ワールド トリガー 22 巻。 ワールドトリガー22巻を完全無料で読める?zip・rar・漫画村の代役発見!?

ワールドトリガー【22巻192話】最新話の内容ネタバレ!今すぐ無料で読む方法も!

ワールド トリガー 22 巻

ワールドトリガー最新22巻おまけページまとめ 最新話の197話も凄まじく面白かった「ワールドトリガー」 そしてその 直前となる196話までが収録されている最新巻の22巻も発売となりました! 玉狛第二の最終戦の激闘が描かれている訳ですが、これがもうとにかく盛り上がりまくりとなっています。 試合の中でもとにかく 色々な駆け引きが行われているだけに、まとめて読めると面白さも増すような気がします。 これまでの 様々な積み重ねがしっかりと結果として出ていて本当に感動的な決着を迎えていますよね! そしてやはり ワールドトリガーと言えばコミックのおまけの充実!! 今回もそのおまけページについて気になる部分をまとめてみたいと思います。 ワールドトリガー22巻おまけページまとめ 表紙は2度目の千佳 22巻の表紙となったのは3巻以来となる千佳。 やっぱり ここで千佳を持ってくるのが「ワールドトリガー」って感じでもありますよね。 しかも今更ながら、 3巻での千佳って私服なんですよね。 それに対して 22巻では玉狛第二の隊服姿。 そう考えると、 最終戦となった22巻での戦いによってようやく千佳が本当の玉狛第二の仲間になったのかなぁとも思えたりします。 戦う気持ちがようやく本当に生まれたからこそ今回は隊服になっている・・みたいな。 デザイン的にはいつもと同じ感じではあるのですが、何となく 千佳が壁を破っている感じにも見えたりして、まあとにかくなんだか感慨深いものがありますね。 ちなみに折返しの部分は犬飼と辻ちゃん。 やっぱりこの二人はセットみたいなイメージですよね。 ジャンプSQ2月号の巻頭カラー絵について 巻頭カラーで描かれた190話のB級隊長勢揃いのカラー絵。 これはもう めちゃめちゃ格好良かったですよね。 右サイドと左サイドに分かれた構図となっていて、圧倒的に左サイドが強いなぁというどうでもいい事を感じていたような気がします。 この構図は葦原先生がB級ランク戦が終わるまでに描きたかったものだったそうです。 煽り文となっていたのは「戦え。 そして証明しろ」 これは二宮が表紙になっていた13巻の帯についていたコピー。 そのコピーがB級ランク戦にピッタリだという事で再び使われる事になったようです。 確かに このコピーはめっちゃ格好良いですし、B級ランク戦全体を表していると同時に、二宮に言われているようでもあるのが素晴らしいですよね。 にのまるプロマイドについて 2020年ジャンプSQ1月号の付録となった「にのまるプロマイド」について。 担当さんとマネージャーさんの悪ふざけの結晶という事ですが、謎にめちゃめちゃ盛り上がりましたよね。 葦原先生としてもネタとして楽しかったので後悔はしていないとの事。 ちゃんと作中でも「にのまる」の写真は 陽太郎が「かくしどり!」と叫びながら撮影してくれたようで、その生写真は闇ルートで本部に持ち込まれたのだとか。 そこで「最もうまいお菓子をくれた者にこれをやる」という陽太郎の宣言により、一部の女子達の間でスイーツ戦争が勃発。 しかし陽太郎がお腹一杯になった為引き分けとなり、参加者には高精細スキャン画像が分け与えられたのだそう。 現物が今どこにあるのかは誰も知らない・・・・。 たった1枚のネタ画像によくもまあこれだけあり得そうなストーリーをつけてくれるんだろうか、葦原先生は。 皆誰がスイーツ戦争に参加したのかで予想しちゃうんだろうなぁ。 部隊エンブレム解説 以前も解説があった部隊エンブレム 今回は 太刀川隊と風間隊の解説となっています。 太刀川隊のエンブレムは見たまんま3本の刀で、太刀川隊の3人と後ろの三日月でオペレーターの国近を表したもの。 ただし3本の刀とは太刀川隊の初期メンバー3人の事であり、当然唯我は入っていません。 まあそれについては 以前修が太刀川隊にお邪魔した時に語られていましたよね。 そして葦原先生は 「どこかですでに書いたかもしれませんが」という補足をつけて唯我の前のメンバーを紹介しています。 そのメンバーというのが 現在は玉狛第一に所属している烏丸。 確かにどこかでそんな事を聞いたような気もしてましたが、それはあくまでも噂だったような気がしますね。 実際どうだったのかはわかりませんが、 だからこそ唯我は烏丸を目の敵にしていたのでしょう。 出水との関係もしっくりきますし、こういう人間関係の部分を描くのがちょっと上手すぎですよね。 そのうち 旧太刀川隊のメンバーのエピソードとか描かれないかなぁと期待しちゃいます。 風間隊のエンブレムは大きく目が描かれたデザイン。 無駄がない所は風間さんらしいとはいえ、 ステルス戦法が廃れたらどうするのかという部分が問題点。 チーム的には菊地原の「耳」が特徴ではあるものの、エンブレムが「耳」になっているとよくわからない感じになるので、目でよかったかなぁという事になったそう。 まあ風間さんの眼力の鋭さもイメージ的にはある気がしますけどね。 三門市学校紹介 21巻でも紹介されていた三門市の学校ですが、今回は三門市立大学。 この大学は4年程前に新しく建てられたもので、 古い建物は現在の警戒区域内にあり7巻のランバネイン戦で派手に破壊されたとの事。 新学舎のやたらと早い完成にはボーダーのトリガー技術が使われたという噂があるのだとか。 旧・三門大学の職員と生徒をそのまま受け入れただけではなく、 学内に「トリガー研究室」なる施設が創設されていて、長期的なトリオン関係の研究・実験をしたり、ボーダーに興味のある学生をスカウトするエサとして使われていたりするのだそう。 大学には三門市を通じて、移転資金や運転資金やらでボーダーの息がかかった状態。 それによって 太刀川を「ボーダー推薦」という闇の抜け道で大学生に仕立て上げる事も可能。 入学したボーダー隊員は「トリガー研究室」に半自動的に所属し、研究に協力することで単位がもらえたりするのだとか。 本部のエンジニアなどもときどき研究室に出向いて解析や実験の依頼をしている様子。 という事で、 太刀川に関するボーダーの闇が詳しく解説されましたね(笑) まあその辺りは正直みんな知ってる感がある訳で、 こういう普通だったら汚いとされる部分を堂々と描くのが「ワールドトリガー」でもあるんですよね。 しかしこの大学に通うメンバーを見ると、やっぱり太刀川だけが浮いてる気がするなぁ・・。 三門探訪・・・お好み焼きかげうら編 定期的に紹介されている気がする三門市の食べ物屋さん。 今回紹介されたのは 影浦の実家でもある「お好み焼きかげうら」 影浦の両親とお兄さんが一家で経営している地元民に愛されているお店で、ボーダー関係者もよくやって来ている様子。 もちろん遊真もゾエさんや影浦と毎週のように食べに行ってるとの事。 全メニューをコンプリートする日も近い・・・って、実際の所影浦と知り合ってまだそれほど時間が経過してないはずですし、 何気に相当なハイペースで通って相当喰ってる可能性が高いですね。 三門探訪・・・たい焼き屋鯛餡吉日編 今回もう一軒紹介されたのは鯛焼き屋さん。 玉狛支部から少し歩いた所にある小さなお店で、職人さんが手際よく鯛を焼いていく作業は見ているだけでも面白いのだとか。 店主は 「鯛餡吉日」という店名を思いついて自分のセンスに感動したものの、後日同じ名前のお店がたくさんあるのだとしり衝撃を受けたのだそう。 めっちゃどうでもいい情報ですが、 三門市で色んな人達が生きているんだなぁと改めて感じるほっこりエピソードですね。 ちなみにこの お店は陽太郎が勝負に賭けた鯛焼きのお店という事で、林道支部長が気まぐれに買ってきてくれるとの事。 玉狛支部からの距離が丁度よいので、捕虜(ヒュース)の散歩コースにも使われてそう・・・との事。 葦原先生の脳内人格紹介 今回非常に驚かされたのがこのコーナー。 ネタだと説明されていますが、 葦原先生の脳内の人格を6つの猫に分けて解説されていました。 早川テラ次郎 天王寺リカルド 明石 吉川ギャバリエ ミドルゴリラ ぜにまる という6匹の猫キャラとなっていて、それぞれに漫画を描く上での役割のようなものが設定されています。 ってか 名前だけでももう面白いってなんなんだよ・・・。 それぞれのキャラの役割がしっかりと描かれていて、 ネタとは言われているものの実際そういう感じなんだろうなぁと思わせてくれます。 とりあえず 作画が良い時は「天王寺リカルド」 ちょっと荒れてるなぁという時は「ぜにまる」と覚えておけばよいのかなあと。 今後も色々とネタに使われそうな部分ですし、 こういう部分はこの人格が~みたいな事を読者は考える事になるんでしょうね。 カバー下キャラ紹介はまさかの!? 葦原先生の脳内人格に続いて驚かされたのが今回のカバー下での恒例のキャラ紹介。 新キャラも登場しなかった事もあり、 今回は二度目となる玉狛メンバーの紹介となっていました。 6つの傷を持つメガネ 「おさむ」 色々あったが生き延びたメガネ 話数を重ねるごとに師匠ポジのキャラが増え続けていて、 このままのペースだと2050年には修の師匠が3800人を超えるという試算が出されているのだとか。 ・・・読者も修の人間関係の広がりは感じていましたが、こうやって葦原先生自身からも突っ込まれる事になるのね(笑) 相変わらず冷や汗はかいているものの、 昔よりは「なんかやってくれそう感」がアップしてまあまあ主人公をしているとの事 ごらん、金のオサムはぼくらのすぐ傍にいたんだね という最後の文章は 1巻でのカバー下でのエターナルメガネ「オサム」の紹介文に対するアンサーみたいなものですね。 冷や汗をかいていないオサムを50個集めると、抽選で金のオサムと交換出来る・・・という事だったので。 1巻でのネタを、玉狛第二が感動的な勝利を収めたこの22巻で回収するというのがもう天才的すぎるとしか言いようがありません。 乱反射する男前 「ゆうま」 危害を加えない限り噛み付いてこない野生の男前 野良時代はモブの足を折ったりしていたものの、玉狛に拾われてからは毛並みもつやつや。 ヒュースと修の仲を取り持ったり、千佳をフォローしたりと、目的の為には手段を選ばず世話を焼いていく大黒柱に成長。 最近はナチュラルに男前すぎるので3の口で男前度を中和しているのだとか。 読者も遊真の最近の完璧っぷりには気づいていたような気がしますが、 葦原先生もその辺りをコントロールしていたんですね。 個人的には22巻での帯島ちゃんを倒した場面の遊真が最高でした! 見よ 白米のパワー 「ちか」 狙われる側から狙う側になった人間砲台 ドラクエの世界でメガフレア(FFシリーズの)を連発しているようなぶっ壊れキャラ。 しかし 改造(チート)ではないので運営もBAN出来ない 千佳が本心を語った179話以降ぐっと描きやすくなったものの、描く度にどんどんトリオンキューブがでかくなってる説があるそう。 今更ながら 千佳のデザインのイメージは「りんご」なのだとか。 ・・・・アホ毛のせいかな?(笑) なんという労りと友愛 「オペうさみ」 元々は「やさしいメガネ」だったものの、最近はもう「メガネをかけたやさしさ」という概念的な存在になりつつある17歳。 誰よりも働いているのに他人を褒める事を忘れずない。 いったいどんな育て方をしたらこんな出来た人間になるのかと、 親の顔が見てみたい所ではあるものの別に暗い過去話とかはなさそうなんだとか。 弱点は暑さと激辛料理。 まあ 宇佐美の優しさについてはもう179話に全部詰まってましたよね。 22巻で試合終了後も最初に千佳にかけた言葉は「おめでとう」とかではなく心配の言葉でしたし。 個人的には なんとなく幸せになって欲しいキャラクターナンバー1ですね! いけ!やれ! 「バトルこなみ」 身内贔屓を微塵も隠そうとしない立派な先輩。 試合前からちゃんと解説できるのか心配されていたものの、やっぱりだめでした。 王子と蔵内を一緒に呼んだ桜子の差配に熟練の安定感が窺えるという事で、 桜子も小南一人じゃ駄目だと思ってたのね・・・。 地味に焼き肉の時にナイスアシストをしているが、それに気づいたらドヤり散らすのは火を見るよりも明らかなので、言及はしないでおくのだそうです。 という事で 最近の小南に対する読者からの思いを全部詰め込んだような紹介文でしたね。 しかし逆に言えば、 焼き肉回の時点で葦原先生はここで小南についてこういう内容の事を書こうと決めていたのかな?? そうだとしたらちょっと恐ろしすぎる気もするなぁ・・・。 ワールドトリガー22巻おまけページまとめ という事で相変わらず おまけページの充実が半端じゃなさすぎる22巻でした! 毎回思ってますが、おまけページにここまで力を入れている作家さんって葦原先生くらいですよね。 しかも おまけの全てがしっかりと本編の楽しさを補完するものになっているのが最高すぎます。 とはいえ 葦原先生は体調を崩される事も多いですしお体だけは大事にして頂きたい所。 22巻には23巻の発売日が2020年の12月と書かれていましたが、出せなくても全然読者は大丈夫ですからね! という事で、 今後も何度も繰り返して読む事になるであろう22巻のおまけページの感想でした!! 今回はここまで。 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の

ワールドトリガー22巻を完全無料で読める?zip・rar・漫画村の代役発見!?

ワールド トリガー 22 巻

B 級中位最終戦の行方は カラー絵は、卒業する日浦を含めた笑顔の那須隊です。 ちなみにB級中位最終戦の解説は鈴鳴第一の村上と、三輪隊の奈良坂です。 今回、B級中位最終戦のMAPとして那須隊が選んだのは市街地Cです。 最初の転送は那須隊に不利に働き、序盤は香取隊が高所に陣取る展開だったようです。 しかし、そこに遅れて合流した諏訪隊が那須隊を横撃して熊谷がダメージを負います。 結局、3チームとも1枚ずつ駒を失って現在は、諏訪隊が2点を獲ってリードという状況です。 この3チームが上位チームに入るには、暫定7位の弓場隊が30点なので31点がボーダーラインとなります。 ここまでは諏訪隊が28点で、香取隊・那須隊が27点なので、上位チームに入れるかは「生存点を獲れるかどうか」がかなり大きい状況です。 この試合の日浦はいつもとは逆に、「狙撃手の存在をアピールする」戦い方をしていて、実況の綾辻は転送位置が悪かった場合の、戦術も用意していたと推測します。 その一方、香取隊の香取は今日は絶不調なのか、動きが消極的です。 その香取ですが、那須隊に近づけない状況に若村にどうするか聞きますが、若村は即断できずにいます。 同点で引き分けたから別にいいでしょ、と香取は言っていますが、最後にもっと慎重に立ち回っていたら諏訪隊にもっと点差をつけられていた、と若村は言い、言い争いになっています。 その時、香取は次の最終戦は若村の指示通りに動くと言い、次は勝手な動きはしない、全部あんたの命令通り動くと宣言します。 一方で香取が前に出ず、持ち味の香取の「攻め」を出さない香取隊を警戒して、諏訪隊はやや南から回り込む動きを取ります。 日浦の細かい狙撃も置き弾から意識を逸らす狙いがあったようです。 若村は自分が指揮する役目だったのに、先に緊急脱出してしまいショックを受けているようで、香取に指示を出せません。 逆に若村の指揮で行くと決めた最終戦でしたが、現在1点も取ることが出来ず、逆に三浦だけでなく若村まで落とされてしまい、今のところ香取隊はいいとこ無しです。 香取のスパイダーがどんな狙いなのか、最後どこまで香取が点を獲れるか、気になるところです。 今週は絵が荒いページもありましたが、先月に続いてリモート作業でしているようです。 他にも、カラーや付録で作業が多かったのかもしれません。 追記) コメント欄で教えてもらいましたが、葦原先生の体調不良も影響しているそうです。 ただ今は葦原先生、回復しているそうです。 最新刊22巻を購入される方は、こちらから。

次の

ワールドトリガー22巻(188

ワールド トリガー 22 巻

A級を目指す玉狛第二のランク戦がついに終わりました。 入念な準備、実力不足、運と不運、すべてが重なっての結果。 本巻で2度目の表紙となるチカがようやく「守られる立場」から「守る立場」へ…。 ヒュース加入がチームをいい方向に刺激しました。 なによりヒュース不在の状態でも上位チームと渡り合える潜在力を示せたのは今後の収穫でしょう。 最後の最後、オサムの「トリオン量の少なさ(弾数の少なさ)」と「技術のつたなさ(攻撃範囲の狭さ)」が知られていることを逆手にとって、相手に「シールドがはれなくても回避できる」と思わせた戦術は、まさしく「持たざる者」ゆえの知恵と工夫。 きちんと伏線がはられていたにもかかわらず、自分もまんまとだまされました。 振り返ると、これまでの巻数の半分以上がB級ランク戦に費やされたことになりますが、まったく飽きさせませんでした。 それはやはり、バトルの描き方に知恵と工夫が凝らされているから。 おもしろさのキモは、キャラクターたちが同じ規格の武器を使って闘う点。 武器のヴァリエーションを増やすことに頼らず、隊員の個性、チームの戦術、マップの特徴を活かして、バトル展開のアイディアを膨らませています。 同じ武器という縛りで、単調にならず、これだけ展開のヴァリエーションが豊富なのはスゴい。 バトル漫画に抱きがちな不満の原因は、能力や武器の設定が曖昧で、シチュエーションによって規模や効果が違うこと。 それほど強いとは思えない敵に対して手こずったり、強敵相手にパワーアップしたり、あとづけ設定やインフレがあったり…。 展開やシーンの盛り上げのため、作者がキャラクターの能力を「調節」しているのが露骨だと、気持ちが冷めてしまいます(もちろん多少の「調節」は必要ですが)。 本作では武器の画一化によって、読者があらかじめ武器の性能や限界をあるていど知っている状態で読むことができます。 しかも設定に凝りすぎておらず、シンプルでわかりやすい。 トリオン体の設定も「トリオン以外の攻撃ではほとんどダメージを受けない」「(シールドなしの状態において)トリオンによる攻撃では簡単に欠損する」という明快さがあります。 そのうえで試合の勝敗、勝負の勝敗にきちんとロジックがあり、『勝った(負けた)理由」が丁寧に理屈づけされながら決着するので、(それなりに作者の「調節」が入っているとはいえ)説得力があります。 B級ランク戦はその手腕がいかんなく発揮されたイベントでした。 くわえて伏線のはり方と回収のバランスの妙。 描写もコマ同士のつながりもわかりやすく、アクションの流れが頭にスッと入ってきます。 「イラスト」としてではなく、「マンガ」としてホントにうまい漫画家さんだなと思います。 「早川テラ次郎」さん、「天王寺リカル」さん、「明石」さんのおかげでしょうか(笑) 長かったB級ランク戦がとうとう終了(玉狛分は)。 初期位置のランダム性で悪運を引いたがために作戦は失敗し、後手に回ったかと思われた三雲隊。 が、蓋を開けてみれば最後に笑ったのは三雲隊だった。 何より大きいのは修と千佳ちゃんの大きな成長。 これまで三雲隊は遊真一人が突出し、地雷を抱えた隠し玉の千佳ちゃん、足を引っ張っているのは実は隊長の修、という印象がボーダーにあったんじゃないかと思う。 実際、トリオンも少なく経験豊富なわけでもなく、目立つ二人に比べれば地味だった。 しかし今回の勝利でその印象は払拭されたのでは。 少なくとも私の中では完全に消えたw経験と勉強を積めば良いリーダーになる可能性はあるものの、まだ卵の状態と思っていたが、修はいつの間にか孵化していたようだ。 そして千佳ちゃん。 頑張った、すごく頑張った!ヒュースもズケズケ言うのかと思えばメンタルフォローも気遣うし、三雲隊が上手く機能してきた。 いやはや、恐れ入った。 とてつもない漫画だ。 以下ネタバレ含む B級ランク戦のクライマックス。 これまで最強の強敵として描写されてきた二宮をどう倒すのか。 スクエアで追ってきた私も毎月予想を立てながら楽しませていただいていた。 しかし、葦原先生の書くシナリオは私の稚拙な予想を鮮やかに上回っていった。 蔵内が作中で言っていたように、あのハウンドを予測できた人はこの世界にいないんじゃないかと思う。 思えば、伏線はいたるところに置かれていた。 修が新トリガーをセットする余裕がないこと、弾トリガーの種類を相手が知らないという点を突く戦法(ヒュースのバイパー)など。 そして最も驚かされた伏線は、ワイヤーの色の罠を私たち読者にも適用したことだ。 私たち読者はまんまと葦原先生の罠にかかってしまっていたというわけだ。 その言葉しかない。 この漫画は初期から一貫して、修という持たざる者がどう戦っていくのかがテーマの一つだった。 一方、ワールドトリガーという漫画において、主人公の一人でもある修はあくまで弱いままだ。 弱いなりに自分と自分のチームの現状を考えて、スパイダーを使い出したり、ヒュースを加入させたりしてきた。 これまでの修の行動は弱いなりに頑張ってきたというパターンだ。 少年ジャンプの大前提である友情努力勝利から外れることなく対二宮戦の勝利を描いたこと、これはジャンプの歴史に名を残す偉業だと私は思っている。 先ほども言及した通り、持たざる者が自分のなすべきことを模索して前に進んでいく作品なので、その成長の過程を丁寧に描写しなければ読み手にかなりの違和感を生じさせてしまう。 さらに言うなれば、時間をかけて地道に成長していったことで、勝利したときのカタルシスが倍増するのだ。 22巻でそれを感じた人はたくさんいると思う。 私も195話を初めて読んだときは小南パイセンよろしく、涙目でガッツポーズをしてしまった。 誰もいない自室で読んでいてよかったと思う。 電車で読んでいたら、周囲の乗客から距離を取られていたこと間違いなしだ。 あと、この巻で言及しなければいけないのが、千佳の成長だ。 仲間を守るために自分の殻を破って引き金を引いたあの見開きは思わず身震いしてしまうほどの感動があった。 22巻の表紙が彼女であることに文句のあるものはいないだろう。 今回のR8がとてつもなくおもしろかったため、つい長々とレビューを書いてしまった。 これからワールドトリガーも新たな展開に突入していくと思われるがどんどん加速度的におもしろくなっていくだろう。 楽しみに毎月読ませていただこうと思っている。 最後に一言。 個人的に弓場さんの戦闘スタイルと帯島ちゃんがかわいくて好きなので、これからも弓場隊に出番があるといいなぁとひそかに願っている。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. getBoun.

次の