あきらめないで 真矢みき。 あきらめないで!大阪オーラス☆by真矢みき(*´∀`*)

真矢みき「あきらめないで」が何でこんなにウケるのか!?

あきらめないで 真矢みき

回答者様は長距離競技をなさっているのですか。 凄いですね! 日々の鍛錬は大変なことだと思います。 ましてや、それを継続していなければなりませんしね。 そして、その結果を出さなければならない…。 強い精神力がなければ続けられませんね。 敬服します! 私は山登りが趣味なのですが… 結構キツイ山では「もう疲れた…もうダメ…無理ムリ…引き返そうかな…」 などと弱気になる時があります。 >もう一人自分がいれば叫んでやりたい。 「あきらめんな!ボケ!」 全く同感です! 「あきらめんな!ボケ!」 私は今回、何度も自分に「気合い」を入れて頂上まで辿り着きました! 自分自身に対して「あきらめんな!ボケ!」 とても共感を持ちました。 私も、苦しい時には自分で自分を叱咤激励し、 自分で自分に励ましの声援を送りながら目標を達成したいと思いました。 回答者様、健康管理・体調管理に気をつけて頑張ってくださいませね! この3日間、遠出をしてアチコチの山に登りに行っていました。 お礼が遅れてしまい申し訳ありませんでした。 回答を頂き、ありがとうございました。 こんばんは! 真矢みきさんと言うのに惹かれて来ちゃいました(笑) 実は私、神戸の真矢みきさんって勝手に言いふらしてるんです(笑) すごくきれいで憧れます。 家族やお友達にはバカにされてますが思い込むのは勝手なので(笑) あきらめないで この言葉を私の年の離れたお友達に贈ります。 赤ちゃんが欲しくてもできなくて不妊治療で有名な病院で治療を受けていたんですが・・ 今一度、怪しい治療方法なんです。 そこで、つい最近 他の病院に転院したばかりなんです。 もう結婚して7年目であきらめようかと迷っていたんですが、あきらめちゃうと何もかもがそこで 終わってしまうので、まだろくな検査もしていない状況でしたしあきらめないでという言葉を 贈りました。 医師も、いくら何千人の方が腕の良い名医って言われていても自分にとって効果がないならそれは 名医じゃないって思うんです。 逆に、いくらあの医師は診立てがイマイチでよく言うヤブ医者だと噂されていても自分にとって 良い結果が出たならそれこそ名医って思うんです。 なので今回は、お話をゆっくり聞いて下さる良い医師に巡り会えたようなので本当に良かったです。 まだあきらめないでと思いますし、きっと赤ちゃんが出来るって思っています。 やっぱりあの木彫りのクマさんがお土産の中にあった(笑) 花畑牧場の生キャラメルもあって嬉しいです。 予想したお味とは違いましたが(笑) 楽しかったそうで登別が特に気に入ったようです。 私の父が大の飛行機恐怖症で北海道はあきらめていたんですががんばって飛行機に乗ったおかげで 楽しい旅ができて良かったと言っています。 なんでもあきらめるには早いことってありますよね。 逆にあきらめが肝心な時もあるような感じもするし、見きわめるのってなかなか難しいですもんね。 神戸の真矢みきさん(自称?)、こんばんは! 真矢みきさん、変に媚びていなく毅然とした感じで素敵な女性ですよね! 私も憧れます。 赤ちゃんを望んでいるご友人のお話ですが、 是非、私からも「あきらめないで」の思いを送りたいです。 私も、医師と患者には相性というものがあると思います。 他の人にとって名医であっても、自分にとっても名医とは限りませんよね。 体のことだけではなく、生活環境や心の状態などを良く理解してくれることが大事ですよね。 不妊治療が重荷にならないように、通院するのが楽しみになるような… そんな信頼関係がご友人と新しいお医者様との間で築けるように願っています。 まぁ、話の種にしてくださいませ…。 おじいちゃま、飛行機恐怖症を克服できて良かったですね! >なんでもあきらめるには早いことってありますよね。 >逆にあきらめが肝心な時もあるような感じもするし、 >見きわめるのってなかなか難しいですもんね。 本当にそうですよね~。 まっ、その時その時で自分の可能性を信じて生きていきましょう! この3日間、また遠出をしてアチコチの山に登って来ました。 標高の高い山の頂上は冠雪していましたよ。 お礼が遅れてしまい申し訳ありませんでした。 回答を頂き、ありがとうございました。

次の

税理士試験に合格すると開業することができるが、開業が遅かったら不利なのか。

あきらめないで 真矢みき

実は落ち込みやすい性格だった真矢ミキさん こんにちは、青年A( seinen1234)です。 本日はBIGLOBEの記事「」をご紹介します。 「あきらめないで!」のキャッチフレーズで有名な真矢みきさん。 力強くポジティブな印象ですが、 実は落ち込みやすく繊細なようです。 真矢ミキさんが過去に軽いうつ状態だったことを告白しました。 米女優ジョディ・フォスター主演の映画『幸せの1ページ』(9月6日公開)の来日記者会見が18日(月)、都内のホテルで開催され、ゲストとして真矢みきがジョディに花束を贈呈した。 真矢は、宝塚をやめた後にうつ病のような状態になっていたことを告白しながらも、ジョディから「結婚おめでとう」と声をかけられると「私もワールドワイドになった。 最高に幸せ」と笑顔をみせた。 真矢みきさんに何があったのでしょうか… そのあたりを紐解いていきたいと思います。 本日もよろしくお願い致します。 真矢ミキとは? 真矢ミキ 1964年1月31日生まれ 元宝塚歌劇団花組トップスター。 広島市西区南観音町生まれ、大阪府豊中市育ち 大地真央への憧れから豊中市立第二中学校卒業後、1979年に宝塚音楽学校に入学 初舞台当初から注目を集め、歴代花組トップスターに勝るも劣らぬ個性派スターとしての道を歩む。 宝塚退団後に鳴り物入りで芸能界入りしたが、38歳のときに事務所から戦力外通告。 どん底を経験する。 知人からリクルートスーツを借り、自ら『踊る大捜査線』のオーディションを受けた。 そして、2003年、このオーディションを這い上がり、念願の芸能界復活を果たした。 宝塚歌劇団時代の同期の黒木や、後輩の天海祐希とともに各種好感度・理想像調査の上位の常連である 真矢ミキが一度芸能事務所をクビになっていたのは知らなかったです。 そして、そこから這い上がった努力と根性が凄い! さすが真矢ミキさんですね。 何も才能がないと思っていた真矢ミキ 人が羨む栄華を極め、宝塚歌劇団のトップとなった真矢ミキさんですが、人知れず大きな悩みを抱えていました。 「日本では強い女性と思われていますが、学生時代は15回くらい転校していて極度の対人恐怖症でした」と切り出すと「宝塚を辞めた後は、私には何も才能がないと思い(家から出られず)ベッドが友達でした。 いま思うとうつ病だったのかもしれない」と告白。 父親の仕事の転勤で、15回も転校していたとは。 「くらい」と言っているので、本人も分からないぐらいたくさんしたんでしょう。 毎回初めての環境に適応するのは相当なストレスだったと思います。 () 特に小・中・高といえば、まだ子どもで精神も未熟です。 「いじめ」などもあり、人の輪に入るのは簡単ではありません。 () 対人恐怖症になるのも仕方なかったのもかもしれません。 対人恐怖症 人前で過度な不安や緊張を感じてしまう症状。 自分の話し方やしぐさ、表情が相手に不快感を与えてしまうんじゃないかと恐怖を覚え、人と会うのを避けるようになる傾向がある。 うつ病 うつ病については僕のサイトの2大テーマの1つ(うつ病と顎関節症)なので、「」をご覧ください。 真矢ミキさんは、自分には才能がないと思い、家から出られなかったとのことですので、うつ状態かうつ病だった可能性は十分考えられます。 才能がないわけが全くないのに、自分には何もないと思ったりするのは、うつ状態、うつ病の症状の1つです。 () 色んな角度から物事を見ることが出来ず、( マイナスな)一方向からしか見ることができなくなってしまうのです。 摂食障害と燃え尽き症候群(バーンアウト症候群) 最初は30才を過ぎたばかりのころ。 悩みが深すぎて食べるという行為が困難になりました。 ごはん粒を飲み込むことさえ難しくて、「液体や錠剤で栄養がとれて、体重が維持できる物を誰か発明してくれないか」と本気で思っていました。 日に日に減っていく体重が怖くて、顔を洗うたびに手のひらの中で小さくなっていく自分の顔が怖くてたまらなかった。 悩みの原因は語られていませんが、自分が対処しきれないストレスがくると、カラダやココロに異変が訪れます。 いわゆる自律神経失調症や不定愁訴と言われる症状です。 () 摂食障害 極端な食べ過ぎ、食べなさすぎを引き起こす精神疾患の1つ。 過食症や拒食症といわれる。 人間関係や環境への不適応といった心理的ストレスが原因とされる。 () 次は、宝塚を退団したあとです。 レッスンや稽古がない日々をどう過ごせばいいのか分からずに、今度は食べることがやめられなくなってしまいました。 15歳から30代まで20年間、宝塚でずっと積み上げてきたことをリセットするのは激震だったんです。 ただ単に「男役ができなくなった」とか、そういうことじゃない。 自分の世界が崩壊して、どんなふうに立っていれば倒れないのか、見当もつかない。 いわゆる燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)のような症状です。 自分のアイデンティティとしていた宝塚を去ると、何をしていいか分からず、目標がなくなって意欲が完全になくなってしまったように見えます。 宝塚歌劇団は厳しい世界です。 徹底的に練習し、完璧を求められます。 上下関係も厳しいと言われます。 そんな世界を離れると、何をしていいか分からなくなるのも不思議ではありません。 燃え尽き症候群(バーンアウト症候群) 夢や目標を持って全力で取り組んでいた人が、ケガや引退などで満足した結果が得られなかったり、そのものを失ってしまったことで起きる脱力感や挫折感、無気力感をいう。 オリンピックや部活動の引退、受験の終了などで訪れることが多い。 ありのままの真矢ミキではなく、宝塚の真矢ミキが愛されていただけ 宝塚時代の私は、ものすごく愛されていたけど、でもそれは生身の私自身をじゃなくて、舞台上で男役を演じている私の一部分だけを愛してくれていたんじゃないか。 私が宝塚という化粧や衣装を取り去った途端、誰もがそっぽを向いてしまったような気がして、どうしようもなかったんですよね。 そしたら…うつになっていたんですねぇ…。 宝塚は派手できらびやかな世界です。 トップスターなら、なおさらでしょう。 多くの人が群がってきます。 もてはやします。 しかしそれは、「宝塚」の真矢ミキであって、 「生身の」真矢ミキを愛していたのではないと感じたようです。 僕はスターでも何でもありませんが、なんか分かる気がします。 () 信頼していた人に裏切られたり、自分の相手をしてくれなくなったりしたのでしょう。 悩みの多くは人間関係から生まれています。 その苦しみは並大抵ではなかったはずです。 真矢ミキを苦しみから救った友人の言葉 苦しみの原因は人間関係ですが、そこから救ってくれるのも人間です。 真矢ミキさんは友人の一言で復活を決意したようです。 あるとき友人に、「私さ、なんで生きてるのかわかんなくなった」と言ってしまいました。 そしたら彼女がこう言ったんです。 「じゃ、とりあえず私はあなたが必要だから生きててよ」って。 軽い調子で。 このひと言は、まるでカビのように負の感情が繁殖していた私の心をパンパン!と払ってくれました。 生きてるだけで誰かのためになっているんです。 必要とされているんです。 絶対に死んではいけません。 () よし、生きよう。 まずは人に会って話をしよう。 人に好かれることより、自分が人を好きになろう。 たくさんのいろんな立場や職業の人と会って、話して、 やっと人としての入口に立てたような気がしたのを昨日のことのように思い出します。 ボコボコに頭をぶつけてやっと今にたどり着いたけれど、だからこそあの時代のことはこう言いたい。 「わたくし、真矢ミキ、軽くうつでした!」 人生山あり谷ありです。 人生塞翁が馬です。 () 治療をしたのかどうかは語られていませんが、言葉の力は強力です。 () 友人からのプラスの言葉がきっかけで立ち直り、いまや芸能界で大活躍ですね! 好感度も抜群です。

次の

【ブログ】あきらめないで! by真矢みきさん

あきらめないで 真矢みき

Contents• プロフィール 名前 真矢ミキ まやみき 旧芸名 真矢みき 本名 西島美季 にしじまみき 生年月日 1964年1月31日 現在55歳 出身 広島県広島市 身長 166㎝ 血液型 O型 職業 女優、タレント 事務所 オスカープロモーション 乳腺症を告白!! 画像あり? 真矢さんのとある病気が話題になっているようですが…発覚したのは2016年に放送された 「ビビット」でのこと。 番組の中で、日本人に多い 「デンスブレスト 高濃度乳腺 」の話題を取り上げていた際、検査だけでは乳がんが見つかりにくいということを報じていました。 その中で真矢さんは… 「私も乳腺症と言われてて、『様子を見ていきましょう』という医師のあの言葉がなんとなく曖昧で、なんかそれじゃ私は生き続けるしかないんだな、みたいな感じですけど」 と、自身が 乳腺症であることを告白し、話題になったんです!! そもそも 『乳腺症』とは一体・・・?という方は非常に多いと思います。 男性ならほとんどの方が理解できていないと思いますので、簡単にまとめてみたいと思います。 乳腺症とは中年女性に見られる良性疾患で、性ホルモンの不均衡により起こると考えれています。 乳腺は性ホルモンの影響を受けています。 いや…全くわからない。。 もっとわかりやすくまとめてみようと、色々調べてみると・・意外に 曖昧な病気であることがわかりました!というのも、乳腺症というのは乳腺に起こるいくつもの変化や状態に対して総括的に付けられた名前、つまり乳腺に正常とは違った変化が見られますよ~という意味なんだそうです! なので、検診の場や外来で頻繁に使われる病名だそうで、医師もこれについての説明を曖昧にしている方が多い層で、医師によって説明はバラバラなんだそうですね。 とりあえず今回、乳腺症について調べてみてわかったのは何かしら異常を感じたら、すぐに病院で診てもらう事が重要という事でした!! ちなみに真矢さんの検索エンジンに 『乳腺症 画像』という風にキーワードが出てきますが、それにまつわる画像というのはどこを探しても何も見つかりませんでした。。 宝塚時代の画像は! 現在は女優&タレントとして活躍されている真矢さんですが、実は昔はあの 宝塚歌劇団花組のトップスターだった経歴があります!! 宝塚と言えば、合格するには超難関と言われているほどの高倍率!! しかし、真矢さんはなんと1発で宝塚に合格してしまったんです!! 凄すぎる…。 「あきらめないで」のCMがカッコいい!! というのも、2012年にこの茶のしずく石鹸を使用していたユーザーから1000件近くのアレルギー反応が出た方がいらっしゃったようです。 すでに現在は改善されているそうですが…一度そういう事があってしまっては、また使ってみようという風にはならないかもしれませんね。 で、その茶のしずく石鹸を製造&販売していた会社にも相当なクレームが寄せられたそうですすが、CMでその商品をPRしていた真矢さんにも少なからず影響が及んでしまったそうです。 これが原因でCMが打ち切りになったという風に言われていますが…真相はどうなんでしょうね?少なくともCMに起用された真矢さんにとってはいい迷惑ですよね?w 以上が、元 宝塚歌劇団所属で現在は女優&タレントとして活躍中の 真矢ミキさんについてでした!すでに55歳となっている真矢さんですが、これだけ美しい55歳も中々いないでしょう? すでに結婚はされていますが、お子さんというのはいないみたい…。

次の