赤 マント ゲーム。 『赤マント』評価は「非常に好評」:都市伝説の怪人に追われるアクションホラー【ゲームレビュー】

Steam で 20% オフ:Aka Manto

赤 マント ゲーム

赤い部屋。 恐怖のwebサイト インターネットをしていると突然に現れるという、真っ赤な背景に、黒字で一言、「あなたは好きですか?」と書かれたポップアップ広告。 この広告は消すことができるが、消しても消しても、なんども現れる。 そして、消して再び現れるたびに、「あなたは」と「好きですか」の間から、隠れていた文字が左にずれて、最終的には、「あなたは赤い部屋が好きですか?」となる。 そしてその言葉がはっきりと現れた直後、突然、真っ赤な背景に、真っ黒の文字で、人間の名前がびっしり書かれた、謎のWebサイトが表示される。 そのウェブサイトを見た人間は、自ら命を絶つか、あるいは何者かに 襲われ、部屋中を血で真っ赤に染めるという。 そして、その新たな犠牲者の名前が、その謎のウェブサイトに追加されるのである。 赤いクレヨン。 残された秘密 ある夫婦が意見を購入した。 中古物件ながらそこそこ綺麗で、夫婦はとても満足していた。 しかしある日。 妻が、赤いクレヨンが落ちているのを見つけた。 前の住人の忘れ物だろうと思って、ゴミ箱に捨てたが、次の日も、その次の日も、なぜか同じ場所に赤いクレヨンが落ちている。 そこで、その場所の周囲を調べてみると、どうも、外からならわかる、もうひとつの部屋があるようだった。 さらに家の図面にも、心当たりのない部屋がひとつあった。 そこでふたりが、その部屋に続くだろう壁紙をはがすと、 そこには、釘打ちされた扉が現れた。 釘を抜き、その扉を開くと、小さな部屋 があって、そしてその小さな部屋には、赤い文字に よって埋め尽くされていた。 「おとうさん、おかあさん、ごめんなさい、ここからだして、おとうさん、おかあさん、ここからだして、ごめんなさい、ごめんなさい、おとうさん、おかあさん、ここからだして、ごめんなさい」 赤い車。 追いかけてはならない 走行中の車の背後に、突然現れることがあるという、無人の赤い車。 片方のサイドミラーが壊れているそうである。 この車はかなりのスピードで、大抵の場合、追い越されてしまうがらその後について行こうとすると、 通行止めの道なのに突っ込んで大惨事になるという。 一方で、特に害はないのだが、翌日に、この赤い車の方が事故にあっていて、潰れている、というパターンの話もあるという。 赤マント。 子供達を恐怖に陥れてきた怪人 不死身なのか、世代交代しているのか。 1930年代頃から、時おり現れる怪人。 夕暮れ時に赤いマントを羽織って現れ、子供を連れ去らい、その命を奪うとされる。 1936年と1937年は、この謎の怪人が現れた初期の頃とされ、子供だけでなく、とにかく無差別に人を襲いまくり、その犠牲者達を、警察や軍隊が片付けて回っている、という噂すら流れていたという。 また、子供の前に現れて、「赤いマントはいらんかい?」と問いかけ、「いる」と返してしまった子供を、隠し持っていたナイフで襲う、という話もある。 吸血鬼という説がある。 青いもの。 図工室の何か ある小学校で、二人の生徒が教室に残って、図工の作業を行っていた。 夕方6時頃。 作業も一区切りついたので帰りの用意を始めた二人。 しかしその時突然、教室が白く霞んできて、また、青い何かが突然、教室の前を横切った。 その青い何かは、図工室へと入っていたようだった。 二人の生徒のうち、一人は怖くなって帰ったが、もう一人は、さっきの青いのがいったい何だったのか、確かめてみようと考えた。 そして、一人、図工室へ様子を見に行ったその生徒は、行方不明となってしまった。 それから少しした、ある時。 授業前の準備のために図工室にきていた図工係の生徒が、 彫像のひとつに、妙な違和感を感じた。 よく見るとそれは見覚えのある顔。 それから後、その学校では、夜になると図工室から、「帰りたいよ」という泣き声が聞こえてくるようになったという。 青い紙。 消えるトイレットペーパー ある学校の2階の男子トイレの最も奥の個室は、別に使われてる訳でもないのに、トイレットペーパーを入れ替えても入れ替えても、なくなってしまう、という現象が起きていた。 ある一人の男子生徒が、その個室で用を足していたが、やはり紙がない。 しかし困っていると、どこからか、「青い紙はいりませんか?」という声が聞こえてくる。 男子児童はあまり深く考えず、「いります」と答えた。 すると何者かが突然、まったくどこからか、男子生徒に襲いかかってきたのだという。 青い目の人形。 悲しい西洋からの贈り物 1927年3月3日。 外交の一環として、アメリカから日本に、1万体以上の人形が送られてきた。 それらは、「青い目の人形」と呼ばれ、親しまれたが、第二次世界大戦の頃、反米政策で、そのほとんどが処分されたとされている。 そして、戦後。 ある学校では、真夜中に、校舎の2階から、「ママー」と 叫ぶ、悲しげな声と、小さな足音が聞こえてくると、噂されていた。 その悲しげな声を実際に聞いた、ひとりの教師は、下宿先のおばあさんにその話をしてみた。 すると、おばあさんはその原因に心当たりがあるようだったので、教師はさっそく次の日の放課後、学校におばあさんを呼んだ。 彼女はすぐに、2階の家庭科室に行き、天井裏に隠してあった西洋人形を見せてくれた。 戦争時代の事。 処分されようとしていたその人形を、かわいそうに思った彼女は、こっそりとそれを盗み出して、隠していたのであった。 色々な感情が渦巻く中で、おばあさんは人形を抱きしめた。 以後、人形の声が、その学校に響くことはなくなったという。 青いハンカチ、赤いハンカチ ある学校の教師が、夜の見回りの最中に、トイレに行きたくなった。 それで、トイレに行って、用を足したのだが、いきなり天井から、「青いハンカチと赤いハンカチのどちらが欲しい?」という声が聞こえてきた。 教師はこの手の話を知っていた。 そこで「いりません」と返したが、 謎の声は、何度も何度も同じ質問を繰り返してくる。 そしてついに、恐怖を感じながらも教師は質問に答える事にする。 赤は、危なげだから、「青だ」と答えた。 するといきなり、彼は全身から血を抜かれ、文字通り真っ青になってしまった。 赤い玉、青い玉 学校のトイレの鏡に現れるという。 子供に対し、「赤い玉と青い玉のどっちが欲しいかい?」と尋ねてきて、「欲しい」と言った方の玉をさしだしてくる。 しかし、その時に赤い玉に触れた子供は、焼け死んでしまう。 青い玉に触れてしまった場合は、水が流れてきて、溺れ死ぬ。 青い玉を選んでしまった場合に、溺れる前に泳いで逃げようとしても、結局は赤い玉を投げつけられてしまうのだとされている。 赤い糸、青い糸、白い糸 学校の男子トイレの、2番目の個室に入ると、現れる事があるという。 頭上から蜘蛛が、赤、青、白の糸をそれぞれ垂らしてくる。 この時に赤い糸に触ったら、いつのまにか4番目の個室に移動してしまっている。 青い糸に触ったら、人間の顔をした蜘蛛が2匹現れる。 白い糸に触ると、何か不思議なことが起こるとされている。

次の

【Steam】夏の始まりに……戦慄のPCホラーゲーム特集

赤 マント ゲーム

どんなゲーム? 本作は一人称視点の鬼ごっこ&かくれんぼゲームです。 舞台は雨の降る夜の廃校。 そこには赤いマントに白い仮面を付けた都市伝説の怪人・赤マントが現れるとの都市伝説があります。 いじめっ子の2人に命じられて、主人公は廃校を探検することになりました。 まずはどうやって校舎に入るかから始まります。 というのも、正面の入り口には板が打ち付けられて入れないからです。 校舎は木像で、ノスタルジックな雰囲気が良く出ていますね。 ゲーム画面ですが、初代プレイステーションのようなローポリゴン&ローテクスチャの効果も相まって、全体的に暗いです。 見づらい場所も多いですね。 ゲームの難度ですが、『雪女』よりも難しい気がします。 アイテムも3つしか持てないので、なにを持つかなども考えなければなりません。 またホラーゲームとしては、『雪女』よりも怖いと思います。 学校という 身近な シチュエーションだからなのかもしれません。 セーブもないので、マップや隠れるポイントを死にながら覚えていく感じです。 また謎解き要素もあるので、このあたりで時間がかかってしまう可能性もあります。 クリアには「あきらめない」という忍耐力も必要になるでしょう。 ユーザーの評価 本作のSteamでの評価は「 非常に好評(91%、92人中)」です。 良い点・悪い点を以下のまとめます。 総評 本作は『雪女』とおなじく、難度の高い鬼ごっこサバイバルゲームです。 木造校舎というシチュエーションも相まって、ホラーゲームとしての怖い雰囲気ができあがっています。 ゲームの難度は高く、セーブもないので、マップを覚えてなんとかするしかありません。 けっこう長時間プレイしてゲームオーバーとなると、心が折られてしまう可能性もあります。 そういうときは日を空けてプレイするのが精神的にもいいかと思います。 それと今回でチラズアート全6作品レビューが終了しましたが、6作品のなかでおすすめはどれかといえば、筆者的には『犬鳴トンネル』か、アクションホラーであれば本作をおすすめします。 『犬鳴トンネル』は実在しているトンネルが舞台ですし、旅行している感じがあって良いですね。 今後、また新作が出たらレビューしたいと思います。

次の

【ホラー実況】#1『赤マント』の怪人が襲い来る・・・声優 花江夏樹が大絶叫!【Aka Manto】

赤 マント ゲーム

コンテンツ• 怪人赤マントの話 伝えられている話は、シンプルなものである。 幽霊が学校のトイレに現れるというのだ。 「赤マント」と呼ばれるそれは、トイレに入ってきた人に、 「赤いマントはいらんかね? 」と、尋ねるそうだ。 「欲しい」と応えると突然、天井からナイフが落ちてきて、体にグサリと突き刺さる。 傷口からドッと血が吹きだす。 まるで、赤いマントをかけられたように体を染めあげていく。 学校の怪談の一種である。 それだけに、日本各地で語り伝えられ以んてんている。 この話は、 「赤いチャンチャンコ」「赤い半纏」とも呼ばれ、1980年代に稲川淳二がよくラジオで喋っていた。 怪人赤マントの別話 また、違う話もある。 「赤いマント売り」というパターンでは、牛万のような刃物を持った男が、問いかけに対する受け答えを間違えた相手に襲いかかる。 赤マントが発する質問は、いくつかのパターンがあり、赤いマントと青いマントのどちらがいいかを尋ねできたりもする。 質問のパターンに応じた正しい答えがあり、間違った受け答えをすると、それぞれの答えに対応した結果がもたらされるというわけだ。 また、赤マントと対をなす存在として青マントが設定されることもある。 最初の質問で赤いマントか青いマントを選ばせ、青マントを選ぶと体内の血を抜かれて真っ青に青ざめて死ぬ、というのもある。 話の起源は古く、第2次世界大戦前の京都から、との説があるが、決定打ではない。 怪人赤マントの話は実際に警察を動かしたこともある 実体を見せない怪異、赤マントとの関連が確認されているわけではないが、昭和ロ年ころ、実際に「怪人赤マント」が現れて、警察が出動する騒ぎがあった。 「赤マントの怪人があちこちで殺人を犯し、軍部や警察が隠密裏に被害者の死体を片づけている」というタレこみがあったのだ。 ただ、この事件は、のちの捜査で、流布したデマを元にした騒ぎであったようだ。 講談社現代新書の「悪魔の話」 池内紀著 に、昭和日年頃に流れた赤マントの人さらいの噂に関する報告がある。 赤いマントを身につけた怪人が少女を誘拐し、暴行して殺すという内容だ。 そういった事件は、東京台東区の谷中墓地の近くで実際に発生したようだ。 噂は東京のみならず大阪にまで伝わっている。 事件発生当時、現場近くで加太こうじ作の紙芝居「赤マント」が上演されていたとの「おまけ情報」まで付け加えられていた。 この話は、発生時期の近い、昭和ロ年ころの「怪人赤マント」の流れを汲むもの、あるいは混同されたものなのだったのだろうか。 怪人赤マントの真相 いずれにせよ、話の発生時期は、 第2次世界大戦の予兆を思わせるキナ臭い動きが見え隠れする時期だった。 昭和の金融恐慌など、暗い話題が多い時期で、先行き不透明な情勢の中、軍部が影響力を増し、陰に陽にプレッシャーをかけはじめた時期でもある。 こういった社会不安を踏まえて、「赤マント」の成立には、当時の子供たちの憲兵隊に対する潜在的な恐怖が関係しているという分析もなされている。 子供にとって、マントは憲兵隊の象徴だった、というのである。 ナチス・ドイツの強制収容所内で、ユダヤ人の子供たちが、親衛隊の悪逆ぶりをまねた遊びをして、根強い抗議を行ったという優れたハンガリー人の研究報告があるように、 時代の鏡のように、子供たちの心は、大人の脅えを映すのである。 確かに話の発生時期は、軍事クーデター 「二・二六事件」「五・一五事件」 や恐慌など、社会不安が噴出した時期と一致している。 ちなみに、情報伝達手段の限られた当時において、ほぼ純粋にクチコミだけで伝播。 1940年1月ころから東京を起点に東海道を経て大阪まで流布したようだから、クチコミの威力もすごいものである。

次の