舞鶴 か に カニ。 京都府の名産カニ、舞鶴カニとは?舞鶴蟹の旬や解禁日

舞鶴かにカニ♪

舞鶴 か に カニ

著名人も足を運ぶ、知る人ぞ知る人気店【竹林茶屋】 「いけ活かに🄬」を色々な形で味あわせてくれる、知る人ぞ知る名店【竹林】。 カニの仕入れのため自らトラックを走らせ、産地へ出向き目利きするというこだわり店主が腕を振るうお店です。 「活きたカニを良心価格で提供したい」という思いから、漁師さんの元まで出向いている心意気も多くのファンを引き寄せる理由のひとつ。 一日昼、夜各4組までの完全予約制で、個室で繰り広げられるかにさばきも圧巻。 感嘆の声がでるいけ活かに料理の世界が展開します。 食のレベルが高い人もとりこにし、お値段をはるかに上回る満足感は、遠方から訪れる人が多いことにも納得です。 趣のある佇まいの温かな気持ちになる一軒に、大切な人と訪れてみては。 最寄駅 京都タンゴ鉄道宮舞線 丹後由良駅 JR舞鶴線 西舞鶴駅 アクセス 西舞鶴駅から車で20分。 丹後由良駅から車で2分。 住所 京都府宮津市由良232 営業時間 【平日・土・日・祝】 ランチ 11:30~14:30 【平日・土・日・祝】 ディナー 16:00~21:00 L. 20:00 定休日 不定休 お支払い情報 平均予算 【ディナー】 26000円 【ランチ】 26000円 設備情報 キャパシティ 50人 宴会・パーティー時 着席:35人 駐車場 あり 30台 詳細情報 禁煙・喫煙 完全禁煙 館内は禁煙ですが、スモークエリアがございます。 正しい情報はお店にお問い合わせください。 こだわり•

次の

食べる・買う|まいづる観光ネット

舞鶴 か に カニ

舞鶴カニってどんなカニ? 丹後半島北端にある経ヶ岬の沖合、水深約230mから300mのところに「舞鶴カニ」は生息しています。 カニは脱皮を繰り返しながら成長し、食用として十分な大きさになるまで約7、8年かかるといわれています。 脱皮して間もないカニは「 水カニ」と呼ばれ、甲羅も柔らかく身も少ないですが、脱皮後1年ほど経つと甲羅も硬くなり身の詰まり具合も良い上質なカニになります。 カニの甲羅には小さな黒い粒がついていることがありますが、これはカニビルというヒルの仲間の卵で、カニへの害はまったくありません。 甲羅にカニビルの卵が多くついているほど、脱皮後の時間が経過しており、身入りが良く上質と判断されます。 松葉カニはズワイガニのオスで、大きいものでは甲羅の幅が約15cmもあります。 一方ズワイガニのメスは「 コッぺカニ」と呼ばれ、甲羅の幅は7、8cmほどでオスの約半分の大きさです。 これはメスガ二が産卵を行うと脱皮と成長をしなくなるためです。 舞鶴カニの解禁日と旬の時期 舞鶴カニは底引き網で漁獲されます。 京都府では底引き網の漁期は9月から翌年5月末まで、そのうち舞鶴カニが水揚げされる時期は 11月上旬から翌年3月中旬です。 産卵して次世代を残すメスガニや脱皮してあまり月日が経っていない水カニはオスガニよりも漁期が短く設定されています。 このように漁期が規制されているのは資源保護のためです。 ズワイガニ漁の解禁日は毎年11月6日で、その日舞鶴漁港では底引き網漁船が何隻も並び、漁業関係者をはじめ地元の魚屋や料理屋の人たちで活気づきます。 舞鶴漁港で水揚げされた舞鶴カニは松葉カニ(ズワイガニのオス)とコッぺカニ(ズワイガニのメス)に選別され、松葉カニの脚には「舞鶴カニ」ブランドであることを証明する 緑色のタグが付けられます。 タグの表面にはズワイガニの挿絵が、裏面には漁協名や水揚げされた底引き網漁船の名前が圧印加工されています。 ズワイガニ漁業はその年の天候によって漁獲が大きく変化するため、価格も 5千円から2万5千円のものまでさまざまです。 漁獲されたその日のうちにセリが行われ、競り落とされた舞鶴カニは地元の魚屋や料理店、旅館で使われるほか、京阪神の各地へ届けられます。 また、生のすり身は地元でかまぼこの製造にも使われており、その美味しさにも定評があります。 美味しいカニ選びのポイントは? カニは水揚げされたその瞬間から時間が経過するごとにその鮮度が落ちていくため、新鮮であればあるほど美味しくいただけます。 地元の魚市場や道の駅では、舞鶴漁港で水揚げされ競り落とされた新鮮なカニが並びますが、 色つやが良く重量感があり甲羅や脚が柔らかくないもの、はさみが大きく不快なにおいがしないものを選ぶと良いでしょう。 腹部が白いものは、味噌が良質です。 また、コッぺカニは松葉カニに比べて安価で、腹側にある卵(外子)と甲羅の中の卵巣(内子)は珍味として知られています。 おわりに 京都府名産のブランド蟹である「舞鶴カニ」の特徴とその旬について紹介してきました。 漁業期間が冬に限定されているため、旬の時期を逃さないようにしたいものです。 カニ刺しや焼きガニ、かにすきやカニ酢などお好みに合わせて調理し、旬の味わいを存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。 よく一緒に見られているページ• 2014年12月24日 0 カニで有名な漁港は数多く存在しますが、中でも石川県の橋立漁港は名産とされるカニがたくさんあることで知られています。 加能ガニ、香箱ガニなどのブランドガニが水揚げされます。 ここで […]• 2014年12月6日 0 カニの種類として有名な松葉ガニや越前ガニですが、これらは実は両方ともズワイガニという種類のカニの別称です。 同じ種類でも産地を名称として付け、他との差別化を図るブランドガニが増 […]• 2014年12月6日 0 カニにもさまざまな種類が存在していますが、その中でも「津居山ガニ(ついやまガニ)」と呼ばれているカニをご存じでしょうか。 津居山ガニは兵庫県の津居山港(ついやまこう)で水揚げさ […]• 2014年12月7日 0 越前ガニは、数百年にわたる歴史を持つ福井県の名産カニです。 その味はさまざまな人から高い評価を得ており、国内のあらゆる地域で知名度が高くなっています。 そのため、現在では「高級ガ […]• 2014年11月28日 0 冬の味覚の王様と言えば、カニを思い浮かべる人も多いでしょう。 カニは名産地ごとに松葉ガニや越前ガニなどブランド化された呼び名で親しまれています。 ここではカニの本場、北陸地方 […]• 2014年11月29日 0 みなさんは、冬の味覚といえば何を思い浮かべるでしょうか。 さまざまな冬の味覚がありますが、その中でもとりわけ人気を誇り、人びとを虜にする食材が『カニ』です。 鍋にして食べるも良し […].

次の

食べる・買う|まいづる観光ネット

舞鶴 か に カニ

【 観光のご紹介】 福井県永平寺をはじめ、厳しい禅風で知られる曹洞宗の正式な修行道場です。 現在も常時10名前後の雲水(修行僧)が智源寺にて日々の修行に励んでおります。 当寺は寛永2年(1625)5月、宮津城主・京極丹後守高広公が、母の惣持院殿松渓智源大禅定尼追善のために建立しました。 山号(松渓山)と寺号(智源寺)はこの松渓智源禅定尼より出ています。 寛文元年(1661)大本山永平寺より僧録司に任ぜられ、丹後曹洞宗の諸寺を統率しました。 本堂は文化元年(1804)3月に再建され、その後修改築されて今に至ります。 御本尊は秘仏としてお祀りしている聖観世音菩薩立像の黄金仏です。 こちらは安永元年(1772)4月、 宮津吉原の畑より出土し、 宮津城中に40年間祭祀されていたものを文化8年(1811)2月、藩主・本庄宗発公より賜り、秘仏とされています。 飛鳥期末、元興寺の高僧道昭の作で、毎年7月27日の観音大祭では、住職より参拝者1人ひとりの頭上に本尊様をかざし、法徳を頂かせることを習わしとしています。 また本堂の格天井に描かれている花草図は、江戸時代後期円山四條派・土佐派、20人の傑作で、 京都府の文化財に指定されています。 尚、本堂再建時に作成された障壁画の一部が客殿に再現されています。 【 天橋立観光協会HPより】 所在地 京都府宮津市京街道769 時間 自由参拝(本堂の扉は日暮れ前に閉まります) 休み 無 利用料金 無料 問い合わせ先 智源寺 京都府 宮津市( 天橋立近く) カニ料理 日帰りもも是非.

次の