東京 グール 真剣 佑。 “カネキくん”窪田正孝はどんな味?山本舞香&松田翔太が暴露! 謎に包まれていた宗太役は“新田真剣佑” 映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』初日舞台あいさつ

映画『東京喰種【S】』宗太役は新田真剣佑 公開日に異例の発表

東京 グール 真剣 佑

【劇場版】東京喰種【S】(トウキョウグール)の公開が 2019年7月19日(金)に、そして タイトルもコチラで決定しました! キャストやあらすじ、予告動画と解禁され公開されてますが、主題歌やその歌手はまだ公開されていません。 【劇場版】東京喰種【S】(トウキョウグール)2019のあらすじ 不慮の事故により 、人を喰らわないと 生きられない【喰種】と人間のハーフになってしまったカネキ(窪田正孝)。 葛藤を抱えながらも、トーカ(山本舞香)や喰種たちが集う喫茶店あんていくの仲間たちと、ささやかながらも幸せな毎日を送っていた。 そんなある日突然現れた男・月山習(松田翔太)により、【喰種レストラン】に招待されるのだが、彼は美食家と呼ばれる、史上最悪の喰種だった。 カネキの香りにただならぬ執着をみせ、喰らうためにはどんなことにも厭わない月山。 その魔の手は、次第に周りにも及び始め…。 果たして、大切な仲間を守り抜くことができるのか!?喰種VS喰種の壮絶なバトルが、いま、始まる!!! 引用元: 公式ホームページからの抜粋です。 前作、 映画「東京喰種 トーキョーグール」もそうでしたが、原作では結構、閲覧注意というか、そんな描写の連続の話です。 まあそこがこの作品の楽しさのひとつではあるのですが(笑) とくに今回、映画では初登場の「月山習」は本当に狂ったやつなので、この狂った感を松田翔太さんがどのように演じるか注目ですね。 個人的にはかなりハマリ役だと思っています(笑) 【劇場版】東京喰種【S】(トウキョウグール)2019のキャスト このポスターデザインわざとなのかよく分からなかったけど、公式のクレジット見たらやっぱもう一人未発表の出演者いるっぽい。 前作映画からの続投出演がほとんどで、月山など新キャラの枠は松田翔太さんなど、豪華キャストですね、 宗太役のみ不明で、公式ホームページにもピンクのペンで隠しています。 【劇場版】東京喰種【S】(トウキョウグール)2019の主題歌は誰?曲名は? 映画東京喰種【S】の主題ですが、冒頭でも触れたとおり、本記事を書いている段階では まだ公開されていません。 ですので、アニメや前作映画、ツイッターなどから予想していきましょう! 【劇場版】東京喰種 トーキョーグールの主題歌 主題歌 歌手名 BANKA illion illionはRADWIMPSのメンバー「野田洋次郎」さんのソロプロジェクトのバンド名です。 前作映画の世界観にかなりマッチングしており、今回の東京グール【S】の主題歌にもillionを起用してほしいとの声が多いです。 主題歌はどうかillionでお願い致します🙏🙏 あの東京喰種の雰囲気に合ったBANKAが大好きなんです。 試写会で初めて東京喰種を見たときBANKAが流れた時のゾワっとしたなんとも言えない感覚は忘れられない。 これを踏まえると、 「凛として時空」「osterreich」はアニメでは二回担当しています。 iliionが有力かと思われましたが、原作、アニメからのファンからすると、こちらも世界観にあった味のある歌でしたので、可能性は十分にありますね! まとめ 以上、 『【劇場版】東京グール【S】2019の主題歌はillionか?曲名は?』ということで書かせていただきました! まとめますと、本記事では 「illion」が主題歌を担当する可能性が高いものの、 アニメで主題歌を担当した 「凛として時空」「osterreich」も可能性があるのではないか、という結果でした。 もちろん、伏兵でまったくこれまでには東京喰種では歌っていない歌手が担当する可能性もあります(映画「東京喰種 トーキョーグール」はある意味、illionは予想できませんでしたから) その方向でいけば、 米津玄師なんかも世界観合う歌を作れるのではと思いますね! いやー妄想膨らみますね!(笑) これまでの主題歌を振り返りながら、公開を待ちましょう! それでは今回は以上になります!最後までお読みいただきありがとうございましたー!.

次の

実写版『東京喰種【S】』、あらすじ・キャスト・公開日【7月19日更新】

東京 グール 真剣 佑

公開初日の舞台挨拶で、それまで伏せられていた「新田真剣佑さんの出演」が明らかになった映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」。 不慮の事故により、【半喰種】になってしまったカネキ(窪田正孝)は、葛藤を抱えながらも、喰種たちが集う喫茶店「あんていく」でトーカ(山本舞香)や、芳村(村井國夫)や四方(栁俊太郎)、ヒナミ(桜田ひより)とともに、ささやかながら幸せな毎日を送っていた。 そんなある日、突然現れた男・月山習(松田翔太)。 厄介者だから近づくなとトーカに忠告されるも、次第に距離を縮めたカネキは、とある場所に招待される。 そこは、ウタ(坂東巳之助)とイトリ(知英)から聞かされていた秘密の【喰種レストラン】。 【半喰種】であるカネキの香りにただならぬ執着を見せ、喰らうためにはどんなことも厭わない月山。 その魔の手は、次第に周りにも及び始め、ニシキ(白石隼也)の恋人・貴未(木竜麻生)が誘拐されてしまう。 そしてカネキは廃教会へと呼び出され…。 果たして、カネキは大切な仲間たちを守り抜くことができるのか!? (映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」公式サイトより) 社会現象を巻き起こした「君の名は。 」から3年ぶりとなる、新海誠監督の最新作がついに公開されました。 家出して東京にやってきた少年「帆高」と、不思議な力をもつ少女「陽菜」の恋を中心に物語が展開され、帆高の声を醍醐虎汰朗さん、陽菜の声を森七菜さんがつとめています。 あらすじ 「あの光の中に、行ってみたかった」 高1の夏。 離島から家出し、東京にやってきた帆高。 しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。 彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。 そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。 ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。 彼女には、不思議な能力があった。 (映画「天気の子」公式サイトより) KADOKAWA・ハピネット共同製作のもと、あえてタブーとされる題材を用いてエッジの立った作品を開発・発信する「ハイテンション・ムービー・プロジェクト」の第2弾。 第1弾「殺人鬼を飼う女」に続き、今作も大石圭さんによる小説が原作。 あらすじ 三井直人(高良健吾)は、今から11年前、大学の講義中に「三井くん」と名前を呼んでくれた佐々木千尋(西川可奈子)のことをふいに思い出した。 講義後に千尋を喫茶店に誘い、彼女が好きだというマンデリンのコーヒーを飲み、飼育しているグッピーを分けてあげる話をしたのだった。 しかし、目の前に現れた千尋にあの日のキラキラとした眩しい面影はなく、今にも消え入りそうな虚ろな表情の変わり果てた姿に。 だが、見えてきたものは、夫・浜崎健太郎(安部賢一)から激しいDVを受ける凄惨な姿であった…。 (映画「アンダー・ユア・ベッド」公式サイトより).

次の

新田真剣佑

東京 グール 真剣 佑

7月19日(金)東京・丸の内で映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』の初日舞台挨拶が実施され、主演の窪田正孝、松田翔太、山本舞香をはじめとする豪華キャスト陣が登壇した。 東京・大阪・パリでのプレミアを経て、いよいよ日本公開を迎えた『東京喰種 トーキョーグール【S】』。 超豪華キャスト陣が登場すると、会場からは黄色い声援が飛び交った。 主人公のカネキを演じた窪田は、前作より2年ぶりにカネキを演じたことについて「前作でやったことが新しいキャストとスタッフに受け継がれて、形を変えて、そこに新しいスパイスが加わって【S】になりました。 作品が続いていくことは、役者をやっていてうれしいことだと純粋に思います」と感慨深げ。 月山役の松田は、先日のパリプレミアを振り返り「『ボンジュール』の一言で会場が沸いていて(笑)、コスプレをしている方もたくさんいたし、すごい熱気だったのでうれしく感じましたね」と、本作の海外人気の高さにも言及した。 また、今回18本のテレビ番組に出演し映画の宣伝に奔走したトーカ役の山本は「もっともっと盛り上げていけたらと思うので、皆様にお力添えをしていただけたらうれしいです」とヒロインらしくアピールし、会場からも拍手が沸き起こった。 続いて話題は、本作のタイトル『東京喰種 トーキョーグール【S】』について。 「(松田)翔太さんの【S】!」「白石(隼也)の【S】!」とキャスト陣も盛り上がるなか、本作でプロデューサーを務めた永江智大によると、【S】には「Second」「Super」「Special」「Shu(月山習)」などさまざまな意味を内包していることが明かされた。 そして、喰種は自らの正体を隠し人間の世界で生きている「Secret」な存在でもあることから、登壇者が「自分だけが知っている東京喰種【S】にまつわる「Secret」=「秘密」についてトークを展開。 窪田は、カネキのマスクの制作者である喰種・ウタ役の坂東巳之助との撮影裏話についてコメント。 「巳之助くんは、セットに会ったヘビと一日中ジャレていました」と、クールなウタからは想像できない意外なギャップを明かした。 平牧監督は、松田演じる月山が「吊り輪」でトレーニングするシーンについて、吹き替えなしで松田本人が実践していることを告白。 これを受け、松田は「月山にはこういうトレーニングも合っているのかなと思って」と、吊り輪のアイデアは自らの提案であることを明かし、会場からは感嘆の声が。 松田は「劇中で食べた目玉はヨーグルト味」と答えると、山本は「カネキくんはイチゴ味でした!」と明かし、意外すぎる風味に会場も大盛り上がり。 かねてより『東京喰種』の大ファンを公言している、カネキの親友ヒデ役の小笠原は、自身が出演していないシーンの見学に行ったことを明かした。 「富士宮で撮影したクライマックスの教会のシーンを、朝イチの新幹線で見学に行きました。 窪田さんにもスタッグさんにも『なんで来たの!?』って言われましたが(笑)」と、『東京喰種』愛の強さを物語った。 カネキの大学の先輩にして喰種のニシキを演じた白石は、恋人役の貴未を救出に行くシーンで、気絶している貴未は一部人形を使っていることを告白。 「ほとんど人形を助けていたこともありました」と語る白石に対し、貴未役の木竜は、撮影を重ねるごとに人形のクオリティが上がっていったことを告げ、「自分でもちゃんと演じていたんですよ」と語り会場の笑いを誘った。 カネキが身を寄せる喫茶店「あんていく」の店長・芳村役の村井は、「前作より『あんていく』の店員が減って、景気が悪くなりました(笑)」とジョークを飛ばし、カネキらと共に「あんていく」に身を寄せるヒナミ役の桜田は「前作は地毛だったのですが、本作ではカツラでした」と告白し、あまりの微笑ましさに思わずキャスト陣が笑顔になる一幕も。 続いて川崎監督、平牧監督からは、公開初日まで秘密にしてきたというとっておきの「Secret」が明かされる。 これまで予告編でも後ろ姿やピエロのマスクのビジュアルしか登場せず、その配役が謎に包まれていた「宗太」。 実は演じているのは、新田真剣佑であることが発表された。 さらに公開初日を祝して、なんと「Surprise」なゲストも登場。 本作の主題歌「Introdution」を手掛けた女王蜂のボーカル・アヴちゃんが、薔薇の花束を持ってステージに登場した。 観客だけでなく、キャスト陣にも秘密にしていた突然のゲスト登場に、会場は大盛り上がり。 「原作者の石田スイ先生とはマブダチ」と語るアヴちゃんは、「『Introdution』の音源が完成して、MVも撮って、全部やり終えた後に主題歌のお話をいただいたので、運命だと思って受けさせていただきました!」と主題歌決定の経緯についてコメント。 また、「Introdution」のMVに登場するウサギのマスクは、アヴちゃんが感覚でチョイスしたものだが、「主題歌に決まった後、映画でトーカちゃんもウサギのマスクをつけていたので、運命を感じました!」と、本作との強い縁について言及した。 イベントの最後には、本作を代表して窪田と松田から映画を楽しみにしているファンにメッセージが。 松田は「今日から公開がスタートしたので、どんどん感想を伝えていっていただけたらと思います」と力強くコメント。 窪田は、「『東京喰種』ってちょっと怖いイメージもあるかもしれないけど、ふたを開けるとすごく人間味に溢れていて、誰よりも喰種が人間らしかったりします。 生きていくことってすごく難しいけれど、それは色んな人に置き換えられるし、色んな見方ができる作品なので、一度ならず何度でも観ていただけたら嬉しいです。 そしてさらに続編が出来るように、皆様のお力添えをいただけたらうれしいです」と熱い思いを打ち明け、会場からは惜しみない拍手が贈られた。

次の