シヴァ グラブル。 シヴァ(グラブル) (しゔぁ)とは【ピクシブ百科事典】

【グラブル】シヴァHL連戦、青箱確定までの軌跡

シヴァ グラブル

マグナ2を比較的ストレスなく周回するための編成紹介。 こんな感じで人それぞれ。 でも個人的には AT中に共闘ルーム30連に行くのが一番楽だと思っている。 AT中ね。 アサルトタイム。 これ重要。 というわけでそれ用の編成を紹介。 ゴブロ30連は基本1ターンしか動けないので、1ターンでどれだけ稼げるかが重要。 装備がしっかりしていれば27万ぐらいは安定して稼げる。 ポイントとしては 、ミリンのリミットボーナスをきちんと振り、1アビを使うことで200%奥義が打てるということ (アサルトタイム限定だが)。 そのためにヴィントホーゼは必須。 よって、その2ターンともオクトーに2連奥義をさせたら強いよね、という動き方。 その場合ジョブをクリュサオルにしてデュアルアーツを使った方が稼げる。 15連とかならこの編成も悪くない選択肢かな? ) 時間があるならグラゼロなど押すと良い。 ポイントはエーケイフォーエイ。 これの奥義に奥義ゲージ10%アップが付いている。 あとアルルメイヤの奥義にも奥義ゲージ10%アップが付いている。 これによってオクトーが2連奥義を打てるという仕組み。 また、2ターンフルチェするのでサラーサの奥義200万追加ダメも発動する。 ATならではの動きだね。 紹介しているのは2ターン用の編成。 1ターンなら純粋なオメガ剣メインの鰹剣豪、3ターン以上なら金重メインの鰹剣豪が一番稼げる気がする。 グリームニルは? アラナンを持っていない人間がAT用の周回編成を紹介できるわけがないだろ。 真面目な話をするとグリムに関しては召喚石サンが万歳って感じなので、アラナン無しなら無理にAT中にやる必要はないと思われる。 ちなみにとは体力が高く、30連でも数ターン殴れたりしてパターン化が難しい。 よって省略。 そんな感じで、以上です。 もちろん手持ちによって最適解は変わってくるし、それを探求するのもの楽しみ方の一つ。 頑張りましょう。 awadachifutsu.

次の

シヴァ(リミテッドSSR・火属性) の性能・評価【キャラ・グラブル攻略】

シヴァ グラブル

ドランクはミストと合わせて攻防を下限まで落とせる片面25%ダウンのデバフ持ちかつディスペル(破壊の導とヴィブーティ解除)も持っているのでシヴァソロ適性はかなり高いキャラだと思います。 結果と雑感 途中でイングヴェイが事故落ちしたけどそれ以外は特に危ない場面は一切なし。 終盤までオルポも残ってたので5%トリガーの『マハーカーラ』(現HPの90%のダメージ)を受けてもすぐに立て直せました。 装備がないので時間こそかかりましたが、攻撃が全体的にぬるいので正直拍子抜けするレベルで弱かったです。 残り二人は土属性不動のフロントブローディア・最終オクトー。 エウロペは特殊技使用時に攻撃力アップのバフがつくことがあるので、奥義ディスペル持ちのブローディアもかなり重要です。 結果と雑感 ヤイアが奥義で全体のHPを回復(ヤイア以外)しつつ防御アップのバフもかけてくれるので渾身維持もし易かったです。 ヤイアの有無でエウロペソロは結構難易度が変わりそうな感じがしますね。 ユリウスの1アビの累積は最大40%まで入るので主人公のミストと合わせて攻撃と防御をどちらも下限まで落とせます。 こちらに無属性ダメージを与えてくる厄介な「刃鏡展開」も3アビのディスペルで簡単に解除可能。 結果と雑感 ユリウスのおかげで特に苦戦することもなく楽に倒せました。 ターゲッティング対策の保険としてクリアオールを持っていきましたけど、ドクター1アビが使えないタイミングでターゲッティング(正式名称は知らないw)を解除するのに使えたので一応意味はあったかな。 ユリウスがいればソロ楽勝だと思います。 アテナもいるから失敗することはまずないはず。 黒猫のブラックチャームとアテナのダメカで40%トリガーを受けたときのSS。 奥義のガードが発動すればダメは3桁に。 結果と雑感 念のために風鞄2枚入れたけどそこまでする必要はなかったかな。 アテナが優秀すぎるのでもう少し攻撃的な編成にしても行けそうな感じでした。 EXアビリティは後半の特殊対策の為にグラビティをセット。 ディスペルは75%しか使うところがないのでソロ攻略だと多分不要なはず。 メタトロン戦 75%トリガーでメタトロンに付与される印を消さないと次の特殊技の時に8500の無属性ダメージが飛んでくるので、必ずそれより高いHPを全員がキープした状態で受ける必要があります。 50%以下になるとメタトロンは通常攻撃を停止して特殊技のみを使用してくるようになるけどこれローテーションなんですね。 多分鞄1枚でもオーキスとシロウがいればほぼ捌けると思います。 結果と雑感 通常特殊で無属性多段ダメージが飛んでくる序盤のほうが強く感じました。 ドクターなので回復面の問題はまったくなかったけど、ドクター以外のジョブだと序盤が鬼門になるかもしれません。 ちなみにポーションは11個余りました。 ミストとランドグリースで防御も下限に落とせます。 アバターは無属性攻撃を乱発してくるので回復手段も多めに用意。 もしこれでも回復が足りなかったら次は主人公のジョブをセージにする予定です。 アバター戦 アバターの無属性攻撃はそれ一発では死なないもののHPをごっそり減らされるので(特に中盤)とにかく回復手段がたくさん欲しい。 闇の意思がついたままだと無属性攻撃一発で死ぬことがあったような気がするので、敵の特殊のタイミングに合わせてアビや奥義を撃って消すようにしています(400万ダメを与える) 通常攻撃 ドゥームデイ 最終フュンフと黄龍拳とサティフィケイトの奥義のおかげで無属性以外のアバターの攻撃は全然痛くない。 通常がこれぐらいしか食らわないので、回復が少し遅れても大丈夫でした。 アークエネミーはフュンフ4アビのガッツで耐える 麻痺が入らなかったので10%トリガーはフュンフ4アビのガッツ(リレイズ効果)で耐えています。 結果と雑感 最終フュンフ様様。 恐らくフュンフがいなかったらアバターソロはできなかったんじゃないかと思います。 イオだけだと多分回復が足りない。 フュンフの強さを改めて実感しました。

次の

アグニス×シヴァ・シヴァシヴァのどちらでもバランス良く使える無課金火属性理想装備編成を考えてみた(グラブル)

シヴァ グラブル

神撃のバハムートにおける概要 に登場する、レジェンドクラスのカード。 黒の長髪に黒と金の鎧、紫色の肌に4本の腕を持ち、白蛇を従えた元ネタにあるインド神話の神そのままの容姿。 象徴でもある第三の目は冠のようなデザイン。 同じくCygamesが提供するスマホゲーム、、にも登場している。 グランブルーファンタジーにおける概要• フレーバーテキスト 召喚石 森羅万象に融解し、有為転変を邪な瞳で凝望する猛々しき破壊神。 ひと度憤激すれば、額から放たれし聖なる光にて、此岸の全てを灰に帰す。 無から生まれし新たな世界に、金色に輝く三叉槍を掲げる時、邪な瞳は如何なる景色を見るのだろう。 リミテッド 救いを司りし猛き武神は、人の営みに寄り添い強き心に呼応し顕現す。 神は願う。 世を織りなす人の子が本道に立ち返らんことを。 火の天司の使徒かつ火属性の召喚石。 こちらでの容姿はパラドックス・シヴァに近い。 神話にある 「第三の目」は召喚効果として登場。 連れている白蛇の名前は「ナーガラージャ」。 また、冬のグラブルフェス生放送2018にて年内にリミテッドシリーズとしてプレイアブル化が発表され、来たる12月28日ついに実装。 使徒メンバーでは三人目のプレイアブルとなる。 レジェンドガチャで 『悪滅の雷( ちなみに弓) 』入手により仲間となる。 肩書きは 「究極不変悪滅善護」。 実装当日は トレンドに「シヴァ様」がランクインしたり、 水着ジャンヌ以来二度目のアクセス障害を引き起こすなど、空前のブームを巻き起こす。 その後も召喚石に関しては人気投票上位に君臨を続けており、第27回においては2位のグリームニル 9. 最近はルシフェル及びバハムート5凸実装等もあって、昔ほどの支持率は高くはないのだが…… 召喚石として、ここまでの大きな支持を得る理由は後述する。

次の