ジオン 注射 後遺症。 ジオン注射療法のデメリットとは

【注射7本】いぼ痔(内痔核)治療のジオン注射について知りたい、費用は?体験談を公開

ジオン 注射 後遺症

2014年3月17日 今回は内痔核治療で最近よく行われている、 痔核硬化療法をご紹介いたします。 痔核硬化療法とは、 内痔核の腫れているところに薬剤を注射し、 局所の炎症を起こさせて固めてしまう治療法のことです。 過去にも注射による痔核硬化療法は存在しましたが、 効果は一時的で再発も多くみられました。 しかし現在行われている硬化療法は四段階注射法と呼ばれ、 とても治療効果が高く、 手術に匹敵すると言われております。 もともと内痔核というのは、 長年の便秘や下痢、排便習慣などで、 直腸の出口にある毛細血管(内痔静脈叢)が、 拡張したり蛇行したりして起こる静脈瘤です。 現在でも手術で痔を切ってしまうのが一般的です。 拡張した静脈瘤の部分=痔核を含めて、 肛門の皮膚から、直腸粘膜を内側に向かって剥離し、 最後に流入する動脈(上直腸動脈)を糸でくくって、 血流を遮断し切除します。 (結紮切除法) 内痔核の硬化療法では、痔核は切除せず、 硬化剤の注射により動脈をつぶして血流を遮断し、 腫れている部分にも注射し、固めてしまう治療です。 痔核硬化療法の中でも効果の高い四段階注射法は、 ジオン注射療法やALTA アルタ 療法とも呼ばれますが、 すべて同じものをさします。 「四段階注射法」は、 痔核の注射を4つの場所に分けて打つやり方から そのように呼ばれています。 「ALTA療法」という呼び方は、注入する薬剤の成分が、 硫酸アルミニウムカリウム水和物・タンニン酸というもので、 アルミニウムとタンニン酸の頭文字をとって、 「ALTA」と呼ばれています。 また、「ジオン注射療法」は、 その薬剤の製品名が「ジオン注」というところから来ています。 下の写真は実際に使用するものです。 すべて同じ内容を違った呼び方をしているだけなのです。 ちょっと紛らわしいですね。 では四段階注射療法(以下ALTA療法)の方法です。 下の図のように1つの痔核を4つの場所に分けて考えます。 実際はこのような部屋にはわかれていないので、 大体の場所をイメージします。 肛門鏡という筒型の器具を肛門から挿入し、 内痔核を観察します。 ALTA専用 「Z式肛門鏡」 ALTA療法の時は通常麻酔を必要としませんが、 肛門が狭く、肛門鏡がどうしても入りにくいときや、 痛みを伴う時には局所麻酔の注射を行います。 この肛門鏡を直腸に挿入したのち、 先端の部分を引き抜き、 筒のような状態で内痔核を観察します。 そして直腸の奥から、 第一段階(下の図で青色の部分)、 第二段階(下の図で緑色の部分) 第三段階(下の図で橙色の部分) 第四段階(下の図でピンク色の部分) と順番に注射していきます。 これは第一段階の図ですが、 第一段階の目的は、主に痔核に流入する血管をつぶし、 痔核への血流を遮断することです。 あくまでもイメージですが、 痔にアロンアルファを注射していると思ってください。 (もちろん瞬間に固まることはないのですが) 血管は固まり血液の流入がストップし、 第二、第三、第四段階も注射することで、 その下の腫れていた粘膜も収縮し、 接着剤のような作用で直腸壁に張り付くのです。 それぞれの場所に注射する量は、 痔核の大きさに合わせある程度決まっています。 ひとつの痔核に対し4か所の注射を順に行います。 治療中は肛門鏡の圧迫感や不快感はありますが、 注射による痛みはありません。 逆に痛みがあるときは、 注射の部位が適切でない可能性がありますので、 その場で『痛い』と医師に伝えましょう。 このように4か所注射したのち、 注射した薬液が痔核全体にまんべんなく広がるように、 指でマッサージを行います。 この操作は患者様にかなりの不快感を与えます。 ここが一番気持ち悪いとおっしゃる方も多いです。 以上で一つの痔核に対する治療が終了します。 複数の痔核がある場合は繰り返し行います。 通常は2か所から3か所に行うことが多いです。 注射直後より動脈からの血液の供給が減るのと、 硬化剤の作用で痔核が縮小します。 下の図のように本来の位置で小さくしぼんで治ります。 これで終了です。 翌日にはそれまで腫れていた痔核が小さくなり、 ずいぶんすっきりすることでしょう。 大きな病院では1泊入院、 私たちと同じような診療所で行う場合は、 日帰りで行われていることが多いようです。 ALTA療法は従来の結紮切除の手術と比較し、 入院期間が短いことや、 術後の痛みが少ないことがメリットです。 逆にデメリットしては、 注射の部位、量が適切でなかった場合、 効果が不十分で再発することがあります。 また内痔核すべてに治療の適応があるわけではなく、 大きいもの(4度内痔核)や外痔核のあるものは、 治しきれないこともあります。 そのため、それぞれの患者様毎の痔核の状況で、 担当医と十分相談し、合併症を含めた説明を受けたうえで、 お決めになることをお勧めいたします。 この治療が保険診療として始まってから、 約10年が経過しました。 最近では手術と同様に多くの患者様に行われており、 手術と遜色のない治療成績が報告されています。 しかしながら一般の患者様には、 どのような治療か、手術とどこが異なるのか、 今一つわかりづらいのではないかと思います。 つたない解説でしたが、 少しでも治療のイメージがわき、 今後の治療の参考になれば幸いです。 関連ページ•

次の

【注射7本】いぼ痔(内痔核)治療のジオン注射について知りたい、費用は?体験談を公開

ジオン 注射 後遺症

コンテンツ• ジオン注射前のいぼ痔の症状 トイレで「大」をしてお尻を拭く際に、 肛門に盛り上がりが出来るようになったのが発端です。 言いかえると、イボ痔が肛門内から 一時的に脱出する症状。 最初は自然に戻ってましたが放置した結果、指で押し込まないと戻らないように。 明らかに悪化してます。 そんな中でリサーチしていると注射で処置が出来ることを知り通うことに決めました。 いずれ治ってくれるだろうという幻想は捨てて現実を見ることに。 画像は、クリニックで診察時にもらったものになります。 ジオン注射って何? 簡単に言うと、いぼ痔(内痔核)が悪化してきて、肥大して袋状になります。 その袋状の患部へ注射をすると袋が 縮んでぺっちゃんこになって症状が改善するというもの。 詳しくは、次の解説文を参照してください。 ジオン注射と は? ジオン注射とは、 脱出を伴う内痔核(排便時に出てくる、または普段から出たままになっているようないぼ痔)に対して、注射による治療を可能にしたものです。 ジオンとはどんな薬? ジオンの有効成分は硫酸アルミニウムカリウム水和物・タンニン酸です。 頭文字をとってALTAとも呼ばれます。 硫酸アルミニウムカリウム・・・出血症状や脱出症状を改善する。 タンニン酸・・・硫酸アルミニウムカリウムの働きを調節する。 元々は1979年に中国の高名な痔治療の専門家、史兆岐教授の考案した「消痔霊」という薬が元になっています。 その薬の添加物の一部を変えたものがジオンです。 日本では2005年 平成17年 からジオン注射治療は始まりました。 出典: 通院から約3ヵ月は注入軟膏とクスリで様子見 病院へ行って、いきなりジオン注射では無いです。 まずは、注入軟膏とクスリで様子見をしました。 放置していたことでイボが大きく育っていて3ヶ月ほど処方するも劇的に小さくなることもありませんでした。 なので、そろそろジオン注射しようという流れになったものです。 スポンサーリンク ジオン注射のデメリット・費用 ジオン注射には当然ですが、お金が必要となります。 参考までに 保険適用対象です。 そして、私の場合は 約14,000円でした( 3割負担)。 受付から退院まで1. 5時間程度の処置だったので最安値に近いかもですね。 費用は病院の方針によるかと。 あと、ちょっとお尻の注射がピリピリしました(地味に痛い)。 ジオン注射の処置の流れ、注射が7本 血液採取 検査に向けて事前に血液を採取します。 予約 処置日を予約します。 翌日から仕事は可能とのことですが、大事をとって会社員であれば金曜とかにすると気持ち的にもラクですね。 私の場合は金曜日で予約しました。 処置当日に下剤を注入 処置当日は、通院前に下剤を注入してスッキリするところから。 8時50分:受付、点滴の注射 まずは点滴で注射を1本します。 9時00分:お尻に2本注射 局部麻酔とお尻周りの筋肉を緩くするための注射を2本します。 これがピリピリして地味に痛い。 9時15分:患部に4本注射完了 患部の根元と本体と合計4本の注射をしてもらいました。 患部は神経が通ってないとのこと。 それでもチクチクする感じがありました。 痛い!という感覚はありませんでした。 時間にして15分くらい、あっという間に終了です。 10時30分:会計も終了 注射のあと、約1時間寝転んで安静。 その後、今後の注意事項と通院についての説明を受けました。 受付で支払いをして終了です。 処置後(当日) 特に違和感も感じることなく過ごせました。 もちろん、痛みもなし。 食事制限もありません。 たった1つ、30分以上座り続けないように気をつけただけ。 先生からは1時間までを目安にと言われてました。 ジオン注射から1週間後に通院 1週間後に状態確認で通院、異状なし。 念のため、2か月ほどクスリを処方しながら経過確認するとのことで進行中。 まとめ:ジオン注射を受けてみた体験を公開 痔って、病院でお尻を出して診てもらうから恥ずかしいですよね。 でも病院に行ったらオジサンやオバサンは普通にダベってたりします。 通い始めてしまったら気にならないものかと。 受付でも名前でなく、番号札の番号で呼んでくれます。 プライバシーにも配慮されてますね。 痔で日常生活で不快な状態なら一度病院に行かれるのが良いかと思います。 ジオン注射なら住んでる地域、たとえば 「神戸 ジオン注射」 とかで検索すると取り扱いのあるクリニックが一覧で出てくるかと。 今回は以上です。 便秘がちな人へオススメの記事.

次の

痔の治療でジオン注後の副作用

ジオン 注射 後遺症

麻酔 関連記事: 1.はじめは手術を決めた日に行った採血 手術の約2週間前に血液検査のために採血を行いました。 採血は痛いし、血が体から出ていくところを見ていると貧血になりそうなので大嫌いです。 まぁ好きな人はいないですよね・・・。 関連記事: 2.次は手術当日に行った点滴 手術当日の朝には点滴をします。 少し太めの針を入れるため痛いです。 看護師からは、 「今日の手術で一番痛みを感じるのはこの点滴の針を刺す時だと思います。 」 と言われました。 実際この点滴の針をさす瞬間が一番痛かった。 痛みを例えると「採血時に注射針をさす痛み」に近いです。 関連記事: 3.おしまいは手術にはいる直前に行う麻酔注射 看護師からは、 「普通の注射よりずっと細い針なので痛くないから大丈夫」 と聞いていました。 たしかに、蚊に刺された程度の痛みでした。 痛みを例えると「インフルエンザの予防接種」の半分程度でしょうか。 尚、下半身麻酔が切れる前に痛み止めの薬を服用するため、手術後もほとんど痛みはありませんでした。 関連記事: ジオン注射(ALTA療法)手術の痛み 下半身麻酔をしているため、「ジオン注射(ALTA療法)手術」は全く痛みを感じません。 手術を担当する医師が、肛門あたりを触っている感覚はあります。 もちろん、意識もあり医師や看護師からの問いかけもしっかり聞こえます。 ちなみに、わたしの場合は手術中に医師から手術について、 手術担当医:「5〜10%の確率でジオン注射をしてもうまくつかない場合があります。 」 手術担当医:「つかない場合はより悪化してしまうこともありその時は切るしかありません。 」 手術担当医:「切る場合は1週間の入院になります。 」 と言われました。 みなくる:「えっ!? そんな話は診察した医師から聞いてないよ?」 みなくる:「聞いていたら手術しなかったのに今更そんなこと言われたってもう遅いよ・・・。 」 と心のなかでつぶやきました。 その後、うまくついてくれるよう、ひたすら祈り続けました。 体の痛みは感じませんでしたが、 心の痛みは激痛でした。 関連記事: ジオン注射(ALTA療法)手術後の痛み わたしは「ジオン注射(ALTA療法)手術」を受ければ完全に痛みがなくなると思っていました。 しかし、実際はそうではありませんでした。 今現在、肛門のちょっと上あたりに痛みがあります。 もちろん、手術前の激しかった痛みに比べれば10分の1程度の軽い痛みです。 痛みを例えると「脱肛した状態を指で押し戻した後、しばらくして落ち着いてきた時の痛み」でしょうか。 わかりにくいたとえですみません・・・。 その痛みを病院から処方された薬(注入軟膏)でやわらげています。 関連記事: ジオン注射(ALTA療法)手術の後遺症 「ジオン注射(ALTA療法)手術」の後遺症が残るかどうかは手術を受けた人によって異なります。 中には全く残らない人もいるでしょう。 しかし、わたしの場合は後遺症が残りました。 手術前よりあきらかに便が出にくくなりました。 処方された軟便剤を飲んでいますが、肛門付近まで来た便をなかなか出すことができない。 また、 手術後も肛門付近にヒリヒリとした軽い痛みが残っています。 手術後も痛みが残っていたり、便が出にくかったりしたので、 ネットで検索してみたら、下記の記事にたどり着きました。 わたしと同じような症状の人もおられるようです。 正直、手術前に読んでおきたかった。。。。。 関連記事: ジオン注射(ALTA療法)手術前に時間を戻せたら たらればの話をしてもどうにもなりませんが、「ジオン注射(ALTA療法)手術」を検討している方の参考までに、 もし、「ジオン注射(ALTA療法)手術」の前に時間を戻せたら次の4つの対応を行いたいです。 内痔核の治療方法を調査する• 評判の良い肛門科専門医を探す• 医師に「手術をせずに痛みをなくす治療方法」がないか相談する• セカンドオピニオンを必ず行う 結果として「ジオン注射(ALTA療法)手術」をせずに痛みをなくす治療方法があれば、迷わずその方法に決めます。 しかし、ないのであれば、やむを得ないので「ジオン注射(ALTA療法)手術」に決めます。 関連記事: まとめ いかがでしたでしょうか。 わたしは30台前後から内痔核(いぼ痔)の痛みと付き合ってきましたが、昨年の11月くらいから痛みが激しくなりました。 内痔核(いぼ痔)の痛みから早く開放されたくてよく調べもせずに「ジオン注射(ALTA療法)手術」を決めてしまいました。 医師にその手術で「自分が望んでいる結果(状態)となるか」を確認したり「手術をせずに痛みをなくす治療方法」がないのかを相談せずにです。 現在、「ジオン注射(ALTA療法)手術」を検討しているなら、 自分はどういう状態になりたいのかをしっかり見極めてから、肛門科の専門医に相談すれば、必ず良い治療方法が選択できます。 「内痔核ジオン注射(ALTA療法)手術を受けてわかった本当の痛み」をご紹介しました。 内痔核ジオン注射(ALTA療法)手術を検討している方の参考となれば幸いです。 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次の