フォレスター エックス エディション。 スバル フォレスター 歴代モデル•グレード・外装・内装写真一覧

フォレスター(スバル)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット中古車】

フォレスター エックス エディション

スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といったクルマとしての基本性能を進化させた「フォレスター」。 グレードは、2. SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用することで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現。 また、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや、使い勝手の良い装備を採用。 後席への荷物等の置き忘れをブザー・画面表示でお知らせする「リヤシートリマインダー」を新たに採用し、機能性を高めた。 その他、ライセンスランプにLEDランプを標準装備。 エクステリアでは、18インチのガンメタリック塗装アルミホイールを採用。 ダークメッキの加工を施したフロントグリルやフォグカバーと組み合わせることで、SUVらしいタフな外観に磨きをかけた。 インテリアでは、撥水機能を持つシートとカーゴフロアボードを採用し、日常での使い勝手向上に加え、アウトドア等のアクティブなシーンにおける対応力も強化。 さらに、光源にLEDを採用し広範囲を照らすカーゴルームランプとリヤゲートランプが、暗い場所でも高い利便性を発揮。 また、アイサイトセイフティプラス(視界拡張)を標準装備し、前後方の死角を低減することで、さらなる安全性を高めた。 スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といったクルマとしての基本性能を進化させた「フォレスター」。 グレードは、2. SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用することで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現。 また、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや、使い勝手の良い装備を採用。 後席への荷物等の置き忘れをブザー・画面表示でお知らせする「リヤシートリマインダー」を新たに採用し、機能性を高めた。 その他、ライセンスランプにLEDランプを標準装備。 ボディカラーは「マグネタイトグレー・メタリック」を含む計9色を用意。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。 スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といったクルマとしての基本性能を進化させた「フォレスター」。 グレードは、2. SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用することで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現。 また、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや、使い勝手の良い装備を採用。 今回、後席への荷物等の置き忘れをブザー・画面表示でお知らせする「リヤシートリマインダー」を新たに採用し、機能性を高めた。 さらに、新色として「マグネタイトグレー・メタリック」を採用。 緻密で滑らかな輝きと、落ち着きのある色合いが特長で、「フォレスター」の魅力をさらに向上させた。 スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といったクルマとしての基本性能を進化させた「フォレスター」。 5L 水平対向4気筒 直噴(184馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、CVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用することで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現。 また、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや、使い勝手の良い装備を採用。 今回、「アドバンス」を追加。 トランスミッションは、CVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 SUBARU初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」を装備した。 ボディカラーは、「クリスタルホワイト・パール」を含む全9色を用意。 スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といったクルマとしての基本性能を進化させた「フォレスター」。 今回、フルモデルチェンジを行い、第5世代となった。 5L 水平対向4気筒 直噴(184馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、CVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用することで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現。 また、取り回しのよさと室内の広さを両立したパッケージングや、使い勝手の良い装備を採用。 ボディカラーは、「クリスタルホワイト・パール」を含む全9色を用意。 スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といったクルマとしての基本性能を進化させた「フォレスター」。 2L 水平対向4気筒(148馬力)エンジンと、2L 水平対向4気筒 直噴ターボDIT(280馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、自然吸気車に6速MTを用意したほかは、すべてCVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 グレードは、装備の充実化を図った「2. 0i アイサイト」、「2. 0XT アイサイト」をラインアップ。 3)を標準装備。 0XT アイサイト スマートエディション」を設定。 それぞれの持つスポーティなテイストを活かしつつ、特別装備としてダークメッキのフロントグリル、ブラックのドアミラー、シャークフィンルーフアンテナ、ルーフレールを装着。 安全装備はそのままとし、シックで統一感のあるエクステリアに仕上げた特別仕様車となった。 スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といったクルマとしての基本性能を進化させた「フォレスター」。 2L 水平対向4気筒(148馬力)エンジンと、2L 水平対向4気筒 直噴ターボDIT(280馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、自然吸気車に6速MTを用意したほかは、すべてCVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 グレードは、装備の充実化を図った「2. 0XT アイサイト」をラインアップ。 今回、エントリーグレードに「2. 0i アイサイト」を設定し、「2. 3)を標準装備した。 また、「アクティブレーンキープ」の作動車速域を従来型の「65km/h以上」から「60km/h以上」に拡大することで、ドライバーの負担を軽減した。 ダークグレーメタリック塗装の専用17インチアルミホイール、オレンジの加飾を施したフロントフォグランプカバーとサイドクラッディングに加え、X-BREAKリヤオーナメントやブラックのルーフレール等を採用した。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-SJ5 1995cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 16. 2L 水平対向4気筒(148馬力)エンジンと、2L 水平対向4気筒 直噴ターボDIT(280馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、自然吸気車に6速MTを用意したほかは、すべてCVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 グレードは、「2. 0i」、装備の充実化を図った「2. 0XT アイサイト」をラインアップ。 0XT アイサイト ブラウンレザーセレクション」を設定。 「アイサイト(ver. 3)」やアダプティブドライビングビームを採用したヘッドランプを含む先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」、スバル初となるLEDハイ&ロービームランプとステアリング連動ヘッドランプを採用。 今回、「2. ボディカラーは、「クリスタルホワイト・パール」を含む全8色を用意。 スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といったクルマとしての基本性能を進化させた「フォレスター」。 2L 水平対向4気筒(148馬力)エンジンと、2L 水平対向4気筒 直噴ターボDIT(280馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、自然吸気車に6速MTを用意したほかは、すべてCVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 グレードは、「2. 0i」、装備の充実化を図った「2. 0XT アイサイト」をラインアップ。 「アイサイト(ver. 3)」やアダプティブドライビングビームを採用したヘッドランプを含む先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」、スバル初となるLEDハイ&ロービームランプとステアリング連動ヘッドランプを採用。 0XT アイサイト ブラウンレザーセレクション」を設定。 本革シートをはじめインテリア各部は、ブラウンカラーリングでコーディネートすることで、ひと目見た瞬間から上質感と特別感の感じられる室内を実現。 また握り心地の良い高触感本革巻ステアリングホイールにはヒーター機能をスバルとして初めて採用。 さらにパワーリヤゲート、アドバンスドセイフティパッケージを標準装備し、本格SUVとしての機能性と安全性を高めた。 スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といったクルマとしての基本性能を進化させた「フォレスター」。 2L 水平対向4気筒(148馬力)エンジンと、2L 水平対向4気筒 直噴ターボDIT(280馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、自然吸気車に6速MTを用意したほかは、すべてCVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 グレードは、「2. 0i」、装備の充実化を図った「2. 0i-L」、「2. 0i-L アイサイト」、「2. 0XT アイサイト」をラインアップ。 特別仕様車では「S-リミテッド」、「X-ブレイク」を設定。 フォレスターが従来から持つ高次元にバランスさせたSUVとしての性能を更に進化させ、「デザイン」や「走りの愉しさ」、「SUVとしての使い勝手と快適性」に一層磨きをかけ、安全性能をさらに強化。 「アイサイト(ver. 3)」やアダプティブドライビングビームを採用したヘッドランプを含む先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」、スバル初となるLEDハイ&ロービームランプとステアリング連動ヘッドランプを採用。 エクステリアは、フロントフェイスを刷新することでSUVの逞しさと先進的な印象を向上。 スバルアイデンティティを強調したヘッドランプやフロントグリル、フロントバンパーはワイド感を、リヤコンビランプはヘッドランプ同様にコの字のモチーフを採用してワイド感を表現。 さらに赤いレンズを上方に集約させることでリフトアップ感を演出。 インテリアは本格SUVとしての機能性の高さを感じさせるデザインとし、上質感も高めた。 また快適な室内空間実現のため、ドアガラスの板厚アップやシール部品の強化、リニアトロニックの改良などを施し、走行時の静粛性を向上。 今回、「2. 0i-L」の6速MT車を設定した。 ボディカラーは、「ダークブルー・パール」を含む全8色用意。 スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といったクルマとしての基本性能を進化させた「フォレスター」。 2L 水平対向4気筒(148馬力)エンジンと、2L 水平対向4気筒 直噴ターボDIT(280馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、自然吸気車に6速MTを用意したほかは、すべてCVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 グレードは、「2. 0i」、装備の充実化を図った「2. 0i-L」、「2. 0i-L アイサイト」、「2. 0XT アイサイト」をラインアップ。 特別仕様車では「S-リミテッド」、「X-ブレイク」、「2. 0i-L アイサイト」をベースに「2. 0i-L アイサイト プラウドエディション」を設定。 今回、「2. 0i-L」を設定すると共に、フォレスターが従来から持つ高次元にバランスさせたSUVとしての性能を更に進化させ、「デザイン」や「走りの愉しさ」、「SUVとしての使い勝手と快適性」に一層磨きをかけ、安全性能をさらに強化。 「アイサイト(ver. 3)」や新開発となるアダプティブドライビングビームを採用したヘッドランプを含む先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」、スバル初となるLEDハイ&ロービームランプとステアリング連動ヘッドランプを採用。 エクステリアは、フロントフェイスを刷新することでSUVの逞しさと先進的な印象を向上。 スバルアイデンティティを強調したヘッドランプやフロントグリル、フロントバンパーはワイド感を、リヤコンビランプはヘッドランプ同様にコの字のモチーフを採用してワイド感を表現。 さらに赤いレンズを上方に集約させることでリフトアップ感を演出。 さらに、新デザインアルミホイールを採用。 インテリアは本格SUVとしての機能性の高さを感じさせるデザインとし、上質感も高めた。 また快適な室内空間実現のため、ドアガラスの板厚アップやシール部品の強化、リニアトロニックの改良などを施し、走行時の静粛性を向上。 ボディカラーに新たに「ダークブルー・パール」、「セピアブロンズ・メタリック」を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-SJ5 1995cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 16. 2L 水平対向4気筒(148馬力)エンジンと、2L 水平対向4気筒 直噴ターボDIT(280馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、自然吸気車に6速MTを用意したほかは、すべてCVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 グレードは、「2. 0i」、装備の充実化を図った「2. 0i-L」、「2. 0i-L アイサイト」、「2. 0XT アイサイト」をラインアップ。 特別仕様車では「S-リミテッド」、「X-ブレイク」、「tS」を設定。 今回、「2. 0i-L アイサイト」をベースに特別仕様車「2. 0i-L アイサイト プラウドエディション」を設定。 専用ウルトラスエードシート(センターキルト)、専用シルバーカーボン調インパネ加飾パネル、専用ドアトリム(合成皮革/センターキルト)、スライド機構付コンソールリッド(合成皮革、シルバーステッチ)等を装備。 スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といったクルマとしての基本性能を進化させた「フォレスター」。 2L 水平対向4気筒(148馬力)エンジンと、2L 水平対向4気筒 直噴ターボDIT(280馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、自然吸気車に6速MTを用意したほかは、すべてCVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 グレードは、「2. 0i」、装備の充実化を図った「2. 0i-L」、「2. 0i-L アイサイト」、「2. 0XT アイサイト」をラインアップ。 今回、全グレードにシャークフィンアンテナを採用したほか、インテリアも金属調やピアノブラック調の加飾をあしらうなど、内外装の仕様を変更し質感を高めた。 また、特別仕様車「S-リミテッド」、「X-ブレイク」、「tS」を設定。 「S-リミテッド」は、「2. 0XT」および「2. 0XT アイサイト」専用としてきた外装アイテムをNAモデルに採用。 NAモデルの軽快な走りにスポーティで力強いスタイリングを融合。 「X-ブレイク」は、撥水ファブリックシートや撥水カーゴフロアボードを採用する事で、「使って愉しい」と印象付けた。 また、「tS」は「オンロード」、「タフ、スピード&クラッシィ」をキーワードに、フォレスターが持つ世界トップレベルのSUVとしての性能・質感を磨き上げ、「走る愉しさ」と「所有する悦び」を徹底的に追求したSTIコンプリートカー。 専用にSI-DRIVEのS モードをチューニング。 brembo製ベンチレーテッドディスクブレーキ、BBS製19インチ鍛造アルミホイール、STI製フロント/リアアンダースポイラーの採用により走行性能も向上。 エクステリアには、STIオーナメントやチェリーレッドピンストライプ付のフロントグリル/リアバンパー、インテリアにもSTIロゴ入りスポーツメーターやカーボン調インパネ加飾パネルを採用。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-SJ5 1995cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 14. 2L 水平対向4気筒(148馬力)エンジンと、2L 水平対向4気筒 直噴ターボDIT(280馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、自然吸気車に6速MTを用意したほかは、すべてCVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 グレードは、「2. 0i」、装備の充実化を図った「2. 0i-L」、「2. 0i-L アイサイト」、パワーリアゲートや18インチホイールなどを装備した「2. 0i-S アイサイト」、ハイパフォーマンスグレードの「2. 0XT」、「2. 0XT アイサイト」をラインアップ。 今回、「2. 0XT アイサイト」をベースに特別仕様車「2. 0XT アイサイト アドバンテージライン」を設定。 エクステリアには、ハイラスター塗装の専用18インチアルミホイールやサテンメッキドアミラーを採用することで、プレミアム感を高めたSUVに相応しい仕様とした。 インテリアには、上質な印象を高める素材として、シートやドアトリムにウルトラスエード表皮、ステアリングホイールに手触りの良い高級本革を採用。 また、インストルメントパネルには、質感高いブルーメタリックドレープ加飾を施すと共に、シートやドアトリム、コンソールリッドにブルーステッチを採用し、統一感のある室内空間とした。 スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といったクルマとしての基本性能を進化させた「フォレスター」。 2L 水平対向4気筒(148馬力)エンジンと、2L 水平対向4気筒 直噴ターボDIT(280馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、自然吸気車に6速MTを用意したほかは、すべてCVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 グレードは、「2. 0i」、装備の充実化を図った「2. 0i-L」、「2. 0i-L アイサイト」、パワーリアゲートや18インチホイールなどを装備した「2. 0i-S アイサイト」、ハイパフォーマンスグレードの「2. 0XT」、「2. 0XT アイサイト」、特別仕様車では「X-ブレイク」をラインアップ。 0i-L」のリニアトロニック車、「2. 0i-S アイサイト」、「2. 0i-L アイサイト」、「2. 0XT」、「2. 0XT アイサイト」には、エンジン、トランスミッション、VDCを統合制御し悪路走破性を高める、4WD制御システム「X-MODE」を搭載。 0i-L」、「2. 0i-L アイサイト」、「2. 0i-S アイサイト」のリニアトロニック車は、アイドリングストップ機能を標準装備。 今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-SJ5 1995cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 14. 2L 水平対向4気筒(148馬力)エンジンと、2L 水平対向4気筒 直噴ターボDIT(280馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、自然吸気車に6速MTを用意したほかは、すべてCVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 グレードは、「2. 0i」、装備の充実化を図った「2. 0i-L」、「2. 0i-L アイサイト」、パワーリアゲートや18インチホイールなどを装備した「2. 0i-S アイサイト」、ハイパフォーマンスグレードの「2. 0XT」、「2. 0XT アイサイト」をラインアップ。 0i-L」のリニアトロニック車、「2. 0i-S アイサイト」、「2. 0i-L アイサイト」、「2. 0XT」、「2. 0XT アイサイト」には、エンジン、トランスミッション、VDCを統合制御し悪路走破性を高める、4WD制御システム「X-MODE」を搭載。 0i-L」、「2. 0i-L アイサイト」、「2. 0i-S アイサイト」のリニアトロニック車は、アイドリングストップ機能を標準装備。 今回、特別仕様車「X-ブレイク」を設定。 0i-L アイサイト」をベースに、撥水ファブリックシートや撥水カーゴフロアボードを採用することで、ウィンタースポーツなどアウトドアでの使い勝手を一段と高めた。 シートやドアアームレストなどには、各所にオレンジステッチを施し、移動を愉しくする明るい室内空間を演出。 また、専用の17インチアルミホイールやルーフレールを装備することで、フォレスターの力強さを強調する仕様とした。 スバル独創のシンメトリカルAWDを核に、走行性能、安全性能、環境性能といったクルマとしての基本性能を進化させた「フォレスター」。 2L 水平対向4気筒(148馬力)エンジンと、2L 水平対向4気筒 直噴ターボDIT(280馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、自然吸気車に6速MTを用意したほかは、すべてCVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 グレードは、「2. 0i」、装備の充実化を図った「2. 0i-L」、「2. 0i-L アイサイト」、パワーリアゲートや18インチホイールなどを装備した「2. 0i-S アイサイト」、ハイパフォーマンスグレードの「2. 0XT」、「2. 0XT アイサイト」をラインアップ。 0i-L」のリニアトロニック車、「2. 0i-S アイサイト」、「2. 0i-L アイサイト」、「2. 0XT」、「2. 0XT アイサイト」には、エンジン、トランスミッション、VDCを統合制御し悪路走破性を高める、4WD制御システム「X-MODE」を搭載。 0i-L」、「2. 0i-L アイサイト」、「2. 0i-S アイサイト」のリニアトロニック車は、アイドリングストップ機能を標準装備。 今回、ご要望の多かった装備をメーカー装着オプションとして追加。 パワーリヤゲートや、SRSカーテン&サイドエアバッグの展開グレードを大幅に拡大し、利便性と安全性の向上を図った。 0i-S アイサイト」に、ターボ車にのみ展開していたスポーツタイプメーターとアルミパッド付スポーツペダルを採用。 0i-L」、「2. 0i-L アイサイト」に採用の17インチアルミホイールには切削光輝仕上げを施し、質感を高めた(「2. 0iにはオプション設定」)。 また、ボディカラーに新たに「ジャスミングリーン・メタリック」を追加。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-SJ5 1995cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 14. 2L 水平対向4気筒(148馬力)エンジンと、2L 水平対向4気筒 直噴ターボDIT(280馬力)エンジンを用意。 トランスミッションは、自然吸気車に新開発の6速MTを用意したほかは、すべてCVT(リニアトロニック)を組み合わせる。 グレードは、「2. 0i」、装備の充実化を図った「2. 0i-L」、「2. 0i-L アイサイト」、パワーリアゲートや18インチホイールなどを装備した「2. 0i-S アイサイト」、ハイパフォーマンスグレードの「2. 0XT」、「2. 0XT アイサイト」をラインアップ。 0i-L」のリニアトロニック車、「2. 0i-S アイサイト」、「2. 0i-L アイサイト」、「2. 0XT」、「2. 0XT アイサイト」には、エンジン、トランスミッション、VDCを統合制御し悪路走破性を高める、新たな4WD制御システム「X-MODE」を搭載。 0i-L」、「2. 0i-L アイサイト」、「2. 0i-S アイサイト」のリニアトロニック車は、アイドリングストップ機能を標準装備。 さらに、全リニアトロニック搭載車で、平成27年度燃費基準を達成。 エクステリアデザインは、SUVならではのボディの厚みを意識した力強さと、居住性の高さを感じさせるスタイリング。 Aピラー下端部を200mm前方に出し、伸びやかなシルエットとしたほか、ルーフラインをなだらかに後方へしぼり込むことで、空力特性を高めた。 また、ターボモデルではヘッドランプやフロントグリル、フロントバンパーなどを専用装備。 インテリアでは、室内サイズ、各ピラーの配置、後席のフロア形状、前後席の着座位置などに大幅な見直しを図り、ゆとりある室内空間と開放感溢れる良好な視界を実現。 インストルメントパネルは、横への広がりをもたらす水平基調の造形を採用。 ラゲッジルームの使い勝手を高めるため、新開発のパワーリアゲートを「2. 0i-S アイサイト」に標準装備(2. 0XT、2. 0XT アイサイトはオプション)。 さらに、任意でリヤゲートの開度設定を可能とするメモリー機能や、反転機能を持たせることで、リヤゲートが外部に干渉するような天井の低い駐車場での開閉など、幅広いシーンでの優れた利便性を実現。 ボディカラーは、5色の新色を含めた全8色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-SJ5 1995cc 5 CVT フルタイム4WD 5名 14. 2L 水平対向4気筒ターボエンジン169馬力と、2L 水平対向4気筒エンジン148馬力、さらに2. 5L水平対向4気筒ターボエンジン263馬力の3タイプを用意。 グレードは、ベーシックモデル「2. 0X」、充実装備のスタンダードモデル「2. 0XS」、ターボ搭載ツーリングモデル「2. 0XT」。 さらに、2. 0XSには、ブラックレザーインテリア、大型サンルーフ装着の「プレミアムセレクション」と、プラチナインテリアを施した「プラチナセレクション」。 また、「Sエディション」を設定し、マニュアルモード付E-5ATを組み合わせた。 さらに専用の足回りをはじめスポーティな仕様装備を施している。 今回、特別仕様車「2. 0X Sスタイル」を設定。 0X」をベースに、16インチアルミホイール、ルーフスポイラー、HIDロービームランプ、フロントフォグランプ、濃色ガラスなどを標準装備。 エコカー減税(環境対応車普及促進税制)の対象車であり、自動車取得税、自動車重量税が50%軽減される。 ミディアムクラスのスタイリッシュSUV、スバルフォレスター(FORESTER)。 また、「S-EDITION(エデョション)」を設定し、専用の2. 5L水平対向4気筒ターボエンジンにマニュアルモード付E-5ATを組み合わせた。 更に専用の足回りをはじめスポーティな仕様装備を施している。 グレードは、ベーシックモデル「2. 0X」、充実装備のスタンダードモデル「2. 0XS」、ターボ搭載ツーリングモデル「2. 0XT」。 さらに、2. 0XSには、ブラックレザーインテリア、大型サンルーフ装着の「プレミアムセレクション」と、プラチナインテリアを施した「プラチナセレクション」を設定する。 今回、カラーの一部変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-SH5 1994cc 5 5MT フルタイム4WD 5名 13. グレードは、ベーシックモデル「2. 0X」、充実装備のスタンダードモデル「2. 0XS」、ターボ搭載ツーリングモデル「2. 0XT」。 さらに、2. 0XSには、ブラックレザーインテリア、大型サンルーフ装着の「プレミアムセレクション」と、プラチナインテリアを施した「プラチナセレクション」を設定する。 新グレード「S-EDITION(Sエディション)」は専用の2. 5L 水平対向4気筒ターボエンジンにマニュアルモード付E-5ATを組み合わせ、専用の足回りをはじめスポーティな仕様装備を施す。 また、SエディションをベースSTIが企画、開発した限定車「tS(ティーエス)」を設定(300台限定)。 STIチューニングの前後ダンパーと15mm車高を下げるコイルスプリング、新開発のフレシキブルドロースティフナー・リアなどを装着。 STI専用装備として、17インチアルミホイール、フロントスポイラー、本革巻きステアリングホイールなどを装備する。 ミディアムクラスのスタイリッシュSUV、スバルフォレスター(FORESTER)。 また、新たに「S-EDITION(エデョション)」を設定。 専用の2. 5L水平対向4気筒ターボエンジンにマニュアルモード付E-5ATを組み合わせる。 専用の足回りをはじめスポーティな仕様装備を施す。 グレードは、ベーシックモデル「2. 0X」、充実装備のスタンダードモデル「2. 0XS」、ターボ搭載ツーリングモデル「2. 0XT」。 さらに、2. 0XSには、ブラックレザーインテリア、大型サンルーフ装着の「プレミアムセレクション」と、プラチナインテリアを施した「プラチナセレクション」を設定する。 ミディアムクラスのスタイリッシュSUV、スバルフォレスター(FORESTER)。 エンジンは、吸気バルブの開閉タイミングを油圧で連続的に変化させるAVCS(アクティブバルブコントロールシステム)を採用した2L DOHC(レギュラーガソリン仕様)と、230馬力を発生する2L DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様)エンジンの2ユニット。 グレードは、ベーシックモデル「2. 0X」、充実装備のスタンダードモデル「2. 0XS」、ターボ搭載ツーリングモデル「2. 0XT」。 さらに、2. 0XSと2. 0XTには本木目+本革巻きセレクターや6スピーカーの「ブラックレザーセレクション」、大型サンルーフ装着の「プラチナセレクション」を設定する。 今回発売する「2. 0X FIELD LIMITED II(フィールドリミテッドII)」は、「2. 0X」をベースに、大型ガラスサンルーフ、運転席&助手席8ウェイパワーシート、シルバールーフレールをはじめ、クルーズコントロール、サイド&カーテンエアバッグなど特別装備を採用し、内装では、撥水シートを標準装備し、ブラックレザーシートをメーカー装着オプションに設定した。 ミディアムクラスのスタイリッシュSUV、スバルフォレスター(FORESTER)。 エンジンは、吸気バルブの開閉タイミングを油圧で連続的に変化させるAVCS(アクティブバルブコントロールシステム)を採用した2L DOHC(レギュラーガソリン仕様)と、230馬力を発生する2L DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様)エンジンの2ユニット。 グレードは、ベーシックモデル「2. 0X」、充実装備のスタンダードモデル「2. 0XS」、ターボ+SI-DRIVE搭載ツーリングモデル「2. 0XT」。 さらに、「2. 0XS」と「2. 0XT」には本木目+本革巻きセレクターや6スピーカーの「ブラックレザーセレクション」、大型サンルーフ装着の「プラチナセレクション」を設定する。 オンロード志向の特別仕様車「スポーツリミテッド」に加えて、「2. 0X」をベースに大型ガラスサンルーフ、ルーフレールや、HIDロービームランプを装備するアウトドア志向の特別仕様車「2. 0X FIELD LIMITED II(フィールドリミテッド)」を設定する。 今回の改良で、ターボモデル「2. 0XT」にて、触媒の変更やECUセッティングの見直しにより環境対応車普及促進税制に適合、価格と型式の変更を行った。 ミディアムクラスのスタイリッシュSUV、スバルフォレスター(FORESTER)。 エンジンは、吸気バルブの開閉タイミングを油圧で連続的に変化させるAVCS(アクティブバルブコントロールシステム)を採用した2L DOHC(レギュラーガソリン仕様)と、230馬力を発生する2L DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様)エンジンの2ユニット。 グレードは、ベーシックモデル「2. 0X」、充実装備のスタンダードモデル「2. 0XS」、ターボ搭載ツーリングモデル「2. 0XT」。 さらに、2. 0XSと2. 0XTには本木目+本革巻きセレクターや6スピーカーの「ブラックレザーセレクション」、大型サンルーフ装着の「プラチナセレクション」を設定する。 オンロード志向の特別仕様車「スポーツリミテッド」に加えて、2. 0Xをベースに大型ガラスサンルーフ、ルーフレールや、HIDロービームランプを装備するアウトドア志向の特別仕様車「2. 0X FIELD LIMITED(フィールドリミテッド)」を設定する、今回の改良では、2. 0XT(4速AT車)にて、フロントワイパーデアイサー、ヒーテッドドアミラー、運転席&補助席8ウェイパワーシートやフロントシートヒーターを標準装備とした。 さらに、ターボモデルの4速AT全車にて、触媒の変更やECUセッティングの見直しにより環境対応車普及促進税制に適合した。 ミディアムクラスのスタイリッシュSUV、スバルフォレスター(FORESTER)。 エンジンは、吸気バルブの開閉タイミングを油圧で連続的に変化させるAVCS(アクティブバルブコントロールシステム)を採用した2L DOHC(レギュラーガソリン仕様)と、230馬力を発生する2L DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様)エンジンの2ユニット。 グレードは、ベーシックモデル「2. 0X」、充実装備のスタンダードモデル「2. 0XS」、ターボ搭載ツーリングモデル「2. 0XT」。 さらに、2. 0XSと2. 0XTには本木目+本革巻きセレクターや6スピーカーの「ブラックレザーセレクション」、大型サンルーフ装着の「プラチナセレクション」を設定する。 オンロード志向の特別仕様車「スポーツリミテッド」に加えて、今回2. 0Xをベースとしたアウトドア志向の特別仕様車「2. 0X FIELD LIMITED(フィールドリミテッド)」を設定。 大型ガラスサンルーフ、ルーフレールや、HIDロービームランプを装備する。 インテリアでは、運転席&助手席8ウェイパワーシート、シートヒーター、キーレスアクセス&プッシュスタートを装備する。 また、サイド&カーテンエアバッグやイモビライザーなど安全装備も充実させている。 ミディアムクラスのスタイリッシュSUV、スバルフォレスター(FORESTER)。 エンジンは、吸気バルブの開閉タイミングを油圧で連続的に変化させるAVCS(アクティブバルブコントロールシステム)を採用した2L DOHC(レギュラーガソリン仕様)と、230馬力を発生する2L DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様)エンジンの2ユニット。 グレードは、ベーシックモデル「2. 0X」、充実装備のスタンダードモデル「2. 0XS」、ターボ搭載ツーリングモデル「2. 0XT」。 さらに、2. 0XSと2. 今回、特別仕様車「SPORT LIMITED(スポーツリミテッド)」を設定。 0X」をベースに、専用のシート表皮やクロームメッキドアハンドルを採用。 また、専用ボディカラーとして「スティールシルバー・メタリック」を設定した。 ミディアムクラスのスタイリッシュSUV、スバルフォレスター(FORESTER)。 今回の一部改良では、サスペンションを仕様変更し、操縦安定性と乗り心地を向上。 サイドエアバッグやカーテンエアバッグなどを主要グレードに採用。 ボディカラーにパプリカレッド・パールを追加(一部グレードを除く。 リヤフォグランプを全車に標準装備した。 エンジンは、吸気バルブの開閉タイミングを油圧で連続的に変化させるAVCS(アクティブバルブコントロールシステム)を採用した2L DOHC(レギュラーガソリン仕様)と、230馬力を発生する2L DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様)エンジンの2ユニット。 グレードは、ベーシックモデル「2. 0X」、充実装備のスタンダードモデル「2. 0XS」、ターボ搭載ツーリングモデル「2. 0XT」。 それに新規グレードとして、2. 0XSと2. グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-SH5 1994cc 5 5MT フルタイム4WD 5名 14. エンジンは、吸気バルブの開閉タイミングを油圧で連続的に変化させるAVCS(アクティブバルブコントロールシステム)を採用した2L DOHC(レギュラーガソリン)と、230馬力を発生する2L DOHCターボエンジンの2ユニット。 グレードは、ベーシックモデル「2. 0X」、充実装備のスタンダードモデル「2. 0XS」、ターボ搭載ツーリングモデル「2. 0XT」。 今回発売する「BLACK LEATHER LIMITED(ブラックレザーリミテッド)」は、落ち着きのある上質な室内空間を演出するブラックレザーシートを採用するとともに、外装色にサンライトゴールド・オパールを設定。 また、キーレスアクセス&プッシュスタート、運転席&助手席8ウェイパワーシート、メタル調パネルサイド、高音質6スピーカーなど、快適性、機能性を高める装備を充実させた。 また、2. 0XSをベースとしたモデルは、HIDロービームランプ、17インチアルミ&225/55R17タイヤ、イモビライザー、UVカット機能付濃色ガラスなど上級2. 0XT同等の装備も持つ。 フォレスターは、1997年の初代モデル発売以来、国内外の市場で高い評価を得て、第3世代を迎えた。 スーツの似合うモダンなSUVをコンセプトに、都会的でモダンなデザインを採用、インプレッサ同様の新しいシャシーのコンセプト「SI-シャシー(SUBARU Intelligent-Chassis)」に基づき、高剛性ボディとしなやかな足回りを融合させた上、ボディサイズは一回り拡大した。 しかし、フロントトレッドの拡大によりタイヤの切れ角を増やし、5. 3m(従来比-0. 1m)の優れた最小回転半径を実現させている。 エンジンは、吸気バルブの開閉タイミングを油圧で連続的に変化させるAVCS(アクティブバルブコントロールシステム)を採用した2L DOHC(レギュラーガソリン)と、従来型比約30%の軽量化を図った、230馬力を発生する2L DOHCターボエンジンの2ユニット。 グレードは、ベーシックモデル「2. 0X」、充実装備のスタンダードモデル 「2. 0XS」、ターボ搭載ツーリングモデル 「2. 0XT」。 新開発のダブルウィッシュボーン式リヤサスペンションの採用によりカーゴスペースの張り出しを抑え、カーゴルームのユーティリティを向上。 上質感と開放感を持たせたプラチナ内装仕様の「プラチナセレクション」、および「プラチナレザーセレクション」と、上質な中にもスポーティさが溢れ立体感を感じさせるジェットブラック内装の、2つのインテリアカラーを設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-SH5 1994cc 5 5MT フルタイム4WD 5名 14. 搭載されるエンジンは、スバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。 2L 直列4気筒SOHC(レギュラーガソリン仕様:140馬力)と同可変バルブタイミング付DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様:220馬力)、それに2. 5L 可変バルブタイミング付DOHCターボ(265馬力)の3ユニット。 駆動方式は、全車特性を考えたフルタイム4WDが組み合わされる。 グレードは、レギュラーシリーズとなる「2. 0X」、よりアウトドア志向のアメリカンブランド「L. Beanエディション」、大型ガラスサンルーフ、HDDナビをはじめ、室内を爽やかに保つフレッシュパッケージ、ファブリックと本革を組み合わせた専用シートなどを装備する「AIR BREAK(エアブレイク)」。 ローダウンサスペンション採用の高いオンロード性能を持つCROSS SPORTS(クロススポーツ)シリーズは、2L SOHC「クロススポーツ2. 0i」と2L DOHCターボ「クロススポーツ2. 0T スポーツ」の2タイプ。 それにスペシャルチューニングモデルとして、「STIバージョン」(2. トランスミッションは、ゲート式フロア4速AT、もしくは5速マニュアル。 クロススポーツシリーズは、スポーツシフト付で積極的なシフト操作を可能にする。 今回発売する「ALCANTARA-Style(アルカンターラスタイル)」は、2L SOHC搭載クロススポーツ2. 0iをベースに、アルカンターラとファブリックを組み合わせた専用シート表皮、運転席8ウェイパワーシート、HIDロービームランプなどを装備。 質感や機能性を高めながらも価格をおさえたモデルとした。 オンロード&オフロード走行に万能な性能をもつクロスオーバーSUV、スバルフォレスター。 搭載されるエンジンは、スバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。 2L 直列4気筒SOHC(レギュラーガソリン仕様:140馬力)と同可変バルブタイミング付DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様:220馬力)、それに2. 5L 可変バルブタイミング付DOHCターボ(265馬力)の3ユニット。 駆動方式は、全車特性を考えたフルタイム4WDが組み合わされる。 グレードは、レギュラーシリーズとなる「2. 0X」、よりアウトドア志向のアメリカンブランド「L. Beanエディション」、大型ガラスサンルーフ、HDDナビをはじめ、室内を爽やかに保つフレッシュパッケージ、ファブリックと本革を組み合わせた専用シートなどを装備する「AIR BREAK(エアブレイク)」。 ローダウンサスペンション採用の高いオンロード性能を持つ「CROSS SPORTS(クロススポーツ)」シリーズは、2L SOHC「クロススポーツ2. 0i」と2L DOHCターボの新設定「クロススポーツ2. 0T スポーツ」の2タイプ。 それにバケットタイプスポーティフロントシートに、STI製アルミホイール&フロントアンダースポイラーなどを装着するS-EDITIONパッケージを用意する。 スペシャルチューニングモデルとして、「STIバージョン」(6速マニュアルのみ)を設定する。 トランスミッションは、ゲート式フロア4速AT、もしくは5速マニュアル。 クロススポーツシリーズは、スポーツシフト付で積極的なシフト操作を可能にする。 今回の一部改良は、新ボディ色の設定をはじめ、新デザインのステアリングホイールの採用、フロントドアポケットへのドリンクホルダーの新設、一部ヘッドランプの仕様変更など、質感や機能性を高めたものとなる。 今回新たに設定するフォレスター発売10周年を記念した特別仕様車「10th ANNIVERSARY(アニバーサリー)」は、2L NAエンジン「2. 0X」のAT車をベースに、17インチアルミホイール、HIDロービームランプなどを充実させた。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 CBA-SG5 1994cc 5 5MT フルタイム4WD 5名 13. 2L 直列4気筒SOHC(レギュラーガソリン仕様:140馬力)と同可変バルブタイミング付DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様:220馬力)、それに2. 5L 可変バルブタイミング付DOHCターボ(265馬力)の3ユニット。 駆動方式は全車フルタイム4WD、VTD-AWD[不等&可変トルク配分電子制御AWD]、アクティブトルクスプリットAWD、ビスカスLSD付センターデフ方式AWDの3タイプが組み合わされる。 グレードは、ベースとなる「2. 0X」、「2. 0XS」、よりアウトドア志向のアメリカンブランド「L. Beanエディション」、2Lターボ搭載は「2. 0XT」を設定。 オンロード志向の「CROSS SPORTS(クロススポーツ)」シリーズは、2L SOHCの「クロススポーツ2. 0i」と2L DOHCターボの「クロススポーツ2. 0T」の2タイプ。 「STIバージョン」は、6速マニュアルトランスミッション、18インチタイヤやブレンボ製ブレーキシステムを採用。 通常モデルのトランスミッションは、ゲート式フロア4速AT、もしくは5速マニュアル。 0XSと2. 0XTはスポーツシフト付で積極的なシフト操作を可能にする。 「エアブレイク」は、2. 水平対向4気筒SOHCエンジンを搭載した「2. 0X」AT車をベースに、開放感あふれる大型ガラスサンルーフ、HDDナビゲーションシステムをはじめ、室内を爽やかに保つフレッシュパッケージ、ファブリックと本革を組み合わせた専用シートなどを装備。 NA車は、国土交通省低排出ガス車認定制度において「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」に適合する。 クロスオーバーSUVとして、オンロードとオフロード、乗用車とSUVの最良を目指したフォレスター。 搭載されるエンジンは、スバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。 2L 直列4気筒SOHC(レギュラーガソリン仕様:140馬力)と同可変バルブタイミング付DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様:220馬力)、それに2. 5L 可変バルブタイミング付DOHCターボ(265馬力)の3ユニット。 駆動方式は全車フルタイム4WD、VTD-AWD[不等&可変トルク配分電子制御AWD]、アクティブトルクスプリットAWD、ビスカスLSD付センターデフ方式AWDの3タイプが組み合わされる。 グレードは、ベースとなる「2. 0X」、MOMO製本革巻ステアリングホイールや本革巻ATセレクトレバーorMTシフトノブ、ハンドブレーキレバー、17インチホイール装着となる「2. 0XS」、よりアウトドア志向のアメリカンブランド「L. Beanエディション」、2Lターボ搭載は「2. 0XT」を設定。 オンロード志向の「CROSS SPORTS(クロススポーツ)」シリーズは、2L SOHCの「クロススポーツ2. 0i」と2L DOHCターボの「クロススポーツ2. 0T」の2タイプ。 専用フロントバンパー&グリル、17インチアルミ、ルーフスポイラー、濃色ガラス、ローダウンサスペンションを採用し最低地上高を30mm下げ、低重心化を図る。 全高を1550mmに抑え、立体駐車場の利用にも配慮している。 それにピュアスポーツSUVを目指した「STIバージョン」は、6速マニュアルトランスミッション、18インチタイヤやブレンボ製ブレーキシステムを採用。 専用フロントバンパー&グリルや、バケットシート、ローダウンした170mmの最低地上高としている。 その他通常モデルのトランスミッションは、ゲート式フロア4速AT、もしくは5速マニュアル。 0XSと2. 0XTはスポーツシフト付で積極的なシフト操作を可能にする。 今回の改良により、ヘッドランプレベライザーの標準装備や新外装色の設定に加え、サスペンション特性の変更などにより操縦安定性と乗り心地を高めた。 NA車は、国土交通省低排出ガス車認定制度において「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」に適合する。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 CBA-SG5 1994cc 5 5MT フルタイム4WD 5名 13. 搭載されるエンジンは、スバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。 2L 4気筒SOHC(レギュラーガソリン仕様:140馬力)と同可変バルブタイミング付DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様:220馬力)、それに2. 5L 可変バルブタイミング付DOHCターボ(265馬力)の3ユニット。 駆動方式はフルタイム4WD。 フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされ、オプションでリアセルフレベライザーサスも選べる。 グレードは、ベースとなる「2. 0X」、MOMO製本革巻ステアリングホイールや本革巻ATセレクトレバーorMTシフトノブ、ハンドブレーキレバー、17インチホイール装着となる「2. 0XS」、よりアウトドア志向の「L. Beanエディション」、2Lターボ搭載は「2. 0XT」を設定。 Beanエディションは、1912年アメリカ合衆国に誕生したアウトドアブランド。 新たに加わった「CROSS SPORTS(クロススポーツ)」シリーズは、2L SOHCの「クロススポーツ2. 0i」と2L DOHCターボの「クロススポーツ2. 0T」の2タイプ。 専用フロントバンパー&グリル、17インチアルミ、ルーフスポイラー、濃色ガラス、ローダウンサスペンションを採用し最低地上高を30mm下げ低重心化を図るとともに、タイヤ、サスペンションの仕様変更により、オンロードでの乗り味を向上。 全高を1550mmに抑え、立体駐車場の利用にも配慮している。 ピュアスポーツSUVを目指した「STIバージョン」は、6速マニュアルトランスミッション、18インチタイヤやブレンボ製ブレーキシステムを採用。 専用フロントバンパー&グリルや、バケットシート、ローダウンした170mmの最低地上高と合わせ、内外装ともにスポーティさを表現するデザインとなっている。 その他モデルのトランスミッションは、ゲート式フロア4速AT、もしくは5速マニュアル。 0XSと2. 0XTはスポーツシフト付で積極的なシフト操作を可能にする。 NA車は、国土交通省低排出ガス車認定制度において「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」に適合する。 「BEST of BOTH WORLD」を追求したクロスオーバーSUVをコンセプトとして、オンロードとオフロード、乗用車とSUVの最良を目指したフォレスター。 搭載されるエンジンは、スバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。 2L 4気筒SOHC(レギュラーガソリン仕様:140馬力)と同可変バルブタイミング付DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様:220馬力)、それに2. 5L 可変バルブタイミング付DOHCターボ(265馬力)の3ユニット。 駆動方式はフルタイム4WD。 フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされ、オプションでリアセルフレベライザーサスも選べる。 グレードは、ベースとなる「2. 0X」、MOMO製本革巻ステアリングホイールや本革巻ATセレクトレバーorMTシフトノブ、ハンドブレーキレバー、17インチホイール装着となる「2. 0XS」、よりアウトドア志向の「L. Beanエディション」、2Lターボ搭載は「2. 0XT」を設定。 Beanエディションは、1912年アメリカ合衆国に誕生したアウトドアブランド。 追加設定となるピュアスポーツSUVを目指した「STIバージョン」は、6速マニュアルトランスミッション、18インチタイヤやブレンボ製ブレーキシステムを採用。 専用フロントバンパー&グリルや、バケットシート、ローダウンした170mmの最低地上高と合わせ、内外装ともにスポーティさを表現するデザインとなっている。 その他モデルのトランスミッションは、ゲート式フロア4速AT、もしくは5速マニュアル。 0XSと2. 0XTはスポーツシフト付で積極的なシフト操作を可能にする。 NA車は、国土交通省低排出ガス車認定制度において「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」に適合する。 「BEST of BOTH WORLD」を追求したクロスオーバーSUVをコンセプトとして、オンロードとオフロード、乗用車とSUVの最良を目指したフォレスター。 今回、前後エクステリアデザインの変更やインテリアの質感向上が図られた。 搭載されるエンジンは、スバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。 2L 4気筒SOHC(レギュラーガソリン仕様:140馬力)と同可変バルブタイミング付DOHCターボ(プレミアムガソリン仕様:220馬力)の2ユニット。 駆動方式はフルタイム4WD。 フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされ、オプションでリアセルフレベライザーサスも選べる。 グレードは、ベースとなる「2. 0X」、MOMO製本革巻ステアリングホイールや本革巻ATセレクトレバーorMTシフトノブ、ハンドブレーキレバー、17インチホイール装着となる「2. 0XS」、よりアウトドア志向の「L. Beanエディション」、ターボ搭載は「2. 0XT」を設定。 Beanエディションは、1912年アメリカ合衆国に誕生したアウトドアブランド。 トランスミッションはゲート式フロア4速AT、もしくは5速マニュアル。 0XSと2. 0XTはスポーツシフト付で積極的なシフト操作を可能にする。 NA車は、国土交通省低排出ガス車認定制度において「平成17年基準排出ガス50%低減レベル(U-LEV)」に適合する。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 CBA-SG5 1994cc 5 5MT フルタイム4WD 5名 13. 搭載されるエンジンはスバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。 2L 4気筒SOHC(137馬力)と同DOHCターボ(220馬力)、2. 5L DOHCターボ(265馬力)の3ユニット。 トランスミッションはゲート式フロア4速AT、もしくは5速MT、6速MT。 駆動方式はフルタイム4WD。 フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされ、オプションでリアセルフレベライザーサスも選べる。 グレードは、X20と装備を厳選したX、ターボにはXT。 X20とXTには、本格的なアウトドアモデルL. Beanエディションを設定。 タウンスポーツユースモデルにクロススポーツ2. 0T(2Lターボ)とクロススポーツ2. 0i(2L)、ニューピュアスポーツモデルのSTiバージョン(2. 5Lターボ)の計8バリエーション。 クロススポーツは、専用ルーフレールとローダウンサスペションにより立体駐車場対応の全高1550mmとしながら、専用の内外装デザインを採用し、走行性能の強化、STiバージョンは6速マニュアル、18インチタイヤやブレンボブレーキシステムを採用し、オンロードでの走行性能をより高めたモデルとなる。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 TA-SG5 1994cc 5 5MT フルタイム4WD 5名 13. 搭載されるエンジンはスバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。 137馬力の2L 4気筒SOHCと220馬力の同DOHCインタークーラーターボの2ユニット。 トランスミッションはゲート式フロア4速AT、もしくは5速マニュアル。 駆動方式はフルタイム4WDに、AT車はアクティブトルクスプリット式、5MT車はビスカスLSD付きセンターデフ方式を採用する。 フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされ、オプションでリアセルフレベライザーサスも選べる。 グレードは、「X20」と装備を厳選した受注生産モデルの「X」、それに撥水加工シート、カラードボディ、荷室/リヤシートバックハードマットなどを採用したレジャーユースの「バックパックエディション」、ターボには「XT」。 それにタウンスポーツユースモデルの「CROSS SPORTS(クロススポーツ)」はターボモデルとターボなし新設定2. 0iをラインアップし、計6バリエーションとなる。 クロススポーツは、専用ルーフレールとローダウンサスペションにより立体駐車場対応の全高1550mmとしながら、専用の内外装デザインを採用し、走行性能の強化とともによりオンロード重視としている。 「BEST of BOTH WORLD」を追求したクロスオーバーSUVをコンセプトとして、オンロードとオフロード、乗用車とSUVの最良を目指したフォレスター。 搭載されるエンジンはスバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。 137馬力の2L 4気筒OHCと220馬力の同DOHCインタークーラーターボの2ユニット。 トランスミッションはゲート式フロア4AT、もしくは5MT。 駆動方式はフルタイム4WDに、AT車はアクティブトルクスプリット式、5MT車はビスカスLSD付きセンターデフ方式を採用する。 フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされ、オプションでリアセルフレベライザーサスも選べる。 グレードは、X20と装備を厳選した受注生産モデルのX、それに撥水加工シート、カラードボディ、荷室/リヤシートバックハードマットなどを採用したレジャーユースのバックパックエディション、ターボにはXTとタウンスポーツユースモデルのCROSS SPORTS(クロススポーツ)の計5バリエーション。 新たに加わったクロススポーツは、専用ルーフレールとローダウンサスペションにより立体駐車場対応の全高1550mmとしながら、専用の内外装デザインを採用し、走行性能の強化とともによりオンロード重視としている。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 TA-SG5 1994cc 5 5MT フルタイム4WD 5名 13. 搭載されるエンジンはスバルBOXER(ボクサー:水平対向エンジン)の縦置きレイアウト。 137馬力の2L 4気筒OHCと220馬力の同DOHCインタークーラーターボの2ユニット。 トランスミッションはゲート式フロア4AT、もしくは5MT。 駆動方式はフルタイム4WDに、AT車はアクティブトルクスプリット式、5MT車はビスカスLSD付きセンターデフ方式を採用する。 フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされ、オプションでリアセルフレベライザーサスも選べる。 グレードは、X20と装備を厳選した受注生産モデルのX、ターボにはXTとタウンスポーツユースモデルのCROSS SPORTS(クロススポーツ)の計4バリエーション。 新たに加わったクロススポーツは、専用ルーフレールとローダウンサスペションにより立体駐車場対応の全高1550mmとしながら、専用の内外装デザインを採用し、走行性能の強化とともによりオンロード重視としている。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 TA-SG5 1994cc 5 5MT フルタイム4WD 5名 13. 搭載されるエンジンは可変バルブタイミング機構付きの2. 5L 水平対向4気筒DOHC、2L 水平対向4気筒DOHCインタークーラーターボ、2L 水平対向4気筒OHCリーンバーンの3ユニット。 駆動方式はすべてフルタイム4WDであるが、クルマの性格によって、ビスカスLSD付きセンターデフ方式4WD、アクティブトルクスプリット4WD、VTD-4WDのいずれかがチョイスされる。 トランスミッションはロックアップ機構付きのフロア式4AT、もしくは5MT。 フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされる。 専用チューニングにより250馬力への出力アップや全高45mmのローダウン、各種エアロパーツの装着など多種にわたり施される。 安全装備として全車に、デュアルエアバッグ、4W-ABS、ロードリミッター付きシートベルト、MT車にクラッチスタートシステムを標準で装着する。 ラフロードでの走破性を確保しながらも、ハイウェイやワインディングでも思いのままのパフォーマンスを楽しめる「マルチスポーツ4WD」がフォレスター。 搭載されるエンジンは可変バルブタイミング機構付きの2. 5L 水平対向4気筒DOHC、2L 水平対向4気筒DOHCインタークーラーターボ、2L 水平対向4気筒OHCリーンバーンの3ユニット。 駆動方式はすべてフルタイム4WDであるが、クルマの性格によって、ビスカスLSD付きセンターデフ方式4WD、アクティブトルクスプリット4WD、VTD-4WDのいずれかがチョイスされる。 トランスミッションはロックアップ機構付きのフロア式4速AT、もしくは5速MT。 フロントバンパー、リヤバンパー、サイドスポイラーなどのエアロパーツを装着。 ラフロードでの走破性を確保しながらも、ハイウェイやワインディングでも思いのままのパフォーマンスを楽しめる「マルチスポーツ4WD」がフォレスター(FORESTER)。 搭載されるエンジンは可変バルブタイミング機構付きの2. 5L 水平対向4気筒DOHC、2L 水平対向4気筒DOHCインタークーラーターボ、2L 水平対向4気筒OHCリーンバーンの3ユニット。 駆動方式はすべてフルタイム4WDであるが、クルマの性格によって、ビスカスLSD付きセンターデフ方式4WD、アクティブトルクスプリット4WD、VTD-4WDのいずれかがチョイスされる。 トランスミッションはロックアップ機構付きのフロア式4AT、もしくは5MT。 フロント・リヤともにストラット式のサスペンションが組み合わされる。 専用チューニングにより250psへの出力アップや全高45mmのローダウン、各種エアロパーツの装着など多種にわたり施される。 安全装備として全車に、デュアルエアバッグ(助手席も設定)、4W-ABS、ロードリミッター付きシートベルト、MT車にクラッチスタートシステムを、また新たにリモコンドアロックを標準で装着する。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 GF-SF5 1994cc 5 5MT フルタイム4WD 5名 13. 240馬力の2Lツインカムターボ、137馬力のリーンバーン方式2Lシングルカム、167馬力の可変バルブタイミング機構付き2. 5Lツインカムの計3種類の水平対向4気筒エンジンをラインアップする。 駆動方式はすべてフルタイム4WDだが、ミッションとグレードによって制御方法が異なっている。 組み合わされるミッションは2. 5Lが4ATのみ、2Lは4ATと5MTの両方を用意。 5MTには副変速機が組み合わされ、ローレンジでの強い駆動力を得ることもできる。 サスペンションは前後ともにストラットの4輪独立懸架方式で、STiチューンのローダウンサスペンションも用意される。 リヤシートは左右にアームレストを持つタイプで、6対4のシングルフォールディング分割可倒式。 フラットシート化も可能。 安全機能として、全車に運転席エアバッグ、4W-ABS、ロードリミッター付きシートベルト、MT車にクラッチスタートシステムを標準で装備する。 15インチスポークタイプアルミホイール、フロントメッキグリル、メッキドアハンドル、3連奏CDチェンジャー付オーディオ、電動格納式リモコンカラードドアミラーなどが特別装備される。 インプレッサ系のシャシーをベースに、SUVのシェルを被せたモデルがフォレスター。 240馬力の2Lツインカムターボ、137馬力のリーンバーン方式2Lシングルカム、167馬力の可変バルブタイミング機構付き2. 5Lツインカムの計3種類の水平対向4気筒エンジンをラインアップする。 駆動方式はすべてフルタイム4WDだが、ミッションとグレードによって制御方法が異なっている。 組み合わされるミッションは2. 5Lが4速ATのみ、2Lは4速ATと5速MTの両方を用意。 5速MTには副変速機が組み合わされ、ローレンジでの強い駆動力を得ることもできる。 4速ATのみの設定。 インプレッサ系のシャシーをベースに、スポーツSUVモデルとなったフォレスター(FORESTER)。 今回、マイナーチェンジ実施。 グリルデザインほか外観のイメージ変更に加えて、足回りのセッティングも見直されている。 240馬力の2Lツインカムターボ、137馬力のリーンバーン方式2Lシングルカム、167馬力の可変バルブタイミング機構付き2. 5Lツインカムの計3種類の水平対向4気筒エンジンをラインアップする。 駆動方式はすべてフルタイム4WDだが、ミッションとグレードによって制御方法が異なっている。 組み合わされるミッションは2. 5Lが4速ATのみ、2Lは4速ATと5速MTの両方を用意。 5速MTには副変速機が組み合わされ、ローレンジでの強い駆動力を得ることもできる。 サスペンションは前後ともにストラットの4輪独立懸架方式で、STiチューンのローダウンサスペンションも用意される。 リヤシートは左右にアームレストを持つタイプで、6対4のシングルフォールディング分割可倒式。 フラットシート化も可能。 安全機能として、全車に運転席エアバッグ、4W-ABS、ロードリミッター付きシートベルト、MT車にクラッチスタートシステムを標準で装備する。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 GF-SF5 1994cc 5 5MT フルタイム4WD 5名 13. 発売当初は240馬力の2Lツインカムターボを搭載するモデルのみだったが、137馬力の2Lシングルカム、167馬力の2. 5Lツインカムの追加を受け、現在はラインアップを強化している。 駆動方式はすべてフルタイム4WD。 組み合わされるミッションは2. 5Lが4ATのみ、2Lはターボ、シングルカムともに4ATと5MTの両方が用意されている。 2Lシングルカムには副変速機が組み合わされローレンジでの強い駆動力を得ることもできる。 サスペンションは前後ともにストラットの4輪独立懸架方式。 リヤシートは左右にアームレストを持つタイプで、6対4のシングルフォールディング分割可倒式。 フラットシートはラゲッジフロア面と前席を連結するタイプ。 インプレッサ系のシャシーをベースに、SUVのシェルを被せたフォレスター(FORESTER)。 駆動方式はすべてフルタイム4WD。 組み合わされるミッションは2. 5Lが4速ATのみ、2Lはターボ、シングルカムともに4速ATと5速MTの両方が用意されている。 2Lシングルカムには副変速機が組み合わされローレンジでの強い駆動力を得ることもできる。 サスペンションは前後ともにストラットの4輪独立懸架方式。 リヤシートは左右にアームレストを持つタイプで、6対4のシングルフォールディング分割可倒式。 フラットシートはラゲッジフロア面と前席を連結するタイプ。 インプレッサ系のシャシーをベースに、SUVのシェルを被せたフォレスター。 1997年2月発売当初は250馬力の2Lツインカムターボを搭載するモデルのみだったが、137馬力の2Lシングルカム、167馬力の2. 5Lツインカム(AVCS:可変バルブタイミング)の追加を受け、現在は水平対向4気筒3ユニットにラインアップを強化している。 駆動方式はすべてフルタイム4WD。 組み合わされるミッションは、新搭載2. 5Lが4速ATのみ、2Lはターボ、シングルカムともに4速ATと5速MTの両方が用意されている。 2Lシングルカムには副変速機が組み合わされローレンジでの強い駆動力を得ることもできる。 サスペンションは前後ともにストラットの4輪独立懸架方式。 リヤシートは左右にアームレストを持つタイプで、6対4のシングルフォールディング分割可倒式。 フラットシートはラゲッジフロア面と前席を連結するタイプ。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 GF-SF5 1994cc 5 5MT フルタイム4WD 5名 12. 大型のSUVでもワゴンでもない、両者の良さを併せ持つ独特のパッケージングとしている。 低重心で前後左右の重量バランスに優れた、スバル独自のシンメトリー4WDを採用。 優れたアクティブセイフティ能力を発揮する。 また、200mmのロードクリアランス、環状力骨構造などの採用により、安全性も世界基準を満たしている。 水平対向4気筒DOHC16バルブICターボは2Lで250馬力、新搭載の水平対向4気筒SOHC16バルブエンジンは135馬力。 5速MT車はギヤ比全体をハイ/ローの2段階に切り替えられる、デュアルレンジを採用。 充分なトラクション性能を確保して、急なアップダウンの加速性能やエンジンブレーキにも効果 を発揮する。 スバルフォレスターは、シティーロードからラフロードまで、あらゆる路面で高い走行性能を備えた新世代SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)。 大型のSUVでもワゴンでもない、両者の良さを併せ持つ独特のパッケージングとしている。 低重心で前後左右の重量バランスに優れた、スバル独自のシンメトリー4WDを採用。 優れたアクティブセイフティ能力を発揮する。 また、200mmのロードクリアランス、環状力骨構造などの採用により、安全性も世界基準を満たしている。 水平対向4気筒DOHC16バルブICターボは2Lで250馬力、新搭載の水平対向4気筒SOHC16バルブエンジンは135馬力。 5速MT車はギヤ比全体をハイ/ローの2段階に切り替えられる、デュアルレンジを採用。 充分なトラクション性能を確保して、急なアップダウンの加速性能やエンジンブレーキにも効果 を発揮する。 フォグランプやMOMO製本革ステアリングホイール&シフトノブなどが標準装備された。 スバルフォレスターは、シティーロードからラフロードまで、あらゆる路面で高い走行性能を備えた新世代SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)。 大型のSUVでもワゴンでもない、両者の良さを併せ持つ独特のパッケージングとしている。 低重心で前後左右の重量バランスに優れた、スバル独自のシンメトリー4WDを採用。 優れたアクティブセイフティ能力を発揮する。 また、200mmのロードクリアランス、環状力骨構造などの採用により、安全性も世界基準を満たしている。 水平対向4気筒DOHC16バルブICターボは2Lで250馬力、新搭載の水平対向4気筒SOHC16バルブエンジンは135馬力。 5速MT車はギヤ比全体をハイ/ローの2段階に切り替えられる、デュアルレンジを採用。 充分なトラクション性能を確保して、急なアップダウンの加速性能やエンジンブレーキにも効果 を発揮する。

次の

スバル・フォレスターX

フォレスター エックス エディション

グレード名 新車価格(税込) 286. 0万円 297. 0万円 308. 0万円 315. 15モード) - - - - 燃費 (JC08モード) 14. 4m 5. 4m 5. 4m 5. 4m グレード名 新車価格(税込) 317. 15モード) - 燃費 (JC08モード) 14.

次の

[2020年最新版]スバル フォレスター 3年/5年/10年落ち 買取相場を徹底分析!10万キロ走行車の査定額がわかる!!

フォレスター エックス エディション

2018年夏に発売された新型フォレスター。 口コミや雑誌等では評価がかなり高いようです。 しかし、大手サイトや雑誌ではいいことばかり書かれているので、逆にフォレスターに 欠点もあるのではないか? と気になる方も多いと思います。 実際に購入しようと考えると、自分の車の悪いところも把握しておきたいですよね。 そこでフォレスターの 燃費や価格、外観、内装、走行性能や乗り心地などに欠点がないか調査してみました。 調査対象は2chや価格comなどの口コミサイトは当然として、情報の精度を上げる為に 実際に購入した人にも聞いています。 この調査結果から分かった フォレスターの欠点や評価を紹介したいと思います。 約9割の人がエクステリアは「良い」と評価。 欠点は古臭いデザイン 口コミでは約9割の人が新型フォレスターのエクステリアを「良い」と評価しています。 フォレスターのエクステリアに満足した人は• ゴツくて存在感がある• 四角くて地味だけど飽きない• 程よくマッチョなのが良い 特にこの3点を評価。 角ばりがあって、シンプルなデザインを高く評価しているようです。 武骨なスクエアボディが人気の要因となっています。 一方で、残り1割の人はエクステリアを「悪い」と評価しています。 どのような点が具体的に不満なのか調べてみました。 1世代古いデザイン 出典: 新型フォレスターのエクステリアを「悪い」と評価した人からは 「ちょっと古さを感じる」 「1世代古い感じのデザイン」 「リアが平凡」 このような不満の声が目立ちます。 良い評価では高評価だった スクエアなデザインが古臭く、 1世代前のデザインに見えることが欠点なようです。 インテリアは約7割の人が「良い」と評価。 欠点は収納の少なさ インテリアは約7割の人が「良い」と評価しています。 フォレスターのインテリアに満足した人の口コミからは• シンプルですが落ち着きがある• 黒に統一されたインパネがスポーティで良い• 実用性を重視したデザインで使い勝手に優れる 主にこの3点を評価しています。 ラグジュアリー感はあまりないものの、 実用性を重視していて使い勝手が良い点に満足しているようです。 特にインパネのスイッチ類の配置やメーターが見やすいと感じている人が多くいます。 しかし、3割の人はインテリアを「悪い」と感じています。 どんなところを不満なのかチェックしてみました。 収納が少なく、使い勝手も悪い 出典: 新型フォレスターのインテリアを「悪い」と評価した人からは 「物入れがすべて中途半端な大きさで利用しづらい」 「小物入れの収納が少なく、使い勝手も悪い」 「コンソールボックスの使い勝手が悪い」 このような口コミが目立ちます。 小物入れなどの収納が運転席周りにあまりなく、大きさも中途半端なため使い勝手を悪く感じているようです。 特にコンソールボックスは深すぎて使いづらいと評価されています。 価格は約9割の人が満足。 欠点はオプション装着で高くなる総額 価格は約9割の人が「良い」と評価しています。 フォレスターの価格に満足した人は• アイサイトなどの安全装備がついて総額330万円は安い• AWD 4WD の走行性能が良い• 快適装備が充実している 主にこの3点を評価しています。 高い4WDの走行性能やアイサイトなどの安全性能などが充実しているのに、 総額330万円くらいで買えるためとてもコストパフォーマンスが良いと満足しているようです。 一方で、残り1割の人はフォレスターの価格が高いと感じています。 具体的にどんなところが不満なのかチェックしてみました。 オプションをつけると総額が高くなってしまう 新型フォレスターの価格に不満がある人の口コミでは 「オプションをつけるとそれなりの総額になる」 「欲しいオプションをつけると総額360万近くになってしまった」 このような声が目立ちます。 欲しいオプションを人気グレードにつけていくと、 総額360万円くらいになることに不満を感じているようです。 新型フォレスターは総額で約360万円。 高くなるのはなぜ? 価格に若干不満の声があるフォレスター。 新型モデルの実際の購入価格はいくらになるのか気になるところだと思うので、調べてみました。 こちらが新型フォレスターの車体本体の価格表です。 新型フォレスター フォレスター AWD グレード 車体本体価格 Touring [2. 5Lガソリン車] 281万円 X-BERAK [2. 5Lガソリン車] 292万円 Premium [2. 5Lガソリン車] 302万円 Advance [2. こんな感じでザックリ総額を計算すると 支払い総額は約360万円! 旧型フォレスターの上級モデルでは総額350万円くらいだったので、10万円高くなった新型フォレスターの総額に不満があるのでしょう。 支払い総額を抑えるには? ちょっと割高な新型フォレスターで重要になってくるのは値引きです。 値引き交渉次第では総額330万円〜340万円ぐらいで購入することはできます。 実際にうまく交渉して購入した人の体験談を紹介しているので、参考にしてみてください。 欠点は街中での実燃費の悪化 燃費では、約7割の人がフォレスターの燃費を「良い」と評価しています。 口コミだとフォレスター 旧型2. 新型フォレスターでは500cc排気量が多い2. 5Lエンジンになりますが、旧型と大差ないはずです。 ただ、こういう口コミって正直 ちょっと胡散臭い。。。 と思うんですよね。 そこで e燃費やみんカラのデータ、同じ2. 5Lエンジンを搭載している車種を参考に各時期の実燃費を予測してみました。 新型フォレスターの実燃費は4WDのミドルクラスSUVにしてはかなり優秀 その結果がこれです。 新型フォレスター 2. 5Lガソリン車 フォレスター 4WD [2. 5Lガソリン車] 時期 カタログ燃費 実燃費 燃費達成率 春・秋 14. 新型フォレスターの2. また、マイルドハイブリッドの方は若干カタログ燃費が良いですが、 高速では2. 5Lガソリン車の方が伸びるため平均実燃費では大差がないと思います。 なので、新型も旧型同様の高評価となるでしょう。 そんな高評価のフォレスターですが、3割の人は燃費に満足していません。 具体的にどのようなところに不満なのかチェックしてみました。 街中での実燃費は悪い フォレスターの燃費を「悪い」と評価した人は• 実燃費は気温や季節、道路環境によって変化は大きいです。 とくに、悪条件が重なりやすい街中では燃費が低くなりやすいのでしょう。 エンジン性能は約9割の人が「良い」と評価。 特に欠点は見当たらない エンジン性能の口コミでは約9割の人が「良い」と評価しています。 フォレスターのエンジン性能に満足した人からは• 急な坂道や追い越し時も充分に加速する• アクセルを強く踏まなくてもパワーが出る• 水平対向エンジンのフィーリングが良い• エンジンの回転数を上げても振動が少ない 特にこの4点が高く評価されています。 水平対向エンジンならではのフィーリングや、街乗りから高速の追い越し時も充分にこなしてくれるパワーに満足しているようです。 約1割の人は満足していませんが、特に目立った悪い口コミはありません。 可もなく不可もないため、 普通に感じているようです。 約9割の人が走行性能を「良い」と評価。 欠点はコーナリング時のロールの動き 走行性能では約9割の人が満足しています。 走行性能を「良い」と評価した人は• 走る、曲がる、止まるといった基本性能がSUVの割に良い• 雪道や非舗装路での安定感がある• アイサイトのできが良い• 初心者でも運転しやすい この4点が優れていると感じています。 スバルのAWDの性能が高いため、 雪道や非舗装路でも安定して走行できることが高い評価につながっているようです。 雪道にはかなり強く、埋まることはほぼないという口コミもあるほど。 しかし、約1割の人は走行性能に満足していません。 どんなところに不満があるのかチェックしてみました。 コーナリング時のロールの動きが不自然 出典: フォレスターの走行性能を「悪い」と評価した人からは 「ロールは抑えられているものの、不自然に感じる」 このような口コミがありました。 フォレスターは SUVの割にコーナリング時のロールが抑えられていますが、それが不自然な動きに感じてしまうようです。 乗り心地は約8割の人が「良い」と評価。 欠点は固い足回り 乗り心地は約8割の人が「良い」と評価しています。 フォレスターの乗り心地に満足した人は• 静粛性がとても高い• セダンのような安定感がある• 凸凹での突き上げが抑えられている• ほどほどに固くて長距離でも疲れにくい 主にこの4点を高く評価しているようです。 ロードノイズや風切り音も抑えられ、エンジン音も車内にはあまり入ってこないので 静粛性はとても高くなっています。 さらに程よく固い足回りのおかげで、 長距離ドライブの疲労を軽減してくれることが満足度が高い要因です。 一方で、約2割の人は満足していません。 具体的にどのような点に不満があるのかチェックしてみました。 足回りが固くて疲れやすい フォレスターの乗り心地を「悪い」と評価した人からは 「乗り心地が固いと言われるホンダ車以上に固い」 「ポンポン跳ねます。 結構つらい」 「段差には強いがうねりに反応しすぎて落ち着かない」 このような口コミが目立ちます。 予想していたよりも足回りが固く、路面の凸凹でフワフワと跳ねて乗り心地が悪いと評価されているようです。 良い評価ではほどよい固さと感じている人もいるので、 このあたりは好みによる影響もあるのでしょう。 総合評価は約9割の人が「良い」と評価。 フォレスターでチェックすべき欠点まとめ 最後にフォレスターが総合的にどう評価されているのかまとめてみました。 しかし、社外品などやDIYで収納を工夫している人がいるので、 ネットで調べてみると改善すると思います。 燃費は街中での実燃費が悪くなることに不満なようです。 市街地は信号が多いため、燃費が悪くなります。 これはどの車種でも同じなのでしょうがないでしょう。 その他細かい欠点はありますが、全体として 約9割もの人が「良い」と評価しており、フォレスターの 総合的な評価はかなり高いようです。 新型フォレスターを安く買うには? 新型フォレスターを安く購入するには値引きが重要です。 ただ、値引きについてはちょっと気を付けてほしいことがあります。 それは… ディーラーに騙されている人が多い ということです。 先日友達が新車を買うというので、値引き交渉の状況を教えてもらったんですが、 ディーラーに騙される寸前でした・・・ そこで、見るに見かねちょっとアドバイスをしてあげたんです。 そしたら 「20万円も安くなった!」とその友達から連絡があり、かなり喜んでいました。 ちなみにこの方法は 新型フォレスターの値引き交渉にもかなり使えるので、私がどんなアドバイスしたのか漫画で紹介したいと思います。 漫画の中で紹介した一括査定のサイトは『』です。 安く買いたいと思っている方は、今乗っている車の査定額だけでも調べてみてはどうでしょうか。 利用は 完全無料なのでやって損することもありません。 ちなみに漫画で紹介したのは新型フォレスターの値引き交渉の一例です。 他にも値引き交渉の体験談をこちらのページでたくさん紹介しているので、参考にしてみてください。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

次の