外壁塗装 耐用年数 横浜。 【神奈川県横浜市戸塚】外壁塗装・屋根塗装(株)金子塗装の評判・口コミを直撃取材!

外壁塗装の耐用年数【口コミで評判の外壁塗装業者 ランキングBest3】

外壁塗装 耐用年数 横浜

2017年10月12日 塗料の種類は数多くありますが、屋根・外壁塗装で使用される物をまとめますと以下の表のようになります。 名称 アクリル系 ウレタン系 シリコン系 フッ素 光触媒 無機塗料 ここ数年でシリコン塗料がもっともポピュラーになり、ついに今は【最低ライン】とまで言われるようになってきました。 このシリコン、本当に「最低」なもの、つまり低品質なのでしょうか? 当店ではフッ素塗料も勧めさせて頂いていますが、シリコン塗料でもとても持ちのいい素晴らしい物もあります。 こちらのページではこの【シリコン塗料】の価格帯とその効果の差について説明していきます。 シリコン塗料の特性 25年前以上ですと アクリル塗料が多く、2000年代初頭くらいまではウレタン塗料が主流でした。 アクリル系やウレタン系は、塗料の価格が安いため流行しておりましたが、その耐候性能に欠点があるため、今では紫外線の当たる場所での使用は避けられるようになりました。 2015年以降では屋根・外壁塗装での使用例をほとんど聞きません。 (高額なウレタン塗料に限り素晴らしい物もあります) 2017年現在ですと、 シリコン塗料が最低ランク、次に フッ素そして 無機塗料などと言われていて、シリコンというと最低ランクと言われる方が増えてきているように感じます。 しかし、シリコン塗料自体はとても素晴らしく、塗装工事においてシリコン特有の「汚れにくい」・「劣化しにくい」・「光沢(艶)を長いこと維持する」力を比較的長期間にわたって発揮してくれます。 お見積りを作成するに当たって、毎回このシリコンも提案させて頂くのですがピンからキリまであり、一概に「シリコンだから安い」といえないのが現状です。 商品ごとの施工価格と耐用年数 見積り例として、 ラジカル制御型水性アクリル・水性シリコン・ラジカル制御型水性シリコンシリコン・弱溶剤シリコンの4グレードを表にしてみます。 ご覧頂くとわかると思いますが塗料の1缶にも金額の差が見受けられ、販売価格は2倍ほどの差があります。 外壁塗装で使われている塗料の中で「最低ライン」といわれているシリコン塗料にも、このように倍以上の製品価値が存在しています。 シリコン樹脂の含有量・製造方法などによって価格=耐久性が変わり、高額になればなるほど塗装が長持ちするといえるのです。 表にある「希釈」とは、塗料の粘度を調整するときに何で混ぜることができるのかの基準として考えるのですが簡単に言うと、実際は何で塗料を溶解し揮発させてから固めることができるのか?といったことになります。 塗料は樹脂・添加剤・顔料が混じり合って構成されており、これらに水またはシンナーを混ぜてから塗装~水またはシンナーを揮発(蒸発)させて乾燥し塗膜になります。 「混合」というのはA液とB液を混ぜるかどうかの違いで、1番目と2番目の製品は無混合、つまりそのまま何も混ぜずに使用できると言うことになります。 3番目の商品はA液だけでも塗れますし、強化剤というB液を混ぜることにより濡れたガラスの上に塗っても剥がれないほどの密着性を発揮する塗料です。 4番目の製品はA液と硬化剤というB液を混ぜて使用する2液型という物で、非常に強靱な塗膜を形成することができるようになります。 この「希釈」と「混合」は塗膜にとって大変重要な部分でして、それぞれにメリットもデメリットもあります。 長持ちでき、光沢を出したい時には2液溶剤/低価格を取る方には1液水性 良い(高い)シリコン系塗料で塗った外壁は、数年経ってから点検に行っても塗装工事直後から殆ど変わりないように見えます。 実際、劣化速度が遅く紫外線にさらされていても塗膜自体が強いため、長い年数に耐えられるようになっております。 逆に、安価なシリコン塗料では「ウレタン塗料と大きな差はありません」。 業者側からすると、少しでも安い見積書を出してお客様から受注したい、と考える人が大多数を占めていますのでスタンダードなシリコン塗装を安価な水性シリコンにて提出する場合が多いと思います。 どんな塗料でもいいから安くして!と言うお客様には提案せざるを得ませんが、長い目で見れば中級グレード以上のシリコンを強くお勧めいたします。 (当店の場合、アレスダイナミックTOP/関西ペイントが最低ランクと考えています) 2液溶剤系は光沢のみならず塗膜が剥がれない「密着力」が強い また、価格帯が上がるにつれて2液混合型や溶剤(弱溶剤)希釈型へとグレードアップしていき、その耐久力は上昇していきます。 安価な1液水性塗料には出せない、長持ちパワーを発揮するのです。

次の

神奈川県横浜市金沢区の「外壁塗装・屋根塗装」おすすめ業者を一覧で紹介!

外壁塗装 耐用年数 横浜

一昔に流行ったもので、最近ではあまり使用されません。 ウレタン系塗料の特徴• アクリル系に次いで低価格• 塗装のクラックが入りにくい• 木などの箇所にも使用できる• 紫外線に弱く、変色することがある• 汚れがつきやすい• 耐用年数もあまり長くはない こちらも低価格なのですが、外壁の塗装となるとオススメしにくいデメリットが目立ちますね。 ウレタン系塗料の中でも、高品質なものは前述したようなデメリットも幾分かは解消することができます。 しかし、その分金額はアップし、ウレタン系塗料のメリットの低価格もなくなるので、あまりオススメできません。 シリコン系塗料の特徴• 費用対効果が良く、外壁塗装材料では一番人気で出回っている• 人気があるので、種類も豊富• アクリル、ウレタンよりも耐用年数が格段にアップ• 撥水性が良いものが多く、汚れに強い• 種類が豊富なこともあり、ピンからキリまで シリコン系までくると、そこそこの金額になりますが、その分効果は絶対的に良いでしょう。 コチラの記事でシリコン系塗料について詳しく解説しています。 しかし、値段の幅が広く、安価過ぎると、シリコン系塗料の良い面が半減されている塗料もあります。 シリコン系のおすすめ塗料は、エスケー化研の「クリーンマイルドシリコン」ですね。 コチラで、クリーンマイルドシリコンの紹介しています。 シリコン系塗料と同様、費用対効果が良い• 塗装が劣化し、粉をふくことを抑える塗料としては、一番• 性能を発揮するには、色が限られる塗料もある• 最近出回りだしたため、種類が豊富ではない しかし、価格もその分上がり、手の出しづらい高価格なのが現状です。 今現在、屋根には使用できるものがないため、外壁、屋根を統一したい方は使用できません。 光触媒塗料が気になったアナタは、コチラを見ましょう。 断熱、保温、遮熱などに非常に優れている• 地域によっては助成金、補助金の手当てがつく材料• 費用が高い• 仕上がりはデコボコ• 性能、効果に関しては抜群 ガイナ塗料は元々、ロケットの外装に塗るために開発された塗料です。 宇宙空間でも対応出来る塗料を改良して、一般建築で使用されたのが、ガイナ塗料です。 その分性能、効果に関しては、他の塗料と比べても、豊富で非常に優れた塗料です。 しかし、コチラも費用が高くなってしまうのが、デメリットの一つですかね。 ただ、地球環境に配慮された塗料のため、町・市から助成金、補助金が出る地域もあるようです。 ガイナ塗料について、もっと知りたいアナタはコチラも確認しておきましょう。 塗装だけではなく、工事全体の価格も気になりますよね。 工事全体、また塗料以外の価格については、コチラで解説しています。 一番人気はシリコン系塗料 今現在ある塗料の中では、一番費用対効果が良く、万人受けする点が、一番の人気の理由です。 また種類が豊富で、好み、費用、条件に合った種類が見つかりやすいため、たくさんの人に支持されています。 シリコン以外の塗料はダメ? 2015年に発売され、人気急上昇中なのが、ラジカル系塗料。 耐用年数が顧客の要望にマッチしてないため、アクリル系塗料はほぼほぼ使われなく、メーカーも最近は力を入れておりません。 ウレタン系塗料は、シリコン系塗料に次いで人気でしたが、最近はより耐用年数を意識する方が多いため、一時期ほどは人気はありません。 フッ素系塗料は、元々商業施設やビルなどの大きな建物に仕様されることが多かったが、最近は住宅の外壁でも人気になってきました。 光触媒塗料も環境に配慮という時代にマッチし、最近人気を集めてきています。 水性か溶剤?1液性か2液性? 基本的に塗料は種類関係なく、下記のように分別されます。 簡単に比較すると、耐久性があるのは水性より弱溶剤、弱溶剤より溶剤、1液性より2液性と頭に入れておきましょう。 水性塗料 水性塗料は、「1液性」「2液性」に分けられます。 油性塗料(溶剤) 油性塗料はまず「溶剤」「弱溶剤」に分けられます。 そこから、「溶剤」の中の1液性、2液性、「弱溶剤」の中の1液性、2液性と分かれます。 耐久性と価格 耐久性が良くなるのに比例して、価格も比例し高くなっていきます。 例えばシリコン系塗料で考えてみましょう。 耐用年数が8-13年と開きがあるのは、シリコン系の中でも水性、弱溶剤、溶剤、1液性、2液性と細かい違いが塗料にあります。

次の

外壁塗装の耐用年数も国税庁が発表しているの?

外壁塗装 耐用年数 横浜

外壁塗装とは? 外壁塗装はなぜ必要なのでしょうか?一言でいうと「家の美観を保ち、家の寿命を伸ばす。 」ためです。 住宅の外壁は日々、雨や風、太陽光にさらされ、毎日少しずつ劣化しています。 そして10年ほど経つ頃から少しずつ劣化が目立ってきます。 例えば、汚れが付着したり、日当たりの悪い場所にはカビが発生したりします。 また塗装面が浮いたり剥がれたりすることもあります。 たとえ劣化した部分が小さくても、そこから雨が入り込んで雨漏りや家の内部の腐食の原因になることもあります。 外壁塗装をすることで、壁全体を塗料で覆うことができ、家全体を保護することができます。 そして雨から家を守るという意味で「防水」という点からも重要な役割を果たします。 大切なお家を守るために必要に応じて外壁塗装が必要となります。 こんなサインが出たら注意!塗り替えの目安 実際に下記のような現象が見つかった場合には、外壁塗装の塗り替えが必要になっている状態であると判断できます。 塗膜が浮いてきている状態を見つけても「少しだけだから、まだ大丈夫だろう」とそのまま放置すると、劣化のスピードが早まることもあり、将来、多額の費用がかかる可能性もありますので、早めの対策をおすすめします。 チョーキング現象 外壁を手で触って白い粉が付いたら塗膜が機能を果たしていません。 「白亜化」「塗料の風化」「粉が吹いている」という状態です。 塗膜浮き・剥がれ 塗膜(とまく)が浮き剥がれ、機能を果たさなくなってきた証拠。 乾燥が十分にされていない状態で上塗りした場合にも発生します。 ひび、モルタル欠損 外壁ひび割れで傷んだ箇所を放っておくと、雨や風によって内部に水が入り腐食や雨漏りなどの原因になってしまいます。 カビ・藻・コケ 日が当たらない外壁にコケやカビが発生することがあります。 そのままにしておくと増殖し、外観を損ねるばかりでなく、塗装の劣化スピードが早まります サビ・シミ 鉄部のシミやサビを放置しておくとやがて鉄の強度がなくなり崩壊する危険があります。 カメイペイントが外壁塗装に使用する塗料 現在、カメイペイントで外壁塗装に使用する主な塗料は6種類ほどになります。 40年を超える塗装経験により、お家の状況や予算等、お客様のご希望に沿えるように最適な塗料を厳選しています。 また塗料は年々改良されており、そのたびに最適な塗料を取り扱うようにしています。 もしもお客様のご要望がありましたら他メーカーの塗料を使用することも可能です。 カメイペイントでおすすめな塗料は「パーフェクトトップ」と「プレミアムシリコン」です。 この2つはほとんど同じで機能面において差はありませんのでお客様のご要望に応じてお選びいただけます。 これらの塗料をおすすめする理由は、価格と品質の両方のバランスが良いからです。 今まではシリコンが主流でしたが、それよりも耐用年数が向上し、汚れがつきにくいなどの特徴があります。 塗料のかぶりが良く厚みがつき、光沢が良いです。 他の塗料と比較すると耐久性が低くなります。 水性のため、臭いは比較的少なく、一定の耐久性と防水性があります。 水性シリコンの中では耐候性(変色、変形、劣化しにくい)に優れています。 シリコンとフッソ塗料の長所を取り入れ、価格と耐久性のバランスが良い塗料。 また、光沢性が高いのも特徴の一つです。 カメイペイントおすすめの塗料です。 パーフェクトトップと機能面に関しては、ほぼ同じとなります。 カビが付着しにくいというメリットともあります。 こちらもカメイペイントおすすめの塗料です。 高級感のある光沢を表すことができ、防カビ効果も期待できます。 大気中の粉塵や排気ガスなどの汚れが付着しにくい低汚染性の機能も備えています。 カビや湿気にも強く汚れも付着しにくいです。 塗膜が硬く摩耗性(微細な砂などに擦れても、劣化しにくい)に優れています。 お申込から工事完了までの流れ 1お問い合せ(電話・メール等) お気軽にお問い合わせください。 メールフォームにおいては24時間受付しています。 その際、ご確認されたい点、ご不明点がありましたらお尋ねください。 2現地調査 お客様の住宅の外壁状況や塗装する範囲を確認いたします。 外壁の高い箇所はポールカメラによって確認いたします。 お日にちは平日、または土曜日となります。 (もしも日曜日をご希望の場合はご相談となります。 壁全体の計測• 窓の確認• 窓サイズの計測• 壁材の確認• お客様のご希望のヒアリング 3お見積り書のご提示 状況に合わせて細かく正確にお見積りいたします。 そのため、およそ1週間前後お時間をいただきます。 見積書のお渡しの際には再度訪問いたします。 4お客様からお申込み 工事費用、内容をご確認いただき、ご納得いただきましたらお申込いただきます。 5近隣にご挨拶周り 工事を行う旨をお知らせするため、ご近所へご挨拶に伺います。 6現場確認 現場の状況を把握します。 7足場組み 足場を組み、安全に職人が作業を行えるようにいたします。 8外壁洗浄 外壁に付着した汚れを取り除きます。 この作業をしっかりすることで出来上がりに差が出ます。 9下地処理 ひび割れや破損部分の補修、コーキングの打ち直しなどを行い、塗装面を整えます。 10養生作業 作業中では塗料が飛散る場合があり、意図としない場所に塗料が付くことがあります。 その箇所を養生することで防止します。 11下塗り塗装開始 下塗りは上塗りする時の塗料がしっかりと屋根材と密着させるためです。 基本的には2回行います。 12上塗り塗装開始 下塗りは上塗りする時の塗料がしっかりと密着するためです。 基本的には2回行います。 (塗装メーカーの設計としては合計で3回となっていますが、よりよい見栄え、耐用年数の向上によって必要に応じて合計4回塗ります。 ) 施工前 施工後 完成 14費用のお支払い 施工完了後7日以内に銀行振込にてお支払いをお願いします。 15施工後保証 もし、施工後に何かあったら・・・? カメイペイントでは、外壁塗装の施工後、5年間保証(木部の部分は3年)しております。 超地元密着企業であるため、ご連絡いただければすぐに駆けつけます。 施工後に気になることや「塗料が剥がれてきた」など、もしも何かあれば、必要に応じて現状確認、再作業などの対応いたします。 決して「施工は完了しているので、はい終わり」ということはありませんのでご安心ください。 施工後もお客様が「カメイペイントを選んで良かった」と安心していただけるように万全の体制を整えております。 外壁塗装工事について 外壁塗装では、下塗り、下地処理をきちんとするか、しないかによって塗料の耐用年数が違ってきます。 職人の技術がそこに表れてきます。 カメイペイントの技術的な特徴はとしては、下地にクラック・割れなどの問題があれば、シーリング処理します。 こういった細かい作業をひとひとつ丁寧に行なっています。 塗装は基本3回塗り(下塗り1回、上塗り2回)外壁の痛み具合によっては下塗りを2回、上塗りを2回の合計4回することもあります。 お客様のお家の状況に合わせて塗装方法を変えています。 これが長持ちする住宅を作る上で大切なことです。 外壁塗装施工事例• 費用・期間 カメイペイントでは建物の床面積、坪単価や坪相場見積もり、あるいは、「すべて施工コミコミプラン」「一括おまかせプラン」などの施工費用のご提示はしておりません。 それは、お客様の家の状況はそれぞれで異なり、不利益になる可能性があるからです。 当社では、創業当初から、積算見積もり方法を導入しております。 この積算見積もり方法とは、現場に伺いし、お家の外壁をすべて正確に計測し、窓、サッシなど塗らない箇所を差し引いて、実際に塗る量を基にお見積りする方法です。 この方法なら同じ30坪の建物でも、窓やサッシなどにより、塗る量(費用)は増減します。 しかしこの方法は、とても手間のかかる作業ですので、近年導入している業者も少なくなっております。 そのため、現地調査は1時間程度のお時間を要しますが、お客様に不利益になるような坪単価や坪相場のようなあいまいなお見積りはいたしません。 1軒、1軒丁寧にお見積りさせて頂いております。 カメイペイントが外壁塗装で選ばれるワケ 創業42年、施工件数12,300件以上の実績と信頼。 カメイペイントは多くのお客様からのご信頼いただいてきました。 当社には20年以上の経験をもつベテランの職人がおり、高い技術力があります。 そして「正確で細かなお見積り」「工事内容をきちんと説明」「常にお客様目線での対応」といったことも長年続けてまいりました。 12,300件は昨日、今日では成しえません。 ひとつひとつのご依頼を丁寧に対応してきたからだと考えています。 超地域密着企業。 だから施工後も安心です。 カメイペイントは、地元のお客様を中心に施工しております。 なぜなら、何かあればすぐに伺える・・・お客様の不安をすぐ解決できる・・・近場であれば移動時間も短く、その分施工する時間に当てられるからです。 地元のお客様であれば、お客様の「チョット気になるから見てほしい」というときにもすぐに駆けつけることができます。 カメイペイントは、どんなときもお客様目線で42年やってきております。 高い塗装技術力 カメイペイントでは、大手ハウスメーカー(ミサワホームイング)様からも仕事をご依頼いただいております。 求められる基準は高く、常に現場の出来栄えが評価対象となり、信頼を積み重ねてきました。 今では、リピーターのお客様やご紹介のお客様からも日々問い合せいただき、メーカー様からは決まった件数をご依頼をいただいております。 すみません。 ところでカメイペイントは安いですか? 正直なところ、「カメイペイントより費用が安く外壁塗装できる業者はありますか?」と聞かれれば「うちより安い業者さんはきっとあります。 」と答えます。 カメイペイントは、職人が誇れる仕事をしたいと考えています。 ですから「無理やり工事費を安くして注文をとる」ということは全く考えていないのです。 申し訳ございません。 (すべての料金を公開しておりますのでご確認いただければと思います。 ) 施工が安全でトラブルが無く、職人が最高の出来栄えの仕事を提供できることが一番大切だと考えていますので、適正価格でのご注文を承っています。 職人が誇れる仕事ができればそれは、仕事に表れ、その結果お客様のご満足につながるという信念のもと仕事をしております。 材質によって使用する塗料が異なります。 (住宅のおよそ8割がモルタルかサイディングになります。 玄関ドアの様式によっては金額が異なります。 玄関ドアの剥離(はくり)工事とは、ドアの表面に塗ってある古い塗料を取り除く作業のことです。

次の