パワーポイント フッター 編集 できない。 パワーポイントでヘッダー・フッターに日付や会社名を入れる方法

パワーポイントのセキュリティについて

パワーポイント フッター 編集 できない

注意 Office 365 用リソース は、 エンタープライズ向け Microsoft 365 アプリに名前変更されています。 この変更の詳細については、 してください。 現象 シナリオの例を次に示します。 Microsoft Office PowerPoint 2007 では、フッター情報を含むプレゼンテーションを保存します。 このプレゼンテーションは、Microsoft Office PowerPoint 2003 または PowerPoint の以前のバージョンで作成されています。 PowerPoint 2003 または以前のバージョンの PowerPoint でプレゼンテーションを開くと、フッター情報がテキストボックスに表示されます。 [ ヘッダーとフッター ] ダイアログボックスでフッター情報を編集することはできません。 原因 この現象は、PowerPoint 2007 が以前のバージョンの PowerPoint とは異なる方法でフッターフィールドを処理するために発生します。 状態 この動作は仕様です。 詳細情報 Powerpoint 2003 および以前のバージョンの PowerPoint では、フッターフィールドの表示場所は固定されています。 フッターフィールドは、[ ヘッダーとフッター ] ダイアログボックスでのみ編集できる特殊なフィールドとして構成されています。 PowerPoint 2007 では、フッターフィールドは、[ ヘッダーとフッター ] ダイアログボックスで編集できないテキストボックスとして構成されています。 ただし、PowerPoint 2007 では、スライドマスターを使用せずに、各スライドのフッターフィールドの位置や形式を直接設定することができます。 PowerPoint 2007 で、フッター情報があり、PowerPoint 2003 または PowerPoint の以前のバージョンで作成されているプレゼンテーションを開くと、[ ヘッダーとフッター ] ダイアログボックスでフッターの設定を確認できます。 さらに、これらの設定は、以前のバージョンの PowerPoint のフッター設定と同じであることを確認できます。 ただし、PowerPoint 2007 でプレゼンテーションを保存した後、PowerPoint の以前のバージョンで再び開くと、[ ヘッダーとフッター ] ダイアログボックスでフッターの設定が表示されません。 さらに、フッター情報がテキストボックスに表示されます。 この現象は、フッターフィールドが PowerPoint 2007 のテキストボックスとして保存されるために発生します。 動作を再現する手順• PowerPoint 2003 を起動します。 [ 表示] メニューの [ ヘッダーとフッター] をクリックします。 [ ヘッダーとフッター ] ダイアログボックスで、[ スライド] タブの [ 日付と時刻] チェックボックスをオンにして、[ 自動的に更新する] チェックボックスをオンにし、[ フッター ] チェックボックスをオンにして、任意の文字を入力します。 [適用] をクリックします。 フッターの設定が適用されることに注意してください。 [ ファイル] メニューで [ 保存] をクリックします。 [名前を 付けて保存] ダイアログボックスで、[ ファイル名] ボックスに名前を入力し、[ 保存] をクリックします。 [ ファイル] メニューの [ 終了] をクリックして PowerPoint 2003 を終了します。 PowerPoint 2007 を起動します。 Microsoft Office ボタンをクリックし、[ 開く] をクリックします。 [ 開く] ダイアログボックスで、手順6で保存したファイルをクリックし、[ 開く] をクリックします。 [ ヘッダーとフッター ] ダイアログボックスが表示されます。 PowerPoint 2003 で設定したすべての設定が適用されることに注意してください。 [ ヘッダーとフッター ] ダイアログボックスで、[ キャンセル] をクリックします。 Microsoft Office ボタンをクリックし、[ 保存] をクリックします。 Microsoft Office ボタンをクリックし、[ PowerPoint の終了] をクリックします。 PowerPoint 2003 を起動します。 [ ファイル] メニューで、[ 開く] をクリックします。 [ファイルを 開く] ダイアログボックスで、PowerPoint 2007 で保存したファイルをクリックし、[ 開く] をクリックします。 [ 表示] メニューの [ ヘッダーとフッター] をクリックします。 フッター情報がテキストボックスに表示されることに注意してください。 この情報は、[ ヘッダーとフッター] ダイアログボックスでは編集できません。 関連記事.

次の

デジタル:[パワポ]編集できない文字を消すにはどうする? 「スライドマスター」機能をマスターせよ!(GetNavi web)

パワーポイント フッター 編集 できない

ヒント: [ 3 枚] というオプションには、ラインが使われていますが、これは、プレゼンテーションを見る人がメモを取るのに使用するものです。 向きを設定する:• [ 配布資料の向き] をクリックして、[ 縦] または [ 横] をクリックします。 スライドのサイズを設定する:• PowerPoint によってコンテンツを自動的に拡大縮小できない場合、メッセージが表示されます。 スライドのサイズを拡大している場合は、[ 最大化] を選んでスライドのコンテンツのサイズを拡大します。 このオプションを選ぶと、コンテンツがスライド上にちょうど収まらない場合があります。 [ サイズに合わせて調整] を選んでスライドのコンテンツのサイズを縮小します。 このオプションを選ぶと、コンテンツは縮小表示されますが、スライド上にコンテンツをすべて表示することができます。 ヘッダーとフッターは [ プレースホルダー] グループで調整できます。 既定では、プレースホルダーは、配布資料のマスター ページの上部コーナーおよび下部コーナーに表示されています。 テキスト プレースホルダー ヘッダー、 フッター、 日付、 ページ番号 でクリックして、変更します。 次のようなことができます。 テキストの図形と外観の書式を設定する: 目的のテキストを選択し、[ 書式] タブと [ ホーム] タブのオプションを使用して変更します。 テキストのプレースホルダーを変更する : ドラッグ操作でテキストのプレースホルダーを移動します。 また、テキスト ボックスのサイズ変更ハンドルを使用してサイズを変更します。 配布資料マスターで、ヘッダーとフッターのプレースホルダーの移動、サイズ変更、書式設定を行うことができます。 また、印刷の向きを設定し、配布資料ページあたりに印刷するスライドの数を指定することもできます。 1 配布資料の各ページに印刷するスライドの数を指定する 2 ヘッダー プレースホルダーのサイズ変更、書式変更、または移動を行う 3 フッター プレースホルダーのサイズ変更、書式変更、または移動を行う 配布資料のオプションを表示するには、次の操作を行います。 [ 表示] タブをクリックします。 必要な変更を行います。 [ 配布資料マスター] タブの [ 閉じる] グループで、[ マスター表示を閉じる] をクリックします。 Microsoft Office ボタン 、[ 保存] の順にクリックします。 次の見出しを選択して開くと、詳細な手順が表示されます。 ツールバーのリボンで、[ 表示] タブ、[ 配布資料マスター] の順に使用します。 リボンの [ 挿入] タブで、[ 挿入]、[ 画像] または、画像の取得元に応じて、[ オンライン画像] などの別のボタン の順に選択します。 必要な画像を探して選択し、[ 挿入] を選択します。 ページの中央に画像が挿入されます。 画像を目的の場所にドラッグして、必要に応じて画像のサイズを変更します。 その他の書式設定のオプションを表示するには、[ 図ツール] の [書式] タブをクリックします。 追加情報• 配布資料マスターの変更内容は、やノート マスターには適用されません。 配布資料マスター ページで スライド プレースホルダーのサイズを変更することはできませんが、ヘッダー、フッター、ページ番号、日付のプレースホルダーのサイズは変更できます。 関連項目.

次の

PowerPoint プレゼンテーションを開くときにフッターを編集できない

パワーポイント フッター 編集 できない

PowerPoint for Microsoft 365 PowerPoint 2019 PowerPoint 2016 PowerPoint 2013 PowerPoint 2010 PowerPoint 2007 PowerPoint スライド ショーを実行するときに添付されるノート ページを作成して印刷することができます。 印刷されたノート ページの半分にはスライド サムネイル、残りの半分には発表者のノートが表示されます。 ノート ページにページ番号、フッター、ヘッダー、または日付を追加する• [ ヘッダーとフッター] ダイアログ ボックスが表示されます。 [ ヘッダーとフッター] ダイアログ ボックスで、[ ノートと配布資料] タブを選択します。 印刷されたノート ページに表示する項目のチェック ボックスをオンにします。 次に、ノートの各ページの上部または下部に表示するテキストを入力します。 既定では、[ ページ番号] がオンになります。 印刷されたノート ページに表示しない場合は、このチェック ボックスをオフにします。 [ 日付と時刻] には、以下の日付スタンプの書式設定オプションがあります。 目的 操作 プレゼンテーションが開かれるたびに更新される日付と時刻を追加します。 [ 自動的に更新する] を選択します。 次に、目的の日付や時刻の形式を選択します。 固定の日付と時刻を追加する [ 固定] をクリックして、日付と時刻を入力します。 [ プレビュー] 画像には、オンになっている項目が表示されます。 [プレビュー] 画像の四隅に 4 つの狭い四角形が表示されます。 太字の四角形は、印刷されたノートで項目がオンになっていることを示します。 この例では、ヘッダーとページ番号がオンになっています。 [ すべてに適用] を選択します。 リボンの [ ビュー] タブで、[ ノート ページ] を選択して変更の効果を確認します。 ファイル名とファイル パス PowerPoint では、ファイル名やパス名の自動挿入はサポートされていません。 代わりに、上記の手順に従って、指定されたテキスト ボックスにファイルまたはパスを入力します。 ノートにロゴやその他の画像を追加する ノートのページに画像を追加するには、次のようにしてノート マスターを編集します。 ツールバーのリボンで、[ 表示] タブ、[ ノート マスター] の順に選択します。 リボンの [ 挿入] タブで、[ 挿入]、[ 画像] の順に選択します。 目的の画像を探して選択し、[ 挿入] を選択します。 ページの中央に画像が挿入されます。 画像を目的の場所にドラッグして、必要に応じて画像のサイズを変更します。 その他の書式設定のオプションを表示するには、[ 図ツール] の [書式] タブをクリックします。 ノートからヘッダーとフッターの情報を削除する• 任意のスライドを選択します。 [ 挿入]、[ ヘッダーとフッター] の順にクリックします。 [ ヘッダーとフッター] ダイアログ ボックスで [ ノートと配布資料] タブをクリックし、ヘッダーまたはフッターから削除するオプションのチェック ボックスをオフにします。 [ すべてに適用] を選択します。 リボンの [ ビュー] タブで、[ ノート ページ] を選択して変更の効果を確認します。 これらの変更は、スライド自体のヘッダーやフッターには影響しません。 印刷されたノート ページにのみ影響します。 関連項目.

次の