ウミガメのスープ 我々だ。 ニコニコ大百科: 「ウミガメのスープ」について語るスレ 181番目から30個の書き込み

【水と銃】

ウミガメのスープ 我々だ

意味がわかると怖い話 海亀のスープ ある男が、海の見えるレストランで「ウミガメのスープ」を注文した。 男は運ばれてきたウミガメのスープを口にすると動きが止まった。 そして、シェフを呼び出して聞いた。 「これは、本当にウミガメのスープなんですか?」 「はい。 間違いありません。 ウミガメのスープでございます。 」 男はレストランの勘定を済ませると、帰っていった。 そして、次の日自らの命を絶ってしまった。 さて、男はなぜ自殺してしまったのだろうか? 解説 この話は有名な「ウミガメのスープ」である。 この物語の解釈は複数あると言われている。 その中で最もメジャーな解釈を、この解説では説明しておこう。 男は以前、船乗りだった。 あるとき船が遭難し、食べる物がなく飢餓に苦しんだ。 仲間の乗組員たちもバタバタ倒れ、死んでいった。 男はもう駄目かとあきらめかけたのだが、生き残っていた仲間の一人が海亀を捕まえることに成功し、それをスープにして飲ませてくれた。 そのスープのおかげで、何とか飢えをしのぐことができ一命をとりとめたのだった。 年月が過ぎ、男は海亀のスープを出してくれるレストランを発見した。 男は久しぶりに海亀のスープを口にしたのだが、昔食べた物と、味も食感も全く違っていて驚いた。 そして、気が付いたのだ。 昔食べたスープは、海亀の肉ではなく、同じ船で餓死した仲間の人肉だったことに。 人が人を食べてしまったことにショックを受けたのか、はたまた仲間を食べてしまったことにショックを受けたのか、男は耐えきれなくなり自殺してしまったのだった。

次の

【水と銃】

ウミガメのスープ 我々だ

突然の大地震により、 とあるバーが崩壊し、無数の瓦礫と共に店内に閉じ込められてしまった客や店員達。 殆どの人が瓦礫の下敷きになり負傷しており、 身動きが取れない過酷な状況が続く。 一体、何時間経っただろうか… 意識ある店員は、客の1人だった男の、うめくような、かすれた声を聴いた。 『…水を………水を………く………れ………』 ………生きなければならない。 絶対に生きてここを出なければ……… 店員は、暗く重たい瓦礫の山の中で、何とかして救助を要請しなければ… と意識を強く持ち直した。 下半身は瓦礫に挟まれ動かない… もう、大きな声も出なくなっていた。 しかし、不幸中の幸い… 手の届く範囲に、護身用の銃が転がっていたのである。 瓦礫の外で、 救助隊がそれを聴きつけた。 『おい!!!!! この下で銃声がしたぞ!!!!! この下だ!!!!! 慎重に、慎重に掘り起こすんだ!!!!!』 ………銃声から数十分後、 瀕死の状態に陥っていたバーの客や店員が救助された。 残念ながら、複数名の犠牲者もいた… 客の1人だった男は無惨に崩壊したバーの中から救出される際、 銃を発砲して救助隊に存在を気付かせてくれた店員、そして救助隊に心から礼を言った。

次の

ゾッとする「ウミガメのスープ」の良問を3問、厳選しました。

ウミガメのスープ 我々だ

男は船に乗っていた。 ある日、船が嵐に会い、 数人の男と共に救難ボートで難を逃れたが 無人島に漂流してしまう。 食料に瀕した一行は体力のない者から死んでいく。 やがて、生き残っているものは死体の肉を 生きるために食べ始めるが 1人の男はコレを固辞。 当然、その男はみるみる 衰弱していく。 見かねた他のものが 「これはウミガメのスープだから」と偽り、男にスープを飲ませ救難まで生き延びた。 しかしレストランで明らかに味の違うこの 「本物の海がめのスープ」に直面し、そのすべてを悟り、死に至る。 水平思考クイズの解き方・コツ 固定観念は捨てる 水平思考クイズ(ラテラルシンキング)が解けない原因は読者のミスリードが原因です。 問題を解くために最も重要なのは「固定観念を捨て去る事」です。 例えばあなたは 『大学2年生』という言葉を聞いてどんな人物を思い浮かべますか? おそらくほとんどの方が「20代の若者」のイメージしたのではないでしょうか。 コレが固定観念です。 大学生が若者しかいないというのは勝手な決めつけです。 50代や60代の大学生も存在しているのに、『大学2年生』という言葉を聞くと若い人物を想像する人が大半です。 こういった固定観念を取り払って真っ白な所から考えると問題の真相にたどり着けるようになるかもしれません.

次の