帯状 疱疹 治療 食事。 帯状疱疹で食べ物でダメなものは?禁止・注意したい料理は?

帯状疱疹の食事で治療につながるものや免疫力をつけるものは何を食べればいい?

帯状 疱疹 治療 食事

帯状疱疹後神経痛が辛いです。 治し方や改善方法があれば教えてください。 現在69歳です。 昔からストレスや疲れがたまると頻繁に風邪を引いたり、帯状疱疹、ヘルペスなどができていました。 ちょうど半年くらい前に体調を崩したときに肩から胸辺りに帯状疱疹がでてきました。 薬で直ぐに治まったのですが、その後からひどい神経痛に悩まされています。 今は、リリカやビタミンB12を飲んでいますが、中々改善されません。 今はやっていませんが、以前ブロック注射もしていました。 痛みで、夜中に何度も目が覚め毎日が寝不足気味です。 本当に辛いです。 どなたか、帯状疱疹後神経痛の治し方や改善方法をご存知であれば教えてください。 よろしくお願いいたします。 経験者です。 帯状疱疹後の神経痛は、免疫力を回復させない限り改善されませんよ。 実際に私自身が体験してそう感じました。 質問者様は、昔から、ストレスや疲労で帯状疱疹やヘルペスができやすいと書かれていますが、そこに答えがあると思います。 単純に他の方に比べ、免疫力が低いために、症状の発症と再発を繰り返しているのです。 特に帯状疱疹や神経痛は、免疫力の低下やストレスなどによる交感神経の緊張に伴う血流障害などが大きな原因と言われていますからね。 免疫力は食事で高めることもできますからね。 まずは、しっかりと生活習慣を見直すことが最優先になると思います。 すでに行われているものもあるかもしれませんが、以下のことを行ってみてください。 ・1日30分以上の有酸素運動を取り入れる ・食事は1日3食。 決まった時間に食べる。 ・和食中心の食生活に変えてみる ・自身のストレス発散方法を1つでも多く見つける ・睡眠時間は最低6時間以上とる。 上記は当たり前のように感じるかもしれませんが、その当たり前なことができていないことが身体の不調として現れてきます。 その為、しっかりと生活習慣を見直せば、免疫も向上しやすく、体の不調もなくなってくると思います。 どうしても痛みが引かない場合は、一時的に漢方薬を試してみても良いと思います。 漢方薬は、帯状疱疹の根本原因である、免疫力の低下や血流障害などを根本から改善するために役立ちます。 基本は生活習慣の見直しです。 まずはできることから行ってみてください。 大変お辛いご状態だと思いますが、頑張ってくださいね。

次の

湧永製薬株式会社

帯状 疱疹 治療 食事

なんか身体がピリピリする、と思って身体を見てみたら、赤い発疹がでてる。 これは、帯状疱疹(たいじょうほうしん)の初期症状です。 そのうち身体の半分に広がって、時には帯状にただれたようになってしまいます。 原因は、なんと水疱瘡(みずぼうそう)のウイルスです。 みなさん、小さなころに一度は水疱瘡にかかったことがあるのではないでしょうか。 その時は治ったと思っていても、実はそのウイルスは身体の節々に潜伏していて、 免疫力が低下したときに、活発に活動をはじめ、上記のような症状を引き起こします。 病院に行って、抗ウイルス剤をもらって治療しなくては治らないといわれていますが、 お薬を飲みながら、できるだけ早く治すよう自分でできることはないのでしょうか。 ずばり、できるとしたら食事を変えることです。 帯状疱疹は、免疫力の低下が原因の一つとなりますので、免疫力を上げる食事をとるようにしていきましょう。 一例として、 ショウガやネギ、ニンニクなどの薬味類が挙げられます。 これらは免疫力を上げてくれて、抗菌化作用があったりもします。 また、体温を上げてくれる、という役割もあります。 帯状疱疹のときには、冷やしたら余計にひどくなることがありますので、身体は温めた方がいいです。 それも、お風呂など直接患部を温めると、人によっては悪化することがあるので、避けた方が無難です。 身体の中から温めていきましょう。 また、たんぱく質を取ろうと思ったら、豚肉ではなく、鶏肉をお勧めします。 鶏肉には、人間の身体を作っているたんぱく質が多く含まれています。 一般的には、豚肉の方がスタミナが付きそうでよいのではないかと思われがちですが、 この場合には、鶏肉を取りましょう。 残念ながら、食事療法(しょくじりょうほう)のみで治すことはできないといわれています。 免疫力が低下し、身体の中でウイルスが暴れまわっている状況なので、病院にかかり、 抗ウイルス剤を飲まないと、治らないといわれています。 病院を受診する際には、皮膚科を受診しましょう。 専門家であるお医者様から見れば、病気はすぐに特定されます。 そして、ただの皮膚炎と勘違いし、自然に食事療法だけで治そうとすると、余計に長引き、病院を受診して治療をしたとしても、後々、後遺症として、ただれは引いても、神経痛が残り、長い間その痛みに耐えなくてはならないという大変な目にあってしまいます。 ただ、帯状疱疹の場合、発疹より先に痛みが出てくることが多く、それが頭痛として出てきてしまった場合、間違って内科を受診したりする方もいらっしゃいます。 普段から痛みに敏感になっておき、帯状疱疹ではないかと、疑ってみましょう。 身体に発疹が出てきたら、早めに皮膚科を受診してお薬をのみ始めましょう。 先ほど挙げた、ネギ、ショウガ、ニンニク、鶏肉などはもちろんのこと、 大根も免疫力をアップさせるのによいといわれています。 根菜類は身体の中から、身体を温める作用があるといわれています。 また、ニラなどもよいといわれています。 確かに疲れたときには、ニラレバ炒めを食べたりしますもんね。 定食屋さんなどでも割と定番メニューなので、外でも取りやすい食事かもしれません。 お昼をニラレバ定食に変えてみるのも一つの手です。 薬味類は、なかなかとるのが難しいですが、職場に、チューブのショウガを持参し、紅茶に入れて飲む、しょうが紅茶などは、女性の中でも冷え取り対策として行っている方も多いので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。 まず、申し上げておきたいことは、食事療法だけでは、帯状疱疹は治らないということです。 身体に痛みを感じ、発疹が出てきたら、速やかに皮膚科を受診しましょう。 食事療法は、プラスアルファの治療法です。 民間の食事療法だけに頼って治そうとして治るものではありません。 お医者様が苦手でも、勇気を出して、皮膚科を受診しましょう。 また、お薬を飲むことに抵抗があったり、今飲んでいるお薬との相性が気になる方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、抗ウイルス剤を飲まないことには、後々神経痛が残ってしまうことがあるので、そんなことにならないよう、必ず病院を受診しましょう。 お医者様はプロですから、今飲んでいるお薬との相性を考えて、適切なお薬を処方してくださるはずです。 最終的には、薬剤師さんも二十でチェックしてくださるので、そのためにも、受診の際には、お薬手帳を必ず持っていくようにしましょう。 お薬手帳を持っていない方は、今飲んでいるお薬をそのまま持っていきましょう。 薬局でお薬手帳を作ってくださいますし、お薬手帳があることで、その後の処方薬料が少し安くなったりします。 帯状疱疹にかかったかな、と思ったら、必ずすぐに皮膚科を受診するようにしましょう。

次の

帯状疱疹の治療中に食べ物で良いものは?

帯状 疱疹 治療 食事

帯状疱疹の治療 公開日:2016年7月25日 11時00分 更新日:2019年2月 1日 15時08分 帯状疱疹の治療とは 帯状疱疹の治療は、主に抗ウイルス薬を内服が基本です。 抗ウイスル薬は、帯状疱疹のウイルスの増殖を抑える働きをします。 そのため、早期に抗ウイルス薬の投与を開始することができれば、それだけウイルスの増殖を抑えることが出来、病気の悪化を防ぐことが出来ます。 つまり、病気の回復を早めることにつながります。 また、帯状疱疹による合併症や、後遺症である帯状疱疹後神経痛のリスクを軽減してくれる効果も期待できます。 そのほかの治療として、抗ウイルス薬のほかに、炎症や痛みを鎮める(抑える)消炎鎮痛薬や、激しい痛みのある場合は神経に直接痛みを抑える薬剤を注射する「神経ブロック」を行うこともあります。 図:抗ウイルス薬に期待される効果 薬だけ飲めば良いわけではない ただし、早期に治療を始めたからといって油断をしてはいけません。 なぜなら、帯状疱疹が発症したきっかけは、免疫力の低下です。 帯状疱疹になってから更に免疫力が落ちてしまうような事態になると、たとえ早期に抗ウイルス薬を投与していても、重症化してしまう危険性が十分にあるからです。 帯状疱疹が重症化した場合、入院治療が必要となる場合があります。 入院治療では、抗ウイルス薬の点滴と、消炎鎮痛薬の内服薬や塗り薬、水泡がつぶれて2次感染の可能性がある場合は、抗菌薬を使った治療が行われます。 治療に使われる主な薬(内服や点滴、塗り薬)• 抗ウイルス薬(内服薬):アシクロビル、バラシクロビル、ファムシクロビル など• 抗ウイルス薬(注射薬):アシクロビル、ビタラビン など• 鎮痛剤• ビタミンB12• 抗うつ薬• 抗けいれん薬• 非ステロイド性抗炎症薬• アセトアミノフェン この他、発症初期では非ステロイド抗炎症薬を使用することもあります。 また水疱期以降では、細菌二次感染を防ぐ目的で化膿疾患外用薬、潰瘍形成したものに関しては潰瘍治療薬を貼布することもあります。 早期治療に期待される効果 帯状疱疹の治療で肝心なことは、早期発見、早期治療です。 帯状疱疹ウイルスが増殖する急性期に、抗ウイルス薬を投与することで、ウイルスの増殖量を抑える効果が期待できます。 ウイルスが増えなければ、症状を抑え、重症化を防ぐことが出来ます。 逆に、早期発見、早期治療ができなかった場合、帯状疱疹ウイルスは体内でどんどん増殖し、神経節を伝ってさまざま部位に広がります。 帯状疱疹で広がりやすい好発部位は、胸やおなか、背中と顔面です。 気を付けたい帯状疱疹の後遺症 顔面や耳の部位に発疹が出た場合は注意が必要です。 頬や顎から肩には、三叉神経(第三枝)や(第3)頚髄神経が通っているため、この部位に発疹が出た場合は、顔面神経麻痺や味覚障害、内耳障害が起こることがあります。 内耳障害は、耳鳴りやめまい、難聴で、症状は軽いものから重篤なものまでさまざまです。 このような合併症を「ラムゼイ・ハント症候群」といいます。 この症状が出た場合、直ちに入院して、副腎皮質ステロイドの全身投与を開始しなければいけません。 この症状がさらに深刻になると、せき髄の前角にまで炎症が及び、運動麻痺が起こるケースがあります。 運動麻痺とは、思ったように体を動かすことが困難になったり、全く動かせなくなってしまうことです。 運動麻痺は、手と腕を動かすことが難しくなったり、筋が委縮してしまうこともあります。 また、おなかにできる帯状疱疹は、重症化すると腹筋が麻痺し、おなかが膨らんだり、便秘になることがあります。 他にも、外陰部に帯状疱疹ができると、膀胱直腸障害になり、膀胱内に尿が溜まっていて尿意があっても、排尿できない状態になることがあります。

次の