東京電力 採用。 東京電力(東電)大学別新卒採用人数ランキング

東京電力採用大学別就職者数2018

東京電力 採用

書類選考から面接まで基本的には職種別で実施される。 就職難易度に関しても、事務系と技術系では違いが見られる。 前者は主に文系向け、後者は工学部や理学部に所属する理系が中心となる。 全体的な傾向として、理系の学生の供給力が不足している状態が続いている。 これにより、東京電力HDの新卒採用でも理系の技術系は就職難易度が若干下がる。 したがって、文系が多く応募する事務系の採用が難しい。 内定獲得までも道のりは険しい。 事務系は誰もが応募する 事務系の対象としている学部学科は「全学部全学科」となっている。 これにより、文系の学生が数多く応募してくる。 日本の大学生の7割前後は文系といわれている。 国公立、私立問わず文系といわれる学部学科に所属する大学生が圧倒的多数派なのが現状。 東京電力ホールディングスの採用では事務系しか応募できない。 これにより、事務系の選考では応募者が過剰状態に毎年なる。 技術系は限られた学生しか応募できない 一方の技術系の方は理工系の学生しか応募できない。 特に、電気、機械、原子力、化学、土木、建築などの分野を勉強している理系学生をターゲットとしている。 これらの学部学科に所属する学生の数はそう多くはない。 そもそも理系に分類される学生の割合が全体の3割程度しかいない。 一方で東京電力をはじめとする電力会社では理系の学生を多く採用したいという意向を持っている。 こうした背景から、東京電力ホールディングスでも理工学部に所属する学生をターゲットとする技術系の難易度はそれほど高くはならないと予想される。 原発事故の影響 東京電力はかつては経営が安定している一大企業としてかなり人気の就職先となっていた。 誰もが憧れる会社で、社会的なステータスも高かった。 しかし、原発事故によって東京電力は莫大な賠償金を支払うこととなり、事故後の対応は今も全く終わっていない。 他の電力会社とは対照的に業績が良いとは言えない。 そのため、東京電力へ就職したいと考える学生は少なくなった。 それでも、誰もが知っている会社という点では人気度がゼロにはなっていない。 少なからず東京電力へ就職したいと考える人もいる。 買い手市場か売り手市場かとなると、東京電力は買い手市場に入るだろう。 文系のみならず、理系も採用人数よりは応募者数の方が大きい。

次の

東京電力ホールディングスの年収や勤続年数、年代・役職別のボーナス金額まとめ!

東京電力 採用

試用期間なし• 実力主義の給与体系・評価制度を導入• 年間休日120日以上• 福利厚生が充実• 教育・研修制度が充実• 時短勤務制度あり• 産休・育児休暇取得実績あり• 当社では、日常業務を通じた指導(OJT)を基本としながら、個別の専門知識・技能の付与を目的とした種々の集合研修など、職場外における教育・訓練(Off-JT)を実施しています。 技術系社員の場合、新入社員導入研修後、配属される職場でのOJTと職務部門毎の知識付与を目的とした集合研修を実施し、専門性を高めていきます。 当社では、日常業務を通じた指導(OJT)を基本としながら、個別の専門知識・技能の付与を目的とした種々の集合研修など、職場外における教育・訓練(Off-JT)を実施しています。 技術系社員の場合、新入社員導入研修後、配属される職場でのOJTと職務部門毎の知識付与を目的とした集合研修を実施し、専門性を高めていきます。 各業務における推奨資格や通信教育のご紹介や費用補助などの制度があります。 採用実績(学校) <大学院> 東京大学、京都大学、東京工業大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学、横浜国立大学、東海大学、工学院大学、日本大学、熊本大学、神戸大学、金沢大学、岩手大学、東京都市大学、芝浦工業大学、法政大学、中央大学、青山学院大学、明海大学、新潟大学、長岡技術科学大学、信州大学、静岡大学、山梨大学、千葉大学、埼玉大学、茨城大学、群馬大学、宇都宮大学、東京農工大学、電気通信大学、筑波大学、早稲田大学、慶應義塾大学、東京理科大学、上智大学、同志社大学、立命館大学 <大学> 東海大学、東京大学、東京工科大学、東京工業大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農工大学、東京理科大学、東北大学、同志社大学、秋田大学、いわき明星大学、岩手大学、宇都宮大学、大阪大学、鹿児島大学、神奈川大学、金沢大学、関西大学、九州大学、京都大学、近畿大学、熊本大学、群馬大学、工学院大学、神戸大学、埼玉大学、佐賀大学、芝浦工業大学、信州大学、上智大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、長岡技術科学大学、名古屋大学、新潟大学、日本大学、日本工業大学、北海道大学、明治大学、横浜国立大学、早稲田大学 採用実績(人数) 2017年 2018年 2019年 2020年 予 ----------------------------------------------------------------------- 大卒 183名 150名 193名 258名 短大・高専卒 23名 12名 20名 15名.

次の

【面接対策】東京電力ホールディングスの中途採用面接では何を聞かれるのか

東京電力 採用

首都圏を中心に電力を供給する東京電力ホールディングス。 そんな同社は事業の特性上非常に堅実な風土があり、「業務が細分化されすぎている」「マニュアル化が進み、全ての業務が型化されている」との口コミが散見されます。 そのため自己裁量のもとバリバリと仕事を進めたい方にとっては、窮屈な環境になってしまう可能性も。 一方で部署や役職問わずプライベートと仕事の調整が図りやすく、自己権限での早退が認められていたり土日のお休みも安定して取得することができるそうです。 事業面においては、東日本大震災の福島原子力発電事故を受け東京電力ホールディングス含め日本の電力企業全体がかつてない転換期に直面しています。 独占売買であった電力事業においても、電力自由化を迎え新規参入企業が増えつつあります。 電力の安定供給と競争力向上に向け、同社では2016年4月にホールディングカンパニー制を導入。 グループ全体の事業構造改革に努めています。 事業環境の変化に伴う競争の激化や時代の流れに沿った顧客ニーズに、東京電力ホールディングスが今後どう応えていくか期待がかかるところです。 長年同社が培ってきたスピリッツ・技術を継承しながらも、みらい型インフラ企業を目指す。 そんな社風にフィットする人材かどうかを、採用面接では見極められます。 東京電力ホールディングスのキャリア採用は、1つの募集枠に多くの方が応募します。 そのため面接官は1人ひとりのこれまでの経験や技量、人間性を把握するため、回答に対して深く掘り下げた質問を重ねます。 その場しのぎの回答では見抜かれてしまうので、専門知識の勉強・企業研究は徹底的に行いましょう。 特に技術職希望の場合、部門担当者より知識についての質問が多く出ることも。 関連する過去のニュースを見たり専門書を熟読し、知見を深めるようにしましょう。 また「福島県の原子力事故後の課題について問われた」という口コミが多く見られます。 コーポレートサイト内にも福島原子力事故後の改革や取り組みが掲載されています。 福島原子力事故についての質問は、東京電力ホールディングスへの理解度を図る意味合いも含まれているため、事前の読み込みは必須。 自分なりの考えを用意し意見できるようにしておくと面接官の印象に残り、他の応募者と一線を画すことができるでしょう。 東京電力ホールディングスの面接でよく聞かれる質問のひとつに「なぜ東京電力ホールディングスか」というものがあります。 面接官がこの質問を通して知りたいのは、「どんな困難な課題にもチャレンジできるのか」「インフラ事業にやりがいを持ち、仕事に取り組むことができるのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるか」といった視点や、「本当に当社のことを理解しているのか」という側面も合わせて見ています。 業界理解や職種理解の枠を超えて、東京電力ホールディングスという企業についてしっかり理解する。 そのためには、競合となりやすい企業の他社研究も忘れないようにしましょう。 具体的には、以下のような企業について調べておくことがおすすめです。 東京ガス株式会社• 中部電力株式会社• 関西電力株式会社 東京電力ホールディングスの採用面接を受けるにあたって、ぜひ押さえておきたい重要なことをご紹介してきました。 面接対策として準備しておきたいのは、以下のつ3です。 これらについてしっかりと準備して、面接当日は自分の言葉でアピールするよう心がけましょう。

次の