ヒロアカ4期 14話。 アニメ『ヒロアカ』14話。デクはついに壊理を救け出す

【ヒロアカ】4期アニメ14話 ネタバレ・考察・感想 サーナイトアイ死亡 哀しき別れ

ヒロアカ4期 14話

「U-NEXT」の31日間無料お試しに登録• そんな方のために、 ヒロアカ4期22話(85話)見逃し動画を無料で見る方法をご紹介します。 それは、 動画配信サービスの無料お試し期間を活用する方法です。 「ヒロアカ4期」が無料で視聴可能なサービス 無料で全話視聴する方法は、以下があります。 アニメの配信数が多いのはもちろん、毎月1,200ポイントも貰えるのでよく活用しています。 「U-NEXT」の31日間無料お試しに登録• ジェントルだけのために、ただそれだけのために生きるラブラバ。 彼女の"個性"が、デクを窮地に陥れる…!? さん演じるラブラバに注目の『僕のヒーローアカデミア』第85話「開催文化祭!! 」のオンエアをお楽しみに!! ) ジェントルに遭遇したデク 文化祭当日、買い出しに出掛けたデクは偶然ジェントル・クリミナルと遭遇します。 ジェントルは雄英を襲撃しようと変装して雄英に向かっていたがヒーローオタクであるデクはジェントルに気づきます。 スポンサーリンク そこからジェントルとデクの戦闘が始まりデクは、新技を使ってジェントルと戦いますがラブラバの個性で強化されたジェントルにに苦戦を強いられるのでした。 デクはジェントルの雄英襲撃を阻止し、雄英高校は無事文化祭を開催することができるのでしょうか!? 女の戦い 文化祭当日、女性コンテストの控室で一年 B組・物間が同じクラスの拳藤のセクシーな衣装を見て笑う姿が。 (男なのに女子の控室に堂々と入れるメンタル笑) そして拳藤が、必ず優勝するとそれを見込んでエントリーさせたのは自分だと豪語する物間。 それに対して食いついてくる三年生・波動などがいて早くも控室では女の戦いが始まっていました。 楽しそうな文化祭イベントの準備に取り掛かっている生徒がいるその一方、デクに会うことを楽しみにしていたエリちゃんはミリオと一緒に文化祭へ向かっていました。 デク VSジェントル・クリミナル ジェントルの雄英襲撃に感づいたデク。 そして感づかれたと気づいたジェントルは作戦を遂行するためデクから逃げました。 デクはオールマイトから受け継いだ身体能力を向上させる個性で、見事に二人を捕まえます。 ラブラバはジェントルの作戦が失敗してしまったと思い涙を流します。 ラブラバの過去 ラブラバは中学生の時、失恋をきっかけに命を断つことを考えてました。 そんな中、たまたま動画でジェントルを見つけます。 ジェントルに一目惚れしたラブラバはジェントルの弟子入りを希望し、そこから二人は長い時間をずっと共にしてきました。 形勢逆転 二人を捕まえたデクでしたがラブラバはジェントルの目的を果たすため個性を発動します。 ラブラバの個性は『愛』。 スポンサーリンク 自分が愛した相手の能力を強化する個性で、その効果は愛の深さ次第。 ジェントルを愛しすぎてるラブラバの個性で能力を上げるジェントルにデクは一撃で形勢逆転されてしまいます。 デクの根性 ラブラバの個性でジェントルを強化する『ラバーモード』でヤバイ状況をいつも力で打破してきたジェントルの一撃だったが、デクは立ち上がります。 立ち上がったデクに愛が足りなくてデクを倒せなかったと涙するラブラバだったが、ジェントルはそんな事はないと庇います。 ジェントルは野望を叶えるために雄英を襲撃しようとしていたことに対し、それは間違っていると言うデク。 二人の戦いはヒートアップして行きます。 ジェントルの過去 高校時代、人気ヒーローになる夢を持っていたジェントルでしたが、成績などが悪く対した成績はあげていませんでした。 それでも夢を諦めなかったジェントルはある日人生を壊してしまう大事件を起こしてしまいます。 偶然救助現場に居合わせたジェントル。 個性を使って救助しようとしたが、結果的にそれが裏目に出てしまい救助するべき相手を大怪我させてしまう。 罪に問われたジェントルは高校も退学、そして親にも見捨てられ人生のどん底に落ちてしまうのです。 デクとジェントルのバトルに決着 ジェントルの野望は間違っていると言うデク。 二人の戦いもヒートアップしていく中ラブラバの個性でジェントルは更にパワーアップします。 パワーアップしたジェントルに苦戦するデクでしたが、その戦いにも決着がつきます。 最後はデクがシュートスタイルでジェントルを倒しました。 スポンサーリンク ジェントルが負け涙するラブラバ。 ジェントルはラブラバに逃げろと言うが逃げません。 そこで、ラブラバに対してこのままではラブラバも捕まってしまうと思ったジェントルは、最後の力を振り絞り自分を拘束していたデクを吹き飛ばします。 ジェントルが自首 デクを吹き飛ばしたジェントル。 そしてデクを吹き飛ばすと同時に、雄英高校周辺を警備していた物に見つかってしまったジェントル。 そしてジェントルはデクとの戦いで自分の過ちに気づき、ラブラバを抱きしめながら自首したのでした・・・。 【ヒロアカ4期】22話(85話)を実際に見た感想 私が実際にヒロアカ4期の22話(85話)を実際に見た感想です。 う、羨ましい・・・女子の更衣室に入れるなんて・・・! そして文化祭を楽しみにしているエリちゃんがすごく可愛い。 そしてデク VSジェントルの対決にも決着がつきました。 ジェントルはラブラバの個性で大幅に力アップして『チート』『ずるっ』と思いましたがよくよく考えたらデクも自分の体を削って力を大幅に上げることができるので実際どっこいどっこいだなと思い見てました(笑)。 スポンサーリンク そしてシュートスタイルでジェントルとの決着をついて、ジェントルは負けてしまいますがその後のジェントルとラブラバの愛が感じられるシーンに感動してしまいました。 結局最後はジェントルが雄英の警備に見つかり自首しますが、捕まるのか?逃してもらうの?と疑問に終わる終わり方だったので、次回の最新話をもうすでに楽しみにしています(笑)。 個人的には捕まらず、しっかり更生して欲しいですが・・・(なぜかジェントル好きになった) 無事ジェントルを撃退したデク。 これで文化祭も安全に開催することができますね! そんな感じで『僕のヒーローアカデミア』4期 次回も楽しみに待ちたいなと思います! 【ヒロアカ4期】次回あらすじ考察 来週のヒロアカの予告タイトルは「垂れ流せ!文化祭!」。 ジェントルとの戦いが終わったデクは、全速力で文化祭の会場に向かいます。

次の

ヒロアカ4期作成決定!!いつからはじまるの?

ヒロアカ4期 14話

警察部隊は治崎を療養車の中に入れ、高速道路を走っていました。 その前の車両にはヴィラン連合のグループが登場。 死柄木や茶鬼といった敵が警察部隊の様子を伺う形で座っています。 そして死柄木の発動する崩壊という個性で、警察車両に襲い掛かります。 しかし警察車両の中には、サンドヒーローでもあるスナッチが乗っていました。 茶鬼の攻撃を砂で吸収し、激しい戦いが開始。 車は減速し死柄木がそのままスナッチに襲い掛かります。 スナッチの個性でもある砂は崩壊させることができない天敵でした。 死柄木はおとりに使われており、マジシャンによりパトカーは宙に浮いてしまいます。 スナッチはそのはずみで怪我をしてしまった人員を保護。 茶鬼はそんなスナッチの隙をついて攻撃をしました。 死柄木は治崎の個性を崩壊で失わせ、今後の未来は自分になると言います。 そんな中、ヒーロー達の中で深刻な状態な人物が一人。 それはナイトアイでした。 ナイトアイはデク、そして号泣するミリオにある運命を告げます。 果たしてその運命とは、そしてナイトアイはどうなってしまうのか注目。 治崎はデクとエリのコンビネーションに修復することができませんでした。 治崎を倒した後、デクは背中に背負っていたエリに話しかけようとします。 デクの体に当然異変が現れます。 エリの個性が勢いを増し、デクの状態をどんどん巻き戻してしまいます。 エリは自らの個性をコントロールすることができず、デクの命すら危ない状態になります。 するとイレイザーが目を光らせ、エリの個性を解除することに成功。 ファットガムやリューキュウなどが警察に呼びかけ、ミリオや切島などを救急車に運びます。 ナイトアイは脈拍が低下していました。 デクはナイトアイに近づくと、未来を捻じ曲げられたことの凄さを改めて伝えます。 午前の9時15分に無事保護が完了しました。 エリという一人の少女を巡っての戦いは、治崎とデクだけでなくヴィラン連合とヒーロー達の戦いもこれで幕を閉じることになりました。 するとその高速道路の前を走る車両の中に不気味な影。 それはヴィラン連合の死柄木達。 死柄木は、療養車の中にいる治崎に何か用事がある雰囲気を出します。 病院に行くには高速道路を使った方がいいというのは、同じヴィラン連合のトガがコンプレスとの連絡によるものでした。 茶鬼が青い炎で攻撃をしますが、サンドヒーローでもあるスナッチが防ぎます。 コンプレスのおとり攻撃により、パトカーを行動不能にされてしまいました。 スナッチは各地の焼死体があるということを聞いていると茶鬼に伝えます。 その犯人は茶鬼のしわざであり、スナッチは砂で立ち向かおうとしました。 茶鬼は全く動じず、上半身しか砂にできないスナッチを炎で圧倒。 死柄木は治崎の元へと向かいます。 死柄木は治崎の個性を頼るなという事に苛立っていました。 そして治崎に崩壊を使い無個性にさせるのです。 治崎は個性を失ったことで、絶望の雄たけびを上げてしまいます。 ヴィラン連合の今後は死柄木に託されるという事が決定的な瞬間となりました。 切島やロックロックといったヒーローも命に別状はなく、デクは安心します。 エリは発熱が治らない状態が続いていました。 デクはエリの個性を上手く使った事に、イレイザーは褒めたたえます。 イレイザーはエリの個性には頼れないという事をデクに伝えます。 オールマイトはナイトアイが治療している場所にリカバリーガールと共にいました。 医師にナイトアイの明日の朝を迎えることはないと伝えられてしまいます。 更にナイトアイはデクに対して恨んでいない事を伝えました。 ナイトアイが予知していた未来を捻じ曲げることができたのは、ヒーロー達が皆を信じて諦めず、強くなっていったからだと言いました。 ナイトアイは、ヒーロー達の頑張りがデク自身の強さに乗り移ったのではないかと察知。 そしてナイトアイの事を尊敬しているミリオがその場所へ訪れます。 ミリオはナイトアイに「生きて」と涙声で言います。 ミリオはナイトアイのおかげで強くなることができたと感じていました。 ナイトアイは「許しておくれ。 」と言います。 更にナイトアイは最初にミリオを呼んだときは、あくまでお手伝いという目的であったことを伝えます。 しかしミリオはいつしか、ナイトアイの事を尊敬して大事な存在になっていました。 ナイトアイは最後ミリオの今後の運命を予知。 ナイトアイはミリオが立派なヒーローになり、今後の未来を担うということを予知。 そしてナイトアイはミリオに「笑って」という事を交えます。 アニメ「僕のヒーローアカデミア 第4期」第14話の感想 筆者感想 アニメ「僕のヒーローアカデミア 第4期」第14話をチェックしてみて、最後のナイトアイの死ぬ場面が頭から離れませんでした。 自分の中では、このアニメの感動シーンの中でも上位にランクインする位です。 ナイトアイはミリオに対して本当に様々な思いを抱えていたことを改めて知ることができました。 そしてミリオもナイトアイの事をとても慕っていることが表情でよくわかります。 実際にミリオはナイトアイがいなければ、今の未来はなかったといっても過言ではありません。 今後ミリオがさらに強くなることを期待しています。 一方で、ヴィラン連合の死柄木が登場しました。 死柄木が治崎を襲撃し、無個性にした上で最後に言い放った言葉は、かなり残酷な内容だと思いました。 治崎が無個性になったことで、今後は死柄木がヴィラン連合を引っ張っていく可能性が高くなったのではないでしょうか。 本当に今回はこのアニメをずっとチェックしていた方にとっては、忘れられない回だったのではないかと思います。 みんなの感想・口コミ アニメ「僕のヒーローアカデミア 4期」14話 サブタイトルを出すタイミング…😭 ヒロアカに限らず、OPやEDやサブタイトルを、本編の演出の一部として使っているのが好き👍 ヴィラン連合の漁夫の利、はじめからこれが狙いだったのでしょうね😰 — ソノン sononheaview 《評価92点》アニメ「僕のヒーローアカデミア」第14話。 ついに戦いに決着が付きました。 ただナイトアイがああああああああああああああああああああああ😭 漫画を読んで知っていたいのに、涙腺を刺激する素晴らしい最後でした。 ナイトアイ好きだわぁ😭 — シマヨシ shimayoshi06 僕のヒーローアカデミア 第4期14話感想 ナイトアイ逝った 笑っていろ ナイトアイいい師匠だったなあ — k-ty 通りすがりの世界の破壊者 kty72276404 僕のヒーローアカデミア14話 本気で泣きました。 — 黒ウサギ 冬コミ2日目参戦 Kusousagi25 14話の感想では、やはりナイトアイが死んでしまった事に関しての感想が多くありました。 なんといってもナイトアイとミリオの関係には、目頭が熱くなることがあるのではないかと考えられます。 新たなヴィラン連合も登場し、本格的に次の出来事が始まりそうな予感がしました。 ナイトアイが死んでしまいましたが、今後の展開にも注目してみましょう! アニメ「僕のヒーローアカデミア 第4期」第14話のまとめ アニメ「僕のヒーローアカデミア 第4期」第14話のまとめとしては、治崎との戦いが終わった直後の様子が描かれていました。 デクはエリの巻き戻し個性で命を失いかけますが、イレイザーに何とか助けられます。 怪我を負ったヒーロー達は、何とか一命を取り留める者も多くいました。 しかしナイトアイは生きているのがおかしくない状態に。 ミリオはナイトアイに「笑っていろ」と伝えられ、今後の未来を担うヒーローになると予知されます。 デクやオールマイト、リカバリーガールやミリオに見守られて、ナイトアイは死んでしまいました。 次回の15話も期待してみましょう! アニメ「僕のヒーローアカデミア 第4期」のネタバレ記事一覧.

次の

「僕のヒーローアカデミア 第4期」第14話のネタバレと感想を紹介!

ヒロアカ4期 14話

TVアニメ『 僕のヒーローアカデミア 』4期第25話(88話)「始まりの」あらすじ 新型脳無はスピードやパワーもエンデヴァーを上回っていた…街の人々にも危険が迫る。 ホークスも人命救助、エンデヴァーのサポートに全力を尽くす。 しかし…エンデヴァーは 深手を負ってしまう。 聞こえてきた声は「象徴の不在」。 それでもNo. それだけじゃなかった… 「赫灼熱拳 ヘルスパイダー!!」 相手を束縛しようと試みるも…すべて避けられ、逆に力で抑え込まれてしまう。 戦闘の激しさが増し、ビルが崩れて半壊状態。 悲鳴、呼吸、衣擦れ…人から生じる振動。 被害部分のみに限定して!」 羽を自由自在に操り、一度に76名を避難させる。 と同時にビルごと脳無をバラバラにする エンデヴァー。 しかし、体内から別の脳無たちを街中に放たれてしまう。 1としての責任をかけた熱線。 灰も残らぬほどの焼き尽くしたかに思えた… しかし、脳無は生きていた…。 次の瞬間、反撃を受けて力なく倒れるエンデヴァー。 そんな中…少年が エンデヴァーは生きて戦ってるやろうが!と叫ぶ。 エンデヴァーは勝利を信じて立ち向かう 「動かん身体を火力で押し出せ!倒れてなるものか!かすむこの目で勝機を見据えろ!」 ホークスも剛翼でエンデヴァーの背中を押し、スピードを上げて死力を尽くした一撃。 それすらも脳無に受け止められてしまう。 過去の…あるいは別の未来の。 焼けて眠るがいい!」 「昔からこの校訓が大嫌いだったよ。 PLUS ULTRA プロミネンスバーン!」 業火が消え、最後に立っていたのはNo. 1ヒーローエンデヴァーでした。 やっぱり爆豪の言う通り、倒れない、挫けないっていうのはクソ強い! 脳無との戦闘はエンデヴァーの熱すぎる家族を想うセリフも、バトルシーンも映画並みのクオリティー。 轟やその兄や姉も心配でしかたなかった! そんな難しい局面の中で完璧なサポートをやってのけたホークスもすごいですよね! オールマイトを本気で超えようなんて人は居なかったがエンデヴァーだけは本気で努力していたことを知っていたホークス。 だから、エンデヴァーならやってくると信じて、チームアップを申し込んだのでしょう! エンデヴァーに憧れていた少年が、今こうしてNo. あの夢が意味するところは何なのか?気になりますが、第5期で明かされることでしょう! 今回のサブタイトル「始まりの」いろんな意味が含まれていそうですね! 早くも第5期が待ち遠しいです! 文章:あそしえいつYH 僕のヒーローアカデミア (4期) の各話を振り返りチェック!•

次の