両備 バス。 ICカード・バスカードの種類

格安バス認可取り消し訴訟 両備グループ「一揆」の行方(1/2ページ)

両備 バス

岡山でバスや電車の運賃支払いに利用できるカードは、次の通りです。 ただし、カードによって、利用できる乗り物が異なりますので、ご留意下さい。 国道53号線の岡電・中鉄共同運行便では、中鉄バスにも利用可能。 中鉄バスは、国道53号線の岡電・中鉄共同運行便(ICカード対応車)ではバスカードは利用できません。 岡山では、JR西日本(鉄道)のイコカエリアと、ハレカに対応したバス(ただし宇野バスを除く)・路面電車での運賃支払いに利用可能。 岡山では、JR西日本(鉄道)のイコカエリアと、ハレカに対応したバス(ただし宇野バスを除く)・路面電車での運賃支払いに利用可能。 ニモカ(nimoca) 九州地区・西鉄バスなどで利用できるICカードです。 はやかけん (HAYAKAKEN) 福岡市営地下鉄のICカードです。 マナカ(manaca) 名古屋地区(地下鉄、名鉄など)で利用できるICカードです。 他社バスには乗車できません。 ポストペイ(後日口座引き落とし)の対象外ですので、チャージしてご利用下さい。 事前にJRの駅等でチャージしてからバス・路面電車にご乗車下さい(バス・路面電車内ではイコカへのチャージはできません)。 各カードの割引一覧 岡山の路線バス・路面電車でカードを利用する際に適用される割引一覧です。 JRをご利用の場合は割引はありません。 各割引きについて詳しくお知りになりたい場合は、各カード名をクリックして下さい。 別途、当月の初回チャージ時に前月の利用実績に応じてプレミアが加算される制度あり。 09%割引。

次の

両備バス・高速バスの時刻表や話題のバスツアー│旅と観光の手帳

両備 バス

地方のバス路線をめぐり騒動が起きている。 岡山市で、新規事業者が格安で市街地バス路線に参入したことに、既存の老舗バス業者が猛反発。 赤字の31バス路線の廃止届を出したり、一部でストライキを実施したりしたすえ、参入を認めた国の手続きに不備があるとして新路線の認可の取り消しを求める訴訟を東京地裁に起こしたのだ。 老舗側は「黒字路線だけを狙ったいいとこ取りを認めれば、地方の赤字路線が脅かされる」などと人口減少の進む地方の公共交通のあり方も含めて訴えているが、結論は果たして-。 注目の判決は8月30日に言い渡される。 路線廃止やストライキ 騒動となっているのは、八晃運輸(岡山市)の運行する低運賃循環バス「めぐりん」が昨年4月に参入した「益野(ますの)線」。 岡山市中心部と東部地区を結ぶルートの大半は、老舗バス業者の両備バス(岡山市)が運行する「岡山西大寺線」と重複する。 両備バスにとって同路線は1日120便、朝は5分間隔で運行するドル箱。 一方、八晃運輸は平日51便、14分間隔で運行する。 JR岡山駅から東部の西大寺までの運賃は、両備バスで400円。 ほぼ同区間のめぐりんは250円に設定している。 八晃運輸は平成29(2017)年、益野線の新設を国土交通省中国運輸局に申請。 これを受け、両備バスの親会社・両備ホールディングス(HD)は平成30年2月、グループの赤字の31バス路線の廃止届を中国運輸局に提出した。 「めぐりん益野線の開設で赤字路線が維持できなくなる」との理由を説明した。 これには赤字路線の通る自治体が反発。 廃止届は取り下げられた。

次の

観光バス、ビジネスクラス投入 両備HDがツアー専用車 :日本経済新聞

両備 バス

プログラミングの仕事をしており、現在は主に健康診断システムのプログラミングに携わっています。 仕事はチームで進めるため、常にチームメイトとコミュニケーションをとることを心がけています。 チームで一丸となってシステムを作り上げることに、とてもやりがいを感じています。 職場は明るい雰囲気でオンオフのけじめがしっかりついているので、仕事は真剣に取組みつつもオフの時はみんなで思い切り楽しんでストレスを発散しています。 会社の健康診断の時に自分が開発に携わったシステムが実際に使われているのを見ることができ、とても感激しました。 現在の仕事は直接お客様と関わる機会が無いため、今後はお客様と直にコミュニケーションをとる仕事もしていきたいです。 また、情報処理の資格取得にも挑戦していきたいと思っています。 ふと見かけた、乗務社員さんのお客様をお待ちする際の凛とした姿、お迎え時の笑顔、そつのないサービス。 それがタクシーのイメージを一新するきっかけとなり、この職に就きました。 電話での注文や街で手を挙げて下さったお客様を目的地までお送りする、とてもシンプルな業務にみえますが、ただお送りするのではなく、お客様に安心してご乗車頂くためのコミュニケーションなど、気配りがとても大切です。 多くのタクシーが街を走っている中、お客様の「両備タクシーが来るの、待ってたんよ」という言葉も、やりがいのひとつです。 お客様全員に気持ち良くご乗車頂けるよう思いやりの心とともに何にでも興味を持ち続けハツラツと仕事をしていきたいと思います。 これからはまさに人の時代。 両備グループは人を大事にする会社です。 私たちは人材ではなく人財という考えのもと、人と共に成長を続けてまいりました。 だからこそ大きな夢がある人や、その夢の実現に向かい進んでいる人をバックアップし、これからも共に成長していきたいと考えています。 もちろん年齢や経験は関係ありません。 両備グループ独自の「能力主義的安心雇用」で、やる気のある方には様々なフィールドを用意します。 そして皆さんにはチャレンジをしていただきたい。 両備グループには3度の原則というルールがあります。 一生懸命やったことでも時には失敗することがあります。 このルールは、失敗を恐れずにチャレンジができるよう、誰にでも必ず3回まではチャンスを与えられるというものです。 もしも現在の両備グループに皆さんのチャレンジをしようと思うようなフィールドがないのであれば、新たに創りだしていくことは私の仕事だと考えています。 両備グループのフィールド.

次の