天気の子 夢に僕らで帆を張って。 なぜ『天気の子』は、全ての「選択」を「祝福」するのか?|松本 侃士|note

新海誠監督の『天気の子』を観て若い時の混沌とした恋する力を思い出した話【全てをぶち壊す愛】

天気の子 夢に僕らで帆を張って

【『天気の子』/新海誠監督】 3年前、僕が『君の名は。 』を観て泣いた理由は、大きく2つある。 1つは、あの作品が放つ肯定のメッセージだ。 《運命は、運命を変えられる。 》 運命は、単に受け入れるだけのものではない。 「運命の赤い糸」をテーマにした恋愛映画は数あれど、こんなにも力強い確信を誇る作品に、それまで出会ったことがなかった。 僕が受け取ったこのメッセージは、公開から何年経っても色褪せることはないだろう。 そしてもう1つは、他でもない新海誠監督が、その輝かしいメッセージを堂々と伝えてくれたこと。 『秒速5センチメートル』や『言の葉の庭』といった(知る人ぞ知る)過去作に惚れ込んでいた当時の僕には、想像もできなかったことだ。 彼の才能を、東宝というメジャーの舞台で開花させた川村元気の功績が大きいのは言うまでもないが、新海監督自身の決意と覚悟がなければ、この国民的大ヒット作は生まれなかったはずだ。 そして、この『君の名は。 』は、新海監督を次なるステージへ導いた。 それが、3年ぶりの最新作『天気の子』である。 僕はこの作品を観る前に、その内容について次のように思い巡らせていた。 『天気の子』は、『君の名は。 』路線を踏襲するのか。 つまりは、新海監督は今回も「王道エンターテイメント」を目指すのか。 それとも、その卓越した才能が世界に広く受け入れられ、絶大な評価と支持を得たこのタイミングだからこそ、より強く「作家性」を押し出した作品を作るのか。 僕の安易な予想は、どちらも外れていた。 いや、正確に言えば、その両方の選択肢を、一切の妥協も迎合も忖度もすることもなく、見事にバランスさせた作品、それが『天気の子』であったのだ。 ------------------- (以下、『天気の子』の重要なネタバレを含みます。 映画のご鑑賞後にお読み頂くことを推奨します。 ) まず、「王道エンターテイメント」の側面について。 青い爽快感と、加速する恋心。 他者との関わりを通したアイデンティティの模索。 予想外のストーリー展開がもたらす驚きと興奮、そして感動。 少年少女の一夏の冒険を描いたジュブナイルとして、圧倒的な完成度を誇っている。 〈ボーイミーツガール〉の新たな金字塔が打ち立てられた、といっても過言ではないだろう。 また、物語の後半において、人類への脅威として描かれる「天気」の描写は、まるで壮絶なディストピアSFのようなスリルを与えてくれる。 想像を大きく超えて拡大していく物語のスケールに圧倒されたのは、きっと僕だけではないはずだ。 言うまでもなく、新海監督が長年にわたり追求し続けてきた映像表現は、今作において新たな結実を見せている。 特に、雨や光の神秘さを讃えるシーンは、どれも息を飲むほどに素晴らしい。 前作『君の名は。 』の製作時より、物語の奥深くまでコミットしながら作り上げたというRADWIMPSの音楽も、帆高、陽菜に次ぐ第3のストーリーテラーとしての役割を見事に果たしている。 そして、史上最大級に爆発した「作家性」について。 『君の名は。 』で、瀧と三葉は、過去を変えることで世界を救い、新しい世界線において念願の邂逅を果たす。 それこそまさに、《運命は、運命を変えられる。 》という力強い肯定のメッセージであると僕は受け取った。 一方、『天気の子』はどうだっただろうか。 帆高は、人柱となった陽菜を救うという「選択」をすることで、東京全域を雨水の底へと沈めてしまう。 そう、世界の形(さだめ)を不可逆的なまでに変えてしまったその「選択」こそが、本作が賛否両論を巻き起こしている理由だ。 本来の世界の形(さだめ)は、人柱を立てることによって、日本に晴れた空を取り戻すことであったはずだ。 (中盤の神社のシーンにおいて、そのようにして世界の平穏が保たれ続けてきたことが示唆されている。 ) しかし、帆高は、世界の形(さだめ)に抗い、陽菜と共に生きることを選んだ。 たしかに、それは「正しさ」ではないのかもしれない。 それでは、「正しくなさ」を讃えたこの物語は、間違っているのだろうか。 僕は、そうは思わない。 帆高の「選択」は、たしかに社会の価値観と決定的に対立する。 共感できないと感じるどころか、強い嫌悪感を抱く人もいるだろう。 それでも、「大切な人と共に生きたい」という彼の純粋な想いそれ自体は、決して批判されるべきものではないはずだ。 不完全な社会において、不器用な僕たちにとって、全ての「選択」は、必然的に「正しくなさ」を内包しているといってもいい。 そして、「正しさ」と「正しくなさ」の堂々巡りの果てに、ついには理屈や論理を超えて、もはや言葉にすらならない魂の叫び。 それこそが、僕たちが真に辿り着くべき答えだ。 それは、教科書には書かれていないし、ニュースでも報道されない。 もちろん、政治家が語ることもない。 それでも、いや、だからこそ、その答えをファンタジーを通して伝え放ち、僕たちの前に容赦なく立ちはだかる「正しさ」を批評する。 そして、言葉にならなかった、いや、できなかった心からの想いを、世界に向けて共有する。 そんな奇跡、映画にしか起こせない。 映画の存在意義が、いや、その映画を創ろうとする人間の根源的な祈りが、大空に向かって飛翔していく。 そして最後には、「正しくなさ」さえも肯定し、華々しく「祝福」してしまう。 そう、『天気の子』は、新海監督の真摯で透徹な祈りだ。 映画作りを通して、この世界を肯定しようとする、確固たる信念そのものなのだ。 彼の「作家性」が爆発した時のカタルシスは、はっきり言って過去作の比ではない。 そして、僕が受け取った《全ての選択を、祝福する。 》という肯定のメッセージは、その深度において、完全に『君の名は。 』を超越している。 "グランドエスケープ"が響きわたる救済のシーンから、"大丈夫"が讃える再会のラストシーンに至るまで、僕は、ずっと涙を堪え切れずにいた。 ずっと、心の震えが止まらなかった。 そして、新海監督が描く世界を、これからも信じ続けようと思った。 それは、他でもない僕自身が、この現実の世界を力強く生きていくためである。 《夢に僕らで帆を張って 来るべき日のために夜を越え/いざ期待だけ満タンで あとはどうにかなるさと 肩を組んだ》("グランドエスケープ") 《君を大丈夫にしたいんじゃない/君にとっての「大丈夫」になりたい》("大丈夫") 新海監督は、批判を恐れることなく、全く新しい物語、そして、その可能性を僕たちに届けてくれた。 彼のクリエイターとしての勇気に、そして今作の製作に携わった全ての人たちに、僕は最大限の敬意を払う。 【関連記事】.

次の

天気の子視聴ワイ「どうせRADのMVだろw」合唱「夢に僕らで帆を張って〜」

天気の子 夢に僕らで帆を張って

「天気の子」の歌詞が切ない主題歌の誕生秘話 「天気の子」の原作・脚本を制作したのは新海誠監督ですが、新海誠監督が「天気の子」の原作を描き終えたのは、空前の大ヒットとなった「君の名は。 」が公開されてから1年たった時のことでした。 「君の名は。 」の主題歌「前前前世」などを手がけたRADWIMPS(ラッドウィンプス)の野田洋次郎さんは、ある日新海監督から突然「天気の子」の脚本が送られてきたと言います。 新海誠監督は、野田洋次郎さんに「新作の脚本の感想を洋次郎さんから聞きたくて。 どんな音楽が聞こえてきますか?」と突然聞いたそうです。 野田洋次郎さんは、仕事の依頼としてではなく、純粋に感想を聞かれているのだと受け取り、感想と「聞こえてきた歌」を、新海誠監督に送り返したそうです。 野田洋次郎さんは、新海誠監督の「天気の子」の脚本を読んで、「賛否の嵐」を巻き起こすような攻めのスタイルの新海誠監督に驚かされたと同時に、「なんて自分のやりたいことに正直なんだ」と、ますます新海誠監督を好きになったと話しています。 野田洋次郎さんからの感想と歌を受け取った新海誠監督もまた、「僕の知らない(主人公たち)少年少女の気持ちが洋次郎さんの歌に入っていた」と感銘を受けたそうです。 新海誠監督はその後、野田洋次郎さんが制作した音楽と共に、絵コンテと呼ばれる映画の設計図を描いていったと言い、「天気の子」は、物語作りの時点から既にRADWIMPSの音楽とともに制作されたと明かしていました。 このような経緯で制作されたRADWIMPSによる「天気の子」の主題歌は、映画「天気の子」の切なく美しい世界観をそのままに音楽で表現したものなのです。 「天気の子」の主題歌制作に携わった野田洋次郎さんは、楽曲制作中に、以下のように語っていました。 前作以上にストーリー作りの場にも参加させて頂き、強固なチームワークの中で作品作りができている喜びを感じています。 恐らくそんじょそこらのカップルよりも頻繁に、毎日毎日新海さんとメールのやり取りをしながら作業を進めています。 新海監督は最初に仕事をした時と何も変わらず、誰よりもまっすぐに純粋に頑固に、時に不器用に作品と向き合っています。 そして各セクションのスタッフが目下全力でそんな監督を支えています。 再び新しい冒険をご一緒させて頂けることを誇りに思います。 たまに心折れそうにもなりますが、(劇中に登場する)帆高や陽菜の懸命さに負けないよう自分ももがきながら作っています。 この映画を観てくださる皆さんの中に、晴れやかな気持ちが広がりますように。 ぜひ、楽しみにしていて下さい。 RADWIMPS 「天気の子」の歌詞が切ない主題歌の曲名一覧 新海誠監督の「天気の子」の切ない主題歌は、全部で5つあります。 1、愛にできることはまだあるかい 2、グランドエスケープ(Movie edit) feat. 三浦透子 3、風たちの声 (Movie edit) 4、祝祭(Movie edit) feat. 三浦透子 5、大丈夫(Movie edit) それぞれの特性を1つずつ見ていきましょう。 1、愛にできることはまだあるかい 「愛にできることはまだあるかい」は、RADWIMPSの野田洋次郎さんが歌っている曲です。 この曲は、映画「天気の子」の最初の予告トレーラーにて一部が公開されましたが、既にこの時点で多くの方の心に響いています。 まだ映画公開前、楽曲公開前だという時に、既に知っている範囲で弾き語りをする方が現れたり、「天気の子」の予告トレーラーを何度も見るというような方が多数現れました。 それほどまでに影響力のある曲だったのです。 2、グランドエスケープ(Movie edit) feat. 三浦透子 続いて、「天気の子」の予告トレーラーの2つ目で一部を公開された曲は、グランドエスケープという名前の曲です。 この曲は、純粋な子供のような声質を持つ、女性ボーカルの三浦透子さんが歌っており、世間では「天気の子の主題歌を歌っている女の子は誰?」と騒がれ、またしてもすぐに大人気になりました。 野田洋次郎さんは、「君の名は。 」の主題歌と差別化する為に「グランドエスケープ」には女性ボーカルを起用しました。 野田洋次郎さんは、「僕ではない女性の声で歌に入って欲しい」と願い、役1年のオーディションの末に、三浦透子さんが選ばれました。 また、グランドエスケープは、ボーカルの声が何層かに重なるよう制作されている部分があります。 合唱のように聞こえなくもない仕上がりになっている訳ですが、これは独りではないという「孤独感を打破する演出」となっており、人との繋がりや力強さがうまく表現されていると思います。 その他 「愛にできることはまだあるかい」と「グランドエスケープ」以外の主題歌については、現時点では公開されているのは、タイトルのみとなっています。 最新情報が入り次第、詳しくお伝えしたいと思います。 公開前主題歌• 風たちの声• 祝祭 feat. 三浦透子• 大丈夫 「天気の子」の切ない歌詞の主題歌は結婚式でも使えるか 切なくて、心に響くような優しい音楽である「天気の子」の主題歌が、結婚式の感動的な演出にぴったりだと感じる方も多いことでしょう。 ここでは、切なくて感動的なのは、音楽だけではなく、歌詞も結婚式に使って問題ないかどうか、歌詞を検証してみました。 1、愛にできることはまだあるかい 野田洋次郎さんが歌う「愛にできることはまだあるかい」の歌詞は、まだほんの一部しか公開されていません。 今の段階で公開されている歌詞は以下のものです。 愛にできることはまだあるかい? 僕にできることはまだあるかい? RADWIMPS 現段階では、歌詞全体を検証することができませんが、予想外に破滅的な歌詞が登場しない限り、結婚式でも使える貴重な曲となると思います。 新郎の心の思いを歌ったり、男性のお友達からの歌のプレゼントとしても喜ばれそうですね。 2、グランドエスケープ グランドエスケープの歌詞は、完全に結婚式に向いていると言えるでしょう。 グランドエスケープは、未知なる新しい世界へ飛び込むことを全く恐れる訳ではないけれど、期待と希望を胸に、先へ進む者の心を歌っている曲です。 この勇気ある者の心模様は、結婚という新しい世界へ飛び込むことに不安が全く無い訳ではないけれど、幸せになるために、新郎新婦の2人が、希望を胸に一緒に前へ進んでいくことに通ずるでしょう。 夢に僕らで帆を張って 来るべきの日のために夜を越え いざ期待だけ満タンで あとはどうにかなるさと 肩を組んだ RATWIMPS また、歌詞には、以下のようなフレーズもあります。 僕らの恋が言う 声が言う 「行け」と言う RATWIMPS このフレーズも人生を共に歩むと覚悟を決めて進む2人には、ぴったりのフレーズだと思います。 他の3曲の主題歌については、歌詞や曲が公開され次第、追記していきたいと思います。

次の

天気の子女性ボーカル(歌手)は三浦透子!主題歌の歌詞・発売日はいつ?

天気の子 夢に僕らで帆を張って

スポンサーリンク 2019年5月29日にアニメ映画「天気の子」の第2弾予告映像が解禁されました。 本作品は2016年に大ヒットしたアニメ映画「君の名は。 」以来、 約3年ぶりに新海誠監督とRADWIMPSがタッグを組む作品になっています。 第2弾となる予告映像で解禁されたのは、三浦透子がボーカルとして参加した楽曲 「グランドエスケープ(Movie edit)feat. 三浦透子」です。 スッと自然に耳に入っている声はアニメ映画「天気の子」の世界観にピッタシですし、透明感をも感じられます。 そこで今回はRADWIMPSが手がけた楽曲「グランドエスケープ(Movie edit)feat. 三浦透子」の歌詞についてまとめていきたいと思います。 どのような意味や解釈があり、「グランドエスケープ(Movie edit)feat. 三浦透子」を歌われているのでしょうか。 ということで、「グランドエスケープ三浦透子 RADWIMPS 歌詞!意味や解釈やフル音源動画は?」と題してまとめていきます。 グランドエスケープ 三浦透子 の歌詞! 「グランドエスケープ」 空飛ぶ羽根と引き換えに 繋ぎ合う手を選んだ僕ら それでも空に魅せられて 夢を重ねるのは罪か? 夏は秋の背中を見て その顔を思い浮かべる 憧れなのか、恋なのか 叶わぬと知っていながら 重力が眠りにつく 1000年に一度の今日 太陽の死角に立ち 僕らこの星を出よう 彼が目を覚ました時 連れ戻せない場所へ 「せーの」で大地を蹴って ここではない星へ 行こう もう少しで運命の向こう もう少しで文明の向こう もう少しで運命の向こう もう少しで 夢に僕らで帆を張って 来るべき日のために夜を超え いざ期待だけ満タンで あとはどうにかなるさと 肩を組んだ 怖くないわけない でも止まんない ピンチの先回りしたって 僕らじゃしょうがない 僕らの恋が言う 声が言う 「行け」と言う 新海誠監督は第2弾予告映像が解禁された際にこのようなコメントを出しています。 人間がどうしても取り繕えないものが、声だと思います。 喋る内容はもちろん、声質、息づかい、言い淀み、語尾、すべてにその人そのものが避けようもなく滲み出てしまう。 須賀役を小栗さんに、夏美役を翼さんにお願いしたのは、だからです。 彼らの声がキャラクターにはっきりとした血肉と心を与えてくれているアフレコの過程を、わくわくしながら楽しんでいます。 「天気の子」は RADWIMPSの音楽、透子さんの歌声、醍醐くんや七菜ちゃん、小栗さんや翼さんたちの声、そして雨音、さまざまな音に満ちた映画です。 劇場でその音に身を浸していただけるように、スタッフ全員で今も制作に奮闘しています。 楽しみにお待ちいただけますように。 また新海誠監督は「役者の歌声というよりも、 世界そのものの響きのような声。 個人の感情をすこしだけ越えたような何かを、まっすぐに運んできてくれる声」と言っています。 グランドエスケープ 三浦透子 の意味や解釈は? そもそも、グランドエスケープ の意味とは何でしょうか。 「ground」とは地面のことを指しており、「 escape」とは逃亡する、脱出することを指しています。 「ground escape グランドエスケープ 」は 【地面 地上 から抜け出す】としての意味だと思います。 重力が眠りにつく 1000年に一度の今日 太陽の死角に立ち 僕らこの星を出よう 地球には重力があり、今私たちは地面に足をつけながら生活をしています。 重力が無くなってしまったら、 「無重力」になってしまいます。 「僕ら」とは、「天気の子」の登場人物の森嶋帆高と天野陽菜の2人を指していると思います。 「太陽の死角に立ち」とは、誰にも見つからない場所を指していると思います。 2人だけの世界へ行くことを宣言しています。 彼が目を覚ました時 連れ戻せない場所へ 「せーの」で大地を蹴って ここではない星へ 「彼」とは、重力のことを指しているのでしょうか。 重力が戻った際にも、影響を受けない場所まで行こうとしています。 「せーの」ということは1人ではなく、2人だからいうかけ声です。 ここで、帆高の陽菜への思いが強く感じます。 もう少しで運命の向こう もう少しで文明の向こう もう少しで運命の向こう もう少しで 運命や文明の向こうへ行くことは物理的に厳しい部分があります。 ここは、運命や文明を越えるまで、諦めず、挑戦し続けることが大切と語りかけてくれているような気がします。 夢に僕らで帆を張って 来るべき日のために夜を超え いざ期待だけ満タンで あとはどうにかなるさと 肩を組んだ 自分が掲げている夢に自信を持って、あとは時が来るまで待つことが大切と謳っているのでしょうか。 自分への期待を胸をいっぱい待っていれば、どんな困難も立ち向かっていけると言っているような気がします。 この歌詞には、僕らに「目標や夢へ自信を持って進め!」「自分への期待だけ無くならなきゃ、どうにかなるよ!」と語りかけ、後押しをしてくれる力を持っています。 自分が選んだ夢に向かって、全力で生きろ!と語りかけてくれているみたいです。 怖くないわけない でも止まんない ピンチの先回りしたって 僕らじゃしょうがない 僕らの恋が言う 声が言う 「行け」と言う 自分の目標や夢に向かっている時は、不安がどうしても出てきてしまうのが人間です。 「不安に思うこともある、しかし、立ち止まってはダメだ!」と伝えてくれています。 ピンチな場面はいずれ来るけど、それを自ら不安に思い迎えにいくべきじゃない。 目標や夢に向かっているときの不安や怖さは僕らじゃ、どうしようもない。 そうだから、僕らの恋 心 にある「挑戦」を、口に出して、自分自身に「行け」と声で言っているように感じます。 考察内容がちょくちょく変わっていますので、私の心境含め楽しんで貰えたら幸いです。 グランドエスケープ 三浦透子 のフル音源動画は? 予告第2弾として解禁されたグランドエスケープ(Movie edit)feat. 三浦透子」ですが、動画では一部分しか聴けないことになっています。 しかし、現在は第2弾予告映像でしか視聴出来ないようです。 アニメ映画「天気の子」の公開日2019年7月19日に、RADWIMPSが書き下ろした主題歌5曲と、劇伴27曲を収録したサウンドトラックも発売されるので、そのタイミングでフル音源が解禁されるのかもしれないですね。 フル音源動画を視聴する際には「」を参考に注意してください! まとめ 今回は「グランドエスケープ三浦透子 RADWIMPS 歌詞!意味や解釈やフル音源動画は?」というタイトルでまとめさせていただきました。 三浦透子の歌声を聞きましたが、こんな方いたのかと胸を撃ち抜かれました。

次の