ツイステ 内山昂輝。 イデア・シュラウドの声優は内山昂輝!経歴・作品・彼女まとめ

ツイステ 声優 まとめ イデア・オルト イグニハイド寮 キャラ一覧

ツイステ 内山昂輝

【ハーツラビュル寮】キャラクタープロフィール一覧 ハーツラビュル寮は『ふしぎの国のアリス』の世界観をモチーフとした、ハートの女王の厳格な精神に基づく寮。 リドル・ローズハート ハーツラビュル寮寮長、リドル・ローズハート。 規則を破った者には厳しい処罰を与えるため、周囲から恐れられている。 声優:花江夏樹• ハーツラビュル寮の寮長• 規則に厳しく神経質• 規則を破った者には厳しい処罰を与える• 元ネタは『ふしぎの国のアリス』のハートの女王 エース・トラッポラ ハーツラビュル寮1年、エース・トラッポラ。 要領が良くて少し意地悪。 同じ1年のデュースとはライバル関係。 声優:山下誠一郎• 明るい性格だが少し意地悪• デュースとはライバル関係• 元ネタは『不思議の国のアリス』のハートのトランプ兵 デュース・スペード ハーツラビュル寮1年、デュース・スペード。 立派な魔法士になることを目標に入学した。 真面目だが要領の悪いところも。 声優:小林千晃• 真面目だが要領の悪いところも• 元ネタは『不思議の国のアリス』のスペードのトランプ兵 トレイ・クローバー ハーツラビュル寮副寮長、トレイ・クローバー。 穏やかな性格で、みんなの保護者的存在。 声優:鈴木崚汰• ハーツラビュル寮の副寮長• 穏やかな性格で寮の保護者的存在• 元ネタは『不思議の国のアリス』のクラブのトランプ兵 ケイト・ダイヤモンド ハーツラビュル寮3年、ケイト・ダイヤモンド。 空気が読めるコミュ力男子。 モテ、食、はやりに詳しい。 声優:小林竜之• 空気が読めるコミュ力男子• モテること・流行に詳しい• 元ネタは『不思議の国のアリス』のダイアのトランプ兵 【サバナクロー寮】キャラクタープロフィール一覧 サバナクロー寮は『ライオン・キング』の世界観をモチーフとした、百獣の王の不屈の精神に基づく寮。 レオナ・キングスカラー サバナクロー寮寮長、レオナ・キングスカラー。 高い魔法力を持ちながら、努力を厭い常に気だるげ。 声優:梅原裕一郎• サバナクロー寮の寮長• 高い魔法力を持つ• 誰に対しても横柄• 元ネタは『ライオン・キング』兄王ムファサの弟スカー ジャック・ハウル サバナクロー寮1年、ジャック・ハウル。 序列に厳しい硬派な不良。 他人と慣れ合うことが嫌い。 声優:坂泰斗• 硬派な不良で馴れ合いが嫌い• 元ネタは『ライオン・キング』のスピンオフ作品『ライオン・ガード』に登場するレイレイ ラギー・ブッチ サバナクロー寮2年、ラギー・ブッチ。 レオナの世話をやいている後輩。 貧しい環境で育ったため食い意地が張っている。 声優:市川蒼• レオナの世話をやいている後輩• 貧困育ちから食い意地が張っている• 元ネタは『ライオン・キング』スカーの手下のハイエナ 【オクタヴィネル寮】キャラクタープロフィール一覧 オクタヴィネル寮は『リトル・マーメイド』の世界観をモチーフとした、海の魔女の慈悲の精神に基づく寮。 アズール・アーシェングロット オクタヴィネル寮寮長、アズール・アーシェングロット。 非常に計算高く守銭奴。 声優:田丸篤志• オクタヴィネル寮の寮長• 学内でカフェの経営している• 非常に計算高く守銭奴• 元ネタは『リトル・マーメイド』の海の魔女アースラ ジェイド・リーチ オクタヴィネル寮副寮長、ジェイド・リーチ。 フロイドとは双子の兄弟。 丁寧で物腰も柔らかいが……。 声優:駒田航• オクタヴィネル寮の副寮長• フロイドとは双子の兄弟• 丁寧で物腰も柔らかい• 元ネタは『リトル・マーメイド』の双子のウツボのジェットサム フロイド・リーチ オクタヴィネル寮2年、フロイド・リーチ。 ジェイドとは双子の兄弟。 気分屋で、何を考えているのか掴みづらい。 声優:岡本信彦• ジェイドとは双子の兄弟• 気分屋• 元ネタは『リトル・マーメイド』の双子のウツボのフロットサム 【スカラビア寮】キャラクタープロフィール一覧 スカラビア寮は『アラジン』の世界観をモチーフとした、砂漠の魔術師の熟慮の精神に基づく寮。 カリム・アルアジーム スカラビア寮寮長、カリム・アルアジーム。 おおらかで懐が広く、いつもにこにこしている。 声優:古田一紀• スカラビア寮の寮長• 優しくおおらかで懐が深い• ジャミルを頼りにしている• 元ネタは『アラジン』のサルタン王やアラジンなど ジャミル・バイパー スカラビア寮副寮長、ジャミル・バイパー。 先祖代々カリムの一族に仕えている。 声優:二葉要• スカラビア寮の副寮長• 先祖代々カリムの一族に仕えている• 古風で男らしい• 元ネタは『アラジン』の王位を狙う国務大臣ジャファー 【ポムフィオーレ寮】キャラクタープロフィール一覧 ポムフィオーレ寮は『白雪姫』の世界観をモチーフとした、美しき女王の奮励の精神に基づく寮。 ヴィル・シェーンハイト ポムフィオーレ寮寮長、ヴィル・シェーンハイト。 人目をひく美貌の持ち主で本人も自覚している。 声優:相葉裕樹• ポムフィオーレ寮の寮長• 自身の美貌に自信がある• 元ネタは『白雪姫』の女王 エペル・フェルミエ ポムフィオーレ寮1年、エペル・フェルミエ。 儚げで可憐な美少年。 口数が少ないが、それにはある理由があり……。 声優:土屋神葉• 儚げで可憐な美少年• 口数が少なくミステリアス• 元ネタは『白雪姫』の毒リンゴ ルーク・ハント ポムフィオーレ寮副寮長、ルーク・ハント。 美しいものを好む。 捉えどころのない人物。 声優:糸川耀士郎• ポムフィオーレ寮の副寮長• ヴィルやエペルの美しさを評価• 捉えどころのない人物• 元ネタは『白雪姫』に登場する狩人 【イグニハイド寮】キャラクタープロフィール一覧 イグニハイド寮は『ヘラクレス』の冥界(死者の国)の世界観をモチーフとした、王の勤勉な精神に基づく寮。 イデア・シュラウド イグニハイド寮寮長、イデア・シュラウド。 人と接することを好まず、引きこもりがち。 声優:内山昂輝• イグニハイド寮の寮長• 内気で根暗な性格• 人と接することを好まない• 元ネタは『ヘラクラス』死者の国の王であるハデス オルト・シュラウド オルト・シュラウド。 イデアの「弟」。 常にイデアと行動を共にしており、兄想いの性格。 声優:蒼井翔太• イデアの弟で兄想い• 明るく素直で好奇心が旺盛• 元ネタは『ヘラクレス』ハデスの双頭の番犬・ケルベロスの弟 【ディアソムニア寮】キャラクタープロフィール一覧 ディアソムニア寮は『眠れる森の美女』の世界観をモチーフとした、茨の魔女の高尚な精神に基づく寮。 マレウス・ドラコニア ディアソムニア寮寮長、マレウス・ドラコニア。 世界でも屈指の魔法力を持つ、妖精族の末裔。 声優:加藤和樹• ディアソムニア寮の寮長• 妖精族の末裔で屈指の魔法力を持つ• 正義感が強く真面目• 元ネタは『眠れる森の美女』の魔女マレフィセント リリア・ヴァンルージュ ディアソムニア寮3年、リリア・ヴァンルージュ。 マレウスのお目付け役。 美少年に見えるが、長い年月を生きているという噂も。 声優:緑川光• マレウスのお目付け役• ミステリアスな人物• 元ネタは『ファンタジア』の死神チェルナボーグや『眠れる森の美女』の妖精など シルバー ディアソムニア寮2年、シルバー。 マレウスに付き従う少年。 騎士のようにマレウスの身を警護する。 声優:島﨑信長• マレウスに付き従う少年• 無口で冷静沈着• 元ネタは『眠れる森の美女』フィリップ王子の剣やヒロイン・オーロラ姫 セベク・ジグボルト ディアソムニア寮1年、セベク・ジグボルト マレウスに付き従う少年。 マレウスを尊敬するあまり、暴走してしまうことも。 声優:石谷春貴• マレウスに忠実• 感受性が豊か• 元ネタは『眠れる森の美女』マレフィセントが操る「雷」 【ナイトレイブンカレッジ関係者】キャラプロフィール 名門魔法士養成学校・ナイトレイブンカレッジに勤める関係者。 ディア・クロウリー 我らが「ナイトレイブンカレッジ」の学園長、ディア・クロウリーをご紹介。 声優:宮本充• ナイトレイブンカレッジの学園長• 元ネタは『眠れる森の美女』のマレフィセントが飼うカラス「ディアブロ」 グリム 主人公の相棒、グリムをご紹介。 声優:杉山紀彰• 主人公の相棒でお調子者• 魔法が使えるモンスター• 学園に入学したいがため入り込む• 元ネタは『グリム兄弟』や『ファンタジア』のチェルナボーグなど ディヴィス・クルーウェル ナイトレイブンカレッジの教師、デイヴィス・クルーウェルをご紹介。 声優:伊東健人• ナイトレイブンカレッジの教師• 魔法薬学などの理系科目を担当• ファッションセンスにはうるさい一面も• 元ネタは『101匹わんちゃん』のクルエラ・ド・ヴィル モーゼズ・トレイン ナイトレイブンカレッジの教師、モーゼズ・トレインをご紹介。 声優:小山力也• ナイトレイブンカレッジの教師• 魔法史などの文系科目を担当• 厳しい性格• 元ネタは『シンデレラ』の継母トレメイン夫人 アシュトン・バルガス ナイトレイブンカレッジの教師、アシュトン・バルガスをご紹介。 声優:竹内良太• ナイトレイブンカレッジの教師• 体力育成や飛行術などの体育系科目を担当• 熱血漢でナルシスト• 元ネタは『美女と野獣』のガストン サム ナイトレイブンカレッジの関係者、サムをご紹介。 声優:木村昴• 購買部「Mr. Sのミステリーショップ」の店主• きさくな人柄で生徒からも人気•

次の

【ツイステ】キャラ誕生日・身長・元ネタ・性格・声優プロフィール一覧!|MACHAブロ

ツイステ 内山昂輝

辿り着いた先は名門魔法士養成学校「ナイトレイブンカレッジ」。 行く当てのない主人公は,仮面の学園長の保護を受け,元の世界へ帰る方法を探し始める。 しかし,そこで待ち受けていた生徒たちは,才能豊かだが,協調性皆無の問題児ばかりだった! はたして主人公は,彼らと協力し,元の世界へ帰ることができるのか? そして,ヴィランズの魂を持つ,生徒たちの秘密とは? 現在更新中のメインストーリーでは,主人公が 「ナイトレイブンカレッジ」で起きる事件をとおしてさまざまな人物と触れ合い,学園生活を送る様子が描かれている。 ストーリーはエピソードごとに各寮とそこに所属する生徒たちをフィーチャーしており,2020年6月現在ではエピソード4まで公開されている。 続いては,各寮と所属する生徒,およびカレッジ関係者について紹介していく。 規則を破った者には厳しい処罰をくだすため,寮生からは恐れられている。 要領が良く明るい性格だが,少し意地悪なところも。 同じハーツラビュル寮1年のデュースとはライバル関係。 立派な魔法士になることを目標に入学した。 真面目だが要領の悪いところがある。 穏やかな性格で,みんなの保護者的存在。 周囲に厳しすぎるリドルのフォローにまわることも。 空気が読めるコミュ力男子。 モテ,食,はやりに詳しい。 しかし,ときに無情になることも……。 厳格な寮長とそれに従う寮生など,主人公が最初に出会うキャラクターたちとの騒動は,世界観説明やのちの展開にも関わりそうなネタも多いので,プロローグに続いてしっかりとチェックしておこう。 高い魔法力を持ちながら,努力を厭い常に気だるげ。 母国では第二王子という立場であり,誰に対しても横柄。 序列に厳しい硬派な不良。 己の力を磨くことに余念がなく,他人と慣れ合うことを嫌う。 貧しい環境で育ったため,食い意地が張っている。 <メモ> サバナクロー寮はディズニー映画 『ライオン・キング』の世界観にインスパイアされており,キャラクターたちはみな獣のような耳と尻尾が生えている(モチーフとなる動物はそれぞれ異なる様子)。 百獣の王の持つ不屈の精神を掲げる寮らしく,運動などが得意な肉体派が多い。 学内でカフェの経営などをしている。 慇懃な態度だが非常に計算高く,守銭奴。 フロイドとは双子の兄弟。 丁寧で物腰も柔らかいが……。 ジェイドとは双子の兄弟だが,口調や表情は大きく異なる。 かなりの気分屋で,何を考えているのか掴みづらい。 <メモ> ディズニー映画 『アラジン』の世界観にインスパイアされたスカラビア寮も,オクタヴィネル寮と並ぶ頭脳派揃いらしい。 砂漠に映える鮮やかな衣装や調度が見事だ。 おおざっぱなところもあるが人望の厚い寮長を,何でもこなす副寮長が支えている様子だが……。 ひときわ目をひく美貌の持ち主。 自らも自分が最も美しいと思っており,美に対しての努力を惜しまない。 口数が少なく,ミステリアスな印象だが……。 美しいものを愛し,ヴィルやエペルの美しさを評価している。 捉えどころのない人物。 <メモ> ポムフィオーレ寮はディズニー映画 『白雪姫』の世界観にインスパイアされている。 これ以降の寮は,キャラクターは登場しているものの,メインストーリーではまだ詳しく描かれていないため,今後の展開が待たれる。 『白雪姫』と言えば有名なモチーフがたくさんあるが,どのように活かされるのだろうかと期待が膨らむ。 内気で根暗な性格で,人と接することを好まず,寮の自室に引きこもりがち。 しかし,オンライン上では様子が違うようで……。 イデアと常に行動を共にしており,兄想いの性格。 兄とは対照的に明るく素直で,好奇心が旺盛。 <メモ> ディズニー映画 『ヘラクレス』の世界観にインスパイアされたのがイグニハイド寮だ。 『ヘラクレス』のヴィランズといえば冥界の王・ハデスであり,イグニハイド寮の寮章には冥界の番人の「ケルベロス」と思われるデザインがあしらわれている。 謎の多い「弟」の存在も気になるところ。 妖精族の末裔で,世界でも屈指の魔法力を持つ。 ナイトレイブンカレッジにおいても一目置かれる存在だが,そのオーラから他の生徒たちに距離をおかれている。 ミステリアスな人物で,少年のような見た目をしているが長い年月を生きているという噂もある。 無口で冷静沈着だが,時折ひどく眠たそうにしていることも。 尊敬するマレウスと同じナイトレイブンカレッジに入学できたことを非常に喜んでいる。 シルバーとは意見の食い違いから喧嘩をしがち。 <メモ> ディズニー映画 『眠れる森の美女』にインスパイアされたディアソムニア寮は,魔法全般に長けた優秀な生徒が多いようだ。 『眠れる森の美女』のヴィランズと言えば「マレフィセント」。 寮長をはじめ,ちょっと近寄りがたいオーラのあるキャラクターが多いイメージである。 この世界で身寄りがない主人公に居場所を与えてくれる。 ビッグマウスでお調子者。 魔法薬学などの理系科目を担当している。 ファッションのことになると周りが見えなくなる一面も。 魔法史などの文系科目を担当している。 厳しい性格とは裏腹に,ルチウスという名前の猫を溺愛している。 体力育成や飛行術などの体育系科目を担当している。 熱血漢でナルシストな性格。 Sのミステリーショップ」の店主。 きさくな人柄と,生卵から魔法石までなんでも扱う品揃えが生徒の間で評判。 「ツイステ」ゲームシステム紹介 続いてはゲームシステムに触れていこう。 序盤の主な遊び方としては,「レッスン」をとおしてプレイヤーランクやエピソードレベル,キャラクターカードのレベルを上げ,メインの「ストーリー」を読み進めていく流れになっている。 各メニューについては以下のとおりだ。 なお,メインストーリーのアドベンチャーパートはフルボイスで楽しめる。 【リズミックパート】 いわゆるリズムゲームパートで,ここでは手持ちのカードの種類や強さ,プレイヤーランクなどの要素は関係しない。 画面の左右から出現するノーツをターゲットの中心に近いタイミングでタップ(もしくはロングタップ)するほど高いスコアを得られる。 スコアを獲得するとスコアゲージがたまり,スコアの達成状況によってリズミック内のストーリーが分岐するが,獲得スコアはメインストーリーの進行には影響しない。 ノーツの色によってタップ時の有効範囲が異なるので,誤タップしないよう色ごとの有効範囲を覚えておこう。 ノーツがターゲットの中心にきたら,できるだけ正確なタイミングでタップしよう。 同時押しのノーツの場合は模様が変化。 クリアしたリズミックパートは,メニュー内の「リズミック」で難度を変えて繰り返し遊べる。 APの消費なしに何度でもプレイでき,ごほうびの条件を満たすことで召喚などで使用する魔法石やマドル(ゲーム内通貨)などを獲得可能。 【バトル】 バトルは魔法を使って交互に攻撃するターン制になっており,自分と相手のターンを交互に繰り返して勝利条件の達成を目指す。 使用する魔法にはそれぞれ属性が設定されていて,水は火に強く,木は水に強く,火は木に強いという3すくみの関係のものと,それらに影響されない無属性も合わせた4属性を使い分けて戦う。 味方(キャラクターカード)も敵もそれぞれ2つの属性を持っているが,敵がどの属性かはステージ選択時に確認できるので,有利な属性のカードをデッキに加えてのぞむといいだろう。 敵が強くなればなるほど,このあたりの要素も重要になってくる。 本作のストーリーには「メインストーリー」ほか,「レッスン」でカードを育てると読める「パーソナルストーリー」や,ミニトークが楽しめる「おしゃべり」,期間限定イベントで読める「イベントストーリー」も用意されている。 なお,レッスンはオートプレイに任せることも可能だ。 魔法史の担当教師はモーゼズ・トレインで,彼のペットの猫・ルチウスも授業に同席しているらしく,生徒たちが猫についてコメントするシーンを確認できる。 ちなみに,「抜き打ち」で学園長が授業を見に来ると,生徒たちの取得経験値(EXP)が上がりやすくなるようだ。 魔法史同様にAPを消費して授業を受けられ,飛行術では各カードの「パーソナルストーリー」を読むためのエピソードLvを上げられる。 授業の担当は筋肉自慢のアシュトン・バルガスで,ここでも抜き打ちで学園長が登場することがある。 生徒たちの箒の乗り方もそれぞれに個性が現れ,見ていて楽しい授業だ。 バディ要素と魔法Lvはゲームが進むにつれて重要になっていくので,この授業も忘れずに受けておきたい。 なお,授業を受けられるキャラクターやもらえる素材は日替わりとなっている点に注意。 担当教師はファッションのことになるとうるさいデイヴィス・クルーウェルである。 受けられる試験は属性別に2種類あり,報酬が異なる。 1回の試験につき1BP消費し,消費したBPは毎日0時になると回復する仕様だ。 女性から厚い支持を受け安定した人気を誇るタイトルは数あるが,本作はまだリリースから半年も経っていない状況にもかかわらず,そこに手が届きそうなほどの勢いがあるように筆者は感じている。 では,なぜ本作はここまで多くのファンの心を掴んだのだろうか。 ディズニー作品から着想を得た親しみやすいコンテンツという強みも無論あるとは思うが,以下では筆者が感じる本作の魅力をとおし,人気につながる要素について考えていきたい。 本作のキャラクターデザインは,漫画 「黒執事」などを代表作に持つ 枢 やな氏(原案とメインシナリオも担当)が手掛けており,キャラクターのイケメンっぷりとビジュアルの美しさはさすがの一言だ。 それはスチルやカードイラストだけにとどまらず,ゲーム本編ではLive2Dアニメーションによって表情や動きが加わり,よりイキイキとした姿を見せてくれる。 ちなみに,ゲーム中のアクションはキャラクターごとに異なるものも多く,さらなる個性の演出にも一役買っている。 個性といえば,全員が異なるメイクを施しているところも魅力的だ。 このほかにもSDキャラクターのかわいらしさや,細部まで凝った衣装に背景,セットの作り込みを見ているだけでワクワクさせられてしまう。 この作り込みは,次で挙げる「考察したくなる」要素にもつながっている。 2.考察したくなる世界観 本作はウォルト・ディズニー・ジャパンが制作に協力しており,シナリオやキャラクター造形などにさまざまなディズニー作品のモチーフが使われている。 それらの作品と「ツイステ」の世界は決してイコールではないが,世界観やキャラクターを理解していくうえで,元となった作品はとても重要な手がかりになるはずだ。 ナイトレイブンカレッジに通う生徒たちは彼らに憧れを抱いており,7つの寮もそれぞれの作品(グレート・セブン)にインスパイアされている。 公式に明言されていないためここでは言及しないが,寮のイメージだけでなくキャラクター個人にも,インスパイア元を彷彿とさせるモチーフが多く感じられる。 だがこれらはほんの入口で,本作には「ここには意味があるのでは?」と思わせる小ネタが極めて多く,キャラクターだけでなく「ツイステ」の全体像まで考察をしたくなる魅力がある。 メインストーリー更新中の現在は,そのターンの真っ最中なのである。 そして本作に登場するのは,ヴィランズの魂を持つキャラクターたちであり,この条件にピッタリ一致するのだ。 少しだけストーリーに触れてみよう。 たとえばメインストーリーのエピソード1で,あるキャラクターが別のキャラクターたちに迷惑をかけてしまい,一連の騒動のあと,反省して皆に謝る場面がある。 章のまとめともいえるシーンなので,「なるほどここで心温まる友情が芽生えるのだな」と思いきや,謝られた側のキャラクターは…… 激おこである。 気持ちは分かるが,普通ならば丸く収めてめでたしめでたしとなり次へとつなぐシーンとなるのがセオリーだが,「ツイステ」ではそうはいかない。 そしてそんな一筋縄ではいかない彼らが,共に学園生活(部活などもあったりする)を送り,キャラクター同士で交流しているわけだ。 これが面白くならないはずがない。 また,主人公(=プレイヤー)の性別や見た目は明らかになっておらず,フラットにキャラクターたちとの関係性を構築していく過程を楽しめる作りが,遊ぶ人の想像に自由度を与えている。 加えて,選択肢などに現れる主人公の性格は比較的サバサバしており,ときには周りのキャラクターがちょっと引くくらい 「言いにくいことをズバリと言う」「毒を吐く」こともある。 ……と,こんな具合に圧倒的に設定とキャラクターの魅力がある本作だが,ストーリーを進めるうえでのゲームシステムは決して複雑ではなく,かといって簡単すぎることもなく,飽きにくい作りになっているように思う。 やることは少ないわけではないが,細部まで作り込まれたUIは見た目が楽しいだけでなく遊びやすさも考慮された完成度なので,そのあたりの作りもよく考えられているなと唸らされた。 とにかく,「ツイステ」は噂に違わず面白い。 ぜひ多くの人に楽しんでほしい一作だ。

次の

グリムの声優は杉山紀彰!経歴・作品・彼女まとめ

ツイステ 内山昂輝

その中で、スカラビア寮〈アラジン〉のカリム・アルアジーム 役を担当されているのが、 古田一紀さんです。 スカラビア寮寮長、カリム・アルアジーム。 おおらかで懐が広く、いつもにこにこしている。 ですので、声優というより俳優としてのイメージが強いですね。 そこで今回は、古田一紀さんをご紹介します。 (執筆時2020. 1) 俳優として、 2011年の16歳ごろより活動を始められました。 個人的には、特別珍しいお名前でもありませんので、 本名の可能性が高いのではないかな? と思います。 古田一紀の裏名義は? 古田一紀さんの 裏名義について調べましたが、見つけることはできませんでした。 成人向け作品への出演はなく、 裏名義はお持ちではありません。 古田一紀の高校や大学(学歴)は? 古田一紀の出身高校は? 古田一紀さんの 出身高校について調査しましたが、情報はありませんでした。 古田一紀さんは16歳から芸能活動をされていますので、そういった活動がOKの高校ということになりますね。 目黒日本大学高等学校(旧日出高校)などが有名ですが、そういった学校に通われていたのかは不明です。 古田一紀の出身大学は洗足学園音楽大学! 古田一紀さんの出身大学は、 洗足学園音楽大学です。 卒業された際、ツイッターで報告されていました。 無事に4年間で洗足学園音楽大学を卒業いたしました。 1年生からずっと舞台に立たせていただいていて単位等々大変ななか、レポートをたくさん書いたり先生方の助力のおかげでなんとか卒業できました。 きちんと中身と実力のある役者になれるようこれからも精進しています。 古田一紀の俳優活動 古田一紀さんは2011年の 舞台『舞台版 PRECIOUS STONE』のシュウヘイ 役で、役者としてのキャリアをスタートされています。 舞台での活動が中心ですが、 テレビCM『明治エッセルスーパーカップ』(2012年)や、 映画『新宿スワン』(2015)などにも出演されていました。 そして、古田一紀さんが一躍注目を集めるようになったのが、 ミュージカル『テニスの王子様3rdシーズン』の主演・越前リョーマ 役(2015年)になります。 オーディションに合格した際の感想を聞かれ、 俺はオーディション受けたのが3回目だったので「ついに!」という感じでしたね。 2回のオーディションの経験を踏まえて「ダンスが大事だな」と思ったので、ダンスを習い始めました。 だから合格した時は嬉しかったです。 と答えられていました。 声優を目指したきっかけ 古田一紀さんが声優を目指したきっかけは、 ミュージカル『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』に出演した際に共演した、高垣彩陽さんです。 「本読みを聞いていたらーー感動したというか、ただただ、すごい、って思っちゃった。 『映像や舞台に出ながら声優をやれたらいな』、とは思っていたんですけど、実際に聞いたら、その程度の気持ちじゃ太刀打ちできない、きちんと学ばないと一緒にできない世界だなと思って、本格的に決意を固めました」 とインタビューに答えられていました。 そして、同ミュージカルは2017年の4月、5月に行われていましたが、古田一紀さんは同年より、声優事務所のマウスプロモーションに移籍されています。 テレビアニメの初出演は、 『衛宮さんちの今日のごはん』の役員(2018年)でした。 そして、 『フットサルボーイズ!!!!! 』の 南雲竜でテレビアニメ初のメインキャラを担当される予定です。 (執筆時点では時期未定) 【恒陽学園選手インタビュー】 南雲 竜(なぐも りゅう) 「漢のデカさはハートのデカさだ!」 選手紹介詳細 — フットサルボーイズ!!!!! きっかけは2013年ごろに、何者かによってツイートされた写真で、そこには 古田一紀さんとされる人物が、足をM字に開いて路上に寝転んでいる姿が写っていました。 また、2014年には、 「自分でいうのもあれだがこの俺かっこよすぎる」 というコメントを添えた、 女性にキスをする姿 (といっても、マスクをしていますので本当にはしていませんが……)の写真をツイートされています。 そういった行動から 「みっともない」 「調子に乗っている」 とアンチを生んでしまいました。 2013年、14年頃といえば、古田一紀さんは高校生です。 若気の至りというやつですね。 きちんとしたベテランの方に出会った時に、こんなにうまい人でもこんなに謙虚なんだと知って、悔い改めたというか。 当時は人見知りだったので、それまで出会った中に、本当は仲良くなれた人もいたはずなんだけど、素通りしていった人が何人かいる感じがする。 ここ1~2年で環境変化もあって自分が変わってきたので、よくなかったなって思います。 と答えられています。 若い頃の自分を反省され、心を入れ替えられているようですね。 今後は炎上するようなこともないと思います。 古田一紀の彼女や結婚の噂は? 古田一紀さんは大変な イケメンです。 そこで気になるのが 彼女や 結婚など、熱愛の噂ですが、確かな情報はありませんでした。 入籍や結婚の報告をされていませんので、 独身だと思われます。 古田一紀の彼女は斉藤朱夏? 古田一紀さんの彼女として噂されているのが、声優の 斉藤朱夏です。 しかしながら、本当に付き合っているという 証拠は何もありません。 噂されるきっかけとなったのは、 斉藤朱夏さんの演じられている『ラブライブ!サンシャイン!! 』の渡辺曜が、古田一紀さんの推しキャラであることと、斉藤朱夏さんが、 テニミュ好きであることです。 つまり、• 古田一紀さんは渡辺曜(斉藤朱夏さんが担当)が好き• このことを、どう判断されるかは皆様にお任せしますね。 古田一紀が最近演じたキャラ&出演作品 古田一紀さんが 最近(2019年以降)演じられたキャラ&出演作品をご紹介します。 テレビアニメのキャラ&出演作品 2019年のキャラ&出演作品• 『消滅都市』 ディレクター• 『REALIVE! 〜帝都神楽舞隊〜』 佐々木裕之助• 『ウインドボーイズ! 』 丸山大輔• 『ディズニー ツイステッドワンダーランド』 カリム・アルアジーム• 『獅子の如く〜戦国覇王戦記〜』 石川五右衛門、佐々木小次郎• 『キャプテン翼ZERO〜決めろ! まとめ 声優・俳優として活躍されている古田一紀さんをご紹介しました。 俳優として活動が中心でしたので、アニメ、ゲームの出演はまだ少ないですが、これからの活躍がとても楽しみですね。 今後の出演作品に注目していきたいと思います。

次の