いきなりステーキ パクリ店。 モンテローザに「パクリ疑惑」がかけられてしまう理由 (1/5)

ついに本土決戦! いきなりステーキvsやっぱりステーキ、どっちが本物だ

いきなりステーキ パクリ店

最近のお気に入りのステーキ店のです。 いきなりステーキの業績が、半端なく絶好調のため当然競合他社も参入していくるわけで。 当然、いきなりステーキ側もそれを見越して、考えられるビジネスモデルの特許を取ろうと試みますが、ほぼ失敗に終わった模様。 特許が認められたのは、肉マイレージカードぐらいか。 これも、航空会社のマイレージを食べた肉の量に置き換えただけなので、なぜ特許が認められるのかが謎ですがねw さぁ、前置きはそれくらいにして、今回パクリ疑惑がある「あ!そうだステーキ木場店」にお邪魔しました。 このお店は居酒屋チェーンを運営している「チムニー」という会社が運営しています。 オープン直後ということで、オープニングキャンペーンを行っていました! US産ブラックアンガス牛サーロインステーキが1g8.5円が今なら(当時なら)6.5円と2円引きです。 たかが2円と思うかもしれませんが、200g食べると、1700円が、1300円のお会計となるので、かなり大きい話なんですよ! 1g単位の表示が、いきなりステーキを 意識している感バリバリ伝わりますよねW いざ着席! 着席しました! 席にはナイフ、フォーク、箸などの他に調味料が置いてあります。 まぁ、この辺はいきなりステーキと同じですかね。 ステーキソースが2種類あります。 普通バージョンとさっぱりバージョンですね。 この辺りは、嬉しい配慮です。 スポンサーリンク メニューを確認しよう! レギュラーメニューは ・がっつりステーキ ・がっつりハンバーグ ・リブロースステーキ ・フィレステーキ ・USブラックアンガスサーロインステーキ ・カットステーキ ・がっつりハンバーグ&フライの盛り合わせ となります。 ランチタイムだと、ライス・スープ・サラダがつきます! メニュー構成もほぼいきなりステーキに寄せてきています。 この寄席具合がいいですね~ いい感じですね~w レギュラーメニューを食べてみた! それでは、早速食べてみましょう! どうしても、比較対象がいきなりステーキになってしまいますが、その点はご了承ください。 がっつりステーキ がっつりステーキ300gです。 値段は、1390円(税抜)です。 焼き加減を選べることができます。 「レアがおすすめです」と店員。 その発言もいきなりステーキと同じだw おススメする理由は、店舗の効率化のためだと思いますが、私はミディアムレアで注文しました。 切りまくりましたw ちょっと美しくない画像で恐縮です。 肝心の同じですが、肉が 固い です。 まぁ、噛み応えのある肉とキャッチフレーズをアピールされていましたが、、、 これは残念ながらいきなりステーキに軍配です。 スポンサーリンク がっつりハンバーグ 200gのハンバーグが、900円(税抜)です。 100%ビーフではありません。 いろんなお肉が混ざっているようです。 切ってみると、しっかり焼いてくれます。 まぁ、豚や鳥が入っているのでしっかり焼いてくれないといけませんね! 同じの方ですが、ハンバーグが好きなら是非どうぞってな感じです。 私は、100%ビーフが好きなので、これは大きくハズレでした。 いきなりステーキに軍配です。 チムニーピンチ!! ヒレステーキ 200gで1800円(税抜)ですね。 値段については、いきなりステーキと同じですね! カットした断面です。 ちなみに、ヒレステーキは200gがちょうどよいです。 肉質は、いきなりステーキに軍配です。 あれれ、あ、そうだステーキがんばれ~! USブラックアンガスサーロインステーキ 200gで1700円(税抜)です。 サーロインステーキは、あまり差がでないのでしょうか~ 今更気づいたのですが、私はあまりサーロインステーキは好きではないかもw さっぱりしすぎてる感があるからですかね。。。 その他のメニュー ハンバーグにエビフライと蟹クリームコロッケがついた商品です。 お子様には良いかもしれませんね! 唯一、このメニューにとんかつソースがついてきますw 味が濃すぎる~~ ちなみに、海老フライと蟹クリームコロッケは皆様の想像の範囲内のお味となっております! リブロースステーキ 今や、低価格ステーキの代名詞、リブロースステーキの登場です。 肉質は、いきなりステーキに劣ります。 確実に。。。 カットステーキ カットステーキも堪能できます。 が、これは 非常によろしくないです。 いきなりステーキの乱切りカットステーキにかなり負けてます。 お店の方も気づいていると思いますがね・・・ スポンサーリンク カレーもあるよ! ランチ限定?かと思いますが、カレーも楽しめます。 これはとても美味しいです! このお店は、ご飯がとても美味しいので(私は固めが好き💛)カレーも多少レトルトっぽくても問題ありません。 ここにきてカットステーキが活躍します。 ライス・サラダ・コーンスープ等 ランチメニューについてくるサラダです。 かなりドレッシングがきつめのため、苦手は人はドレッシングを遠慮した方が良いですね! ランチセットのコンソメ?スープです。 まぁ、特に気になる点はございません。。 スポンサーリンク アッそうだ! ステーキはパクリなの? 私の結論ですが。 ほぼほぼパクリだが・・・ ということです。 理由は以下の通り・・・ ・カットバーがある(決定的w) ・メニュー構成が、かなりいきなりステーキに寄せている いきなりステーキの出たがり社長は、やっぱりあさくまに怒るのではなく、こちらに怒った方がよいのではw まとめ ぱくり認定しましたが、恐らくこちらのお店の寿命は短いと思います。 決定的なのは、いきなりステーキと比べて肉質が劣る点です。 まぁ、チムニーはそこそこ大きな会社なので、失敗しても大した損害はないかもしれませんが、「当たればいいや」的な姿勢は変えていただかないといけません。 ただ、応援はしていきますよ! がんばれチムニー! スポンサーリンク 追記 ポイントたまりましたよ! 1000円ごとに1ポイントたまるポイントカードが、ついに30ポイントたまりました! お好きなステーキを300gもらえるという事で・・・・ US産ブラックアンガス牛リブロースステーキ300gにしました! でーんっと 美味しくいただきましたってことです。 ちょっと気になったのが、お客さんの数が減ってきていませんか? ピンチですよ! 頑張れチムニー! スポンサーリンク.

次の

「カミナリステーキ」は「いきなりステーキ」の商標権を侵害しているのか

いきなりステーキ パクリ店

いきなりステーキが不調というニュースを最近良く目にします。 潰れる前に、もう一度行きたいと思っていたのですが、パクリとも思える名前のやっぱりステーキがあると聞いて行って来ました。 いきなりステーキより後発なので、名前については意識してたかもしれませんね。 今回寄ったのは各務原店です。 かかみがはら航空宇宙博物館に行ったついでに行きました。 丸亀製麺と並びであります。 イオンタウンの中にあるので、駐車場は心配しなくても大丈夫です。 イオン各務原とは別の場所なので注意してください。 近くに行くと、やっぱりステーキ心得10カ条なるものが… 気合の入ったラーメン屋みたいです。 メニューは写真のとおりです。 基本的に肉を頼めばサラダとご飯とスープがおかわり自由です。 基本メニューは1,000円からありますし、シェアする場合はサラダバー単品でも頼めるので安心。 注文は入ってすぐのところの券売機で券を購入し、座席に座ったところで店員に券を渡すスタイルです。 うん、ラーメン屋みたいですね。 私はやっぱりステーキの270グラム1,480円、妻は150グラム1,000円を注文して、子供はハンバーグ1,000円を2人でシェアしました。 下の写真は私が注文した分です 肉より、サラダとご飯が前面に出て来ていますが、ボリュームがあり柔らかくて美味しかったです。 肉は全て溶岩石にのせられてレアの状態できます。 それを自分で焼き加減を調整して食べます。 ご飯は白米と黒米の2種類があり好ポイントです。 サラダは、ほぼキャベツの千切りでニンジンのスライスが気持ち程度だけ混ざってる物ですが、無いよりかは全然いいです。 ドレッシングは2種類あったと思います。 スープは卵スープが一種類でした。 味は微妙ですが無いよりかはいいです。 ソース類は豊富にあり、わさびやニンニクも置いてあったので非常によかったです。 平日限定ランチもあり、そちらなら更に安く済ませることが可能です。 行った感想ですが、意外と小さな子ども連れに優しいです。 子ども用の椅子や食器もありますし、6歳未満は肉をシェアしたときのサラダバー代金が不要です。 3,4歳の子ども連れで行きましたが好印象でした。 いきなりステーキは比較されると苦しいでしょうね。 いきなりステーキの特徴は美味い肉を手頃な値段で食べれることですが、やっぱりステーキの肉は別に悪くなく価格は大分と安いです。 さらに、やっぱりステーキは子ども連れに優しいので、ファミリー層を取り込めますが、元々が立ち食いで始まったいきなりステーキはイメージ的にも、価格的にもファミリー層を定着させるのは難しいでしょう。 不調ないきなりステーキが更に心配になりながら、やっぱりステーキが近くにできないかと考えてしまいました。 以上、参考になれば幸いです。

次の

いきなりステーキとやっぱりステーキの違いとは?美味しいのはどっち?

いきなりステーキ パクリ店

外食産業では、業態のパクリは日常茶飯事。 均一料金が流行れば各社が均一料金の業態を出し、相席居酒屋が流行ると同じような相席居酒屋が雨後の筍のごとく登場します。 そんな中、ペッパーフードサービスの「いきなりステーキ」の業態が一躍有名になり、他の外食企業も参入してきました。 私自身、街中でカミナリステーキを見かけて、パクリ感が満載過ぎて、パロディ的な店かと思ったほどです。 調べれば大手のモンテローザが運営していると知ってさらにびっくり。 <カミナリステーキの看板> 今日は、この「いきなりステーキ」と「カミナリステーキ」を題材に、商標権の権利範囲について考えてみたいと思います。 両社の商標権 まず、ペッパーフードサービスもモンテローザもそれぞれレストランサービスについての商標権を取得しています。 つまり、パクリの業態においても、 商標権を取得することは、その店舗名で事業展開していく上での安心を得られるという意味があるのです。 モンテローザのウェブサイトによると、「カミナリステーキ」を開始したのが2018年5月とのこと、上記の「カミナリステーキ」の権利発生のタイミング(登録日=2018年5月11日)と合致します。 ひょっとすると、モンテローザは、商標権侵害のリスク回避(店舗名を使うことの安全)を確認してから新業態をスタートさせたのかもしれません。 商標の範囲って? 商標は「自分の商品やサービスを他人の商品やサービスから区別するための目印」です。 その権利が商標権です。 そして、商標権は、一字一句同じパクリの目印に加え、紛らわしい目印(類似の商標)にも及びます。 でも、「カミナリステーキ」みたいにモロパクりってわかる商標権が取れるなら、紛らわしい目印(類似の商標)って何ぞや?と思われるかもしれません。 特許庁が「カミナリステーキ」の権利を認めたのには、商標の類似の判断基準が以下から構成されているためです。 見た目の違い 発音の違い 意味合いの違い この3つの観点を総合的に観察して、類似するどうかが判断されます。 そして、<見た目の違い>については、「いきなりステーキ」と「カミナリステーキ」とでは、最初の2文字「いき」と「カミ」の形が違います。 また、<発音の違い>については、「いきなりステーキ」と「カミナリステーキ」とでは、最初の2音が異なり、その違いは容易に聞き分けることができます。 そのため、商標の権利としては、「いきなりステーキ」と「カミナリステーキ」とでは、類似しない(=紛らわしくない)のです。 皆さんも、パクリとは分かっても、「カミナリステーキ」に「いきなりステーキ」と間違って入ることはないでしょ!?突き詰めると「紛らわしい目印」かどうかは、そこがポイントになるのです。 モンテローザの狙いと注意点 そういうわけで、「カミナリステーキ」は、商標権侵害の問題は一応セーフと結論づけることができます。 モンテローザとしては、「いきなりステーキ」のパクリ感を満載にすることで、「いきなりステーキ」の知名度を利用しつつ、新業態の店であることを安くPRできたことでしょう。 狙ってやっているとしたら本当にすごいです(褒められることではないと思いますが・・・)。 ちなみに、商標権の侵害じゃないから何をやってもいいのかというと、そういうわけではなく、コメダ珈琲がマサキ珈琲を訴えた事件のように、不正競争行為として禁止される場合もあります。 モンテローザはパクリ過ぎてやけどしないように注意が必要です。

次の