デドバイ 大会。 【ドバイテニス選手権2019】大坂なおみ2回戦のTV放送・ネット中継予定!

【今日の編集部】『デドバイ』勢は見逃せないスマホアプリ [ファミ通App]

デドバイ 大会

ドバイ選手権初戦敗退にとくダネ小倉氏が痛烈批判!大阪の目には涙が.. サーシャ・バイン氏とのコーチ関係を解消後の初試合でのストレート負けに衝撃が走っています。 そんな中、「とくダネ!」キャスターの小倉智昭氏が大坂選手を痛烈に批判しており、ネット上で物議を醸しています。 早速確認していきましょう。 上位8シードは1回戦免除のため、この日が初戦だった。 「かなりひどいプレーだった」と試合を振り返る大阪。 まさかの初戦敗戦。 相手は昨年の大会初戦で勝った同67位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)で、3-6、3-6でストレート負け。 優勝した1月の全豪以来の試合が、まさかの敗戦となった。 ふだんはサービスゲームでは抜群のキープ率を誇るが、この日は9ゲーム中、7回もブレークされた。 第2セットに至っては一度もキープできなかった。 第1サーブが44%しか入らなかった点について、「大惨事だった」と振り返り、「最近、あまり良い練習ができていなかった」と語った。 もう少し試合を詳しく振り返ってみよう。 第1セット、1度のガッツポーズも出なかった。 逆に点を取られても、1度しかラケットを投げなかった。 笑顔さえ見られ、勝敗を度外視し、好きなようにプレーする。 その様に見えた。 第1ゲームを40-15から落とした。 第2ゲームは2本連続のブレークポイントがあったが取れなかった。 その2ゲームでリズムが狂ったのか、3ゲームを連取された。 その後もミスを連発し、3-6で第1セットを先取された。 第2セットに入っても調子は戻らず、第2ゲームでブレークされる。 続く第3ゲームではフォアハンドのウィナーを決めるなどでブレークバックに成功したが、その後のゲームではダブルフォルトをするなど、ミスは止まらず。 途中、ミスの後、座り込んでサンバイザーで顔を覆う場面もあった。 サーブの前に考えすぎ、時間を取り、時間超過で警告を受けたことも。 会場は「オオサカ」コールで後押しするが、彼女の集中力は戻らなかった。 最後は、ムラデノビッチのバックが抜けていくのを、追うこともせずに見送り、ストレート負けを喫した。 この敗退は、海外メディアでも取り上げられた。 英紙「ザ・ガーディアン」(電子版)はこの日、「コーチと別れて間もないナオミ・オオサカがクリスティナ・ムラデノビッチに敗退」との見出しを打って、「世界ランク1位のナオミ・オオサカがフランスのクリスティナ・ムラデノビッチにストレートで敗れ、ドバイ選手権から姿を消した」と報じた。 優勝した全豪オープンの舞台となったオーストラリアメディア「ニュース. com」では「世界1位のナオミ・オオサカは記者会見で感情的に崩れ落ちる」と速報。 「コート上で説明のつかない自滅の後、オオサカは記者会見で気持ちを抑えきれなかった。 ある時点で、平静を取り戻すために部屋を去る必要があるか、と尋ねられた」と記事では報じ、敗戦後の会見で新女王が涙を流したことに注目していた。 一方、英公共放送BBCでは「ナオミ・オオサカはドバイでの敗戦後、コーチとの離別への注目のせいに」と特集している。 コーチとの契約解消報道の影響は? 今季まだ未勝利だったムラデノビックに金星を献上した大坂にとってはサーシャ・バイン元コーチとの契約解消後の初戦だった。 「(契約解消の)ニュースに対する反応をブロックできたかと質問されると、『できなかった。 この試合がその結果』と彼女は話した」とし、コーチ契約解消に伴う注目度の高まりとプレッシャーが敗因となったと自己分析したことを報じている。 地元UAE紙「ザ・ナショナル」も「敗れたナオミ・オオサカはプレッシャーに対応することに苦しんだことを認める」と速報で伝えている。 「オオサカは話すのを一瞬止めると、涙を拭った」と報じるなど、よもやの敗戦となった新女王の精神的な動揺に海外メディアも驚きをもって伝えている。 この敗戦に対し、苦言を呈したのは、フジテレビ「とくダネ!」キャスターの小倉智昭氏。 彼の発言が、今ネット上で批判を浴びています。 得意のサービスエースはわずか1本、凡ミス連発の大坂に対し、 「世界ランキング1位になってからの初戦ですからね。 大惨事でしょう。 ほんとうにお祖末でしたよね」とバッサリ。 全豪オープンでの活躍と比べ「全然別人」と言い、ミスの時に悔しさを体全体で表現したことについても「世界ランキング1位になったらあんまり出さない方がいいと思う」と苦言を呈した。 これに対し、ネット上では、 「いくらなんでも言い過ぎ」 「なおみちゃんだって調子悪い時もあるのに」 「今一番大変な時期なんだら、ちょっとは理解してあげてよ」 など、批判の声が寄せられた。 今回の敗戦はやはり、コーチ解消に伴う、メディアの過剰な報道が彼女を傷付け、精神面で安定していなかったことがあるだろう。 サーシャ・バイン氏との離別を大坂がツイッターで公表したのは日本時間12日早朝だ。 「皆さん、サーシャとは今後一緒に活動しません。 彼のこれまでの仕事ぶりに感謝し、最高の未来を祈っています」とつぶやいた。 17日には、会見で「成功より、自分が幸せでいることが大事だった」と解消の理由を説明。 「金銭が原因といううわさには一番、傷ついた」と、こちらはきっぱりと否定した。 契約解除の理由については、 「私は(テニスの成績の)成功よりも、幸福感を優先したい。 一緒にいて楽しくない人と過ごすことで自分を苦しめたくない」。 バインコーチとは、全豪の大会中にはすでに溝があったことも示唆した。 今大会、大坂選手は個人専属のコーチはなしで挑んだ。 サポート陣には、指導役として、「16歳の頃から助けてくれている」という日本テニス協会の吉川真司女子代表コーチ、フィジカル担当のアブドゥル・シラー氏、理学療法士のクリスティナ・スター氏。 迎え撃つ相手は、過去トップ10入りした実績もあり、ダブルスでは4大大会優勝のキャリアを持つムラデノビッチ。 楽々と勝てる相手ではなかった。 やはり、個人専属コーチ不在で試合に臨んだのは失敗だったのだろうか? 大坂選手のここ1年での躍進には、バジンコーチに支えられて、成長したメンタル面があるといわれている。 試合後の記者会見で、今回の騒動の報道に影響されずプレーできたか?と問われ、大坂選手は、「できなかった。 それがこの試合の結果」と率直に認めた。 「あなたたち(記者)に悪気があって言うわけじゃないけれど、今はこれがテニス界最大のニュースだと思う」 記者人に向けて、皮肉を込めた発言を放った。 世界1位の称号が大坂を重圧で苦しめていたところもあったのだろう。 「去年は今のランキングとはほど遠いところにいたし、人々は私に注目していなかった。 それは私にとって心地良いことでもある」目に涙をためながら話す大坂。 「なんで、自分が泣いているのかわからない。 なんでだろう」 世界王者といえど、まだ21歳。 あまりにも急激な環境の変化、メディアの過剰な報道。 彼女に戸惑いがあっても不思議はない。 しかし、敗戦の中で、大坂は悲しみに暮れるだけではなく、先を見据えた。 「試合に勝ったときより、負けたときの方が学ぶことは多い。 そう私は教わってきたし、その助言を大切にするように心がけている。 真実だと思うから」 今回の一連の出来事は大坂選手にとって、とても苦く、自身を苦しめるものであっただろう。 だが、本人の言葉通り、負けた時や、苦しい状況からの方が学べることは多いと思う。 メディアからの批判を受けたり、過剰に報道されてしまうということは、いわばトップ選手の宿命。 しかし、皆その壁を乗り越えないといけないものだと思う。 今回、大きな壁として大坂に立ちはだかったことで、さらに彼女を成長させ、夢のグランドスラム制覇への足掛かりにしてもらえれば、一ファンとして嬉しく思う。

次の

【ドバイテニス選手権2019】大坂なおみ2回戦のTV放送・ネット中継予定!

デドバイ 大会

新女王として初の大会の組み合わせが決まった。 女子テニスで1月の全豪で優勝。 アジア勢初の世界1位となった大坂なおみ(21=日清食品)が、同1位として初めて出場するドバイ選手権(17日開幕・UAE)の本戦組み合わせが16日、決まった。 全豪後初の大会出場となる大坂は第1シードで、1回戦は不戦勝。 2回戦からの登場となる。 2回戦は同64位のムラデノビッチ(フランス)-同406位のアルナブハニ(オマーン)の勝者と対戦する。 順当にシード選手が勝ち上がれば3回戦で、同20位のコンタベイト(エストニア)、準々決勝で同7位のスビトリナ(ウクライナ)、準決勝で同3位のハレプ(ルーマニア)、決勝で同2位のクビトバ(チェコ)との対戦となる。 大坂は12日に、サーシャ・バイン氏とのコーチ契約解消を発表。 今大会は日本テニス協会女子代表の吉川真司コーチが指導役を務める。 photo• スポーツ 三原舞依は氷上滑る喜び「頑張らなきゃ」一問一答 []• テニス [7月22日 0:21]• フィギュア [7月21日 22:32]• フィギュア [7月21日 21:20]• ラグビー [7月21日 21:07]• バレーボール [7月21日 20:54]• 東京オリンピック2020 [7月21日 20:51]• バレーボール [7月21日 20:28]• バスケットボール [7月21日 18:44]• フィギュア [7月21日 18:03]• 東京オリンピック2020 [7月21日 18:02]• テニス 試合のないジュニアらにプロと対戦でアピールの場を []• テニス [7月22日 0:21]• テニス [7月17日 19:01]• テニス [7月14日 8:44]• テニス [7月10日 10:46]• テニス [7月6日 9:21]• テニス [7月5日 10:12]• テニス [7月4日 11:05]• テニス [7月3日 0:18]• テニス [7月2日 9:35]• テニス [7月2日 9:35]• 陸上 高橋尚子が笑顔笑顔の五輪金/思い出のパラパラ写真 []• 陸上 [7月21日 16:27]• 陸上 [7月21日 16:20]• 陸上 [7月20日 19:57]• 陸上 [7月20日 12:56]• 陸上 [7月20日 10:57]• 陸上 [7月19日 11:06]• 陸上 [7月19日 11:06]• 陸上 [7月18日 19:36]• 陸上 [7月18日 19:06]• 陸上 [7月18日 19:00]• フィギュア 三原舞依は氷上滑る喜び「頑張らなきゃ」一問一答 []• フィギュア [7月21日 22:32]• フィギュア [7月21日 21:20]• フィギュア [7月21日 18:03]• フィギュア [7月21日 17:27]• フィギュア [7月21日 16:53]• フィギュア [7月21日 16:44]• フィギュア [7月21日 16:16]• フィギュア [7月21日 15:47]• フィギュア [7月21日 15:45]• フィギュア [7月21日 15:36]• バレー 西田有志「自分追い込んで」独自調整 五輪あと1年 []• バレーボール [7月21日 20:54]• バレーボール [7月21日 20:28]• バレーボール [7月20日 10:57]• バレーボール [7月20日 10:57]• バレーボール [7月15日 20:37]• 東京オリンピック2020 [7月15日 7:12]• 東京オリンピック2020 [7月14日 20:42]• バレーボール [7月13日 19:40]• バレーボール [7月10日 23:18]• バスケットボール [7月8日 8:00]• バスケ B1新潟とNGTコラボ「お互いの特徴生かしたい」 []• バスケットボール [7月21日 18:44]• バスケットボール [7月21日 16:03]• バスケットボール [7月21日 12:22]• バスケットボール [7月21日 11:40]• バスケットボール [7月21日 10:52]• バスケットボール [7月20日 21:43]• バスケットボール [7月20日 18:52]• バスケットボール [7月20日 18:37]• バスケットボール [7月20日 17:59]• バスケットボール [7月20日 13:46]•

次の

【大坂なおみ】ドバイDuty Freeテニス選手権2019、サーシャコーチとの契約解消後の初戦でストレート負け、、

デドバイ 大会

— netkeiba. com netkeiba 今日の追加ゼッケン。 9 日 エムソムCダノンキングダム応援? ドバイで6着は残念だったけど、これからは調子良くなる予感? — 朝日玲菜 reinaasahi に新年号が決定。 瞬間にレイデオロ藤沢和雄厩舎"レイ和"がひらめいた。 サイン読みのサガ。 ドバイシーマCで6着に敗れたが、桜花賞で早速サインにつかわれる?桜花賞6番に何が入るのかたのしみです。 — 典男、サイン競馬パンドラの箱 NKLFKBxzAIeEKbO 猛烈にレイデオロに逢いたい 帰国したらしばらくは天栄のはず 天栄・・・めっちゃ遠い。。 — あしゃひ? レーヴさん VS9AjdVDN68DZdd 今日の半額を狙ってレイデオロとキタさんをお迎えいたした?? アーモンドアイは対象外、ゴルっぷは早々に売り切れ? 馬券はまじ田辺氏…ってやつ? やはりマイル戦に出すのかな? レイデオロの弟としていろいろ騒がれると思うが頑張って欲しい。 — あじがとレイデオロ FVw2bXOwPw6z15y レイデオロの口コミ.

次の