ポピー 花 言葉。 ケシの花とポピーの違いを知る方法は?|ガーデニング|趣味時間

ポピーの花言葉<Corn poppy>いたわり、思いやり、恋の予感、慰め、感謝

ポピー 花 言葉

・いたわり ・思いやり ・恋の予感 ・陽気で優しい 色別の花言葉は、 ポピーの花言葉(赤) ・慰め ・感謝 ポピーの花言葉(白) ・眠り ・忘却 ポピーの花言葉(黄) ・富 ・成功 ポピーの他の色(ピンク、青、オレンジ、紫) 調べましたが特になさそうなので、全般的な花言葉と同一と考えて良いでしょう。 ・いたわり ・思いやり ・恋の予感 ・陽気で優しい ポピーの花言葉の由来となった神話 ポピーの花言葉の由来となったギリシャ神話を一つ紹介します。 豊穣の女神デメテルは非常に心が痛んでいました。 その理由は娘のペルセポネーが行方不明だったからです。 その理由を知る為に太陽神ヘーリオスに聞いたところ、冥界の神ハデスがペルセポネーを連れ去ったということでした。 そして、皮肉なことに、その誘拐は、全知全能の神をゼウスが関わっていることを知ります。 ペルセポネーは、デメテルとゼウスとの子供。 様々な思惑があったにせよ、母親の自分に何の説明もなかったことに、デメテルは深く傷つきます。 その傷を癒そうとしたのが、眠りの神ヒュプノスです。 ヒュプノスはポピーをデメテルに贈り、癒してあげようと考えました。 贈ったポピーの花により、デメテルの心は安らぎ、久々に深い眠りにつくことができました。 実は豊穣の神デメエルが働かなかったせいで、大地は荒廃していたのです。 それをヒュプノスのポピーが救ってくれました。 豊穣の神デメエルがポピーと関係していると言われるのはこうしたところにあります。 ヒュプノスの兄弟姉妹は「争いの神」や「死神」と言った非常な性格の中、 ヒュプノスだけは唯一癒しを与える存在でした。 ヒュプノスは他の神々に比べて大きな力、現状を打破する力は持っていませんでしたが、「いたわり」「思いやり」「慰め」「眠り」などを通してデメテルの気持ちを癒しました。 そして活力を取り戻したデメテルは、娘のペルセポネーを連れ戻すことに成功します。 このように活力を取り戻し、次に繋げる後押しをするのが『癒しの力』だと思います。 癒し女神になる3つの方法 僕自身は、恋愛や夫婦関係の相談に乗る仕事をしていたりします。 それらの経験によって、癒しとは何なのか?を考えてきました。 「癒し」と「依存」は表裏一体ではありますが全く異なるものです。 この意味を踏まえた上で、癒し女神になる方法を考えてみます。 気持ちを受け止め、理解する 傷ついた心を癒すには、先ずは相手のアイデンティティを認めてあげることです。 相手の考え方を、そういう考え方もあるんだね、と理解を示してあげる。 納得、共感する必要はありません。 人は生まれながらに価値がある筈ですが、時の経過とともに忘れてしまいます。 あなたがいるだけで、価値があり、必要な人間なんだ、と認めてあげます。 相手の目をしっかりと見て、相手が満足するまでは話を聞いてあげたいですね。 帰ってこれる場所 相手が満たされたなら、問題に対して解決するために前向きになってきます。 でも、その問題が大きければ大きいほどに、ダメージを受けて、動けなくなってしまいます。 そんな時に帰る場所としていつでも存在し、エネルギー補給機としてサポートします。 起こっている問題に目を向けられるような環境作りですね。 ・部屋を綺麗にする ・美味しいご飯を作る ・悩みがあったら話しやすい様な雰囲気を作っておくなど。 目先の損得ではなく成長を促す 新しく何かをするためには、これまでのやり方を否定する必要があります。 時には相手の意見を否定してあげる必要もあるでしょう。 たとえその場では喧嘩などが起ころうとも、その人に言う必要があるものは言って、相手の成長を促す様に考えて接します。 総じて言える事は相手に活力を与えるという事です。 愛のある言葉を掛けられれば、前向きになって活力が上がります。 逆に否定されれば気持ちが下がって、活力が下がります。 相手を言いくるめて否定する程に元気になる人がいますが、その人はそうやって相手の活力を奪い取っているんですね。 そういう人はおのずと人が離れて行きます。 やはり与える人になりたいですね。 google Sponsored Link2 最後に 今回は、ポピーの花言葉に関して、ギリシャ神話を元に「癒し」を考えてみました。 単なる甘えさせは、相手の依存心を生んでしまうし、直接的な言葉以外にも伝える方法はあります。 特に男性の場合は、エネルギー切れになると、依存体質になりやすいし、そうしたものを求めてきます。 そうした表面的な癒しを与えるのではなく、人生が進む様な後押しをしてあげたいですね。 最後に、ポピーの花言葉もう一度お伝えします。 ・いたわり ・思いやり ・恋の予感 ・陽気で優しい 色別の花言葉は、 ポピーの花言葉(赤) ・慰め ・感謝 ポピーの花言葉(白) ・眠り ・忘却 ポピーの花言葉(黄) ・富 ・成功.

次の

ヒナゲシ(ポピー)は怖い・毒性のある危険な花?由来を調査!

ポピー 花 言葉

赤、白、黄色などカラフルに咲くポピーの花言葉は、何だと思いますか? 実は 「いたわり」「慰め」「思いやり」「恋の予感」など、その優しいイメージにぴったりのものばかりです。 花色によって花言葉もそれぞれにあるのですが、その由来にはギリシャ神話にまつわるものもあります。 また他にもポピーの別名には、中国の英雄・項羽にまつわる物語も語り継がれています。 今回はそんなポピーの花言葉やその由来、そして豆知識までまとめてみました! ポピーとは? ポピーの和名は「ケシの花」と呼び、古くから親しまれている小ぶりな花です。 早春に色とりどりの花を咲かせるポピーは春の訪れを知らせてくれます。 特徴ポピーは、黄色、オレンジ、白、ピンク、赤など様々な色の花を咲かせるケシ科植物の総称です。 ポピーというとヒナゲシの花をイメージする人が多いかもしれませんが、ヒナゲシだけではなく、ケシの花全般を指します。 (ケシ全般なので、もちろんヒナゲシを指してポピーというのも間違いではありません。 ) また、日当たりのよい丘などにたくさん植えられており、風に吹かれてそよぐ姿は、清々しく癒されます。 開花時期春先の3月頃から花を咲かせ、5月頃まで咲き続けます。 一重や八重の薄い花を咲かすポピーの開花期間はそれほど長くありませんが、繁殖力や生命力に長けた品種なので、育てる手間が掛かりません。 原産ポピーはヨーロッパ南部、トルコ東部、イラン北部、西アジア、アジア北東部が原産地だといわれています。 花の名前の由来ポピーという名前は、ラテン語の「papa」が語源となっています。 「papa」とは粥という意味があり、幼児を眠らせるためにお粥に催眠作用のあるケシの乳液を加えていたことが由来とされています。 食品や薬品として使われるポピーは食品や薬品としても用いられています。 ポピーシードは、食用としてあんぱんなどに使用されているので、日本人にとっては馴染み深いですよね! またケシ科の植物の実から採取される乳液には、入眠、麻痺作用があり、ギリシャ時代には麻酔薬や睡眠導入薬としても用いられてきました。 英名のpoppyはケシ科植物の総称ですが、日本で麻薬原料となるものを「ケシ」、麻薬原料にならないものを「ポピー」と呼んで区別しているようです。 日本では、アヘンの原料成分であるモルヒネを含んだ実がなる「Opium poppy」種のものは、麻薬及び向精神薬取締法によって原則栽培禁止です。 ポピーの花言葉 ポピーの花言葉は、全般的な花言葉と色による花言葉が異なります。 どちらの花言葉も爽やかで可愛らしい花のイメージ通り、優しくて素敵な言葉多いです。 全般的な意味の花言葉全般的な花言葉は以下の5つです。 ・いたわり ・慰め ・思いやり ・恋の予感 ・陽気で優しい これらの花言葉の意味はギリシャ神話が由来になっているものが多いようです。 また、英語では3つの花言葉があります。 ・眠り ・想像力 ・忘却 これらはポピーの催眠効果が由来となっています。 色による花言葉ポピーの花言葉は花の色によって違います。 それぞれまとめてみましょう! 赤いポピー花言葉は「慰め」「感謝」「喜び」です。 赤色は派手な印象がありますが、花言葉は落ち着いていますね。 ギリシャ神話が由来となっており、優しい意味合いになっています。 白いポピー花言葉は「眠り」「忘却」です。 何色にも染まっていない白色は「忘却」とイメージがぴったりですね。 そして「眠り」に関してはポピーの催眠効果やギリシャ神話に由来しているそうです。 黄色のポピー花言葉は「富」「成功」です。 風水でも黄色は金運を表しており、黄色の花言葉は「富」に関するものが多いですね。 ポピーにまつわる豆知識 ポピーの花言葉の由来はギリシャ神話に由来するものが多いです。 またさらに別名には中国の英雄・項羽にまつわる物語があります。 ここからはポピーにまつわる豆知識をご紹介します。 ポピーの別名:グビジンソウポピーの別名は「グビジンソウ(虞美人草)」といいます。 これは中国の伝説に由来しています。 秦の末期。 漢の高祖・劉邦と天下を争った武将・項羽にはその美しさから虞美人と呼ばれた虞と言う愛人がいました。 負け知らずといわれた項羽が最後の戦いに敗れて追い詰められた時に、虞美人も共にいました。 虞美人は自害し最期を迎えたのですが、彼女を葬った墓に赤いヒナゲシの花が咲いたという伝説が残っています。 この伝説からポピーは、「グビジンソウ」と呼ばれるようになりました。 「癒し」と「眠り」の花言葉の由来となった神話ポピーの花言葉には「いたわり」「慰め」「思いやり」「眠り」などがあります。 豊穣の女神デメテルは、最愛の娘を冥界の王ハデスに奪い去られ、悲しみに打ちひしがれていました。 傷ついたデメテルの心を癒すために、眠りの神であるヒュプノスはポピーを贈りました。 このポピーのおかげでデメテルはようやく眠ることができ、心と体を癒しました。 このギリシャ神話が、ポピーの花言葉の元になっているといわれています。 まとめ ポピーは、爽やかな印象がある可愛らしい花で、明るい色とりどりの花から元気を与えてくれます。 花言葉は「いたわり」「慰め」「思いやり」など癒しに関するものが多く、ギリシャ神話に由来します。 見た目と同じイメージの優しい花言葉が印象的ですね。

次の

アイスランドポピー(Iceland poppy) 花言葉・誕生花

ポピー 花 言葉

ひなげしは細い茎の先に、大輪の色鮮やかな花を咲かせる1年草です。 冒頭の写真の花がひなげしになります。 では この色鮮やかな花はいつの季節に咲くのでしょうか? ひなげしの花の咲く季節に関しては、注意する点があります! その注意点も含め、詳細は後ほどご説明させていただきますね。 また、 ひなげしはポピーと呼ばれることがありますが、違いは何なのでしょうか? さらには日本でよく見かけるひなげしはナガミヒナゲシと呼ばれており、この ナガミヒナゲシはむしろ雑草という存在で、危険外来種と言われているのですが、何が危険なのかについてもお話させていただきます。 綺麗なひなげしの画像もたくさん掲載させていただきますので、そちらもお楽しみにしてくださいね! スポンサーリンク ひなげしの花が咲く季節は? ひなげしの花はどの季節や時期に咲くのでしょうか? ひなげしの花が咲く季節は春になります。 ただし、「春の季節」といっても、ここで注意する点がございます! 注意点とは何かといいますと、春の季節とはいっても、地域によって咲く時期にはそれなりのズレがあるのです! ひなげしは早い地域ですと4月上旬くらいから咲き、遅い地域になりますと6月中旬頃に咲くので、おおよそ2ヶ月ぐらいの差がありるのです。 こちらを意識していないと、ひなげしを見に行ったとしても、まだ花が咲いていない、もしくはもう咲き終わってしまった、といった事態になりかねませんので、その地域ごとの時期を調べることが大切になってきます。 ちなみに日本でよく見るひなげしはナガミヒナゲシという種類でオレンジ色の花を咲かせます。 このナガミヒナゲシが記事冒頭にも書きましたが、危険な存在で、それに関しましては後ほどお話させていただきます。 ひなげしとポピーの違いは? ひなげしはポピーとも呼ばれており、ポピーという名前の方がなじみのある方もいらっしゃるかもしれません。 では ひなげしとポピーの違いはあるのでしょうか? 結論から申しますと、 ポピーとはケシ科の植物全体をあらわす呼び名となります。 ケシ科の植物であるひなげしはポピーの中のひとつの品種ということになります。 ですので、ひなげしのことをポピーと呼ぶこと自体は間違いではありません。 ですが「ひなげしとはポピーそのものである」とは言えず、ケシ科のモンツキヒナゲシなんかもポピーと呼べますので、「ひなげし=ポピー」とはいえないのです。 ひなげしをポピーと呼ぶのであれば、「シャーレイポピー」と呼びましょう。 ちなみにケシ、アツミゲシといった麻薬の原料となるケシ科の植物もポピーと呼びます。 なかなか奥深いですね。 虞美人(『晩笑堂竹荘画伝』) 引用元: ひなげしは虞美人草とも呼ばれています。 この虞美人草という花の名前の由来は中国にありました。 中国には昔、漢という国を作った劉邦と争っていた、項羽という人物がいました。 項羽という人物は中国の歴史がお好きな人ならご存知かもしれません。 その項羽は劉邦に敗れて追い詰められている状況の中で詩を詠みました。 そして、その詩に合わせ項羽の愛人である「 虞」が舞を舞い、その後に虞は自害してしまいます。 虞は項羽の足手まといになるくらいなら死んだほうが良いと思い、自害したといわれています。 そんな 虞を葬ったお墓に赤い花が咲いたという伝説が由来が、虞美人草という名前の由来になります。 虞美人草は悲しい由来をもつ植物なんですね。 ひなげしの画像 ひなげしの画像写真を掲載させていただきます。 お楽しみください! ナガミヒナゲシという雑草の駆除の仕方 先ほどからナガミヒナゲシは危険な雑草である、とお伝えしてきましたが、どの辺が危険な雑草なのかについてご説明させていただきます。 最初にお伝えしておきますが、 ヒナゲシとナガミヒナゲシとは別のものになります。 それではナガミヒナゲシについてお話させていただきますと、ナガミヒナゲシは高さは20センチ~60センチ程度で、ヒナゲシに比べ花はやや小さめで淡赤色、子房は細長い形をしているのが特徴です。 ナガミヒナゲシという名前はヒナゲシと比べ子房が細長いことに由来しています。 では なぜ危険外来種と呼ばれているかといいますと、それはどんな場所でも自生できてしまうところです。 わずかな隙間でも自生し、土があればどんな環境でも自生できてしまうのです。 さらには ナガミヒナゲシは繁殖能力も高く、種子は15万粒とも言われており、数多くの種をばら撒いて数多く繁殖しようとするのです。 つまり、どんなところでも自生できる、いいかえれば強い植物が、数多くの種子をばらまいてどんどん増えていくことで、植物の生態系を壊してしまうのです。 ナガミヒナゲシ ナガミヒナゲシのアレロパシー さらにナガミヒナゲシにはアレロパシーと呼ばれる性質を持っているのです。 アレロパシーとは自分以外の植物を駆逐して、自分だけがどんどんと繁殖していく性質のことです。 つまり他の植物を枯れさせてしまうのです。 ですので、畑なんかにナガミヒナゲシが繁殖してしまうと、他の植物を駆逐して、辺り一面がナガミヒナゲシで埋め尽くされてしまう危険性があるのです。 せっかく農作物を作っていたのに、ナガミヒナゲシのせいで農作物が全部枯れてしまって、畑全体がナガミヒナゲシだらけになってしまったなんてことになったら、目も当てられませんよね。 ナガミヒナゲシを駆除する方法と除草剤の撒くタイミング ではそんな危険なナガミヒナゲシが自分の畑に生えていたら、畑の持ち主は当然駆除したくなりますよね。 でも何も考えずにナガミヒナゲシを駆除するのはやめましょう。 理由はまず ナガミヒナゲシにはアルカロイド性の毒素を含んでいるからです。 茎が折れると中から黄色いエキスがでるのですが、このエキスは有毒です。 皮膚についてしまうと皮膚が炎症をおこしたり、かぶれたりしてしまうのです。 また、 駆除する際にはナガミヒナゲシの種が落ちないようにもしましょう。 種子があると結局またナガミヒナゲシが生えてきてしまいますので。 では いつ除草剤を撒けばいいのかといいますと、花が咲く前のロゼットの状態のタイミングが一番適しているといわれています。 ロゼットとは地表に葉を平らに並べた状態になります。 このタイミングで除草剤を撒けば種子が飛ぶ前になりますので、それ以上の繁殖を防げるのです。 種子が飛んでしまうと、今自生しているナガミヒナゲシは除去できるかもしれませんが、種子からまた自生してしまうのです。 雛罌粟(ひなげし) ひなげしの花言葉は? ひなげしの花言葉はたくさんあります。 ひなげしの花言葉は「恋の予感」や「思いやり」、「忍耐」、はたまた「妄想」というものまであります。 ひなげしの花言葉のひとつ「恋の予感」とかは素敵ですね。 「恋の予感」という意味を込めて、好きな人にひなげしをプレゼントするのも良いかもしれませんね。 ひなげしはケシ科の植物ですが栽培しても合法なの? 麻薬はケシ科の植物から作られるという話を聞いたことがある人もいらっしゃるかもしれません。 そしてひなげしはケシ科の植物です。 ですが、 ひなげしからは麻薬は作れませんので、栽培していても違法とはならず合法なのです。 また、 ナガミヒナゲシ、モンツキヒナゲシなんかも麻薬は作れずに栽培していても違法とはならず、合法となります。 まとめ ひなげしの花が咲く季節は春で、時期は地域によって異なりますが、おおよそ4月上旬~6月中旬くらいに花が咲きます。 ひなげしはポピーと呼ばれていますが、どちらも同じものになります。 ですが、ポピーという言葉の方が範囲が広く、そのなかのひとつとしてひなげしがあります。 また、 ナガミヒナゲシという花は繁殖能力や自生能力が高く、危険な雑草として扱われています。 ひなげしの花言葉は色々あり、「思いやり」や「忍耐」などバリエーションに富んでいて、今年の春には、是非ひなげしの花を眺めながらそんな花言葉を思い出されてみるのも楽しいかもしれません。

次の