ドラパルト げきりん。 【ポケモン剣盾】ドラパルトの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

【ポケモン剣盾】耐久振り弱点保険ドラパルトの調整と対策【育成論】

ドラパルト げきりん

ドラパルト ステルスポケモン ガラルNo. 397 ぜんこくNo. 887 高さ 3. 0m 重さ• 0kg• けたぐり威力80 タイプ• 英語名• Dragapult タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 50で『ドラメシヤ』から進化• 相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 技が無効化された場合や、自分が『みがわり』状態の場合は発動しない。 相手が2匹いる場合は、それぞれに1回ずつ攻撃する。 ただし、技『まもる』やタイプ相性などでダメージを与えられない時は片方に2回攻撃する。 相手が2匹いる場合は、それぞれに1回ずつ攻撃する。 ただし、技『まもる』やタイプ相性などでダメージを与えられない時は片方に2回攻撃する。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 なお、第7世代以降は相手が『ちいさくなる』を使っている時の必中2倍効果はない Lv. 相手が『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 空中にいる間は『うちおとす』『かぜおこし』『かみなり』『サウザンアロー』『スカイアッパー』『たつまき』『ぼうふう』以外の技を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 消えている間はほとんどの技を受けない。 相手の『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 どの状態異常になるかはランダム。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 攻撃後、相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 ダイマックスしている相手には追加効果は無効。

次の

ドラパルト|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ドラパルト げきりん

Contents• はじめに 初めまして、QSです。 今回紹介させて頂くのは、11月26日に喰い断さんに使用して頂き ダブルで瞬間1位を達成したパーティになります。 ダブル素人である筆者でも同日に8位になっているので、パワーのある構築になっているかと思います。 パーティ作成経緯 ソード&シールド発売前から、エルフーンとウインディの叩きかピントレンズ強運トゲキッスでパーティを構築しようと考えていたが、発売後に今作の仕様が判明し、 ダイマックスによるエースの耐久強化、素早さ操作の即反映のどちらも能力上昇したウインディの生存率を上げ非常にマッチしていたことから、エルフーンとウインディを軸とすることに。 ただし、テラキオンと違いウインディでは範囲火力に乏しいので、ピッピマッスグマのように 盤面を荒らした後に後続から対面性能の優れたポケモンを投げていく構築を目指した。 また、エルフーンが放置されるのが最も弱い動きであるため、できる限り腐らないことを意識した。 軸である エルフーン、ウインディに高速汎用エース兼袋叩き役も出来る ドラパルト、トリル下でのエースかつ叩かれても良しの バンバドロ、エルテラ時代から嗜みとされていた弱点保険 ギルガルドを追加。 最後にお前はランドロスだと念を送りながら ギャラドスにスカーフを持たせて完成。 その火力は圧巻で ダイマックスで耐えにきたポケモンを1撃で吹き飛ばし、イージーウィンを量産した。 持ち物はダイマックスしてもこだわりアイテムと違い効果を維持でき、デメリットが軽減する最強アイテムであるいのちのたまを持たせた。 努力値構成はおいかぜ、ふくろだたきがそれぞれ発動できないことも考え最速AS。 技構成は主力技のフレアドライブ、岩タイプ・水タイプへの打点としてインファイト、ワイルドボルトを採用。 最後の1枠は一般的なしんそくは抜いてげきりんを採用した。 しんそくを撃つ場面を想定すると、ダイマックス解除後までウインディが暴れているはずなのでその時点で勝ちと判断した。 代わりに採用したげきりんはダイドラグーンとしてドラゴンタイプを処理したり、隣の攻撃を下げてウインディへの圧力を減らしたりと活躍した。 構築時は対トリル用の駒の予定であったが、気づけば基本選出となっていた。 エルフーンとウインディ相手でバンバドロに有効打を持つ水タイプが消耗しているため、中終盤でバンバドロが刺さる局面が頻出した。 また、ウインディにダイマックスを切らなかった場合にダイマックス技と叩きでお手軽に要塞化できるのも偉かった。 持ち物は特殊相手の打ち合いにも強くなるようにとつげきチョッキ。 努力値は勇敢HA。 技構成は一致技の10まんばりき、特性とシナジーのあるボディプレス、ダイスチル化できるアイアンヘッド。 残りの1枠はうちおとすとしているが諸説枠。 パーティのなかで唯一叩きも叩かれもしないが、 威嚇・地面無効・スカーフ怯みのいずれも弱くなく、選出したらしっかり働いていた。 持ち物は高速アタッカーの仕事もしてもらうためにこだわりスカーフ。 努力値は火力より上をとれる範囲が広いほうが良いので陽気AS。 技構成は一致技のたきのぼりとトリトドンで詰まないようにパワーウィップ。 ダイマックスを切らない予定なのでとびはねるは採用せず、技範囲からかみくだく、アイアンヘッドをチョイスした。 ウインディ対面に出てくることの多い水タイプ、ドラゴンタイプへの一致打点を有しており、叩く相手にも困らなかったので腐る場面はほぼなかった。 持ち物は行動保障としてきあいのタスキ。 努力値は火力も必要としたため臆病CS。 技構成はふくろだたき、おいかぜまでは確定であと2枠。 アンコールがダイマックスで解除されることから決定的な補助技が存在せず、エナジーボールもムーンフォースも必要と考えられたことから3ウエポン型となった。 ギルガルド 性格:なまいき 努力値:252-4-0-252-0-0 実数値:167-71-160-102-176-72 本構築のガバ枠。 叩きで弱点保険を発動でき、優秀な耐性・かげうちの存在から種族値が下がってなお安定した性能を発揮したが、 この構築記事を書いている段階でれいせいミントを嗅がせ忘れていたことが発覚した。 持ち物はエルテラ時代でもあった弱点保険型。 努力値は無難にHC。 技構成は一致技2つに相手を上から倒せるかげうち。 守る系統の技はできる限り採用したくなかったが、ギルガルドに関してはフォルムチェンジを含めて有用な場面が多いと判断しキングシールドを採用。 ドラパルト 性格:臆病 努力値:4-0-0-252-0-252 実数値:164-112-95-152-95-213 本構築の思ってたのちょっと違う枠。 高速エースかつ猫無効の袋叩きができる最強ポケモンの予定であったが、環境にねこだまし持ちがほとんどおらず、相手の対策も厚かったため基本選出の座をバンバドロに奪われた。 ポテンシャル自体は高く、選出した試合では普通に活躍していた。 持ち物は初手で叩く前に相手のスカーフ竜に吹き飛ばされないようハバンの実。 努力値は味方を殴ることと、炎打点を確保したい(ウインディ相手に炎弱点は引くため後ろに残りやすい)ことから特殊型のおくびょうCSとした。 技構成は上記のふくろだたきと炎打点の大文字に加え、一致技のシャドーボールと火力を重視してりゅうせいぐんとした。 選出 先発:エルフーン、ウインディ 後発:バンバドロ+残り3体のどれか 以下の方針に従って行動を決めていく。 筆者は上記のみで瞬間一桁順位までいったため、基本的にはエルフウイン選出で問題はなかった。 ただし、エルフーン+スカーフウオノラゴンといったウインディを上から一撃する打点+悪戯心S操作などには手がでないためそういった構築相手では変更する必要がある。 なお、筆者はそれでもエルフウイン選出したところ相手が深読みしていたため勝てた。 総括 構築添削目的に喰い断さんに投げたところ瞬間1位になって戻ってきたパーティです。 ほとんど補助技を採用しておらず、味方と敵を殴っているだけで勝てるため、ミスをしにくい構成になっています。 エルフーンウインディの組み合わせ以外にも叩きギミックを搭載しており、プレイングスキルに応じて柔軟に対応できるこの純正叩きパーティをぜひ、使ってみてください。 余談 喰い断です。 本構築を使ってランクマッチ1位になった対戦及び、実戦での使用感は動画として投稿されています。 興味がある方は是非見てみましょう!.

次の

ドラパルト

ドラパルト げきりん

Contents• はじめに 初めまして、QSです。 今回紹介させて頂くのは、11月26日に喰い断さんに使用して頂き ダブルで瞬間1位を達成したパーティになります。 ダブル素人である筆者でも同日に8位になっているので、パワーのある構築になっているかと思います。 パーティ作成経緯 ソード&シールド発売前から、エルフーンとウインディの叩きかピントレンズ強運トゲキッスでパーティを構築しようと考えていたが、発売後に今作の仕様が判明し、 ダイマックスによるエースの耐久強化、素早さ操作の即反映のどちらも能力上昇したウインディの生存率を上げ非常にマッチしていたことから、エルフーンとウインディを軸とすることに。 ただし、テラキオンと違いウインディでは範囲火力に乏しいので、ピッピマッスグマのように 盤面を荒らした後に後続から対面性能の優れたポケモンを投げていく構築を目指した。 また、エルフーンが放置されるのが最も弱い動きであるため、できる限り腐らないことを意識した。 軸である エルフーン、ウインディに高速汎用エース兼袋叩き役も出来る ドラパルト、トリル下でのエースかつ叩かれても良しの バンバドロ、エルテラ時代から嗜みとされていた弱点保険 ギルガルドを追加。 最後にお前はランドロスだと念を送りながら ギャラドスにスカーフを持たせて完成。 その火力は圧巻で ダイマックスで耐えにきたポケモンを1撃で吹き飛ばし、イージーウィンを量産した。 持ち物はダイマックスしてもこだわりアイテムと違い効果を維持でき、デメリットが軽減する最強アイテムであるいのちのたまを持たせた。 努力値構成はおいかぜ、ふくろだたきがそれぞれ発動できないことも考え最速AS。 技構成は主力技のフレアドライブ、岩タイプ・水タイプへの打点としてインファイト、ワイルドボルトを採用。 最後の1枠は一般的なしんそくは抜いてげきりんを採用した。 しんそくを撃つ場面を想定すると、ダイマックス解除後までウインディが暴れているはずなのでその時点で勝ちと判断した。 代わりに採用したげきりんはダイドラグーンとしてドラゴンタイプを処理したり、隣の攻撃を下げてウインディへの圧力を減らしたりと活躍した。 構築時は対トリル用の駒の予定であったが、気づけば基本選出となっていた。 エルフーンとウインディ相手でバンバドロに有効打を持つ水タイプが消耗しているため、中終盤でバンバドロが刺さる局面が頻出した。 また、ウインディにダイマックスを切らなかった場合にダイマックス技と叩きでお手軽に要塞化できるのも偉かった。 持ち物は特殊相手の打ち合いにも強くなるようにとつげきチョッキ。 努力値は勇敢HA。 技構成は一致技の10まんばりき、特性とシナジーのあるボディプレス、ダイスチル化できるアイアンヘッド。 残りの1枠はうちおとすとしているが諸説枠。 パーティのなかで唯一叩きも叩かれもしないが、 威嚇・地面無効・スカーフ怯みのいずれも弱くなく、選出したらしっかり働いていた。 持ち物は高速アタッカーの仕事もしてもらうためにこだわりスカーフ。 努力値は火力より上をとれる範囲が広いほうが良いので陽気AS。 技構成は一致技のたきのぼりとトリトドンで詰まないようにパワーウィップ。 ダイマックスを切らない予定なのでとびはねるは採用せず、技範囲からかみくだく、アイアンヘッドをチョイスした。 ウインディ対面に出てくることの多い水タイプ、ドラゴンタイプへの一致打点を有しており、叩く相手にも困らなかったので腐る場面はほぼなかった。 持ち物は行動保障としてきあいのタスキ。 努力値は火力も必要としたため臆病CS。 技構成はふくろだたき、おいかぜまでは確定であと2枠。 アンコールがダイマックスで解除されることから決定的な補助技が存在せず、エナジーボールもムーンフォースも必要と考えられたことから3ウエポン型となった。 ギルガルド 性格:なまいき 努力値:252-4-0-252-0-0 実数値:167-71-160-102-176-72 本構築のガバ枠。 叩きで弱点保険を発動でき、優秀な耐性・かげうちの存在から種族値が下がってなお安定した性能を発揮したが、 この構築記事を書いている段階でれいせいミントを嗅がせ忘れていたことが発覚した。 持ち物はエルテラ時代でもあった弱点保険型。 努力値は無難にHC。 技構成は一致技2つに相手を上から倒せるかげうち。 守る系統の技はできる限り採用したくなかったが、ギルガルドに関してはフォルムチェンジを含めて有用な場面が多いと判断しキングシールドを採用。 ドラパルト 性格:臆病 努力値:4-0-0-252-0-252 実数値:164-112-95-152-95-213 本構築の思ってたのちょっと違う枠。 高速エースかつ猫無効の袋叩きができる最強ポケモンの予定であったが、環境にねこだまし持ちがほとんどおらず、相手の対策も厚かったため基本選出の座をバンバドロに奪われた。 ポテンシャル自体は高く、選出した試合では普通に活躍していた。 持ち物は初手で叩く前に相手のスカーフ竜に吹き飛ばされないようハバンの実。 努力値は味方を殴ることと、炎打点を確保したい(ウインディ相手に炎弱点は引くため後ろに残りやすい)ことから特殊型のおくびょうCSとした。 技構成は上記のふくろだたきと炎打点の大文字に加え、一致技のシャドーボールと火力を重視してりゅうせいぐんとした。 選出 先発:エルフーン、ウインディ 後発:バンバドロ+残り3体のどれか 以下の方針に従って行動を決めていく。 筆者は上記のみで瞬間一桁順位までいったため、基本的にはエルフウイン選出で問題はなかった。 ただし、エルフーン+スカーフウオノラゴンといったウインディを上から一撃する打点+悪戯心S操作などには手がでないためそういった構築相手では変更する必要がある。 なお、筆者はそれでもエルフウイン選出したところ相手が深読みしていたため勝てた。 総括 構築添削目的に喰い断さんに投げたところ瞬間1位になって戻ってきたパーティです。 ほとんど補助技を採用しておらず、味方と敵を殴っているだけで勝てるため、ミスをしにくい構成になっています。 エルフーンウインディの組み合わせ以外にも叩きギミックを搭載しており、プレイングスキルに応じて柔軟に対応できるこの純正叩きパーティをぜひ、使ってみてください。 余談 喰い断です。 本構築を使ってランクマッチ1位になった対戦及び、実戦での使用感は動画として投稿されています。 興味がある方は是非見てみましょう!.

次の