英語 の 筆記 体。 英語の筆記体についての質問です。私は中学校で筆記体を習い、高校...

英語の筆記体って、今は学校で習わないの?インターナショナルでは?

英語 の 筆記 体

19世紀半ばからタイプライターが普及する1925年ごろまでアメリカで使われた筆記体・(Spencerian)。 ビジネス文書の事実上の標準的な書体だった 過去の文書の例を挙げると、前半のの知事ウィリアム・ブラッドフォードの手書き文字ではほとんどの文字は分離されていたが、いくつかの文字は筆記体のように連結されていた。 その1世紀半後にあたる後半にはこの状況は逆転、によるの草稿では、ほとんどの文字が連結されていた。 後日職人により清書された独立宣言は、完全な筆記体で記述された。 87年後の半ばには、が今日とほとんどと変わらない筆記体での草稿を書き上げていた。 タイプライター発明以前の18世紀および19世紀において、公的な通信文は筆記体により記述されていた。 これらの筆記体は見栄えの良さを意味する「フェア・ハンド(fair hand)」と呼ばれており、事務員は正確に同じ筆跡で書く事を求められた。 初期のにおいては手紙は筆記体で書かれた。 当時は郵便代の節約のために、すでに文章が書かれたの上に直交する角度で新しい文章が上書きして書かれることがあった( ())が 、ブロック体ではこの書き方はみられない。 女性による手書き文字は、男性のものとは明らかに異なっていたが、手書き文字の形式には急速な変化は起こらなかった。 19世紀半ばには、日本で言うところの「読み書きそろばん」に相当する技術として児童は筆記体を学ぶこととなり、教わっていない児童は比較的少数であった。 半ばでも筆記体教育の状況はほとんど変わらず、においては通常2年生か3年生(7 - 9歳)になると筆記体を教えられることとなっていた。 以降、筆記体の教育の重要性に疑問が持たれ始める。 単純にローマ字を傾斜させたはより平易なものであり、伝統的な筆記体を不要にするものであるとの議論が巻き起こった。 また、の種類が増えたことと並行し、手書きの文字がを形成するようになった。 これにより、20世紀後半には「D'Nealian式」や「Zaner-Bloser式」などの多様な新しい筆記体が現れた。 それぞれが標準化されないまま、さまざまな手書き文字が、異なる国家の異なる学校制度の下で用いられるようになった。 の出現により、社会的、必須技能としての筆記体は省みられなくなった。 かつて「フェア・ハンド」を必要としていたいかなる職種も、とに取って代わられるようになった。 筆記体教育は学校においてますます重要度を失い、長い手書き文を書かせるテスト程度にしか用いられなくなっている。 アメリカのある研究では、1分間に文字を10個から12個しか書けない小学1年生に、9週間にわたって45分間の文字の筆記の授業を行ったところ、書く速度が2倍になったうえに、思っていることについてのより複雑な表現が可能になり、文章の構成能力も上昇したという。 これは筆記体の授業を支持する人々によく引用される研究だが、この研究で教えられた英語の筆記とは、筆記体の事ではない。 一方、を手書きする場合は、今でも筆記体を用いることが多い。 特に、、、は手書きのブロック体ではそれぞれ、、、と区別し難いので、一般に筆記体で書く。 筆記法 [ ] 筆記体によるラテン文字の大文字と小文字の例 筆記体によるの大部分は印刷やタイプライターによる小文字、特にイタリック体の小文字に非常によく似ている。 ただし、筆記体やブロック体では「 a」の上の部分のフックや円を2つ縦に並べた「 g」は基本として使用しない。 正確な文字の形は筆記体の形式により異なっている。 いくつかの筆記体では、「 f」は交差する横棒の代わりに2つの円で書かれる。 また、特にフランス式では「 p」は「 n」のように下の部分を離したままで書かれ場合によっては上の部分まで離し「 p」が単純な線に見えるような形で書かれる。 「 r」はしばしば中世の「」に由来する字体で書かれる。 また、「 z」には尻尾が付けられる。 これも中世の筆記法に由来する。 他の小文字は概ね同じ字体のままで伝わっているが、18世紀のローマ字体の小文字「 w」は今日使われている「 n」に「 v」を繋げたような形をしている。 また当然ながら、「」は使われない(但しドイツ式の筆記体では用いられる場合もある)。 は筆記体特有の字体を使用するが、いくつかの筆記体では活字体に由来する字体を使用している。 伝統的に、一つの単語の中にある連結された全ての筆線は「 tの横棒を引き、 iの点を打つ(cross one's t's and dot one's i's)」前に完成させなければならない。 このフレーズは、作品を仕上げる事を表現する英語のとなっている(「画竜点睛」に相当)。 ほとんどの筆記体の形式では、小文字の xと大文字の Xの交差線や jの点も同様の規則に従って書く。 18世紀から19世紀半ばまでの手書きの筆記体は、18世紀の版画の見出し文字に使用されていた、より美術的な筆記体(Copperplate)とは異なっていた。 カッパープレートでは小文字体のやが太い実線で書かれるのに対し、筆記体では細い輪で書かれる。 これは、事務で使用するインクを節約するためであったと考えられる。 筆記体の弊害 [ ] 直筆の草稿 筆記体はである。 たとえばiとtはその点や横棒をあとで書き足すため、それがずれてしまって読めないのがよく見かけられる。 あくまでジョークではあるが、『』ではいかに筆記体が英語の読み取りを困難にしているかを述べの効用として筆記体を駆逐したことを挙げている。 たとえば小文字のg、y、zは間違われやすい。 この誤読に起因して、しかもその間違いが固定されてしまった例としてがになった例(yがzに)などがある。 教育課程における筆記体 [ ] アメリカ [ ] 全米共通学力基準(コモン・コア)は、多くの州で幼稚園から高等学校までの標準カリキュラムとなっているが、そこにはブロック体の手書きとキーボードの使い方は盛り込まれているが筆記体については扱われていない。 2011年にはとで、学校での筆記体の授業は必ずしも行わないでよい、代わりにキーボードでの入力を教えるよう求める、という通達がなされた。 2009年に全米共通学力基準()が提案され、2011年7月時点では44の州で採択されているが、この基準においては筆記体の課程が含まれなかったため、採択した州すべてで筆記体の授業をすべきかどうかの議論が続いている。 IT時代にはキーボードや携帯端末での文字入力が主で筆記体をカリキュラムに盛り込む意義は小さいとする意見がある。 一方で筆記体の書き方を習得した児童は綴りの正確性や構文の読み取りの能力が高いという調査もある。 フランス [ ] フランスでは幼稚園の課程での筆記体を学ぶことが多い。 日本 [ ] 日本においては、後の1947年(昭和22年)に、9年間ののうち後期3年間を担うが設置されて、選択科目として「外国語」(英語)が置かれた。 同年に指導の手引きとしてが定めた「・英語編(試案)」には、「大文字の筆記体」「小文字の筆記体」の「習字」を第7学年(新制中学校の第1学年)の終わりに指導することとされた。 1951年(昭和26年)に改訂された「学習指導要領・外国語科英語編(試案)」では、中学校第1学年の特殊目標として「活字体や筆記体で黒板や本から,語・句・文を書き写す能力」を挙げた。 また同書には、次のように筆記体を学ぶ意義が述べられている。 楽に書けるという点からすれば,活字体から始めてその後で筆記体を学ぶようにするのが望ましいであろう。 活字体はさらに本に出ている印刷された字体にずっと近いので,この点からもまた活字体から指導し始めるのが便利であろう。 イギリスおよびアメリカでは通常活字体を用いるおとなもいるし,また,それは商社においても適当なものとして認められている。 活字体を用いても書く速度は落ちないとされている。 わが国の生徒が筆記体を学ぶことは,筆記体を書く能力があれば筆記体で書いたものを読む能力の助けとなるという事実によって,価値づけられるのである。 — 1951年(昭和26年)改訂「学習指導要領・外国語科英語編(試案)」 、文部省。 1958年(昭和33年)改訂の「中学校学習指導要領・外国語」では、第1学年の「英語」の内容として「文字はアルファベットの活字体および筆記体の,大文字および小文字とし,符号は終止符,コンマ,疑問符,感嘆符,アポストロフ,ハイフン,引用符などとする」と定められた。 その後、1969年(昭和44年)、1977年(昭和52年)に改訂された学習指導要領でも、同様に第1学年で筆記体を指導することと定められた。 生徒は筆記体に習熟することが求められ、教師の板書も筆記体のことが多かったため、ノート、試験答案等の他、手紙やメモ、署名の書字にも広く筆記体が用いられた。 1989年(平成元年)に改訂された中学校学習指導要領(1993年(平成5年)施行)では、これまでよりも教師の裁量の幅を大きくし、教科の内容として行わせる言語活動は「別表1に示す言語材料のうちから,…目標を達成するのにふさわしいものを適宜用いて行わせる」こととされた。 この「別表1」に定める「言語材料」の中には、「アルファベットの活字体及び筆記体の大文字及び小文字」として「筆記体」も挙げられていた。 しかし、の普及によって手書きの機会は減少し、英語圏でも筆記体が衰勢したことや、それ以前の改訂で授業時間数が減ったことなども相俟って、同改訂が施行された1990年代以降、授業で筆記体の習熟に時間を割くことは少なくなっていったとされる。 さらに、1998年(平成10年)に改訂された中学校学習指導要領(2002年(平成14年)施行)では、外国語は選択教科から必修教科に位置付けられたものの、授業時数は減少し 、「文字指導に当たっては,生徒の学習負担に配慮し筆記体を指導することもできること」 と定めたため、筆記体が授業で詳しく取り上げられることはほとんどなくなったとされる。 2008年(平成20年)に改訂され2012年(平成24年)4月に施行された「新学習指導要領・生きる力」の中学校学習指導要領では、「外国語」の授業時数が各学年140とされて中学校の教科で最大とされたものの、筆記体についての内容は前回改訂と同様とされた。 以上のように、1990年代初頭以降、中学校の外国語で筆記体が取り上げられることは急速に減って行ったため、同年代以降に中等教育を受けた人は、筆記体の読み書きをすることが少なくなっている。 非ラテン系言語 [ ] アラビア文字 [ ] には活字体と筆記体の区別はない。 ただし、ローマ字のブロック体に相当するものとして、筆記体に相当するものとしてがある。 漢字 [ ] 日本語文字などの漢字圏において同様のものとしては「」「」などがある。 英語ではそれぞれ「 セミ・カーシヴ( 、 準筆記体の意)」「 カーシヴ( 、 筆記体の意)」と呼ばれる。 一方、中国語圏ではラテン文字の筆記体を「手写体」(: 手寫體、: 手写体)と呼ぶが「手写体」自体はや、などの美術的な書体を指す。 (を参照) ギャラリー [ ]• Livingston, Ira 1997. Arrow of Chaos: Romanticism and Postmodernity. University of Minnesota Press. 143. Washington Post, 11 October 2006. Graham, Steve; Harris, Karen R. , Mason, Linda, Fink-Chorzempa, Barbara, Moran, Susan, Saddler, Bruce February 2008. Reading and Writing New York: Springer Netherlands 21 1—2 : 49—69. 2011年7月31日閲覧。. Webley, Kayla 2011年7月6日. TIME Newsfeed. 2011年8月30日閲覧。 Huffpost Education. 1 August 2011. AFP、2012年2月21日。 文部省「学習指導要領 英語編(試案)昭和22年度」、、国立教育政策研究所学習指導要領データベース。 文部省「学習指導要領 昭和33年改訂版」、、国立教育政策研究所学習指導要領データベース。 なお、同指導要領では、英語以外のドイツ語、フランス語でも、筆記体を取り扱うものと定めている。 1958年(昭和33年)以後に改訂された中学校学習指導要領では、「外国語」において、英語、ドイツ語、フランス語その他の外国語のうちいずれか1か国語を履修させることを原則とし、第1学年から履修させるようにすることを定めている。 、国立教育政策研究所。 文部省「学習指導要領 平成元年改訂版」、、国立教育政策研究所学習指導要領データベース。 外国語の授業時数は、従来、選択教科として「外国語は各学年において105から140までを標準」と定められていたが、1998年(平成10年)改訂により、各学年で必修教科の「105」と定められた。 文部省「学習指導要領 平成10年改訂版(文部省告示第176号)」、、文部科学省。 文部科学省「中学校学習指導要領・生きる力」、、文部科学省。 下村 佳州紀「アラビア語学の成果とアラビア語教育の連携」名古屋外国語大学論集(第3号)2018年• 外国語教育研究センター、2019年6月27日閲覧。

次の

英語の「筆記体」の実際の使い所と練習方法

英語 の 筆記 体

Contents• 筆記体はいつから学校で教えなくなったの? 以前は、中学校の英語科で筆記体を習うことは必修でした。 それが変わったのは、2002年(平成14)4月。 このときから、完全実施された中学校学習指導要領から、必修は「アルファベットの活字体の大文字及び小文字」となりました。 では、筆記体の扱いはどうなったかというと、「文字指導に当たっては、生徒の学習負担に配慮し筆記体を指導することもできる」。 つまり、基本的に指導するのはブロック体(活字体)だけでよく、状況に応じて筆記体は教えてもいいというものになったのです。 では、どうしてこの時に筆記体の必修が削除されたのでしょう? 学習指導要領とは、文部科学省が告示する教育課程の基準で、概ね10年に1度のペースで改訂されます。 この時の学習指導要領改訂で重視された理念は「生きる力」をはぐくむこと。 これからは、知識の詰め込みばかりではダメ。 基礎基本の学力や、豊かな人間性、健康・体力といったことを育てていこうという考えでした。 その理念をもとに導入されたのが、いわゆる「ゆとり教育」。 そして結果として、授業数と学習内容が削減されました。 筆記体は必要ない? 勉強してきた世代としては、何だかさびしいことですが、そもそも筆記体は必要ないのでしょうか? そう思って考えてみましたが、筆記体を知らないからといって困る場面が思いつきません。 パソコンが普及して、手書きの文書を目にする機会は激減しました。 筆記体を読むことなんて、ほぼないですよね。 英文を書く場合でも、筆記体のほうが多少は素早くかけるかもしれませんが、ブロック体が書ければ、用は足ります。 筆記体が書けると、なんとなく格好良くて嬉しい気分になったものですが、考えてみると、たしかに習得しなくても困るものではないですよね。 スポンサーリンク 英語を母国語としている人たちは? 実際のところ、私の知っているネイティブの人たちが普段から使っているのは、ブロック体です。 学生のころ、アメリカ人と文通をしたり、ホームステイをしてホストファミリーと手紙のやり取りをしたりもしましたが、その時代からすでに、みんなブロック体。 殴り書きのように、かなり読みにくい字でも、それは筆記体ではなくブロック体でした。 ネイティブでもかなりご年配の方くらいしか、筆記体は使わないのが普通のようです。 手書きが多かった時代には、美しい筆記体を書くことが教養として求められていました。 しかし、日本と同様に手書きをする機会が減った現代、あえて筆記体を使う必要もないのでしょう。 一方で、筆記体の教育を行っていくべきだという意見もあります。 古い文献が読める人が減ってしまうことに対する危惧や、手書きの大切さを主張する人が根強くいるのも事実です。 こういった意見がある限り、筆記体が消滅することはないでしょう。 いずれ、何かをきっかけに復活するときが来るかもしれませんね!? 最後に 今は、筆記体を学校では教わりません。 それで、不自由することは、まずないでしょう。 でも、ちょっと練習すれば、子どもは驚くほど早く習得するものです。 もしお子さんが興味を持つようでしたら、教えてあげてはどうでしょうか? 学校で習わない今だからこそ、それは立派な特技になります。 ネイティブが書けない筆記体を日本人がきれいに書けたら、びっくりされて、鼻高々ですよ。

次の

英語の筆記体って書けたほうがいいの?

英語 の 筆記 体

英語を勉強するときに、ペンでノートに英単語などを書いて覚えるという方は多いでしょう。 手書きで英語を書いていると、ふと筆記体のことが気になるときがありますよね。 英語の筆記体は書けたほうがよいのでしょうか。 ここでは筆記体の必要性について、それから筆記体を書くことのメリットやデメリットなどについても紹介していきます。 筆記体とは 英語を書くときの書体としては、大きく分けて「ブロック体」と「筆記体」があります。 ブロック体というのは、文字と文字を続けずに1字ずつはっきりと書くもののことです。 一方の筆記体とは、文字と文字を続けて書くためにブロック体を崩した書体のことです。 つまり、筆記体とは日本語で言うところの行書体に当たります。 筆記体が書けることのメリット 筆記体を書くことにはいくつかのメリットがありますが、ここではその中から3つ紹介していきます。 メリット1:かっこよく見える 筆記体の魅力はなんといっても形の美しさ。 きれいに書けばブロック体よりも美しく見えます。 また、きれいに筆記体が書けると、その書いた人もかっこよく見えることでしょう。 メリット2:筆記体にすると多くの文字を早く書ける 筆記体は文字と文字を続けて書くものですので、筆をノートから離さない分だけ早く文字を書けるというメリットがあります。 メリット3:話題作りになる 英語を書くときなどに筆記体を使うと、それを見た外国人が「筆記体書けるんですね」と言ってくれることもあります。 筆記体を書けることが話題作りに役立つかもしれません。 筆記体を書くことのデメリット メリットについて知ったところで、今度はデメリットについても見ていきましょう。 筆記体を書くことのデメリットとして2つ紹介していきます。 デメリット1:ネイティブでも読みにくいと感じる 日本人で行書体を読めない人がいるように、外国人で筆記体を読めない人もいます。 また、字がきれいであっても、ブロック体に比べるとネイティブでも読みにくいと感じるようです。 デメリット2:使う機会が少ない ITが進んでいるこのご時世、手書きのものをやり取りする機会は減っています。 英語を書くにしてもパソコンで打つほうが多く、ペンを使って書くことは少ないでしょう。 このように筆記体を使う機会が少ないというデメリットがあります。 日本ではかつて筆記体が必修とされていた 知らない方も多いかもしれませんが、実は日本ではかつて筆記体が必修とされていました。 戦後1947年から2002年まで中学校の英語の授業で必ず教わる項目となっていたのです。 つまり、昭和生まれの人は中学校の英語で筆記体を習っているのです。 逆に言うと、平成生まれで筆記体を書ける場合には「若いのに筆記体が書けるんだ」と中高年の方との話題作りにもなるかもしれません。 以上、筆記体について詳しく紹介してきました。 結局のところ、筆記体は書けたほうがよいとは一概に言えません。 海外でも筆記体を書けるようにすべきかどうかについては賛否両論あります。 そのため、筆記体を必ず書けるようにする必要はありません。 ただ、いくつかのメリットがあるように、書けるに越したことはないでしょう。 興味があるのなら、一度練習してみてはいかがでしょうか。

次の