ホエルオー育成論。 ほえるおー考察&育成論:りなりあぶろぐ

【ポケモン剣盾】ホエルオーの育成論と対策【ポケモンソードシールド】

ホエルオー育成論

容姿 なとくにの姿をした。 全体的にい外見をしており、腹部はくなっている。 胸ヒレは4つあり、尻ビレが2つある。 胸ビレは、もしかしたらホエルコ指先が分岐したのか、先祖返りして、脚ビレができたのかもしれない。 また、背面には細長の白い模様が一定間隔である。 細長い体型やどこか尾翼を思わせるヒレの付き方を見るに、だけでなくや海上飛行機、飛行船もモチーフになっているのかもしれない。 ホエルコは気球だろうか。 第7世代における通常色とのパターンはのそれに近い。 なお、たまごグループに りくじょうが入っているがやややや等にも入っているので、海凄哺乳類には自然なのかもしれない。 ダイケンキやは逆にすいちゅうグループに区分 されていないのだが。 概要 『ポケットモンスター ・』 第3世代 から登場したポケモン。 名前の由来は恐らく「 ホエル Whale:で鯨の意味 &+ オー 」。 ホエルコが Lv40で進化することが出来る。 大海原をゆったりと泳ぎ、海面から出した鼻で呼吸している。 思いきり空気を吸い込めば、まで潜ることが可能である。 群れで獲物を追い込み大きな口で、一気に大量の餌を飲み込んでしまう。 つまり肉食である というか、水中生物で植物食は、やプランクトンなど一部に限られる。 その際、獲物を追いたてる為に海中からジャンプして大きな水しぶきを上げる。 ホエルオーの群れでジャンプする姿は大迫力である。 あの小さな尾びれで推進力を確保できているのか不明ではある。 クジラにとっての攻撃法は、超音波と噛みつきはに限られるので、ホエルオーのモチーフであるヒゲクジラは、体重を活かした頭突き、頭のコブ、意図的にフジツボを付着させた疑似メリケンサック、そして 生物界最強の破壊力を生み出す尻尾での一撃があるのだが、 ホエルオーはどれも使えないような身体をしている 軽すぎる体重、風船のように弾力性のある身体、短くて小さい胸ビレと尾びれ、コブもフジツボもない身体。 果たしてどうやって獲物を仕留めているのだろうか? 性格は温厚でやに襲われているを助けに行くぐらいには仲間意識が強いが、人間との関係は良くも悪くも極端な面が目立ち、あるときは観光資源として人気を集める一方、増えすぎた年にはを食い尽くしてしまう事から漁師には邪険にされていると言う。 初登場してから、 一般ポケモンの中では最大の大きさを誇る。 「たかさ14. 5m」は全長であり、の図鑑での高さ比べを参考にするならば体高は5m程度はある。 ゆえにイラストでは伝説級のポケモン達と並ぶ大きさで目を引く存在である。 第7世代まで全ポケモン最大の座を守り続けていたが、第8世代の『』に登場したに、その座を譲ることになった。 が、ムゲンダイナは伝説のポケモンなので一般ポケモンとしては未だに最大の大きさである。 その反面、何故かモデルとなったクジラと比較して異常なほどに体重が軽く設定されている。 (ポケモン全体に言えるのだが、小型のポケモンは異常に重く、大型種はありえないほどに軽い) ことホエルオーに関しては、体内構造が 風船状態か密度がスカスカになっている可能性がある。 計算上は 空気よりも軽いのだ。 ここまで軽いと、例え水をたっぷり飲み込んでも水深3000mなんぞに潜れる訳がなく、ましてや空気を溜め込めば尚更なのだが…。 マッコウクジラのように、脳油みたいな物質を温度調節して重くしているのだろうか。 また、繰り返すが、あの小さな尾びれで推進力を確保できるのだろうか? (ちなみには最大で 200t弱) ……まあ、そこが不思議な生き物たる所以と考えれば何てことないのかもしれないが。 戦闘時は画面の範囲内に入るように縮小されて表示されるのでかなり小さくなる。 大小問わず双方のポケモンを最大6匹画面に入れなければならない以上、ある程度は仕方がないことではあるが、並のポケモンより小さく見えるのは、やはり最大の冠を持つポケモンとしては悲しいところ。 ポケパルレやORASの図鑑で見ることが出来る身長比べ等ではその大きさを余すところなく発揮している。 そして第8世代となるのDLCコンテンツ『』で追加された「」では遂に ほぼ原寸大の野生のホエルオーがシンボルエンカウントで出没。 陸地からも見えるその巨体を存分に発揮しており、近づいた時の存在感は正しく現実のクジラそのもの。 その大きさに改めて衝撃を受け、スクショをしようとするプレイヤーも少なくない。 クジラをモデルにしている為、 「」を覚えることが出来る。 またホウエン地方にある 「おふれのせきしつ」の封印を解くのに必要なポケモンでもある。 初登場の『RSE』以降全世代「すごいつりざお」で入手可能であるが、 一体全体どうやって釣っているというのだろうか。 の内で、時折チューブの傍を横切る姿が見られる。 一度でも目撃すればメダルがもらえる。 ゲーム上の特徴 「HP」の数値がずば抜けて高く、全ポケモン中"6位"である。 その上で「こうげき」・「とくこう」もやや高くなっている。 ただし、「ぼうぎょ」・「とくぼう」はかなり難がある。 そのため、耐久力は実はそんなには高くない。 とはいえ、Hに44振るだけで「ちきゅうなげ」を5発耐えるHPは驚異。 たまに勘違いされることがあるが、はついていない。 驚異の高さを誇る「HP」を利用しての耐久型が向いているポケモン。 その耐久力をさらに強化する為に 「」「」が技の候補に挙げられる。 「」や「」を使ってもよい。 物理技としては 「」「」「」「」「」「」などが挙げられる。 やけどに強いのは物理アタッカーとしてはかなり魅力的。 また 『』の教え技で 「」が習得可能だが、第7世代現在でも このソフト経由でしか覚えられない。 特殊技としては前述の 「しおふき」の他、「」「」などが挙げられる。 ただし「すばやさ」は中程度しかないので、もし使う場合「」や「」などのサポートが必須。 見た目から最も「しおふき」が似合うポケモンだが、それを活かしきれる能力や特性ではないのが非常に残念なところ。 隠れ特性は「プレッシャー」。 普通プレッシャー持ちと言えばやなどのような、のような黒い設定を持ったポケモン、その他強面なポケモンに付けられる事が多い特性。 ホエルオーの場合はプレッシャーを放っているという意味では間違ってないのだが、 何かベクトルが違う気がする、何か。 「じわれ」を絡めた戦法と相性が良い。 「みずびたし」+「じわれ」コンボができるのもポイント。 スカーフ+「しおふき」も含め、意外性に富んだバトルスタイルも特徴的である。 こんな図体でも体長10cmのと相対すれば特性「きんちょうかん」により、きのみが食べられなくなる。 ・・・確かにうっかり踏み潰しかねないので緊張感はあるかもしれない。 ただ、こんだけ軽いので潰せない可能性もあり、噛まれたり刺されて風船のように穴を空けられる可能性への緊張感なのかもしれない。 ちなみに・をホエルオーだけでやると それはそれは酷い光景になる。 画面が圧迫されまくって最早3VS3で対戦している事すら分からない。 幸いにはならないので安心されたい。 剣盾では、どんかんの効果に いかく無効化が追加されただけでなく、しおふきをダイマックス化させると 常時150の威力で使えるという強化を経た。 としての性質を考えるなら、タイプにやの追加、特性に「」、攻撃技に「」&「」、「」や「」、「」などを覚えても良さげではある(やなどの方が鯨類っぽいかも)。 では 第3世代のうち、に追加された第2陣のうちの1匹。 ホエルオー自身は 野生では出現しないため、入手するにはホエルコから進化させる必要があるのだが、進化に必要なアメの必要量が尋常じゃないほど多く、驚くなかれなんと 400個も必要。 これはと並んで全ポケモン中トップである。 しかも、同じようなポジションでかつ水辺に行けば大量に湧いて出るとは異なり、ホエルコの出現率はそこそこくらいしかないのでとにかく集めるのが大変。 ホエルコに巣が設定されていること・に選ばれているため近場に水場がなくともアメをある程度は確保できるのが救いか。 なお、ホエルコ系列は本来海辺のポケモンではあるが、このゲームでは普通に川傍にも出現するので安心されたい。 余談だが、 とにかくでかい。 (参照画像) 苦労して進化させてその大きさのインパクトに驚いたというトレーナーは数知れず。 ジムに配置すると、他のポケモンが非常に小さく見える……というのはまだ良い方で、場合によっては ジム内のスペースに体が収まりきらずにはみ出るというと同じような事態が起こってしまう。 また、操作するとなると、 その巨体でこちらの視界を完全に塞いでしまうために相手の行動が全く見えなくなってしまい、 敵の攻撃に合わせて回避することがほぼ不可能になってしまう。 自分も相手もホエルオーを繰り出そうものなら、それはもう大変カオスな光景が繰り広げられることになるのは言うまでもないだろう。 こうしたこともあり、現状ではアタッカーとして使うよりもジムの防衛要員に充てた方が無難と言われている。 原典同様、耐久性は紙だが、HPの高さがある程度それを補ってくれるので、それなりに活躍してくれるだろう。 何より、 自キャラの倍以上もの巨体が突然目の前に出現した時の威圧感は相当なものがあり、これだけでも相手に対して心理的なを与えることができる…かも。 実力としてはみずタイプの中でも中堅程度なのだが、 とにかく強烈に印象に残るポケモンと言える。 アニメのホエルオー 主にモブポケモンとして登場することが多いが、第10話にて、の秘密兵器「」から登場した。 使える技は「はねる」のみだが、その巨体と周囲が海だったこともあって「はねる」だけで高波を発生させてしまい、サトシ達だけでなくロケット団も巻き添えを食らっていた。 ちなみに登場カットには「デカイ!」という文字が入っている。 因みに現時点でロケット・ガチャットから排出されたポケモンの中では唯一ピカチュウ達に倒されなかったポケモンであり、最終的には喜ぶサトシとゴウに合わせて塩水を吹き出していた。 おそらくサイズ故にぶっ飛ばす描写が難しかったのではないかと思われる。 主な使用ポケモントレーナー•

次の

【サンムーン・WCSダブル】ピカホエッパー (ピカチュウホエルオーペリッパー構築)

ホエルオー育成論

ホエルオー Whaloh 英語名 Wailord 321 — 100 - - - 241 - 028 - 105 267 - - - 082 352 - - - 099 357 191 - 分類 うきくじらポケモン 14. 5m 398. 0kg 青 40サイクル• 第三世代: 10496歩• 第四世代: 10455歩• 第四世代以前: 206• 第五・第六世代: 175• 第七世代: 175• ポケモン徹底攻略• ホエルオーとはのNo. 321のポケモンのこと。 初登場は。 概要 の進化系。 縦に長く尾ヒレがある、現実のクジラに近いフォルムになり、 胴体の中央とその後ろに2対、尻の白い個所に一対のヒレが生えている。 だが、それ以上に特徴的なのが 14. 5mという圧倒的な巨体である。 の存在が確認されるまで世界最大のポケモンとされてきた。 大海原でホエルコを含めた群れで生活をしており、狩りの時には複数頭で協力して獲物を追い込み、 獲物が纏まった所を大きな口を開けて一気に丸呑みにしてしまう。 その際に、追い立てるために水中からジャンプをして水しぶきを上げることで獲物を驚かせたり、 着水の際に発生する衝撃で相手を気絶させている。 この群れでのジャンプ行動はホエルオーウォッチングの目玉になるほどの大迫力を誇る。 ウォッチングが観光プランの目玉になるホエルオーだが、漁師などの漁業関係者からはあまりに大量に捕食してしまうために好まれておらず、 増えすぎると漁場を守るために追い払うことがある。 仲間同士の絆はかなり強く、子供のホエルコが天敵であるやに襲われると、親やその仲間たちで一丸となり子供を守る。 40で ポケモンずかんの説明文 、 みつかった なかでは さいだいの ポケモン。 おおうなばらを ゆったりと およぎ おおきな くちで いっきに たいりょうの エサを たべる。 漢字 見つかった 中では 最大の ポケモン。 大海原を ゆったりと 泳ぎ 大きな 口で 一気に 大量の エサを 食べる。 、 えものを おいたてる ために すいちゅうから ジャンプして おおきな みずしぶきを あげる。 むれで ジャンプする すがたは だいはくりょく。 漢字 獲物を 追い立てる ために 水中から ジャンプして 大きな 水しぶきを あげる。 群れで ジャンプする 姿は 大迫力。 かいめんから だした はなのあなで こきゅう。 おもいきり くうきを すいこめば 3000メートルの しんかいまで もぐれる。 さいだいきゅうの ポケモン。 むれで えものを おいこんでから おおきな くちで いっきに のみこむ。 ・、、 いちばん おおきい ポケモン。 いきせずに 3000メートルの ふかさまで もぐることが できる。 漢字 一番 大きい ポケモン。 息せずに 3000メートルの 深さまで 潜ることが できる。 もっとも おおきい ポケモン。 むれで いっせいに ジャンプして えものを おいこんで とらえる。 、、 おおきな からだを なみのうえで ジャンプさせ しょうげきを うみだし あいてを きぜつ させることがある。 漢字 大きな 体を 波の上で ジャンプさせ 衝撃を 生みだし 相手を 気絶 させることがある。 むれで えものを おう しゅうせい。 おおきな くちで の むれごと いっきに のみこんでしまうぞ。 漢字 群れで 獲物を 追う 習性。 大きな 口で ヨワシの 群れごと 一気に 呑み込んでしまうぞ。 、 とにかく どでかいので にんき。 ホエルオーウォッチングは かくちで にんきの かんこうプラン なのだ。 漢字 とにかく どでかいので 人気。 ホエルオーウォッチングは 各地で 人気の 観光プラン なのだ。 あまりに たくさん さかなポケモンを くらうので かずが ふえすぎると りょうしたちに おいはらわれている。 漢字 あまりに たくさん さかなポケモンを 食らうので 数が 増えすぎると 漁師たちに 追い払われている。 ちいさな ホエルコが サメハダーや ダダリンに おそわれると むれの なかまが いちがんになって まもる。 漢字 小さな ホエルコが サメハダーや ダダリンに 襲われると 群れの 仲間が 一丸になって 守る。 種族値 第3世代以降 の範囲 第三世代以降 レベル50 レベル100 170 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 入手方法 バージョン 野生 その他 レベル 場所 レベル 方法 R Lv. 35~40 () Lv. 40 をさせる。 S・E Lv. 35~55 (:) Lv. 40 をさせる。 25~70 (【の影】) Lv. 40 をさせる。 B2・W2 Lv. 40 をさせる。 OR・AS S・M Lv. 10-43 Lv. 40 をレベルアップさせる。 10-43 釣り Lv. 40-43 水しぶき Lv. 40-43 水しぶき US・UM Lv. 10-44 Lv. 41-44 水しぶき Lv. 41-44 水しぶき Lv. 10-44 釣り Lv. にもあるように、14. 5mというまでは全ポケモンの中で1番の高さ(体長)だった。 重さは1番ではなく、などより軽い。 現実のクジラにもホエルオーと同じ10mに達するものは存在するが、この場合軽くても1トンは超えるので、異常に軽いポケモンである。 の謎を解くために必要なの1匹。 でありながら、のに属している。 ではこのポケモンとしかに属しておらず、とのバイパスとなる。 ・のには、「」というミニゲームが存在する。 やで3匹並べるとその巨体故に著しく画面のスペースを圧迫する。 アニメにおけるホエルオー• で初登場。 に登場。 から進化した。 進化した直後にを撃退し、達とを乗せて無人島から脱出した。 では野生の群れが登場。 に登場。 に登場。 においてはのポケモンとして登場。 道に迷ったサトシとを乗せてとがいる場所に連れて行った。 に登場。 に登場。 マンガにおけるホエルオー におけるホエルオー• のポケモン。 ポケモンカードにおけるホエルオー• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。 各言語版での名称と由来 言語 名前 由来 ホエルオー whale(英語:クジラ) Wailord Wailord 英語に同じ Wailord 英語に同じ 고래왕 Goraewang 고래 クジラ 、왕 王 吼鲸王 Wailord 英語に同じ 関連項目.

次の

ホエルオーデカすぎて草 【ポケモン剣盾】DLC鎧の孤島#1

ホエルオー育成論

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 ホエルオーの対策ポケモン.

次の