韓国まとめあんてな。 韓国は他の国よりかなりいいね!OECDの推測で韓国の2020年の経済成長率は統計を取った国の中で一番良い-1.2%成長 海外の反応

韓国は他の国よりかなりいいね!OECDの推測で韓国の2020年の経済成長率は統計を取った国の中で一番良い-1.2%成長 海外の反応

韓国まとめあんてな

更新順• com• 海外の反応• com• 海外の反応• 海外の反応• 海外の反応• 海外の反応• com• com• com•

次の

海外の反応のまとめ

韓国まとめあんてな

RSS新着(アンテナ)のTOPページは です まとめブログ界隈で話題のを読んだ所感です。 さて、アンテナ管理人の端くれとして月間1億2000万pvのまとめサイト管理人が出した本を読まないわけにはいきません。 普段は知りたい内容が明確に書いてあるか目次やレビューなどを吟味して買います。 が、今回は中身によらず、とりあえず読もうと決めていたので何も調べずに買いました。 ノウハウ観点での所感 本のタイトルには「ノウハウ」とありますが、結論から言うと、既にまとめサイトを管理している人にとって目新しいノウハウは書かれていないと言えます。 これからまとめサイトを始める人にとっても、ノウハウ本としての意味はあまり無いと思います。 ノウハウ目的であれば、Googleで検索したほうが有益な情報が得られます。 何を期待して買うかにもよりますが、もしアフィリエイトなどで儲けることを期待しているのであれば のほうが良いですね。 中の人の生い立ちや、プライベートで起きた事件なども含まれていますので。 スポーツ新聞がやっているからまとめブログでもやって良いという考えは少し疑問。 オリジナル記事を書くための考え方なんかは多少参考になった気もしますが、 検索すれば同じようなレベルの内容はすぐに見つかります。 ということで、無料で読めるブログのタイトルならいざしらず、 お金を払って買うこの本のタイトルに「ノウハウ」を含めたことには違和感があります。 あくまで個人的な感想なので、Amazonのレビューでも確認してみてください。 他の観点での所感 ノウハウ観点の否定から入ってしまいましたが、全否定するわけでもありません。 とくに私はノウハウを期待して買ったわけではなかったので、読み終わった後に Amazonのに書かれているような嫌悪感はありませんでした。 というよりも個人的にはノウハウより大切なことが書いてあったと思います。 それは、人気サイトになったと感じるまでに、少なくとも2年以上、1日18時間ブログ中心の生活を過ごしたという部分です。 あと、続けるのに最も大切なのはお金ではなくて情熱だという部分も。 これはキレイ事ではなくて、私も一部正しいと思っています。 私は、この世界で儲けるという意味で成功するのは、18時間・2年以上も熱中できるような狂気じみた人か、 ビジネスとして成功させるセンスを持った人だと思います。 後者は、はちま起稿をはじめ大手が行っている複数人管理、 記事作成代行などを取り入れて仕事として効率よくクールにやるべきですが、 前者に必要な狂気のことを情熱と呼ぶのかもしれません。 また、この狂気が人を惹きつける文章の元になるのだと思っています。 なんにせよ、駆け出したばかりのまとめサイト管理人や、これから始める人たちに、こんな生々しい経験を語ってくれる人は居ません。 私も管理人の端くれとして感じていたことではありましたが、それを確信できました。 贅沢を言えばもう少し早い時期に読みたかった本です。 まとめ ということで、覚悟を決めたい人・感じたい人には一読の価値はあれど、ノウハウ本としてはお薦めできないかなという感じでした。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 今回紹介した本 清水 鉄平 SBクリエイティブ株式会社 売り上げランキング : 370 応援・共有してもらえると、 韓国あんてなを続ける力になります。

次の

海外の反応のまとめ

韓国まとめあんてな

2021年の1人あたりの韓国のGDPを比較するともっと興味深くて、イタリアより高いかも。 PPPベースでは、韓国は日本、英国とフランスに勝つ可能性もある。 中国の収縮については疑問だけど、結局、あいつらはこの病気の震源地だし中国のデータの透明性と信頼性は低い。 中国共産党が解体されるまで、真実はわからないだろうけど。 中国がデータ改ざんしてるなら、韓国最大の貿易相手国として韓国に多くのリスクをもたらす。 韓国は中国との持続的かつ拡大する貿易に依存し、堅調な中国経済の成長が後押ししてる。 オーストラリアなんて、韓国よりも中国への輸出に依存してる。 取引商品自体も考慮する必要があるし、特定のものが最初に影響を受けるだろ。 オーストラリアは、電子部品よりも柔軟性の低い傾向がある食品および原材料 石炭鋼 を取引してる。 でも中国の大気汚染レベルの大幅な削減につながる、閉鎖された経済活動を隠すことはできない。 中国の空気がこんなにきれいなのを見たことがない。 感染の問題が終わっていないのに、経済の見通しで左右されるのは時期尚早だと言いたいだけ。 西側諸国にはないけど。 ただ、西側諸国には少なくともプライバシーがあって、これは最も重要な問題で、経済的自由だ。 これらの予測には、スペインのー10%の後に+7%が続き、韓国のー2%の後に+1. 8%となっている。 4%を失った。 経済停滞で18年間の成長を失い、政府が管理できていないのは衝撃的だ。 第二波を受ける余裕はない。 経済回復には年数を要し、英国の若い世代にとって良い将来ではない。 そんな決定しなきゃいけないなんて恐ろしい立場だ。 国際観光への依存度が高すぎ、国境の制限を緩和するリスクが高すぎる。 ウイルス制御に優れた仕事をしたノルウェーは、厳格な制限をほとんど課さなかったスウェーデンよりも経済的に少し有利。 1,063• 247• 221• 457• 2,227• 572• 560• 421• 182• 250• 105• 102• 1,169• 548•

次の