パーソル テンプスタッフ。 けんしんWEB

パーソルテンプスタッフ会社概要

パーソル テンプスタッフ

本社所在地 〒107-0062 1-15-5 本店所在地 〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1 設立 (平成20年) 事業内容 労働者派遣事業・有料職業紹介事業等の事業を行うグループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務 代表者 兼 資本金 174億79百万円 (2018年9月30日現在) 発行済株式総数 2億3,667万3千株 (2017年3月31日現在) 売上高 連結:9,258億18百万円 単体:228億44百万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:441億11百万円 単体:131億63百万円 (2019年3月期) 経常利益 連結:439億82百万円 単体:116億15百万円 (2019年3月期) 純利益 連結:243億61百万円 単体:123億6百万円 (2019年3月期) 純資産 連結:1,709億25百万円 単体:1,028億53百万円 (2019年3月31日現在) 総資産 連結:3,708億39百万円 単体:2,383億37百万円 (2019年3月31日現在) 従業員数 連結:45,434名 (2019年3月31日現在) 決算期 主要株主 11. , LTD. )は、に本社を置く会社を統括する。 、テンプスタッフ(現・)のにより、として設立された。 沿革 [ ]• (20年) - テンプホールディングス株式会社設立。 (平成21年)• 3月 - 株式会社サポート・エーおよびテンプスタッフグロゥ株式会社の株式を取得し、化(2018年、テンプスタッフグロゥ株式会社をパーソルテンプスタッフ株式会社に統合)。 4月 - 子会社のピープルスタッフ株式会社の社名を、株式会社に改称。 5月 - 日本ドレーク・ビーム・モリン株式会社の株式を取得し、連結子会社化。 7月 - 富士ゼロックスキャリアネット株式会社の株式を取得し、連結子会社化した上で、社名をテンプスタッフ・クロス株式会社に改称(2018年、パーソルテンプスタッフ株式会社に統合)。 11月 - 株式会社日本テクシードをにより連結子会社化。 (平成23年)8月 - 株式交換により、株式会社日本テクシードを完全子会社化。 これに先立ち株式会社日本テクシードは、JASDAQ市場において上場を廃止。 (平成25年)• 4月 - インテリジェンスホールディングスの全株式を取得し子会社化。 (平成27年)10月 - 株式会社インテリジェンス(現・株式会社)が株式会社インテリジェンスホールディングスを吸収合併。 (平成28年)4月 - 株式会社インテリジェンスビジネスソリューションズ 、株式会社フロンティアチャレンジ(現・パーソルチャレンジ株式会社) の2社を子会社化。 (平成29年)• - 創業者名誉会長が最大2800万株を売却すると発表。 - 子会社の株式会社日本テクシードがを吸収合併し、株式会社に商号変更。 - ホールディングス株式会社へ商号変更。 (平成30年)3月19日 - 6球団との間で、2018年度のオフィシャルスポンサー契約を締結。 (平成31年)• 3月15日 - 2018年11月に本社機能を移転した「パーソル南青山ビル」内にオフィスを開設し、本格稼働を開始。 4月1日 - 新規事業に特化したイノベーション開発の役割を担う子会社として設立されたパーソルイノベーション株式会社が事業を開始し、同時に子会社のパーソルキャリア株式会社のの一つであった「ミイダスカンパニー」をミイダス株式会社として法人化し、パーソルイノベーション株式会社の傘下とした。 グループ企業 [ ] 詳細は公式サイトの「」参照 再就職支援に絡む問題 [ ] (平成28年)2月22日、で、厚生労働相が再就職支援のための国の助成金に絡みテンプホールディングス子会社(以下、テンプ社)が企業()のを支援していたことについて「趣旨に反する」と述べた。 研修資料には3月までの3年間実績で、大手企業など7社、計272人から退職の同意を得たとの記載があった。 以前複数の大企業では、従業員を退職させるために「追い出し部屋」と呼ばれる部署へ移動させるなどの手法を使用したが、社会問題化し、違法とする裁判例もでた。 代わって出てきたのは、個別に低評価(ローパフォーマー、略してローパー)の従業員()を呼び出して退職を促すやり方であり、テンプ社が「リストアップ方式」と呼ぶものである。 社内外に非公表で進めるため、対象者が誰か分からず、社員同士で団結できない。 誰にも相談できずに孤立するため、精神的に追い込まれやすいのである。 ローパー社員の「心理ステージの変化」として、のモデルを参考に挙げている。 この言葉は、ドイツの女性精神科医が提唱した末期患者が死を受容するまでのプロセスを指す。 1 自分が死ぬはずはないと「否認」 2 なぜ自分がこんな目に遭うのかという「怒り」 3 神にもすがろうとする延命への「取引」 4 取引がムダと認識し、すべてに絶望を感じる「抑うつ」と4段階を経て、最終的に死を安らかに受け入れる「受容」にたどり着くとする学説で、「面談を重ねること+事前キャリア相談を経験すること+時間経過=受容(決断)につながる」としている。 テンプ社の関与は無料の事前コンサルティングで従業員が企業を退職後の再支援で利益をあげるしくみになっていた。 パ・リーグの応援活動 [ ] 2018年3月にプロ野球パシフィック・リーグ(パ・リーグ)と、2018年度のオフィシャルスポンサー契約が締結され、全6球団の各1試合ずつ(全6試合)の冠協賛や、公式ライブ動画配信サービス「パリーグTV」の冠スポンサーとなったほか、同年のの冠スポンサーとなり、「 2018 パーソル クライマックスシリーズ パ」として開催された。 なお、2019年3月19日に2019年度のオフィシャルスポンサー契約を締結したことに伴い、冠協賛試合と「パリーグTV」及びクライマックスシリーズの冠スポンサーは2年目として継続実施されることとなった。 主なスポンサー番組 [ ] 現在放送中(現在) [ ]• 複数社提供• (2019年4月 - 2020年3月、) 過去 [ ]• (4月 - 2019年、CBCテレビ) 脚注・出典 [ ] []• 四半期報告書(第11期第2四半期)• テンプHD、「転職」で再成長へ インテリジェンス買収発表 『日本経済新聞』 2013年3月27日• 『東洋経済オンライン』 2013年3月27日• - テンプホールディングス株式会社 平成25年3月26日• テンプホールディングス株式会社 2013年4月26日. 2015年1月15日閲覧。 PDF プレスリリース , テンプホールディングス株式会社, 2016年2月1日 , 2018年11月10日閲覧。 PDF プレスリリース , テンプホールディングス株式会社, 2016年3月14日 , 2018年11月10日閲覧。 テンプホールディングス株式会社 2016年12月1日. 2016年12月4日閲覧。 株式会社日本テクシード 2017年2月16日. 2017年4月16日閲覧。 PERSOLグループ 2017年5月17日. 2017年6月16日閲覧。 パーソルグループHP• プレスリリース , パーソルホールディングス株式会社, 2018年3月19日 , 2019年5月11日閲覧。 プレスリリース , パーソルホールディングス株式会社, 2019年4月1日 , 2019年5月11日閲覧。 2016. 26 日刊ゲンダイDIGITAL• リストラ関与なら指導 厚労省、人材会社に方針 再就職助成金2016. 23 東京朝刊6頁 朝日新聞• 「ローパー」社員に照準 雇用調整に退職勧奨 国の再就職助成をめぐり 2016. 22 東京朝刊3頁 朝日新聞• 2016. 13 水 放送 クローズアップ現代• プレスリリース , パーソルホールディングス株式会社, 2018年6月12日 , 2018年11月7日閲覧。 プレスリリース , パーソルホールディングス株式会社, 2018年5月15日 , 2019年5月11日閲覧。 プレスリリース , パーソルホールディングス株式会社, 2018年8月9日 , 2018年11月7日閲覧。 プレスリリース , パーソルホールディングス株式会社, 2019年2月1日 , 2019年5月11日閲覧。 プレスリリース , パーソルホールディングス株式会社, 2019年3月19日 , 2019年5月11日閲覧。 外部リンク [ ]• PERSOLgroup -• persol. group -• - チャンネル この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

篠原欣子

パーソル テンプスタッフ

オフィス環境:技術系の特定派遣でした。 就業先では一般派遣さんと同様に扱われ、業務内容やネット等制限があり、スキルアップしようにもできません。 創設記年日などには、有給をとるか、オフィス出勤することになります。 「派遣会社」としての仕事はできないので、重要性の低いデータ入力などをさせられる。 受け入れるオフィス側も、その為の仕事を捻出せざるを得ないことから、現場のお荷物状態なのを肌で感じ、苦行でしかなかった。 会社との連絡は自分のスマホなどに専用アプリを入れてメールをすることに。 就業中に見ることはできないので、休み時間などにメールチェックの時間を割くのは苦痛。 (しかもログイン手続きがかなり面倒 (就業先メールには基本的に連絡がこない 会社の連絡用なのに、スマホ貸与などがなく、個人のネット環境に依存するのは疑問。 それに対して手当てはない。 交通費精算など、良くも悪くもシステマチックすぎて、人間がついていけてない感じがします。 口コミ投稿日:2020年02月16日 勤務時間・休日休暇:当派遣会社に、スタッフとして派遣登録中。 派遣先にて6ヶ月間継続して勤務した登録スタッフの方に対して、「全日」と「半日」の2種類の有給休暇が、合計10日間の取得が可能。 その後は、1年ごとに10日間の有給休暇が、付与される。 申請は、専用のマイページから行うが、特に、事前に申請する必要はなく、休暇取得後に申請が可能。 この点については、スケジュールを柔軟に設定出来るのでありがたい。 ただし、就業先には事前に休暇取得の許可を得るとうことが条件となる。 その他に、条件の規定はあるが、慶弔休暇 、産前産後・育児・介護休暇の取得も可能。 これらは、労働基準法に則って定められていると思われるが、法律の規定は、守られていると思われる。 口コミ投稿日:2020年05月17日 入社理由・入社後の印象:【入社時の期待】面接官の対応が他社に比べて温かく、さすが人材を扱っている会社だと思った。 人を大事に扱ってくれる印象があった、【入社後のギャップ】プロジェクトの上司により人材に対しての扱いは変わると感じた。 転職組が多いせいか、入社時から仕事に対しての志が低く不平不満を抱えている社員が多い。 上層部も付いてこれなければ辞めてもらって構わないというスタンスなので、人の入れ替わりが激しい。 また、志の高い能力のある人はどんどん仕事を与えられるため、同じ給料なのに不平等だと辞めていってしまう残念な現象が続いている。 与えられた仕事だけをやれば良いという受け身のスタンスの人は向かない会社だと思う。 口コミ投稿日:2020年03月14日 評価制度:現在の就業契約は、当社から、契約先の企業へ、派遣契約という形で、業務にあたっている。 契約先企業との派遣契約ということになっている。 当社が、直接の指揮権を持っているわけではなく、派遣先企業の指揮・命令の元で、業務にあたっている。 従って、仕事の評価という点においては、派遣先企業から、情報は、得ているとは思うが、直接の評価というのは無いと思う。 派遣先企業が、評価しているかというと、それもあまり、感じられない。 仮に、評価しているとしても、それによって、給与に変動が出ることもない。 派遣先企業としては、もちろん、成果を出してくれれば、ありがたいだろうが、最低限、必要な業務を遂行してくれることが、最も重要なことだと感じる。 口コミ投稿日:2020年01月 3日 給与水準:とある地域限定職の内容です。 1 給与がすごく低い。 新卒なのに初任給が18万~19万 23区勤務 で、新卒と同レベルの給与 20万~ になるのが3年目以降となる。 これなら、派遣社員のみ雇用した方がいいと考える。 2 ボーナスも低い。 最初のボーナスは5万円から始まる。 テンプスタッフ自体がボーナスがないのは組織上考慮できるが、それなら給与を上げて欲しい。 高卒のほうがまだボーナスは貰えている。 3 離職率が高い。 3年後には某地域限定職の離職率は、ほぼ100%だと思ってもいい。 特に昇級もないので、モチベーションが生まれない。 4 勝手に残業込のシフトを組まれる。 せめて、残業してほしいなら予め通達してほしい。 5 夏休みも3日間だけである。 別の会社で働く給与が20万以上の友人と比べて、かなり少ないと感じた。 このような待遇が変えられないのであれば、某地域限定職を廃止すべきだと考える。 なぜ何も変えようとしないかが甚だ疑問である。 少なくとも20万以上の給与にすべきである。 働いていても、自分の価値が低いとしか感じられない職場だった。 口コミ投稿日:2019年09月 1日 成長・キャリア開発:色んな派遣会社を利用したけど、良いと思った会社はここだけですね。 AutoCADの研修を受けました。 とても分かり易く教えてくれるのでAutoCADを使えるようになりたい人はここで研修を受ける事をオススメします。 最後に自由にソフトを操作して分からない事等質問する事もでき、色々と思い通りに操作できるようにしてくれます。 流石に手足のように自由自在に操れる様に…までは行かないですが、仕事で困る事が無い程度には動かせるようになります。 1日で。 現在はこことは全く関係無い防災設備の会社で正社員をしていますが、ここでAutoCADを学んだという事で、なんと、取引先の見取図をAutoCADで描く事になりました。 ここで学んだ事を活かして活躍して参りたいと思います。 ここでAutoCADの研修を受けてよかったです。 案件の方も時給1800円等と、美味しい物が結構ありました。 CAD関係は人手不足なんでしょうか?PC使う系の作業が得意な人にオススメです。 今の仕事で何かあったら…、また利用させて頂くかも知れないです。 口コミ投稿日:2020年01月 8日 仕事内容:営業とコーディネーターが完全分業制。 営業は企業窓口であり、コーディネーターは派遣スタッフの窓口を担当しています。 営業は企業への訪問で、新規開拓、既存客の掘り起こし、派遣スタッフの顔あわせ同行、契約書作成などが主な業務。 コーディネーターは新規の派遣登録者の面談、ひたすら電話で既存スタッフへの仕事紹介がメイン業務。 とにかく社内外共にコミュニケーション力と察する力が必要。 各オフィス、ヒラ社員、リーダー、マネージャーという構成で、役職者との垣根はあまりない。 若くして、現場からマネージャーや部長職になる人が多いので、役職についた人とも仕事でもプライベートでも接点があったりとフラットな環境。 また、社内の研修や教育で色々カバーできるような体制が整っているので、どちらの職種も未経験でもチャレンジできるし、実際オフィスワーク未経験から中途採用で営業、コーディネーターとして入社する人も多い。 口コミ投稿日:2019年04月17日 企業文化・社風・組織体制:なんでも出来るように、と求められてしまい習熟にとて時間がかかります。 スタッフさんからの問い合わせ一つでも営業が答える暗黙のルールがあり、専門のコールセンターがあるのに振りません。 業務に切り分けがほとんどなく、勤務中のスタッフさんの対応はほぼ全て営業の負担になります。 中途で入った方はこの辺りの文化にびっくりすることが多く育つ前に辞めてしまいます。 中途で入った場合は、入る部署により当たり外れが大きいです。 正直なところあまり世話をせずほったらかしにしている所が多いです。 新卒は育つのに時間がかかり、中途は続かず、結局はベテランにしわ寄せがいく構造です。 そこに輪をかけて育休明けの時短勤務者が増えておりギリギリの状態です。 支える側へ人事的、金銭的な評価はありません。 みんなで頑張ってるね!で終わりです。 この辺りに疑問を持ち辞める10年選手のベテランが増えています。 口コミ投稿日:2019年03月 1日.

次の

パーソルホールディングス

パーソル テンプスタッフ

人物 [ ] 生まれ。 8歳の時に父が病死して、母はの仕事をしながら5人の子供を育てた。 その姿を見て、将来は母のような働く女性になりたいと強く思うようになった。 にを卒業。 53年に株式会社に入社、57年同社を退社し、58年に東洋電業に再就職し、結婚するが、1年で離婚。 家事手伝いを経て66年に・に4年間留学する。 一時帰国後、71年にの市場調査会社ピーエーエスエー社に社長秘書として入社。 73年に同社を退社。 帰国後、オーストラリア就業時に知ったからヒントを得て人材派遣会社のテンプスタッフ株式会社(現・パーソルテンプスタッフ株式会社)を資金100万円で設立し、代表取締役に就任。 経営計画等もなかったが、当時は第一次の外国資本参入により外資系企業のなどで秘書やオペレーターを募集していた時代でありタイミング的には良かった。 ・にわずか8坪の住居兼オフィスを借り、電話と事務机ひとつでスタート。 寝泊りしながら営業活動を始めた。 チラシを作成して外資系企業に配り歩く日々。 日銭を稼ぐため、夜はビジネスマン向けにを開き、生計の足しにした。 1998年、派遣登録している全国の女性9万人分の個人情報が、システム関係を任せていた外注業者により「容姿ランク付き」でインターネット上に流出、販売されるという人材派遣業界全体を巻き込む事件が起こり、 社長として謝罪する姿はテレビのニュースで繰り返し流れた。 詳細は「」を参照 2006年、同社はに上場を果たす。 また、2008年には中部地盤のピープルスタッフ(後にを経てテンプスタッフに吸収)と共同持株会社である「テンプホールディングス(現・パーソルホールディングス)」を設立、経営統合するなど手腕を発揮。 には、会社創立40周年を迎えたことや、インテリジェンス(現・)のも完了したことから、HD会長に退いた。 の『』誌に12年連続で「世界最強の女性経営者」に選出され 、2009年には、第37位にランクされた。 2月、やなどの資格取得を目指す学生を対象に、を給付することを目的に、私財を投じ篠原欣子記念財団を設立。 後に自己所有のテンプHD株式を同財団にした。 著書 [ ]• 『前を向いて歩こう(私の履歴書)』 、2014年。 『探そう、仕事の、歓びを。 』 、2007年。 『女が輝くフリー・ワーキング : "自分のキャリア"の賢い活かし方 』 、1988年。 『ミセスの生きがい働きがい : 再就職したい女性のための本』 現代書林、1986年。 共著 [ ]• 篠原欣子、佐藤綾子、今井豊彦、木村歩美 『これからの保育者のために : 資質向上への新たな視点』 萌文社、2012年。 篠原欣子、汐見稔幸、佐藤綾子、木村歩美 『保育学を拓く-「人間」と「文化」と「育ちの原点」への問いが響き合う地平に』 萌文社、2012年。 脚注 [ ]• ニッポンの社長• 日経ビジネスオンライン. 2006年8月11日. 2014年7月16日閲覧。 ビジネスジャーナル. 2013年4月7日. 2014年7月16日閲覧。 1998年• 週刊ダイヤモンド 2008年4月30日. ダイヤモンドオンライン. 2014年7月16日閲覧。 日本経済新聞. 2013年5月14日. 2014年7月16日閲覧。 週刊現代 2013年5月14日. 現代ビジネス. 2014年7月16日閲覧。 共同通信. 2010年9月30日. 2014年7月16日閲覧。 一般財団法人篠原欣子記念財団. 2014年11月20日閲覧。 外部リンク [ ]• 先代: (新設) テンプホールディングス社長 2008年 - 2013年 次代: この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の