いかが され ます か。 「いかがでしょうか?」目上の相手への正しい尋ね方と文例集

「お加減はいかがでしょうか」の意味は?使い方の注意点や例文も紹介!

いかが され ます か

お加減はいかがでしょうかという言葉には、健康状態はどうなのかと尋ねる意味がありますけど、その尋ね方を少しカジュアルにするとなれば、「コンディションはどうですか」という表現が適切です。 コンディション自体はその状態という意味があります。 そもそもが英語ではありますが今では外来語として浸透しています。 コンディションという言葉は生物、無生物に関係なく、その対象の調子や状態を尋ねる時に使えます。 お加減はいかがでしょうかという表現がちょっと堅いと思う場合にも使えます。 もし若い人や子供に、お加減はいかがでしょうかと聞いても意味が通じないような時には、このコンディションという言葉で置き換えてみてもよいでしょう。 ビジネスの現場にて、お加減はいかがでしょうかと尋ねるシチュエーションというのは、あまり恒常的ではありません。 ただし職場のメンバーが倒れてしまうという事態もあり得ます。 そのような際にお加減はいかがでしょうかというフレーズが登場するシーンも想定されます。 病気療養後に復帰した上司、あるいはクライアントなどの目上の人々と、久しぶりに再会した時に使われる表現だと思えば良いでしょう。 通常気心も知れている職場の人々であれば、口語表現をするので極端にかしこまり過ぎない使い方になるはずです。 例文としては、「 お加減はいかがでしょうか、お大事になさってください」という表現が常套句として適切です。 もっと丁寧にしたいのであれば「お加減はいかがでしょうか、くれぐれもお大事になさって下さい」と言えばほぼ完璧です。

次の

純粋に何か質問する時に「いかがなものでしょうか」と聞くの...

いかが され ます か

お加減はいかがでしょうかという言葉には、健康状態はどうなのかと尋ねる意味がありますけど、その尋ね方を少しカジュアルにするとなれば、「コンディションはどうですか」という表現が適切です。 コンディション自体はその状態という意味があります。 そもそもが英語ではありますが今では外来語として浸透しています。 コンディションという言葉は生物、無生物に関係なく、その対象の調子や状態を尋ねる時に使えます。 お加減はいかがでしょうかという表現がちょっと堅いと思う場合にも使えます。 もし若い人や子供に、お加減はいかがでしょうかと聞いても意味が通じないような時には、このコンディションという言葉で置き換えてみてもよいでしょう。 ビジネスの現場にて、お加減はいかがでしょうかと尋ねるシチュエーションというのは、あまり恒常的ではありません。 ただし職場のメンバーが倒れてしまうという事態もあり得ます。 そのような際にお加減はいかがでしょうかというフレーズが登場するシーンも想定されます。 病気療養後に復帰した上司、あるいはクライアントなどの目上の人々と、久しぶりに再会した時に使われる表現だと思えば良いでしょう。 通常気心も知れている職場の人々であれば、口語表現をするので極端にかしこまり過ぎない使い方になるはずです。 例文としては、「 お加減はいかがでしょうか、お大事になさってください」という表現が常套句として適切です。 もっと丁寧にしたいのであれば「お加減はいかがでしょうか、くれぐれもお大事になさって下さい」と言えばほぼ完璧です。

次の

「いかがお過ごしでしょうか」の使い方!例文や言い換え方もチェック!

いかが され ます か

進捗状況を表す単語は"progress" ビジネスを行う上で、進捗管理は欠かせない業務のひとつです。 仕事の進み具合などを確認するメールを送る機会は少なくないので、フレーズを覚えて活用しましょう。 進捗状況を英語で表現すると"progress"です。 "progress"は経過や進行を意味するため、状況を表す"status"と組み合わせて、"progress status"「進捗状況」と表現することもあります。 また「現在の」という意味の"current"と合わせて、"current status"で「現在の状況」と表現したり、"status"と同じ意味を持つ"situation"を使った"current situation"といった表現もあります。 メールでのやり取りの場合、件名は見ただけで内容がわかるものが好ましいので、プロジェクト名などを入れて次のような件名にすると良いでしょう。 Progress Status of 〇〇 Project 〇〇プロジェクトの進捗状況 Inquiry about 〇〇 Project 〇〇プロジェクトについてのお問い合わせ 関連記事: 進捗状況を確認するフレーズを紹介 「~をお知らせください」 「~をお知らせください」を表すフレーズとして"Please tell me ~"、"Please let me know ~"があります。 この2つは命令形の"tell me"、"let me know"「私に知らせて」に"please"を付けて「~してください」と丁寧な表現にしたものです。 「お願いします」を意味する"please"が付いていますが、命令形の要素を含んでいるので「~していただけますか」とおうかがいをするのではなく、 「~してください」と強くお願いするニュアンスで伝わります。 Please tell me the current status. 現在の状況を教えてください。 Please let us know the current situation of construction. 工事の現在の状況を教えてください。 "tell me ~"は直接的でやや強い要求という印象です。 "let me know ~"は"tell me"よりもやわらかい印象で、ビジネスシーンではよく用いられます。 また、updateという動詞もよく使われます。 Please update me [us] on the current situation. 現在の状況について最新情報をお知らせください。 また "let us know ~ "、 "tell us ~ "とすると、会社やチームを代表して尋ねるニュアンスで伝わります。 "「〇〇の状況はいかがですか?」は日常会話にもよく使うフレーズです。 〇〇の部分に"things"を入れた、"How are things going? "「調子はどうですか?」といった意味があり、"Hi, how are things going? "は「やあ、最近どう?」とあいさつで使われています。 ビジネスシーンでは、〇〇にプロジェクトの名前、あるいは"task"などを入れて進捗状況を確認するフレーズとして使うことができます。 〇〇プロジェクトはどのくらい進んでいますか? How is the task going? お願いした仕事はどれだけ進んでいますか? "How is 〇〇 coming along? "のフレーズも同様に「どれだけ進んでいますか」と進捗状況を聞く表現です。 "come along"は「やって来る」「一緒に来る」という意味のほか、「進行する」「はかどる」という意味があります。 How is the preparation for the spring campaign coming along? スプリングキャンペーンの準備は進んでいますか? 「~について知りたい」 「~について知りたい」というときは、"I would like to know ~"のフレーズを使います。 I would like to know the progress of the regional revitalization project. 地域活性化プロジェクトの進捗をうかがいたいのですが。 I'd like to know further details about the project. プロジェクトについてもっと詳しく知りたいのですが。 難しい仕事をお願いして対応してもらっている場合、早いタイミングで進捗を聞きたい場合。 進捗確認をするにあたり「心苦しい」といったニュアンスを伝える場合は "appreciate"「感謝する」の意味を持つ単語を使ったフレーズ " I would appreciate ~ "「~していただけると幸いです」と使うと良いでしょう。 I would appreciate it if you would update me on this matter. この件についての最新情報を教えていただけると幸いです。 I would appreciate it if I could receive your reply by next Monday. 次の月曜までにお返事をいただければ幸いです。 「~していただけますか?」 "Could you ~"「~していただけますか?」も"I would appreciate ~"と同じように丁寧な印象で相手に伝えることができます。 Could you give us information on the current situation? 現状はどうなっているか情報をいただけますか? Could you inform us of the current status? 現在の状況についてうかがえますか? "inform"には「正確な情報をきちんと伝える」といったニュアンスがあり、ビジネスではよく使われていますので覚えておくと便利です。 関連記事: 「計画通り、予定通りに」 進捗状況の連絡がないと、一番気になるのは、当初の計画通りに進んでいるかどうかですね。 納期に間に合わないと、こちらのスケジュール調整も必要になります。 「計画通り、予定通りに進んでいますか?」と聞く場合は、"as planned"「計画通りに」、"on schedule"「予定通りに」といった意味を持つフレーズを使ってみましょう。 Is the project going as planned? プロジェクトは計画通り進んでいますか? Are we on schedule? 予定通り進んでいますか? 上記に"How much longer will it take to complete? "「完了までにあとどのくらいかかりますか?」といったフレーズを加えると、仕事相手から具体的な期日を聞き出すことができます。 関連記事: 相手に失礼のない表現でビジネスをスムーズに 仕事相手に進捗確認のメールを送る場合、「~についていかがでしょう?」と現在の状況を確認した上で、「どれくらいの期間で終わるのか」など、スケジュールを確認することが大切です。 返事を急ぐときは"Your early reply will be greatly appreciated. "「早めにお返事をいただければ幸いです」、"I would appreciate your immediate attention to this matter. "「この件について迅速にご対応いただければ幸いです」といったフレーズを使うことができます。 ビジネスメールでは、相手に失礼のない表現を使いながらも、こちらの意図をしっかり伝えることが基本です。 今回ご紹介したフレーズを活用して、ビジネスをスムーズに進めましょう。 関連記事: この記事をシェアする•

次の