クマ 美容 皮膚 科。 大阪府の目の下のクマのおすすめ美容外科・美容皮膚科

目の下のクマを治すのは皮膚科?美容整形外科?

クマ 美容 皮膚 科

なぜ皮膚科ではなく 美容皮膚科なの? 皮膚科でもクマ治療を受けることはできますが、皮膚科の治療は美容皮膚科と違い、皮膚の疾患を治すことが目的。 保湿ケア程度しかしてもらえません。 保険適用の治療が多いため、治療に使用する薬が限られているという違いもあります。 美容皮膚科では、美容的な観点や患者さんのライフスタイルを考えた高度な治療を受けられるため、ただクマを消すだけでなくキレイな目元を手に入れることができます。 美容皮膚科は保険枠に限定されない豊富な治療法が用意されており、中にはクリニックオリジナルの方法を受けられることも。 1人ひとりの肌状況を見てそれぞれに合った治療を提供してくれるので、より効果の高い治療を受けられるのも魅力。 少ない回数でクマの改善が期待できますよ。 美容皮膚科ってどんなところ? 美容皮膚科は美肌を生み出す専門科。 ニキビやしわ、美白治療、脱毛など肌に関するさまざまな治療に対応してくれます。 皮膚のメカニズムを熟知した専門医が、見た目や質感までこだわって悩みを改善してくれるのが特徴。 医療機関なので、エステでは受けられない医学的な根拠に基づいた治療を施してもらえるのが魅力です。 ただ、「皮膚科とは何が違うの?」と疑問に思う人も多いのでは?皮膚科と美容皮膚科の違いは、治療を行なう目的。 皮膚科は肌にある病気を治すことを目的にしているのに対し、美容医療は美しい肌に回復させることまでを目的にしています。 例えばニキビ治療を行なう場合、皮膚科ではニキビが治れば治療は終了です。 しかし美容皮膚科では、ニキビ跡が残っていないか、肌に凹凸ができていないかというところまで診て、美しい肌になるまで治療を行なってくれます。 さらに、今あるニキビを改善するだけでなく、根本的なニキビの原因を治すことでトラブルをくり返さない肌へと導いてくれます。 美容皮膚科は単なる悩みの解消だけでなく、よりキレイになりたいという患者さんの願いを叶える医療機関なのです。 美容皮膚科で行う クマ治療ってどんなの? ヒアルロン酸注入 高い保水力を持つヒアルロン酸という成分をクマができている部分に注入する治療法です。 とくに目の下のたるみによる影が原因でできているクマに有効。 ヒアルロン酸を注入した部分がふっくらとして、潤いや弾力のある目元に仕上がります。 メスは必要なく、注射器のみで治療できるので痛みやダウンタイムが少ないのが特徴。 効果を持続させるには定期的にヒアルロン酸を注入し直す必要がありますが、治療直後に効果を感じることができる若い方に人気の治療法です。 レーザー治療 クマ部分にレーザーを当てることでクマを改善していく方法です。 治療に使用されるレーザー機器は「目元のハリを復活させるもの」「色素沈着を薄くするもの」「血流を良くするもの」など、さまざまな種類があり、クマのタイプに合わせて使い分けられます。 レーザーを当てるだけの手軽さが魅力です。 気になる痛みは、ゴムではじかれる程度の感覚といわれています。 ただ、レーザー治療はクリニックが使用している機器によって仕上がりに差が出やすいので、実績が豊富なクリニックで治療を受けるように注意しましょう。 脱脂術 目の下に凸凹を生み出し、クマの原因となる影を作り出してしまう眼窩脂肪(がんかしぼう)を取り除くことでクマを改善する方法。 眼窩脂肪はもともと眼球を守るクッションの役割をしているのですが、老化とともに垂れ下がってしまうことが多く、クマの原因となりやすい脂肪です。 脂肪を取りのぞくために下まつ毛の生え際を数ミリ切開する必要がありますが、クマの原因を確実に取り除けるため治療効果が高いのが魅力。 見た目には見えない部分をカットするので傷跡が目立つことはありません。 他の治療と違って効果が半永久的に続くのも大きなメリットです。 ハムラ法 ハムラ法は垂れ下がった眼窩脂肪(がんかしぼう)をクマ部分に移植する施術法です。 盛り上がったまま垂れ下がった眼窩脂肪は目の下に窪みをつくり、クマをつくりだします。 膨らんだ部分を窪み部分に移動することで、目の下に凹凸がなくなり、クマが改善。 下まつげの生え際を切開して行なわれます。 治療後は1~2週間腫れることがあり、他の治療と比べるとダウンタイムが長めですが、アレルギーを起こす心配がなく、半永久的な効果を得られるのが特徴です。 脂肪注入 自分の身体の目立たない部分から脂肪を抽出し、窪んでクマとなっている部分に注入する治療法です。 コラーゲンやヒアルロン酸のように異物を注入するわけではないので、安全性が高いのが利点。 アレルギー反応や副作用の心配がありません。 脂肪を利用するため、柔らかくふっくらとした目元に仕上がります。 一度で希望通りの効果が得られないと、修正が難しいとされているので、時間をかけてカウンセリングを行なってくれるクリニックで治療するようにしましょう。 クマの種類によってはかかる 病院が変わる? クマの原因は肌のたるみ・色素沈着・血行不良など複数あり、治療法がそれぞれ異なります。 加齢やターンオーバーの乱れ、ドライアイといった生活習慣が原因で発生しているクマは、美容皮膚科で治療できますが、中には他の病院で治療を受けるべきクマもあるので要注意。 いくつか例を出して説明しているので、自分に当てはまらないか確認してみてください。 アレルギーによるクマ 目を掻いたりこすったりすることでもクマは発生します。 花粉症をはじめ、目にかゆみを起こすアレルギーを持っている人は、アレルギーが原因でクマができているかもしれません。 この場合、眼科での診察がクマの改善にも役立ちます。 副鼻腔炎によるクマ 風邪やウイルスによって鼻が炎症を起こす副鼻腔炎がクマの原因になります。 鼻づまりが起こり口呼吸になると身体の血流が悪化。 目の周囲の静動脈が圧迫されることで腫れを起こし、クマに見えてしまうのです。 この場合は耳鼻科を受診するのが最適。 鼻詰まりを解消することでクマを消すことができますよ。 甲状腺機能低下症によるクマ 甲状腺機能低下症は低体温・乾燥・むくみなどの症状を引き起こす病気ですが、その症状の1つに目の下のクマがあります。 この場合は、甲状腺専門の科や内科に相談して治療を行なうのがベストです。

次の

目元たるみ・クマ治療

クマ 美容 皮膚 科

東京・銀座で目の下のクマ治療 目の下のクマを消す治療 「最近『疲れている?』と聞かれることが増えた」 「笑っているのに『表情が暗い』と言われる」 「目の下が茶色く、くすんで見える」 「寝不足ではないのに、クマが消えない」 「クマが気になっているけれど、コンシーラーやファンデーションを使っても隠れない」 こんなお悩みはありませんか? なかなか消えない目の下のクマも、適切な治療を受けると短期間ですっきり解消できます。 メスを使う手術によるクマ治療もありますが、銀座肌クリニックでは、レーザー治療や注射によるクマ治療をご用意しています。 目立つ傷跡や長いダウンタイムは心配なく、気軽に受けていただけます。 目の下のクマにお悩みでしたら、どうぞお気軽にご相談ください。 茶クマの見分け方•  目の下がくすみ、茶色っぽい•  目の下の肌を引っ張っても色が変わらない 茶クマの原因 茶クマの原因は、色素沈着です。 紫外線・乾燥・アトピー性皮膚炎などによる肌へのダメージが積み重なると、目のまわりの皮膚にメラニン色素が沈着します。 ターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)が乱れて角質が厚くなった結果、肌がくすみ、茶クマになることもあります。 目のこすりすぎ・化粧品による肌荒れ・マスカラなどアイメイクの落とし残しも、色素沈着の原因です。 症状が現れる過程はシミと同じであるため、目元のシミと捉えることもできます。 茶クマの改善・治療方法 クマが気になるからと、目元を強くマッサージしすぎるのは逆効果です。 メイク落としも優しく行いましょう。 とはいえ、落とし残しにも要注意です。 銀座肌クリニックでは、ターンオーバーを促すレーザー治療「」と、肌のくすみ・色素沈着改善に効果的な外用薬(ハイドロキノン)・内服薬(トラネキサム酸 タチオン シナール)を組み合わせて、なかなか消えない茶クマをすっきり治療します。 青クマ 青クマの見分け方•  目の下が青っぽく見える•  目の下の肌を引っ張ると色が薄くなる 青クマの原因 青クマは、生活習慣の乱れ・睡眠不足・ストレス・目の疲れ(眼精疲労)などからくる、血行不良を原因としています。 目の周辺には毛細血管が多くあります。 また、皮膚は非常に薄いです。 そのため、血の巡りが悪くなると皮膚から血管が透け、青っぽく見えます。 年齢を重ねると、皮膚は徐々に薄くなり、脂肪の量も減少。 より血管が透けて見えやすくなります。 このことから、加齢とともに青クマが目立つようになった、と感じる方も多いです。 青クマの改善・治療方法 しっかり眠る・ストレス解消といった生活習慣の見直しのほか、まぶたを温めるなど血行不良を改善するケアが有効です。 目元のマッサージも適切に行えば効果的でしょう。 ただし、セルフケアだけで青クマを改善することは難しいもの。 青クマをしっかり治したい方には、クリニックのクマ治療がおすすめです。 銀座肌クリニックでは、目元の血行促進や筋肉の緊張緩和に特化した注射治療「」や、血行を促すレーザー治療「」をご用意しています。 黒クマ 黒クマの見分け方•  目の下が黒っぽく見える•  上からライトを当てると特にクマが目立つ•  目の下と頬の境目に段差(凹み)があり、影ができているように見える 黒クマの原因 黒クマの原因は、加齢による皮膚の「たるみ」です。 加齢とともに筋肉が衰えると、肌のハリがなくなり、皮膚が内側に窪みます。 その凹みによって、黒い影が現れるのです。 黒クマは、元々涙袋が大きい方や、はっきりとした顔立ちの方に多いです。 乾燥やコラーゲンの減少によって目元の小じわが増えた結果、影のように見える方もいらっしゃいます。 黒クマの改善・治療方法 ホームケアによる改善は難しく、保湿を心がけるなど、黒クマができる前の予防が重要です。 銀座肌クリニックの黒クマ治療では、肌を若返らせてハリ・弾力・潤いをもたらす再生治療「」や、くぼんだ部分を盛り上げる「」などを組み合わせ、自然な仕上がりを実現します。 銀座肌クリニックのクマ治療は ここが違う 一人ひとりの症状に合わせた効果的なクマ治療 ご説明してきました通り、クマには原因によって、茶クマ・青クマ・黒クマの3種類があります。 色素沈着を原因とし、目をこする癖がある方などに現れやすい茶クマ。 寝不足やストレスなどによって起こる、血行不良が原因の青クマ。 加齢によるたるみが原因で、下まぶたの皮膚が内側にくぼみ、黒い影ができることで現れる黒クマ。 クマの種類や症状によって、最適な治療方法は異なります。 肌質やライフスタイルにも左右されます。 銀座肌クリニックでは、カウンセリング・診察でクマの原因・症状や肌の状態を丁寧に確認。 一人ひとりに合わせて、治療メニューを組み合わせてご提案いたします。 そのため、しっかりとした治療効果をご期待いただけるという点が大きな特徴です。 メスを使わず、痛みやダウンタイムも心配ないクマ治療 目の下のクマ治療の中には、メスで目のまわりの皮膚を切開する大がかりな手術もあります。 しかし、銀座肌クリニックでは、レーザー治療「ジェネシス」や、注射治療「リジュラン」「ライトアイズウルトラ」「ヒアルロン酸注射」といった、メスを使わない治療をご用意しています。 どの治療も、痛みはほとんどありませんのでご安心ください。 施術は完全個室で行うため、人の目や声を気にせず、リラックスして受けていただけます。 また、施術後のダウンタイムもありませんので、治療当日にメイクをしてお帰りいただけます。 完全予約制ということもあり、お仕事や銀座でのショッピングの合間に来院され、クマ治療を受ける患者様も多いです。 銀座肌クリニックの クマ治療プラン 銀座肌クリニックのオーダーメイドクマ治療 茶クマ・青クマ・黒クマといったクマの種類や、クマができた原因・状態によって、必要な治療は異なります。 銀座肌クリニックでは、現在の症状やカウンセリングの内容によって治療メニューを組み合わせ、あなただけのクマ治療プランをご提案いたします。 注入治療 レーザー治療 光治療 薬剤治療 クマでお悩みの方に効果的な治療の組み合わせ例 ヒアルロン酸注入 レーザー治療器「ジェネシス」で血行促進やターンオーバーを促すことで青クマ・茶クマを改善。 さらに、目元のお悩み改善に特化した「ライトアイズウルトラ」では、同じく血行促進効果と、筋肉の緊張を緩和し、青黒いクマを改善します。 初回治療時には、症状や肌の状態に合った種類の「ヒアルロン酸注入」を行い、目の下の黒い影を解消します。 茶クマ・青クマ・黒クマなど、色々な種類のクマに悩んでいる方におすすめです。 クマの治療一覧 銀座肌クリニックでは、クマの種類や肌の状態に合わせた治療方法をご用意しています。 目元のお悩み解決に特化した「ライトアイズウルトラ」や、即効性のある「ヒアルロン酸注入」、肌の再生能力を高める「リジュラン」、血行を促進する「ジェネシス」など、様々な治療メニューがございます。 クマでお悩みでしたら、まずはご相談ください。 ジェネシスによるクマ治療 「ジェネシス」は、肌の角質層及び表皮から真皮上層に働きかけるレーザー光治療器です。 真皮上層に作用して血行を促すことにより、目元の青クマを解消する効果があります。 さらに、表皮層にアプローチすることで、ピーリング効果やターンオーバーを促し、色素沈着が主な原因となる茶クマの改善にも効果を発揮します。 ジェネシスは、レーザーが作用する部分の深さによって様々な効果があるので、目元の小じわが気になる方にもおすすめの治療方法です。 こんな方におすすめ•  目の下の青っぽいクマが気になる•  目元の茶色っぽいクマが目立ってきた•  クマだけでなく、目元の小じわ・くすみも気になる リジュランによるクマ治療 リジュランは、肌そのものを若返らせる効果を持つ薬剤です。 注射すると肌の内部からハリ・弾力が改善して皮膚の厚みが増し、黒クマの原因である目の下のたるみ・段差が目立たなくなります。 目元の小じわにお悩みの方にもおすすめです。 主な有効成分は、人間のDNAと似通った構造を持つサーモン由来のポリヌクレオチド(PN)です。 PNは成長因子を増加させ、皮膚内部の組織構造を整えます。 内側からハリ・ボリューム・水分量が増した、若々しい肌を取り戻すことができます。 リジュランは細胞に働きかける根本治療なので、効果の持続期間が長いことが大きなメリットです。 こんな方におすすめ•  目の下に段差があり、暗く見える•  黒クマだけではなく、目の周りの小じわも気になっている•  効果が長く続くクマ治療を受けたい ライトアイズウルトラによるクマ治療 ヒアルロン酸注入は、目の下で影のように目立つ黒クマに効果的な治療です。 目の下のくぼんだ分にジェル状のヒアルロン酸を注入して盛り上げることにより、黒クマが目立たなくなります。 痛みやダウンタイムはほとんどなく、効果は治療後すぐに現れます。 銀座肌クリニックでは、お悩みや症状に合わせてヒアルロン酸の種類を使い分けて治療を行います。 自然な仕上がりが好評です。 こんな方におすすめ•  目の下の影のようなクマが気になる•  黒い影のようなクマや、目元のハリがなくなってきたことに悩んでいる 目の下のクマ治療のよくあるご質問 Q クマ治療に痛みやダウンタイムはありますか? A ほとんどありません。 当クリニックのクマ治療に強い痛みや長いダウンタイムはありませんので、ご安心ください。 痛みの感じやすさには個人差がありますが、どうしても心配な場合は表面麻酔(麻酔クリーム)を使用いただくことも可能です。 施術後は、すぐにメイクしてお帰りいただけます。 Q 何回くらい治療を受ければクマが改善しますか? A クマの種類・症状や、治療内容により異なります。 治療回数・期間ともに治療方法や個人差によってまちまちですが、茶クマ・青クマの場合、3~4週間以上間隔を空けて、5~6回程度繰り返すと、高いクマ治療効果を実感いただきやすいでしょう。 また、ヒアルロン酸注射による黒クマ治療は1回で効果を感じる方が多いですが、半年~1年に1度繰り返すことをおすすめします。 Q クマ治療にリスク・副作用や、注意点はありますか? A リジュランやヒアルロン酸注射、ライトアイズウルトラは、イベント直前の施術は避けてください。 針を使用するリジュランやヒアルロン酸注射、ライトアイズウルトラでは、注射による内出血を起こす場合があります。 (極細の注射針を使用する当クリニックでは、ごくまれです。 ) 数日で消退しますし、コンシーラーなどを使って隠すことも可能です。 しかし、結婚式などの大切なイベントを控えている場合は、2週間以上前に治療を受けていただくことをおすすめします。

次の

目元たるみ・クマ治療

クマ 美容 皮膚 科

フェミークリニックのクマ治療 フェミークリニックはクマの種類や肌質に合わせた適切な治療の提案を目指すクリニックです。 目の下のクマ治療では、メス不使用。 そのため、どの施術もダウンタイムや副作用が少ないのが特徴で、施術内容によっては治療直後からメイクできます。 また、疲労や睡眠不足による血行不良が原因で起こる青クマへの効果が高い「アクシダーム」による施術もフェミークリニックの魅力。 これは針を使わずに有効成分を肌の下に浸透させる方法で、皮膚が薄くデリケートな目の下にも適用できることと、痛みが少ない点が特徴です。 一人ひとりに適切な「オーダーメイド治療」を意識しているので、マニュアルをなぞるだけの対応はしません。 スタッフ全員が治療を受けることで、実際の痛みや効果を体験し、アフターケアの再確認を行っています。 その中で感じた不満はスタッフの間で共有し、すぐに改善。 匿名で意見を投稿できる「お客様相談室」を用意し、利用者からの小さな不満にも答える努力をしています。 またインフォームドコンセントの徹底や、完全予約制によるプライバシーの保護など、利用しやすさや満足度の向上を追求。 なんば駅から徒歩4分とアクセスがしやすく、夜8時まで開いているので日中はお仕事で忙しいという方でも通いやすいクリニックです。 所在地 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-3-2 御堂筋ミナミビル5F アクセス 大阪市営御堂筋線・大阪市営四つ橋線・大阪市営千日前線「なんば駅」25番出口より徒歩4分 診療時間 11:00~20:00 休診日:年末年始のみ 恵聖会クリニック 恵聖会クリニックのクマ治療 恵聖会クリニックは紫クマ、茶クマ、影クマと3種類あるクマに対応。 影クマには下まぶたのたるみ取り、赤クマにはヒアルロン酸注射などそれぞれに合った治療を提案するクリニックです。 レーザートーニング認定クリニックでもあり、茶クマ(ADM・肝斑、色素沈着)に対してはレーザーを用いた治療を行っています。 レーザーによる治療では、可能な限り痛みが少ない方法を用いているので痛みが不安な方にもオススメ。 また、影クマ治療を除いては当日メイクが可能な治療方法を採用しており、術後の負担が少ないのもポイントです。 治療の際にはカウンセリングでいくつかの方法を提案し、その中から納得したものを選択してもらう、という形で治療を進めています。 施術後異常が見られた場合に行われる無料の再施術や、むくみや腫れなどの予防など、アフターフォローも充実。 さらに豊富なレーザー機器を取り揃えており、悩みや肌に合わせた適切な機器で治療を行っています。 また、施術後のお化粧直しができるパウダールームでは、恵聖会クリニックがオススメする基礎化粧品・日焼け止め・BBクリームやパウダーなどを取り揃える配慮も。 無料でお肌にいい化粧品が使えるのが嬉しいポイントですね。 所在地 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21 心斎橋ビル8F アクセス 大阪市営堺筋線・大阪市営長堀鶴見緑地線「長堀橋駅」7番出口より徒歩1分 診療時間 10:00~19:00 休診日:不定休(月1~2回休診日あり) 品川スキンクリニック 品川スキンクリニックのクマ治療 品川スキンクリニックはレーザーや注入のみならず、内服薬を用いたクマ治療を行っています。 特に美白対策セットはトラネキサム酸、ビタミン、美白クリームの3つを用いる方法であり、茶クマに効果的。 また、品川スキンクリニックは、目の下がたるんだり膨らんだりすることでクマのような影が落ちる「黒クマ」の治療にも力を入れています。 特に目の下のたるみ取り・ふくらみ取りは瞼の裏にメスを入れるので傷跡が見えにくく、施術後は通院もないので私生活に大きな影響を及ぼしません。 身体や精神への負担をなるべく減らすように心がけており、不安な点などはどんなに些細でも徹底的に聞いてくれます。 また、可能な限り仕上がりに取り込めるようお客さんの持つ理想もしっかりと聞いています。 また、アフターチェックや保証制度など、施術後のサポートを様々用意。 ストレスのない施術にも取り組んでおり、極細の注射針を用いるなどして痛みや腫れをできるだけ抑えています。 理想の美を安心して実現するために、こちらに寄り添った対応をしてくれますよ。 心斎橋駅から歩いて2分の位置にあり、土日も営業しているので、通いやすいのも魅力です。 所在地 大阪府大阪市中央区南船場3-12-9 心斎橋プラザビル東館7F(心斎橋院) アクセス 大阪市営御堂筋線・大阪市営長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」1番出口より徒歩2分 診療時間 10:00~20:00 休診日:年中無休.

次の