かぐや 様 は 告 ら せ たい 146。 『かぐや様は告らせたい』 第146話 伊井野ミコは愛せない② 感想

かぐや様は告らせたい146話感想 石上は伊井野に100万年償え

かぐや 様 は 告 ら せ たい 146

04 ID:QEuyGvwN0. 73 ID:MSHnC00gM. 94 ID:yqmcvAII0. 05 ID:8DTPaKOXa. 03 ID:MSHnC00gM. 84 ID:so7PjEs4r. 60 ID:H37U9HDc0. 2ch. 22 ID:jump• ジャップ・エンド教• 2016年10月29日 21:47• 【ジャップ・エンド教は世界に光をあたえる】 我々ジャップ・エンド教は、アニメ・漫画・同性愛者を根絶し、美しき世界を創ろうとしている。 美しき世界の創成を妨害する者には、聖なる裁きが下されるだろう。 1:アニメや漫画は秩序を乱す有害文化であり、すべてのキモオタは殺処分されなければならない。 2:女は子供を生むために存在している生物であり、男に犯されることは女の義務である。 女という生物は本能的に『犯されたい』と思っているはずなのだ。 3:同性愛者のけがれた精神は、我々大韓民国人の聖なる精液によってのみ浄化される。 同性愛者の女は我々に犯される義務がある。

次の

『かぐや様は告らせたい』第145話 そして、石上優は身体の一部を暴発寸前にした

かぐや 様 は 告 ら せ たい 146

142話のかゆいところ かぐや様と白銀はラブラブカップルでイチャイチャしまくってるが、どうやら他の生徒には秘密にするようです。 何があったか詳細不明ですが、付き合ってることは公表しないスタンスなのか。 これが今度の展開にどう繋がるかは定かでないが、隠れて付き合うってシチュエーションでこれからもニヤニヤイベントが量産できそうでもある。 そして、気になるのは「裏主人公」の石上くんフェーズでしょう。 石上とミコちん こっちも色々あったっぽい! な に こ れ ? ミコちん骨折してました。 その原因は石上らしい。 石上被告は「悪い偶然が重なった」だけで攻められるほどの責任はない。 井伊野原告は「石上に折られた」「私なんか放っておいて、自分だけご飯食べに行けば?」である。 全然分からん…。 なにがあったんだってばこの2人! かぐや様と白銀のケースはなんとなく想像できるんだけど、石上とミコちんのケースは冬休みの「ターニングポイント」がまったく予想できない。 謎だらけです。 少なくとも、ミコちんが骨折したのは石上が原因であり、ミコちんを放っておいてご飯食べに行けくことに罪悪感があったっぽい。 そもそも、つばめ先輩の家でクリスマスパーティーが事件なのかも定かでありません。 ま、文脈的にはクリスマスパーティーっぽいけど。 マジ何が起きたんだってばよ! なにがあったのか? このワンカット意味深 139話のワンカットが意味深すぎるんだよなぁ。 つばめ先輩にデレデレしてる(?)石上を見て面白くなさそうな表情をしてるようにも見えるし、メガネ文化祭委員(コミック115話登場済)に言い寄られてるようにも見える。 <関連記事> 仮に、このメガネ文化祭委員(つばめ先輩狙いだったが)から口説かれて、ミコちんがホイホイ付いて行く流れを石上が助けたのかなぁ?「自分だけご飯食べに行けば?」の含みが気になる。 石上だけつばめ先輩とご飯行く流れから、ミコちんを救ったとか?分からん。 うーん…全然想像できません。 石上とミコちんには何かがあったらしいが、どんな「ターニングポイント」があったのか。 なんか好き合ってる同士にも見える それは言えない… 全力で思わせぶるー!! 柏木さんから何があったのか聞かれて「それは言えない…」と答える石上とミコちん。 ただ引っかかるのは2人の温度差だよね。 石上は汗ダラダラで悪いことしてしまったってニュアンスで終始罪悪感がある表情。 対してミコちんは…「それは言えない…」 (赤面)なのです。 え?この子なんでメス顔してんの?同じこと言ってるのに反応が180度違う。 頬染めて、まるで恋する乙女のようなリアクションするミコちんである。 石上は骨折させたことに罪悪感しか見てとれんが、ミコちんの「ターニングポイント」は今までと全然違っています。 なにか、ミコちんの心境を変えるイベントがあったのは明らかでしょう。 刮目すべきは「あーん」です。 これはとんでもない事が起きてる予感がしますよ! >より それな 石上だけ罪悪感MAXでミコちゃんだけ照れてて温度差があるとかではなく ミコちゃんも石上も互いに照れてて、石上だけは冷や汗もダラッダラ これはとんでもない事が起きてますわ >より 言われてみれば赤面してるようにも見える。 もしそうならとんでもない事が起きてますね。 「あーん」がポイント ミコちん 今から、お弁当を あーんで食べさせてくれるのよね? ミコちんの骨折に負い目があるらしい、石上は身の回りの世話をしてるようです。 生活の上で色々と不便だけどノートとか取ってる様子。 で、ご飯を「あーん」で食べさせる世話まですると。 ラストでは本当に「あーん」やってる( マキちゃんは見た)。 これが引っかかる。 だってですよ!石上とミコちんの「あーん」って作中では2度目ですからね。 <関連記事> コミック103話 険悪な石上&ミコを仲良くさせる大作戦のお題に「あーん」があった。 生理的に無理というミコちんでしたので、当然「あーん」もバトルとなっていた。 そんなミコちんが素直に「あーん」を受け入れる。 これ如何に?生理的に無理でなくなったのか。 なぜか頬染めてたり、石上からの「あーん」を受け入れる態度。 ミコちんに凄まじい変化があったようだ…。 これからが本番だ! さあ盛り上がってきました と言った訳で時間を少し巻き戻し それぞれの冬休みを回想形式でお送りする! エントリーナンバー1 石上優のクリスマス ミコちんの中で「対石上」で生理的に無理から、赤面したり「あーん」を素直に受け入れる変化が明かされるわけですね。 12月24日、つばめ先輩の家でクリスマスパーティーする6時間まからはじまる。 ミコちんの明白な変化も気になるところですが、今回のワンカットで描かれてる つばめ先輩の表情も刮目だな。 ちょっと物憂げな顔というか悲しい顔してます。 泣いた後のようにすら見える。 え?これ大事件なんじゃね? つばめ先輩はこれから石上を知ろうって決めて告白された(あくまでも石上は自覚無し)状況でした。 そこから泣いたかに見える悲しそうなつばめ先輩の表情は意味深だ…。 <関連記事> 告白してないって石上から明かされたのだろうか?いやでも、その場合でも悲しくならんだろ。 石上に恋した後でなきゃそうんあ表情しない気がするんですが…。 つばめ先輩になにがあったんだってばよ!? 石上とミコちんとつばめ先輩…。 読者が最も気になってる3人のラブコメ模様じゃかろうか。 いよいよ明かされるのか。 めちゃくちゃ楽しみです。 それと、「エントリーナンバー1」が石上って…。 「エントリーナンバー2」と思われる藤原さんか早坂さんの顛末どーでもいいんすけど。 もう答え分かるって…。 エントリーナンバー2いらないんすけど… 石上のアレコレはじっくり描いて欲しい。 でも、藤原さんと早坂さんは別に…。 もう答え出てるし…ねぇ。 そんなわけで、ミコちんが赤面したり「あーん」できるぐらいになった変化。 骨折のアレコレと、謎の物憂げなつばめ先輩の表情。 俺たちのクリスマスパーティーはこれからが本番だ。

次の

かぐや様は告らせたい146話感想 石上は伊井野に100万年償え

かぐや 様 は 告 ら せ たい 146

146話のかゆいところ 前々回からずーっとつばめ先輩は石上に対してメス顔してます。 去ろうとしてる客観的に見てもう惚れてるだろ。 告白されて(勘違いだったけど)から数日です。 チョローイ!でも何かありそーう! 「ありがとうの気持ち?」 「せめてこれ位はしてあげようと…」 石上からセッッッする理由を問われたつばめ先輩の歯切れの悪さは何なん。 なんで疑問形なんですかね…。 言い切ればいいじゃん。 思い出とか同情とかキッパリ言えば石上だって、筆おろしを受け入れたかもしれんのに。 つばめ先輩の口に出した歯切れの悪さが引っかかる。 石上の難題 同情で愛してるフリなんてされたくない…! つばめ先輩の好きになってくれて感謝の気持ち、付き合えないからセッッッさせてあげるって発言をそのまま受け取った石上。 同情から来るものと泣いていました。 本当にそうなのかなって思ったり思わなかったり。 しかし10月くらいに知り合ってまだ12月でこの接近と惚れ具合 無自覚告白も普通に告白するよりめっちゃ好感度稼いだ感じあるし つばめ先輩本当に難題なのかってくらい攻略が順調だなw >より 燕先輩って本人が言ってたけど石上の事を異性として見たことは全く無くて 三日前くらいの文化祭で初めてそういう対象として見始めたんだよな それでこの超短期間でメス顔してセッッッOK状態ってチョロインってレベルじゃねーぞ、 無理難題どころか下手したらザコちゃんより雑魚なんじゃないか。 思った以上に肉食だし即身体許すしでも付き合えないしで何か闇深そうな気がしてきたわ >より 石上に課せられたつべめ先輩攻略シリーズのサブタイは 「四宮かぐやの無理難題『燕の子安貝』」である。 あまりにチョロく(出会って2ヵ月、異性として意識させて数日)、どこか無理難題なんだって思うこともあるけど、これはやっぱり無理難題かもしれんな。 つばめ本当に先輩は同情だったのかと。 心の声が無いので何にも分からんが、どう見てもチョロインだった。 メスの顔してるからね(現在進行形)。 身体を許すのもOK! だ・け・ど!付き合うことは出来ないという。 付き合ったら好きになる。 体操もおざなりになる。 進学する大学は神奈川で遠い。 「この程度」で付き合うの無理なの?(本人談) <関連記事> なんで付き合えないんすかねぇ?言葉通りなの?もしも、何か裏とか闇があった末の 「好き」「セッッOK」まで攻略してるのに「付き合うのは無理」なら確かに無理難題だ。 ときメモで例えれば、「友好度」「ときめき度」はクリアしてるのに結ばれないラスボス藤崎詩織みたいなものです。 攻略してるのに攻略できないつばめ先輩である。 また、142話のつばめ先輩につながりましたね。 142話のつばめ先輩 142話 <関連記事> なぜか泣いてたつばめ先輩は、石上を誘って拒否されたから泣いたあとだったのか。 見事なアンサーです。 つばめ先輩の泣き顔の真意が分かって「なるほどなー」って思うと同時に、やっぱりつばめ先輩の真意が気になるマン。 だって、好きじゃなかったら泣き腫らすことないでしょう。 ただの後輩とか同情で一発ヤってちゃんちゃんを拒否された以上ではないような(気がする)。 だって 新学期まで「泣きあと」残して登校してるんだもん。 同じようにクリスマスで泣いてしまった石上の顔も2週間も経過すればキレイな顔になってるからね。 つばめパイセンはクリスマスから2週間もず~~~~~っと泣き続けて新学期になって泣いてたというのが分かるってものです。 つばめ先輩…泣き続けすぎだろ。 真意不明ですが、石上よりもショックを受けたこと。 ずっと泣いてたことが分かる「涙のあと」を新学期まで継続してるつばめ先輩なんだ。 どう見ても攻略は済んでるんだよな 石上の宣言 僕はああいう事は好き同士がする事だと思っています。 …だから。 だから、つばめ先輩から、これから好きになって貰えるように頑張ると宣言するのでした。 なにこの石上のイケメンっぷり。 ただ、 もうつばめ先輩の攻略は終わってるとしか思えないのもミソよね。 つばめ先輩のメス反応を見るに、石上に惚れてるだろ!としか思えないんだもん。 恋する乙女じゃん! どう見ても恋するメスです。 本当にありがとうございました! 2週間も泣き続けて石上から惚れさせてみせるって言われたこの超反応。 ぶっちゃけクリスマスイブからメスの顔してたけど、改めて惚れ直したかのように見えますね。 もう攻略とっくに終わってるだろ。 なのに「付き合えない」ってパイセンの真意は何なんだってばよ!? で、邪魔するのはミコちんだ(ニヤニヤしながら)。 (まだ続くんじゃぞい) 石上がプレゼントがあると伝えた時につばめ先輩はハッとした顔をしてるように見える。 前回の告白時にやや表情が変わったのと同じようにここで先輩の心境になんらかの変化があったのでは何だろうか その後プレゼントを一緒に開けようと石上にすがっているのもその心境の変化の結果と捉えると先輩と不可解な行動にしっくりくるかもしれない。 ミコについては、第80話で描かれた様に思い込みが激しい面があるから、もしかしたら優がつばめに弄ばれてると思ってるのかもしれない。 >つばめ先輩こそが悪の権化だったんだ・・・・・・(ギリッ でも、同時に第103話で明言した「見返りを求めない」という態度に変化があるようにも思える。 心境の変化なのか、ミコなりの信念で優からつばめを引き離そうとしているのか。 今回のサブタイトルは「愛せない」となっていて、ミコ自身は第80話で「見返りを求めないピュアな想いこそが本当の愛の形」と明言している訳だけど、理由や経緯は何であれ、結果的に「見返り」を受け取り始めたことが今後の物語を動かすかもしれない。 優については、優も同じく「見返りを求めない」を自身に課してるからそれを今後、取り払うか維持するかで物語は変わりそう。 つばめ先輩って、要するに「失うのが怖い」って強迫観念があるんじゃないかな? だから広く浅いうわべだけの関係を欲するし告白も軽い形で拒絶してきた。 (彼女の両親に原因があるってのはありそう。 幼い頃から男女間の愛憎の闇に晒されてきたとか。 ただ、彼女は実際には彼女視点で失った経験は少ないんだろうな。 あんな返事をすれば返って喪失する事になるって当たり前の感覚がない。 会長の元で強く成長した石上でなければまず返ってきていないでしょ。 その意味では石上との関係は彼女のトラウマ克服になるのかもしれないね。 この漫画の主要キャラって愛着障害なんですよ。 違うのは、柏木さんだけ。 みな自らが拠って立つ足場を心に欠いていて、それゆえ「絶対的に信頼できるもの(トゥルーラブ)が必要」と思っている。 (自らに対する無根拠な信頼をもっている)柏木さんには、なんでそんなものが必要なのかまるで理解ができない。 かぐやは(彼氏もちということで)相談相手にしてるけど、実はもっともその任に適さない人間。 あいだにものすごい断絶がある。 わけであるからして、石上・ミコが「それはいえない」となったのは当然だったろうと、改めて考えて、思いました。

次の