が済んだら、ウェブフィルタリング設定をしてみましょう。 管理者ページのトップ画面から「フィルタリング設定」を選択• 「ウェブフィルタリング設定」を選択• 左側にフィルター設定ボタンが表示される• 小学生・中学生・高校生・高校生プラス・フィルターOFFの5つから選択• 右側に項目ごとにチェックマークが付くのを確認• フィルタリングを行いたい項目のチェックマークを確認したら「設定保存」を選択して完了 見せて良いサイト・見せたくないサイトを個別設定もできる 画像引用元: 小学生・中学生・高校生・高校生プラスの4つのモードを設定するだけで、ある程度フィルタリング設定は完了します。 その他に、個別に設定したいサイトがある場合は、 「見せて良いサイト」 「見せたくないサイト」ボタンから行いましょう。 管理者ページのトップ画面から「フィルタリング設定」を選択• 「ウェブフィルタリング設定」を選択• 左側にフィルター設定ボタンが表示される• 見せて良いサイト・見せたくないサイトのどちらかを選択• 「新規登録」を選択• 指定したいサイトのURLを入力する• 「設定保存」を選択して完了 アプリフィルタリング設定を行う 続いては、 アプリフィルタリング設定の方法です。 Androidのスマホ・タブレットの場合• 管理画面のトップ画面から「フィルタリング設定」を選択• 「アプリフィルタリング設定」を選択• 左側にフィルター設定ボタンが表示される• 小学生・中学生・高校生・高校生プラス・フィルターOFFの5つから選択• 右側に項目ごとにチェックマークが付くのを確認• フィルタリングを行いたい項目のチェックマークを確認したら「設定保存」を選択して完了 iPhone・iPadの場合• 管理画面のトップ画面から「フィルタリング設定」を選択• 「アプリフィルタリング設定」を選択• アプリフィルター強度設定の一覧が表示される• すべてのアプリを禁止・8歳以下向け・11歳以下向け・16歳以下向け・フィルターOFFの5つから選択• 「設定保存」を選択して完了 時間帯制限設定を行う あんしんフィルターでは、有害なサイトのブロックだけではなく、 時間帯による制限をかけることも可能です。 管理画面のトップ画面から「フィルタリング設定」を選択• 「時間帯制限設定」を選択• 曜日ごとにスマホの利用時間帯設定を行う• 「設定保存」を選択して完了 ソフトバンクのあんしんフィルターを使う上での注意点 子供を有害なサイトやアプリから守ることができるあんしんフィルターですが、いくつか注意点も存在します。 申し込む前に必ず目を通しておきましょう。 あんしんフィルターが利用できる対象機種の確認 全てのスマホが対象というわけではありません。 子供に持たせている・持たせる予定のスマホが対象になっているかを確認しましょう。 機種の種類 バージョンやiOS スマホ Android 4. 0以降• iPhone、iPadは持ち込みでも利用可能• スマートフォン・タブレット・ケータイは「ワイモバイルのあんしんフィルター対応機種」なら利用可能• その他の他社製品のスマホは利用不可 子供にパスワードを知られないようにする フィルタリング設定が行える管理者ページは、メールアドレスとパスワードでログインすることができます。 子供にパスワードを知られると勝手にログインされ、フィルタリングの設定を変更される恐れもあるので、パスワードの管理はきちんと行いましょう。 心配な場合は、パスワードを定期的に変更することをおすすめします。 あんしんフィルターと同時に「ウェブ利用制限(弱)プラス」が自動加入される あんしんフィルターをソフトバンクに申し込むと、「ウェブ利用制限(弱)プラス」というサービスに自動加入されます。 ウェブ利用制限(弱)プラスは、ソフトバンクがあらかじめ子供にとって危険と感じたサイトを制限するサービスです。 ネットスター株式会社のURLリスト分類基準にて「子どもの利用への配慮レベル1~3」に分類されたコミュニケーションサイト• モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)に認定されているサイト• Twitter・Facebook・LINEなど国際的に認知されているコミュニケーションサイト あんしんフィルターのウェブフィルタリング設定の内容を変更しても、閲覧したいサイトが見られない場合、ウェブ利用制限(弱)プラスで制限されている可能性があります。 ウェブ利用制限(弱)プラスを解除するためには、店舗にて解除手続きを行わなければなりません。 あんしんフィルターの解除は店舗でのみ受付している あんしんフィルターを申し込む場合は、My SoftBank・電話・店舗の3つから選ぶことができました。 しかし、 あんしんフィルターのサービスを解除したい場合は、店舗でしか受け付けることができません。 あんしんフィルターは4つのモードで簡単に設定できる 今回は、ソフトバンクが提供するあんしんフィルターについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。 もう1度ポイントをまとめます。 フィルタリング設定は管理者ページで行う• AndroidスマホかiPhoneかで設定方法が異なる• 小・中・高校生・高校生プラスの4つのフィルタリングモードが選べる• ウェブフィルタリング・アプリフィルタリング・時間帯制限の3つが設定できる• 見せて良いサイト・見せたくないサイトを個別に設定もできる 小・中・高校生・高校生プラス4つのモードがシステムの中に設計されているので、 フィルタリング設定自体難しく感じることはないでしょう。 見せて良いサイト・見せたくないサイトを個別に設定できるのも嬉しい特徴です。 あんしんフィルターを使うことができる対応機種が決まっているので、サービスの利用開始には、申し込みが必要などの注意点があります。 また、 解除の手続きは店舗でしかできないということも覚えておきましょう。

次の