デュエルリンクス 効果ダメージデッキ。 【デッキ紹介】HERO集結!デッキ【遊戯王デュエルリンクス】|オボロ|note

スキル(デュエルリンクス)

デュエルリンクス 効果ダメージデッキ

みなさんデュエルしてますか? 今回は現行バージョンで負け知らずの対CPU(MOB)オートデッキを紹介したいと思います。 また、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、自分のデッキからカードを1枚ドローする。 魔法カード フォース(1枚) フィール上に表側表示で存在するモンスター2体を選択して発動できる。 ターン終了時まで、選択したモンスター1体の攻撃力を半分にし、その数値分もう1体のモンスターの攻撃力をアップする。 突撃指令(1枚) トークン以外の自分フィールド上の通常モンスター1体を選択して発動できる。 選択した通常モンスターをリリースし、相手フィールド上のモンスター1体を選んで破壊する。 破邪の大剣-バオウ(2枚) 手札を1枚墓地に送ってこのカードを発動できる。 装備モンスターの攻撃力を500ポイントアップする。 装備モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した場合、そのモンスターの効果は無効化される。 勇気の旗印(1枚) このカードが存在する限り自分フィールドのモンスターの攻撃力は自分のバトルフェイズの間200アップする。 罠(トラップ) 道連れ(2枚) モンスターが戦闘によって破壊され自分の墓地に送られた時、またはフィールド上に存在するモンスターが自分の墓地に送られた時に発動できる。 フィールド上に存在するモンスター1体を選択し破壊する。 相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、ターン終了まで出た目の数x100ダウンする。 このカードを攻撃力・守備力300アップの装備カード扱いとして、そのモンスターに装備する。 まず、負けることはないです。 オードで高速周回できます。

次の

「遊戯王 デュエルリンクス」の「超防御型デッキ」を紹介。たった1枚のモンスターカードでも対人戦を勝ち抜ける!?

デュエルリンクス 効果ダメージデッキ

皆さんは『 デステニー・デストロイ』という罠カードをご存知ですか? エド・フェニックスとのデュエル報酬で入手できる通常罠カードです。 あまり使い道がなさそうなカードに見えますが、 「ランク戦でこれを使われたと思ったら相手が光の早さで自滅して訳の分からないうちに勝ってしまった」 という経験のある人もいるのではないでしょうか。 あれはいったい何なのかと言うと、各キャラクターのドロップスキル等の報酬がサレンダーすると得られない為に、一度に自身に最大3000ダメージを与えて素早くデュエルを終わらせられる『デステニー・デストロイ』が重宝されているというものです。 頑張って勝ちを目指して戦うよりも、わざと負ける方が時間効率がいいということです。 今やってるカーリー渚のイベントミッションでも、勝敗に関わらず対人戦を複数回こなす条件のものがあるのでここでも利用されています。 皆さんは、このカードの使われ方にどう思いますか? このカードをデザインした人がどんな思考回路をしていたのかは想像もできませんが、少なくともわざと負けるために作られたカードなんて存在しないはずです。 このカードは「デステニー」という名前からも想像がつく通りアニメGXではエドが使用したカードでもあり、デュエルアカデミアを卒業したカイザー亮にプロの洗礼を与え、ヘルカイザー堕ちするきっかになったデュエルの決め手となった印象的なカードでもあります。 ちなみにアニメに登場した時は、「デッキからカードを5枚選んで墓地に送り、送った魔法カード1枚につき100ダメージを受ける」という、おろかな埋葬も裸足で逃げ出す ぶっち切りのぶっ壊れ性能でした。 そんなカードが自滅を目的としてしか使われていないという惨状を見て、私は思いました。 デステニー・デステニーを救いたい と。 というわけで、こんなデッキを組んでみました。 今回デステニー・デストロイを活かすために選んだのは、メインBOX『』で登場した「 呪眼」です。 「呪眼」魔法カードには『ゴルゴネイオの呪眼』『セレンの呪眼』など墓地で効果を発動できるものが存在し、『呪眼の死徒 メドゥサ』は墓地の「呪眼」魔法・罠カードを手札に加えられるのでデッキトップから3枚墓地に送ることの出来るデステニー・デストロイは好相性です。 さらに、ゴルゴネイオの呪眼には、相手よりライフが下回っている分だけ装備モンスターの攻撃力を上げる効果があるので、デステニー・デストロイによって大ダメージを受ければ爆発的に攻撃力をあげることが出来ます。 まさかこんな ベストマッチなやつらが存在したなんて… そしてスキルはワンキルの天敵となるクリボール、カイトロイドをケアできる『パズルの封印』にしています。 このスキルもライフ1000以下が条件と厳しめですが、デステニー・デストロイとメドーサの効果で自傷すれば簡単にクリアできます。 実際に使ってみたのがこんな感じです。 デステニー・デストロイ救ってきた — okazman okazman1 劣勢から一気に攻撃力を上げて逆転する動きはなかなかの爽快感があります。 ちなみに、呪眼にたどり着く前はライフダメージを マテリアル・ドラゴンで回復に変換して エンシェント・ホーリー・ワイバーンの攻撃力を上げるデッキを考えたんですが、全く成功しなかったのとどう考えても女神の加護かなんかで単純に回復した方がいいって事実に屈して没になりました。 一見使い途のないカードの使い方を考えだすのも遊戯王の醍醐味の一つですよね。 よかったら皆さんも誰が使うねんってカードの可能性を模索してみてください! 以上!.

次の

【遊戯王デュエルリンクス】呪眼でデステニー・デストロイを救いたい【デッキ紹介】

デュエルリンクス 効果ダメージデッキ

ご存知の方も多いかと思いますが、不知火は 『ソウルオブレザレクション』のパックに収録されているカードです。 ソウルオブレザレクションのピックアップカードはこんな感じです。 この他にも収録されているカードは沢山ありますが、今回は割愛させていただきます。 そして、今回ご紹介させていただく不知火デッキのレシピがコチラです。 不知火デッキの内容は、だいたい似たり寄ったりになってしまうかと思いますが、自分がご紹介させて頂くデッキは、不知火をメインで戦っていくというよりは、冥界龍ドラゴネクロをメインで戦っていく感じです。 冥界龍ドラゴネクロは、自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。 冥界龍ドラゴネクロは、アンデット族2体を融合したドラゴン族の融合モンスターなのですが、融合素材がシンプルに アンデット族2体のみでいいので、非常に融合素材が揃えやすく、が狙いやすいモンスター! できるだけ早くドラゴネクロのを狙っていきたいので、スキルは 融合の使い手を使います。 自分は手札を1枚デッキに戻して、デッキ外から融合カードを手札に加える。 このスキルはデュエル中に2度しか使用できない』というもの。 このスキルを使用する事で、融合カードをデッキ外から手札に加えられるので、融合カードは採用しておりません。 ちなみに不知火デッキのモンスターは、すべてアンデット族ですので、ドラゴネクロのも簡単に狙えます。 龍の鏡(ドラゴンミラー)は、自分のフィールド、墓地のモンスターを除外してドラゴン族をできる魔法カードなのですが、融合素材がドラゴン族でないとダメという事はないので、ドラゴネクロ等のドラゴン族を使わないモンスターもできます。 この効果でしたモンスターはこのターン攻撃できない。 ドラゴネクロのをする方法として、スキルの 融合の使い手と、 龍の鏡(ドラゴンズミラー)をご紹介しました。 そしてもう1つの方法が、 ネクロ(融合)です。 ネクロは、自分フィールド上の墓地に、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターが揃っていれば、から融合モンスター1体をできるといったもの。 このネクロは本当に便利で、をするデッキであれば、どのデッキにも採用してもいいほどの重宝する罠カードです。 特に不知火デッキのモンスターの全てがアンデット族ですので、ネクロで簡単にができる罠カードです。 墓地に2体のアンデット族さえいれば、簡単にドラゴネクロへのができる優れものです。 ここからは不知火モンスターを簡単にご紹介させていただきます。 デッキから守備力0のアンデット族チューナー1体をする。 そのモンスターをする。 この効果の発動時にフィールドに「不知火流 転生の陣」が存在する場合、この効果の対象を2体にできる。 不知火の隠者は、自分フィールド上のアンデット族1体をリリースする事でデッキから守備力0のアンデット族のチューナーモンスター1体をできます。 この効果により、手札にチューナーモンスターがいない場合などにデッキから逢魔ノ妖刀不知火や妖刀不知火をサーチしてフィールド上にし、へと繋げられる優秀なカードです。 さらに不知火の隠者が除外された場合に、不知火の隠者以外の除外されている不知火モンスター1体をできます。 手札・デッキから「妖刀-不知火」モンスター1体をする。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしかできない。 自分はデッキから1枚ドローする。 その後、手札を1枚選んで捨てる。 不知火の武部は、召喚に成功すると、手札、デッキから妖刀不知火モンスター1体をできます。 さらに不知火の武部が除外されると、デッキからカードを1枚ドローし、手札のカード1枚を選んで捨てます。 自分の手札・墓地から「不知火の」以外の「不知火」モンスター1体を選んでする。 この効果でしたモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。 そのカードを破壊する。 不知火のは、召喚に成功すると手札、墓地から不知火の以外の不知火モンスター1体をできます。 不知火のは、不知火のが除外されると相手フィールド上の表側表示のモンスター1体を破壊できます。 このカードの攻撃力はターン終了時まで600アップし、このターンこのカードがモンスターと戦闘を行った場合、そのモンスターはダメージ計算後に除外される。 この効果は相手ターンでも発動できる。 そのモンスターを手札に加える。 不知火の武士は、墓地からアンデット族モンスター1体を除外する事で、自身の攻撃力を600アップできます。 さらにこのカードが戦闘を行った場合、ダメージ計算後に相手モンスターを除外できる優秀な除外モンスター!さらに不知火の武士が除外されると、自身以外の自分の墓地に存在する不知火モンスター1体を手札に戻せるので、墓地のチューナーモンスタを手札に戻してからへと繋げられます。 逢魔ノ妖刀不知火 このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。 そのモンスターを守備表示でする。 この効果でしたモンスターの効果は無効化される。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしかできない。 逢魔ノ妖刀不知火を召喚し、逢魔ノ妖刀不知火をリリースする事で逢魔ノ妖刀不知火以外の除外されている不知火を含むアンデット族のモンスター2体を守備表示でできます。 ここからへと繋げられる場面もあります (へと繋げやすいモンスター) 妖刀不知火 妖刀不知火は、墓地のチューナー以外のアンデット族モンスター1体と自身を除外して、レベル合計と同じレベルのSモンスター1体をEXデッキからできるチューナー。 素材の指定を無視できるので、「アンデット・スカル・デーモン」などをする際に役立つ。 このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、この効果で除外したカードを手札に加える。 封印の黄金櫃で不知火のを除外すれば、除外された不知火のの効果が発動し、相手フィールド上の表側表示のモンスター1体を破壊できます。 その相手モンスターの攻撃力・守備力は、このカードを発動するために除外したモンスターのそれぞれの元々の数値分ダウンする。 星遺物を巡る戦いは、相手モンスター1体の攻撃力と守備力をダウンさせられて、尚且つ不知火デッキにおいては、不知火のと相性抜群です。 星遺物を巡る戦いで、不知火のを除外すれば、相手モンスターの攻撃力、守備力をダウンでき、更に不知火のの効果で相手フィールド上の表側表示のモンスター1体を破壊できます。 火遁封印式 1ターンに1度、自分の墓地の炎属性モンスター1体をゲームから除外する事で、相手の墓地のカード1枚を選択してゲームから除外する。 火遁封印式は、相手墓地に存在するモンスターの効果発動を妨害する事を目的としてます。 イタクァの暴風を採用している理由は、相手のダメージステップ時に攻撃を確実に回避できるといった理由で採用しています。 この枠は、ご自身の好きなカードで良いと思います。 不知火関連のカードの紹介は以上です。 不知火のも数種類いるのですが、今回は1体だけ紹介をして終わらせていただきます。 不知火でオススメのカードは、 ズバリ!! 妖神不知火 チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上 自分は「妖神-不知火」を1ターンに1度しかできない。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、モンスター1体を選んで除外する。 その後、その種類によって、以下の効果をそれぞれ適用できる。 妖神不知火を長くフィールド上に居続けさせる事ができれば、相手フィールド上の魔法or罠カードを毎ターン1枚破壊できますし、を除外すれば、相手フィールド上のモンスター1体を破壊できます。 更に妖神不知火を守りながら、不知火のなどの効果を使って相手モンスターを破壊すれば、1ターンに2体のモンスターを破壊できます。 このカードに魔力カウンターを1つ置く。

次の