クッパ 子供。 コクッパとは (コクッパとは) [単語記事]

クッパの子供たち

クッパ 子供

クッパがピーチ姫をさらう本当の理由… 大人にしかわからない裏設定があった? 2015年に発売30周年を迎えた『マリオ』シリーズは 世界中で愛される任天堂の人気ゲームソフトです。 なぜクッパはあんなに怒っていて、 ピーチ姫をさらい続けるのでしょうか。 歴代のマリオシリーズを振り返ると すべての辻褄に合う隠された切なすぎる理由があったのです。 クッパは孤児だった? 作中ではクッパの両親については触れていませんが、 クッパが孤児だったとほのめかすような描写はいくつもあります。 その1つは『ヨッシーアイランド』で幼少期のクッパのそばにいるのは 両親ではなく、魔道士のカメックでした。 クッパのセリフでは「ママに言いつけてやる」など 両親をうかがわせるようなものは一切なく、 本当にピンチになった時は大人になったクッパが わざわざタイムスリップして助けに来るというシーンもありました。 クッパは子供時代に感じた疎外感から、 社会に怒りを向けるようになったのではないでしょうか。 クッパの本当の息子 公式説明書ではクッパには7人の息子がいる設定になっています。 しかし、マリオの生みの親である宮本茂氏はクッパとコクッパの親子関係を否定し、 本当の息子はクッパJr. だけだと明かしていました。 そうなると他のコクッパは養子ということになります。 クッパが幼少期に孤児で寂しい思いを経験しているのであれば、 ありえる話ではないでしょうか。 任天堂はキャサリンなどトランスジェンダーのキャラクターを マリオで扱ったこともあるのでこんな裏設定があってもおかしくはありません。 クッパがピーチ姫をさらう本当の理由 クッパがピーチ姫をさらい続ける理由ですが、 孤児だったクッパは子供たちには寂しい思いをさせたくないと考えたのでしょう。 それでピーチ姫を母親として迎えるためにさらい続けていると考えられます。 きっとクッパはピーチ姫がいれば幸せ家庭が気づけると信じているのでしょう。 そんなクッパは毎回ピーチ姫をさらうと城に連れ帰って手下に世界を委ねるほどです。 また、スーパーマリオサンシャインでクッパJr. に今まで嘘をついていたことを告白するクッパは 明らかに良心の呵責を案じていてピーチ姫を母親として迎え入れられなかったことを残念がっていました。 両親のいる幸せな家庭が欲しかったそんな気持ちから歪んだ形でしか 愛情を表現できなくなったのかもしれません。 だけが実の息子だと明かしたのでしょうか。 もしかしたら今回紹介したような大人にしかわからない裏設定が本当にあるのかもしれません。 ネットでの反応 ・結論・・・クッパを倒して喜んでた俺はゴミ ・クッパいいやつすぎだろ。 もうマリオなんてどうでもいいからピーチさらって素敵な家族を作り上げてほしい ・誘拐はあかん。 悪いことは悪い。

次の

クッパがピーチ姫をさらう本当の理由…大人にしかわからない裏設定があった?

クッパ 子供

スポンサーリンク クッパjrの母親って誰? クッパjrの母親って、一体誰なんでしょうか? 公式でキャラが設定されていたりするのでしょうか? そもそも、クッパにひとり息子がいたということ自体に驚きましたけどね… 嫁さんがいたんだ、って感じで。 毎回ピーチ姫を自分の城に連れてきたのって、嫁にするのが目的だと思っていましたから。 クッパのひとり息子であるクッパjrは、「スーパーマリオサンシャイン」で初登場しています。 父親のクッパが、クッパjrの母親代わりにとピーチ姫を連れてきていました。 ストーリーによると… クッパjrは父親から「ピーチ姫がお母さん」と言い聞かせられていたのだとか。 彼はその話を信じ、ピーチ姫を父親であるクッパの元へ連れて行ったのです。 ということは… 現在クッパjrの元には母親がいない、ということになりますよね。 父親と別れたのか? それともなくなってしまったのか? そういった細かい設定は、スーパーマリオの世界にはないようですね。 変にリアルな設定をつけて、夢を壊してしまわないための配慮なのでしょうか? ディズニーなどのキャラクター商売にはよくある話ですが… コクッパは、もともとクッパの子供だった? 「スーパーマリオブラザーズ3」では各ワールドの最後に控えているボスとして、コクッパが初登場。 彼らは、ラリー・モートン・ウェンディ・イギー・ロイ・レミー・ルドウィッグの7人合わせて「コクッパ7兄弟」と名付けられていました。 彼らは、もともと「クッパの子供」として紹介されていた記憶があります。 スーパーマリオブラザーズを最初からプレイし続けているファミコン少年の中には、今でも「彼らは、クッパの子供」と認識している人は多いのではないでしょうか? 当時、クッパに子供がいたということ自体驚いた記憶があります。 もちろん、コクッパjrすら存在していなかった時代です。 2009年に発売された「New スーパーマリオブラザーズ Wii」では、「コクッパ7人衆」として久しぶりに登場。 なぜか、「兄弟」というクッパの血縁者を思わせるワードが消えていました。 それまではクッパの子供だと思われていたコクッパたちが一体何者なのか? 本当に謎になってしまいました… クッパjrやコクッパの母親について。 任天堂の公式見解は? クッパjrの母親が誰なのか? コクッパたちは、そもそもクッパの子供なのか? この疑問について、スーパーマリオシリーズの生みの親・任天堂の宮本茂さんがゲーム情報サイト「Kotaku」のインタビューで以下のように答えています。 「現在の我々のストーリーの中では、7人のコクッパたちはクッパの子供ではないことになっています。 クッパの唯一の子供はクッパJrで、我々も誰が母親なのかは知りません。 」 「母親が誰かわからない」と、公式にきっぱり言い切るのも潔いですが… あまり細かい設定を作りこまず、ゲームを遊ぶ人の想像にまかせる形にしたということなのでしょうか? ゲーム本編に登場しないキャラクターの設定を細かく作りこんだところで、ゲーム自体の面白さにつながるわけではなさそうですからね… マニアが好む作品で設定を作りこめば、マニアは喜ぶのかもしれませんが… 万人向けの作品でそこまでされても、大多数のプレイヤーはそこまで興味がわかないのかも知れませんね。 第一、そんな細かいところを突っ込んでいたらきりがありませんし。 「キノコ王国を治めているのが姫なのはなぜ?もしかして王様か女王様がいたりするの?」とか、 「そもそもどんな縁があって、配管工のマリオとピーチ姫は仲がいいの?」とか、 「デイジー姫って昔マリオに救われたのに、いつの間にかルイージといい感じになってる?」とか、 「クッパが治めているカメ帝国という国が、いつの間にかクッパ軍団という単なる集団になっている?」とか… スーパーマリオシリーズの設定について、疑問は数々浮かびますが… このような、重箱の隅をつつくような疑問を埋めるために任天堂が動いてゲームの面白さが増せばいいのですが、そんなわけはありませんからね。 逆に変な設定をつけてファンの夢を壊してしまうのも、リスクがありそうですし… 設定をはっきりさせ過ぎないということは、正しい判断なのかも知れません。 まとめ ・クッパjrの母親やコクッパの母親が誰なのか、今後明かされる予定はない。 ・クッパの子供はクッパjrだけであり、コクッパはあくまで手下に過ぎない。 スポンサーリンク.

次の

クッパの子供たち

クッパ 子供

クッパJr. とは、に登場するである。 概要 『』で初登場したの。 小柄な体をしており、牙むき出しの口が描かれたをかけている。 初出の『』ではにし、をドロドロに汚しまわり、にその濡れ衣を着せた。 その後は『』や『』などを重ねる毎に活躍の場を増やし、近年ではなどのでも顔を出すことが多く、の一員として定着しつつある。 もともとのという設定だったの立場を奪った本人。 近年では、はのという設定がなかったことにされており、の部下という立ち位置に変更された。 によく登場していたもクッパJr. の登場により危うい立場となり、『』ではを差し置いて登場することになった。 マリオテニスシリーズでの活躍 では『』で初登場。 毎に性は異なるが、にやディフェンプのに分類されている。 その中でも『』ではのとして対戦界を大暴れし、の間でりとなっている。 鈍足である弱点を差し引いても、その圧倒的な守備範囲(他の約2倍)はであることは疑いなく、であらゆるを拾いまくり、が溜まるも極めて速い。 実質、も打ち放題である。 い話、クッパjr. に勝つにはこちらもクッパjr. (もしくは)で挑むしか方法がなく、はがクッパjr. で埋め尽くされる有様であった。 論、がこの事態を静観することはなく、によりクッパjr. は大幅な下方修正を受け。 はまともな性に落ち着いている。 スマブラシリーズでの活躍 『』においては、版のみ隠し、版では初期として参戦。 近年の作品でよく見かける ちび に搭乗しながら戦う。 が謳い文句の『』でもとして続投している。 に内蔵された ングーブ、など を駆使し、必殺ワザにはを投げたり、から緊急脱出する上など、全体的にかつ癖のある技が多い。 視界が遮られるのはもちろん、他のがに触るとを受ける。 クッパJr. の色換えはなんとの七人にできる。 しかもそれぞれも違うという芸の細かさである。 ではにするけど 類縁• ベ 時代の。 にで登場する。 現: の 部下 たち。 7人いる。 詳しくは個別記事を参照。 で登場するの分身。 にのを行うが、として参戦している作品もある。 の的存在であり、としての設定はほとんどない。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の