食器 拭き ふきん。 中川政七商店のふきんで家事が快適に!食器拭き嫌いをやめる方法。吸収抜群で食器拭きが好きになる!

おすすめの食器拭き13選|キッチンの布巾や台拭きを清潔に保つ方法は?

食器 拭き ふきん

ふきんとして使う場合は 「麻、マイクロファイバー」はあまりおすすめしません。 この2つが悪い素材ということではないのですが、綿、レーヨンのふきんとと比べるとどうしても劣ってしまうところがあるのです。 麻は 「耐久性」が高いのですが、「吸水力」の面で綿などに劣ります。 吸水性は汚れのおちやすさに大きくかかわるのであまり妥協したくありませんし、あまり水を吸わないからと言ってそこまで乾きやすいわけでもありません。 マイクロファイバーは、 「吸水力」「乾きやすさ」が高水準にまとまっているのですが、手入れの部分に難があります。 熱に弱いので後に紹介する「熱湯消毒」や「天日干し」といった細菌に対抗する強力な手段がとれなくなってしまうのです。 また、マイクロファイバーのふきんは漂白剤にも適さないことが多いです。 先ほど「マイクロファイバーはあまりおすすめしない」と言いましたが、それは長く使うと細菌が増えて衛生的でないためです。 しかし、この商品は1枚1枚を長く使うような作りではなく、沢山の量を使用するように作られているので、 細菌があまり増えず衛生的に使用することができます。 マイクロファイバーは衛生面を除けば最強とも言っていい素材で 吸水力、乾きやすさともにトップクラスです。 少々お値段が高いですが、快適に台拭きや食器拭きをしたいのであれば是非買うべき商品です。 また、これは正確にはふきんではないのでほかにも窓ふきなどの掃除にも使うことができます。 そのため、 ふきん目的でなくてもおすすめの商品になっています。 綿とレーヨンを組み合わせることによって耐久性を保ちつつ高い吸水力を実現させた「まごころふきん」。 柄物なので贈り物にも適しています。 吸水力の高さに加え、通気性の良さによる乾きやすさを備えています。 台ふきんとなっていますが、 食器拭きにも適している万能なふきんです。 乾きやすく吸水力が高いというのはふきんにとって一番大切な部分で、言い方を変えれば 「汚れをおとしやすく、最近が繁殖しづらい」ということです。 この両方をあわせもつふきんはなかなかなく、これだけで買いです。 漂白剤が使えないのがデメリットですが、熱湯消毒などで補えるので欠点という欠点にはなりません。 少しお高い高級ふきんですが、その性能から考えると納得のいく値段になっています。

次の

食器用ふきんの洗い方と保管方法!正しいやり方で雑菌を寄せつけない!

食器 拭き ふきん

最近でこそリネンのキッチンクロスが注目を集め多くの商品を目にするようになりましたが、少し前まで日本では、キッチンクロスといえばコットンタイプが主流で手に入りやすいものでした。 コットンはリネンと違い、水通ししたあとにすぐ柔らかい肌触りになるのが特徴です。 丈夫で洗いやすく、吸水力もありますよ。 ただリネンに比べると乾きにくいので、食器拭きよりは手拭きやおしぼりとして使用するのがおすすめ。 かわいいデザインも多く販売されているため、柄違いで揃えておけば、お客様に合わせてデザインを選ぶ楽しさもありそうですね。 また、汚れもしっかりと絡めて取ってくれる特徴もあるので、汚れたり繊維が傷んだりして手拭きやおしぼりとして使えなくなった後にも、キッチンの台拭きなどとして最後まで使うことができますよ。 キッチンクロスは素材だけでなく、サイズの種類も豊富に販売されています。 スポンジワイプならカットして、コットンやリネンタイプのものも折りたたんでサイズを調整できますので、使いやすいサイズに調整して色々な場所で使うことができますよ。 でも、かわいいデザインを見せて使いたい時やランチョンマット、家電の目隠しとして使用する場合などはきちんとサイズを調べておくのがおすすめ。 でないと長さが足りずに肝心の家電を隠せなかったり、デザインを見せたいのに折り曲げなくてはいけないという事態にもなりかねません。 他には食器拭き用としてお鍋なども拭きたい場合には、もちろん大判サイズが使いやすいですね。 ジョージ・ジェンセン・ダマスクは1756年に創業され、250年を越える伝統を受け継ぐ北欧デンマーク王室御用達のファブリックブランドです。 このエジプトティータオルは、初めはお試しで1枚購入したことがきっかけでした。 使い心地がよかったので少しずつ買い足して、今では コレじゃなきゃダメ!というぐらいお気に入りです。 しっかりとした素材で 程よい厚みがあり、吸収性にも優れています。 また、ループ付きなので、使用後にキッチン周りに引っ掛けて収納できるところもお気に入りポイント。 わが家では洗い替えを含め3枚をローテーションしながら愛用しています。 食器を洗った後、こちらのタオルの上に 水切りしながらお皿を並べ自然乾燥しています。 食器や鍋にカウンターなど、 キッチンのあらゆる水分を吸収するのにぴったりの大きめサイズのクロス。 実用的ですが北欧調のシンプルでエレガントなデザインなので、フックなどにかけておくだけで絵になります。 EGYPTはリネン・RAINはコットンなど、シリーズによって素材が若干違うものの、どれも 厚みがあるためランチョンマットやホコリ除けとして使ってもOK。 洗うほどに馴染んで柔らかくなり、使い勝手が良くなります。 耐久性も良いので、長い目で見るとコスパの良い商品です。 スポンジワイプ まごころふきん 手ふきん リーノ キッチンクロス キッチンタオル 竹布キッチンクロス 3枚セット 特徴 実用的でおしゃれな大判タイプ。 吸水性が抜群 昔ながらの和のキッチンタオル。 薄手で細かい部分も拭きやすい 吸水性・速乾性抜群のリネン製。 食器を拭くクロスにおすすめ お得な10枚セット。 汎用性の高いキッチンクロス 爽やかなチェック柄。 デイリーユーズにぴったり 使い捨てでも繰り返し洗って使えるから経済的 かけるだけで絵になるデザイン。 キッチンを華やかにしたい人に リーズナブルでもおしゃれ。 繰り返しの洗濯にも強い ディズニーファンに最適。 お子さんのお手伝い用クロスにも 嫌な臭いを防ぐ紀州備長炭入り。 シックで男性でも使いやすい 汚れが目立たないブラッククロス。 グラス拭き用におすすめ 華やか&シンプル絵柄の2枚セット。 ちょっとしたギフトにも 驚くほどの吸水性。 洗濯機で洗えてメンテナンス簡単 キッチンに映える北欧調のテキスタイル。 目隠しに使えて便利 煮沸や漂白剤で消毒可能。 好みの大きさにカットもできる 可愛くて、機能的。 主婦の使いやすさにこだわったクロス エコテックス規格100認証ラベル付き。 ナチュラル派におすすめ 柔らかなハーフリネン。 オールシーズン爽やかに使える 衛生的に使える竹布製。

次の

【無印良品】インド綿大判ふきんを購入。食器拭き用ふきんに〜

食器 拭き ふきん

ふきんで食器を拭き始めて改めて思ったこと、 「マイクロファイバーふきんって思ったよりきれいに拭けないな〜」 ということ。 そんなふきん難民になった私が最近口コミの高さを信じて買ってみた3枚セットで1000円のホテルふきん。 これが「買って良かった!こういう探してた!」という 食器拭くのにぴったりなふきんだったのでブログでもご紹介します^^ スポンサーリンク 買って良かった!食器を拭く用のふきんはこれ 楽天での口コミも高く、よく拭ける!という3枚セットのホテルでも使われているふきん。 もうマイクロファイバーは使う気がしなかったので、今回はこちらのワッフル素材のものを買ってみました! 今回買ってみて約2週間食器を拭くのに使ってみて・・・ 良かった!ちゃんと食器が拭ける! 水もしっかり拭き取れる上に、大判なので何枚お皿を拭いてもなんとか1回分を1枚でいけます。 スポンサーリンク マイクロファイバーは食器拭きに向かない?? マイクロファイバーのふきんって吸収・速乾!!って書いてある割にはそんなことなくないですか?? 少なくても私が使ってきた100均やニトリで買ったものは食器を拭くには向いていませんでした・・・。 お掃除するにはよく汚れも取れて良いと思うんですけど、しっかりお水を拭きたい!という時には正直私はそんなに良いとは思えず。 雑誌などで取り上げられているほど、良いとは思えなかったな〜。 スポンサーリンク まとめ ということで、 食器を拭くのにものすごーくおすすめできる大判ふきんをご紹介しました^^ ふきん難民のみなさんにはぜひこちらを試してみてほしい!• そして 私が水切りかごをやめて、ふきんで拭く派にしてみた理由。 それは、 ・水切りかごがあると余計な掃除が増える ・シンクの掃除をする気がなくなる ・意外と乾かない食器もある ・乾かすものが多いと乗り切らない など色々気になる点があったから。 ただ、「ふきんで食器を拭く余裕がない!」と思うくらい忙しい時はやっぱり水切りかごは便利でした! ただ今は子供が大きくなって少し時間に余裕が持てるようになってきたので、ふきんで拭いてみようと。 するとその日のうちに食器がすべて片付くのが気持ちいいな〜と🤗そんな理由です。 何事もやってみないとわからないし、 自分で使ってみないとわからないですね。 いろんな情報を調べつつ、自分で試してみていいものを取り入れる。

次の