お気に召していただき幸甚に存じます。 大谷山荘

いただけ ます よう いただき ます よう

お気に召していただき幸甚に存じます

「気に入っていただけて」という言葉は、お礼に対する返事の中でよく使われる言葉ですが、使い方が合っているのか自信のないまま何気なく使用している人も多いのではないでしょうか。 日常生活だけではなく、ビジネスシーンにおいても取引先へ手土産を渡したり、お世話になった方へプレゼントを渡す機会は少なくありません。 しかし、贈った相手からお礼の言葉やメールを頂いたのに、返す言葉を間違ってしまっていては、折角のコミュニケーションが台なしになってしまいます。 思いがけないタイミングでお礼を言われたとき、咄嗟に返事ができなければとても恥ずかしい思いをしてしまいます。 今回は、この「気に入っていただけて」という言葉の意味や正しい使い方、別の言い回し方について、例文や別の敬語表現などを交えて確認していきましょう。 「気に入っていただけて」の敬語表現は? そもそも「気に入っていただけて」は敬語なのでしょうか。 良く使われている一文ですので、敬語として使用している方も多いでしょう。 結論から言うと、「気に入っていただけて」という一文は全てが敬語表現ではなく、一部敬語表現となっています。 「気に入っていただけて」を口語調に直すと、「気に入ってもらえて」という文になります。 「気に入る」と「もらえる」という二つの言葉を合わせた文ですが、敬語で表すときは「もらえる」を謙譲語に直した「いただく」となります。 「気に入る」には謙譲語はありませんので、「気に入っていただく」という表現になります。 「気に入っていただけて」は良く使われる表現ですが、敬語表現は一部なので受け手によっては「気に入っていただけて」という言い方で不快に思う方もいるでしょう。 ではどういった表現が良いのか、確認していきましょう。 尊敬語も足してみて 先ほど「気に入る」に謙譲語はないとお話ししましたが、尊敬語にすることができます。 「気に入る」の尊敬語は「お気に召す」です。 この「お気に召す」を先ほどの謙譲語の「いただく」と合わせて「お気に召していただく」とすることにより、一番丁寧な表現になります。 「気に入っていただけて」では、謙譲語を使用していますが、目上の方や役職の高い方へ使用するには少々くだけた表現となり、受け手によっては失礼と感じたり、不快に思われる可能性があります。 しかし、自分と関係が深い方や立場の近い相手に対しては、逆にかしこまりすぎてしまい、嫌みと取られてしまったり、距離を感じられてしまう可能性もありますので、相手に合わせて選んで使い分けていきましょう。 「気に入っていただけて」の敬語での使い方 先ほど敬語表現について尊敬語や謙譲語というお話をしましたが、ビジネスの基本である敬語にはいくつかの種類があり、使う相手や状況によって使い分ける必要があります。 しかしその使い方を間違ってしまうと相手方に失礼となってしまい、不快感を与えてしまうと先ほどお伝えしました。 敬語はなんとなくわかっているけれど実際には曖昧な理解で使っている、昔習ったはずだけど自信がないまま使っているといった状態では、気づかずに失礼な発言をしてしまったり、間違って使ってしまう可能性があります。 そのような間違いを防ぐためにも、「気に入っていただけて」の敬語としての使い方を確認する前に、今一度敬語の種類についておさらいしていきましょう。 敬語の種類 敬語には大まかに分けると「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類があります。 それぞれに特徴や使い方に違いがあります。 特に「尊敬語」と「謙譲語」は間違って覚えやすく、難しいと言われる元となっています。 まずはこの3種類の敬語の種類について、ひとつずつ紹介していきます。 尊敬語 尊敬語は、相手や第三者に敬意を表す表現で、相手の立場を高めた言い方をします。 主語を相手とし、動作や持ち物などについて述べるときに使用します。 例としては「いらっしゃる」「召し上がる」「ご理解いただく」というような言い方です。 今回の「気に入っていただけて」という言葉では、「お気に召す」という言葉が尊敬語になります。 謙譲語 謙譲語は、自分や身内のことをへりくだった表現で表し、相手に対して自分の立場を低めた言い方をします。 主語は自分となり、動作や持ち物を相手に伝えるときに使用します。 例としては「伺う」「頂戴する」「承知する」というような言い方です。 今回の「気に入っていただけて」という言葉では、「いただく」という部分が謙譲語になります。 丁寧語 丁寧語は、ていねいな表現や言葉を使って相手に敬意を表します。 語尾が「です、ます」になるのが特徴です。 例としては「参ります」「食べます」「わかりました」というような言い方です。 「気に入っていただけて」の使い方 敬語の種類を確認したので、本題の「気に入っていただけて」の使い方について確認していきましょう。 「気に入ってただけて」という一文だけでは会話は成り立ちません。 次にどのような言葉を続けるかで、相手に対する気持ちや敬意などもすこし変わってきます。 それでは、どのような言葉を続けて使うのが良いでしょうか。 「気に入っていただけて」を使う場面としては、贈り物をした際にいただいたお礼への返事であることが多いです。 相手が贈り物を喜んでくれたことについて、よかったと思う気持ち、嬉しいと思う気持ちを込めて使います。 自分が相手に対してどう思ったのか、伝えたい気持ちを続けて言いましょう。 メールでの使い方は? メールで頂いたお礼には、こちらもメールで返事をすることになります。 基本的に口頭で返事する場合と同じですが、メールでは内容をなるべく短く簡潔にすることが良いとされているため、あいまいな表現は使わずはっきりとした表現を用います。 昨今は社内メールだけでなく、社外の取引先ともメールでやりとりをすることがあります。 贈答品に対するお礼は直接口頭で言われるだけでなく、人づたいで聞いたりメールで受け取る場合もあるでしょう。 必ずしもお礼のメールに返事をする必要性はありません。 しかし、丁寧にお礼をしていただいたからには、こちらからも丁寧な返事をする方が良いでしょう。 「気に入っていただけて」を敬語表現するときの例文 では実際に会話やメールで「気に入っていただけて」を使用する場合、どのような言葉を続けて使うのが良いのでしょうか?職場の先輩から取引先の方など、相手の立場に合わせて使用できる例文をいくつか挙げていきますので、ぜひ参考にしてみてください。 嬉しいです ・気に入っていただけて嬉しいです ・気に入っていただけて嬉しく思います ・気に入っていただけて嬉しく存じます 「嬉しいです」は敬語の中でも丁寧語になります。 「尊敬語や謙譲語に比べてフランクな言い方になるため、相手の立ち場や距離が自分に近い、同僚や親しい先輩などに使うのが良いでしょう。 「嬉しいです」をもうすこし丁寧に表現したい場合は、「気に入っていただけて嬉しく思います」や、「気に入っていただけて嬉しく存じます」となります。 幸いです ・気に入っていただけて幸いです ・気に入っていただけて幸いと存じます ・気に入っていただけて幸甚に存じます 嬉しいという気持ちをさらに強く表現したい場合は、「幸いです」を使いましょう。 「嬉しいです」に比べてよりかしこまった言い方になるため、職場の上司や目上の方に使っても失礼に当たることはないでしょう。 さらに丁寧に表現したい場合は、「気に入っていただけて幸いと存じます」や「気に入っていただけて幸甚に存じます」とします。 「幸甚に存じます」は非常にかしこまった言い方となるので「気に入っていただけて」を尊敬語にした「お気に召していただき幸甚に存じます」とする方がよいでしょう。 とても固い印象になるので、口頭より文章で使用する方が自然です。 光栄です ・気に入っていただけて光栄です ・気に入っていただけて光栄にございます ・気に入っていただけて光栄と存じます 「光栄です」は、誇らしいという気持ちや、名誉に感じるという意味合いの言葉です。 相手を立てる表現でもあるとともに、とても丁寧な言い方になるため、目上の方や取引先の方に使用するととても好印象になります。 さらに丁寧に表現したい場合は、「気に入っていただけて光栄にございます」「気に入っていただけて光栄と存じます」としましょう。 「幸甚」と場合と同じく言葉自体もかしこまった言い方のため、「お気に召す」を使用した方がより丁寧な表現となります。 「気に入っていただけて」を別の表現で表すと? 「気に入っていただけて」を別の表現にすると「お気に召していただき」になります。 では、「お気に召していただき」を実際に使用する場合はどのように使用するのか、例文とともに確認していきましょう。 お気に召す ・お気に召していただきなによりです ・お気に召していただき光栄でございます ・お気に召していただき幸甚と存じます 「気に入っていただけて」を尊敬語に直した「お気に召す」を使用すれば、とてもかしこまった表現となります。 重役の方や大切な取引先の方には、失礼があってはなりませんので、「気に入っていただけて」ではなく「お気に召していただき」を使用しましょう。 また、「お気に召す」はとても丁寧な言い方であるため、もし表現に迷った場合は「気に入っていただけて」より「お気に召していただけて」を使用する方が良いです。 丁寧な言い方のため、「お気に召していただけて」という言葉で不快に思う方は少ないので、トラブルを防ぐことができます。 上手に使って円滑なコミュニケーションを! いかがでしたでしょうか?今まで使っていた「気にいっていただけて」という言葉。 実際は間違った使い方をしていた、丁寧な表現だと思っていたのにそうではなかった、と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。 敬語はすこし難しく感じますが、正しく綺麗に使うことができればビジネスマンとしてだけではなく、日常のコミュニケーションも円滑にすすめることができます。 語彙力を身に付けることにより自身のスキルアップにも繋がります。 今回はビジネスシーンでもよく使われる「気に入っていただけて」、そしてさらに丁寧な表現である「お気に召していただき」と確認していきましたが、この機会に一度自分が自信なく使っていた言葉は本当に正しく使えているのか、改めて確認してみてはいかがでしょうか。

次の

「お気に召す」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

お気に召していただき幸甚に存じます

「幸甚」の意味とは? 「幸甚」の類語や言い換え• ほかの類語• 「幸甚」の使い方• 「幸甚」を使った例文• 「幸甚」を使ったことば 「幸甚」の意味とは? 漢字を見ただけでもおわかりになる方も多いでしょうが、 「幸甚」とは、この上もなく幸せなこと、最上級の喜び、何よりの幸福と感謝、などという意味のことばです。 幸いなること甚だし、の漢語から来ているとされます。 砕けた言い方ですと、めちゃくちゃありがたい、や超嬉しい、という意味ですね。 マジありがとう、なんて言えない相手にその気持ちを伝えるときにはことばを選びます。 せっかく感謝を伝えるのですから、相手にきちんと伝わるように、TPOに応じてことばも使い分けられるといいですよね。 「幸甚」の読み方 「こうじん」と読みます。 「幸」はほかに、 「さち」 「さいわ い 」 「しあわ せ 」、また常用漢字表外ですが、 「御幸 みゆき 」という読みがあります。 「幸せ」はよく使われることばではありますが、そもそもは手かせを意味する象形文字だったといいます。 手かせというのは刑罰の一種です。 この手かせを免れた、という説や、手かせ程度の刑罰で済んだ、という説がありますがどちらも、運がよかった、というところから、転じて幸せという意味になったそうです。 「甚」はほかに、 「はなは だ しい 」という読みがあります。 度を越えている、という意味です。 水のたくさん入った容器がかまどに置かれ、下から火が焚かれているという象形文字から、度が過ぎている、という意味の 「耽」と同じ意味を持つようになり、甚だしい、という意味になったとされます。 非常に楽しい、という意味も持ち合わせた漢字です。

次の

「幸甚(こうじん)」の意味・類語ビジネスでの正しい使い方と例文9選

お気に召していただき幸甚に存じます

2.「幸甚」の使い方と例文 「幸甚」は、「もし~してくれたら、~してくれて幸いです」という意味を含んだ上で、 最上級の嬉しさや幸せを表現するときに使います。 言葉そのものが少し堅い表現のため、メールや手紙などの書き言葉で使われることが多いです。 ビジネスシーンやビジネス文書でも多く使われますので、ここでしっかり覚えておきましょう。 2-1.「幸甚」を使う場面 「幸甚」は、 使う場面に応じて使い分けることが必要です。 具体的に3つの場面がありますので、それぞれ例文と合わせてご紹介していきます。 何かを依頼する場面 まず1つめは、目上の人や立場が上の人に対し、自分の要望や依頼事項を伝えるときに使います。 多用しないこと。 無理なお願いをするときや、をきかせてもらうときに使う。 目上の人でも親しい間柄の人には使わない。 「幸甚」は多用するべきではありません。 毎回のようにメールや文章などで書いてしまうと、言葉の意味が軽くなり、形式的な印象をもたれてしまいます。 そのため、ちょっとした手伝いや、ささいなお願いをするときではなく、無理なお願いを表現するときに使いましょう。 また、「幸甚」は少し堅い表現であるため、親しい間柄の人に対して使うと、よそよそしいと感じてしまいますので、「幸い」「嬉しい」などのように言い換えてみましょう。 3.「幸甚」の言い回し 相手や場面を考えて、誤った言い回しをしないように注意することが大切です。 また「幸甚」の持つ意味を、より強調して表現する言葉もあります。 それでは具体的に「幸甚」の言い回しについて確認してみましょう。• 3-3.幸甚に存じます 「幸甚に存じます」も「幸甚です」や「幸甚でございます」と基本的に同じ意味です。 ただし、「存じます」は「思います」のですので、 「幸甚です」よりも丁寧な表現をするときに使います。 「幸甚に存じます」は、目上の人に対して最も多く使われる言い回しですので、1つの定型文として覚えておいてもいいでしょう。 3-4.幸甚の至りです 「至り」は、「物事が最高の状態に達していること」「極み」を意味しています。 「幸甚」と組み合わせることにより、「幸せが最高の状態に達していること」「幸せの極み」を表し、 感謝の気持ちを大きく表現するときに使うことが多いです。 また「幸甚の至りに存じます」として使えば、より丁寧で敬意をこめた表現になります。 そのほかに「幸甚の至り」と同じ意味で使われる言葉に、「幸甚の極み」があります。 「極み」は口語でも使われる言葉ですので、 「幸甚の至り」よりは少しくだけた言葉と言えます。 3-5.幸甚に思います 「幸甚に思います」という使い方は間違っています。 「思います」の敬語が「存じます」ですので、同じように使えると思われがちですが、目上の人や立場が上の人に使うと、失礼であると捉えられてしまう可能性があります。 「幸甚に思います」と言うのではなく、謙譲語であれば「幸甚に存じます」、丁寧語であれば「幸甚です」と表現しましょう。 続いては、「幸甚」の言い換え表現について解説します。 4.「幸甚」の言い換え表現 「幸甚」は堅い表現のため、ビジネス文書には向いていますが、日常の文書や親しい間柄の人に対して使うことには向いていません。 その場合は、 「幸い」「ありがたい」「嬉しい」といった言葉に置き換えてみましょう。 堅苦しさが消え、柔らかい表現になりますので、日常的なビジネスシーンで表現しやすくなります。 「幸い」「有り難い」「嬉しい」の言葉の前に、度合いを表す「非常に」「大変」「とても」を加えることがポイントです。 「幸甚」を言い換えた例文をご紹介しますので、確認しておきましょう。 至急、お返事をいただけましたら幸甚です。 弊社の発表会に、ご出席いただけましたら幸甚の至りに存じます。 ご多忙のところ恐れ入りますが、ご教示いただけますと幸甚に存じます。 資料を添付いたしますので、ご確認いただけると幸甚に存じます。 の資料をお送りいただけましたら幸甚です。 何卒変わらぬ賜れば誠に幸甚の至りに存じます。 このような場にお招きいただき、幸甚に存じます。 お気に召していただければ幸甚でございます。 5.「幸甚」の類語 「幸甚」の類語をご紹介します。 先ほどご紹介した、言い換え表現の言葉のほかにも「幸甚」に似た意味の言葉があります。 使う場面やが、多少異なる点がありますので、確認しておきましょう。 類語1.幸い 「幸甚」の類語の1つに「幸い」があり、意味は以下の通りです。 嬉しい、ありがたい 「幸甚」と同じ意味として使うことができます。 主に、 何かをお願いしたり依頼したりする場面で使われることが多い言葉です。 「~してください」と頼むよりは「~していただけると幸いです」と言った方が、ストレート過ぎず「幸甚」よりも柔らかい印象になります。 また「幸いです」を、より丁寧に表現したい場合は「幸いに存じます」と言い換えることができます。 「幸甚」と「幸い」の違い 「幸甚」と「幸い」は、幸せな気持ちを表現する意味としては同じです。 ただし、 相手と場面により使い方が違います。 「幸い」は、相手が本当に目上の人や立場が上の人の中でも、特に親しい間柄ではない場合や、格式が高い場では適していません。 そのため「幸いです」は口語調の印象を与えてしまうため、「幸甚です」「幸甚に存じます」を使って表現しましょう。 類語2.光栄 「光栄」も「幸甚」の類語の1つです。 「光栄」の意味は以下の通りです。 感謝にたえない、ありがたい• もったいない、だ 「幸甚」と同様に、感謝を伝えるときに使います。 しかし「恐縮」という意味もあるため、相手がしてくれたことに対して 「ありがたすぎて恐縮だ・」気持ちを表現するときにも使われる言葉です。 「忝い」は丁寧な言葉ですが、敬語ではないため、目上の人に使う場合は「忝く存じます」とすることで敬語表現になります。 この上ない幸せを表現する「幸甚」と比べると、少し恐縮する気持ちが入ったときに使うとよいでしょう。 6.「幸甚」の英語表現 「幸甚に存じます」を英語で表現する際は、 「(much)」「(very)grateful」を主に使います。 「幸甚」を英語で表現する場合、より丁寧に表現するために仮定法を使いましょう。 具体的には、「もし…していただけるのなら幸いです」という意味で使われることが多く、以下のフレーズを用いて表現されます。 I would appreciate your attention. (ご対応いただければ幸甚に存じます。 Prompt payment would be appreciated. (迅速にお支払いをしていただけるのなら幸甚に存じます。 Your prompt attention would be appreciated. (もしご返信いただけるのなら幸甚に存じます。 I would be grateful if you could finish this by next Monday. (…これを次の月曜日までにやっていただけると幸甚に存じます。 ) まとめ 「幸甚」は、 「非常に幸いである、この上ない幸せだ」という気持ちを表現するときに使います。 使い方は、「依頼する場面」「感謝を伝える場面」「贈り物をする場面」の3つがあり、目上の人や立場が上の人に対して使う言葉です。 また、堅苦しく感じるような相手や場面では、「幸い」「ありがたい」「嬉しい」と言い換えることにより、柔らかい印象になります。 「幸甚」の使い方をマスターして、幸せな気持ちや嬉しい気持ちを正しく伝えましょう。

次の