膝 イラスト。 膝の痛み・解消ストレッチ【はつらつライフ】

『外反膝・内反膝(X脚とO脚)』・『スラスト現象』を解説!-変形性膝関節症の治療法

膝 イラスト

3 ボール体操 ボウルの幅と弾力を利用 1セット=20回 床に腰をおろし膝を少し曲げ、膝に当たらないようにももの間にボールを入れる。 ももにゆっくり力を入れてボールを強くはさみ、5秒間静止して、力を抜く。 ポイント ボールは直径20cmくらいのものが使いやすい 注意すること ボールを持ち上げたり、膝を曲げすぎると、 膝が安定しないので、ボールは床につけて行う ボールの代わりに硬めのクッションや タオルを丸めて使ってもよい 4 膝伸ばし体操 ゆっくり上げ下げするのがコツ 1セット=左右各20回 脚を前に伸ばして床に座り、二つ折りにした座布団を膝の下に置く。 膝は自然に軽く曲げて、かかとを床につける。 片方のかかとを上げてひざを伸ばし、5秒静止して、ゆっくり戻す。 20回繰り返したあと、反対側の脚も同様に。 5 椅子で脚上げ体操 腰に負担をかけずに、膝痛を解消 1セット=左右各20回 椅子にに浅めに腰かけ、手は椅子のふちを持つ。 片方の脚を直角に曲げ、もう片方の脚は伸ばすか、少し曲げて前方に置く 膝はそのままの形で、ももの筋肉の力でかかとを床から10cm上げる ポイント やや前かがみの姿勢で 膝の痛みが強い方は ここに注意 脚を上げる時に膝を曲げ伸ばしすると、 膝関節に負担がかかってしまう 膝の痛みが強い方は ここに注意 背すじを伸ばして座ると、 腰に負担がかかるので注意 膝の痛み体操は両足均等に 左右の脚を順番に片方づつ行う体操では、 必ず左右の脚を 均等に動かしましょう。 片方の膝だけが傷む場合でも、痛みのため 両脚にかかる体重の バランスが悪くなり、 もう片方も痛くなる可能性が高いからです。 また、左右の筋肉をバランスよく鍛えるためにも 必要なことです。 電 話 072-811-5170 ファックス 072-811-5175 ファックス注文用紙 メモ用紙に品名・住所・氏名・電話番号を記入し ファックスしていただいても結構です。 <送料・お支払い方法> 送料(日本全国共通・含む北海道・沖縄・離島) お買上金額合計 4500円以上・・・送料無料 4500円未満・・・550円 お支払い方法 安心の料金後払い。 商品と到着後に、郵便局・銀行でお支払いください。 (振込手数料はお客様でご負担ください。 ) 代金引換もご利用いただけます。 (代引き手数料無料) <商品発送> 商品発送 80%の商品は3日以内に発送しています。 宅配業者 ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便 サイズ交換・商品返品 万一、不良品やサイズが合わない場合はすぐに交換 いたします。 (使用済み商品にも対応いたします。 ) 商品返品時の送料は、お客様ご負担でお願いいたします。 072-811-5170 Fax:. 072-811-5175 担当:角野(かどの)俊三 メール.

次の

『外反膝・内反膝(X脚とO脚)』・『スラスト現象』を解説!-変形性膝関節症の治療法

膝 イラスト

膝関節の構造・名称1(前方と断面) 膝関節の構造・名称2(前方と側面) ・半月板(はんげつばん) ひざ関節の左右に1対ずつある三日月状の軟骨組織で、それぞれ外側半月板(がいそくはんげつばん)、内側半月板(ないそくはんげつばん)という。 半月板の上部は凹の形をしており、凸の形をした大腿骨の先端と合致する受け皿のようになっている。 膝関節を安定させる働きと、ジャンプした時などの膝への衝撃をやわらげるクッションの役割をもつ ・軟骨(なんこつ) 関節を構成している骨の表面 先端 をおおう4〜5mmほどのツルツルしたクッション材。 コラーゲンが主成分でスポンジのような構造をしている。 軟らかく弾力性があり、骨と骨が直接ぶつかるのを防ぎ、関節のスムーズな曲げ伸ばしを実現している。 関節軟骨に圧力が加わると潤滑液がしみ出し、圧力が減ると関節液が吸い取られ関節液中の栄養が軟骨に補給される ・関節包(かんせつほう)・滑膜(かつまく)・関節液 「関節包」は関節を包む袋状の組織。 その中には透明で粘り気のある「関節液」が入っている。 関節包の内側(関節腔)には滑膜という組織があり、関節液を分泌して関節の動きを滑らかにする。 また、滑膜は関節の軟骨に栄養を供給する。 大腿直筋(だいたいちょくきん)、外側広筋(がいそくこうきん)、中間広筋(ちゅうかんこうきん)、内側広筋(ないそくこうきん)の4つの筋肉の総称で、主に膝を伸ばす働きをする ・ハムストリングス 太ももの裏側の筋肉群。 半腱様筋(はんけんようきん)、半膜様筋(はんまくようきん)、大腿二頭筋(だいたいにとうきん)の3つの筋肉の総称で、主に膝を曲げる働きをする ・腓腹筋(ひふくきん) ふくらはぎの筋肉。 膝の裏側で大腿骨とつながっている。 つま先を上げるように足首を曲げる働きをする ・膝窩筋(しつかきん) 膝の裏側にある小さな筋肉で、大腿骨の外側と脛骨の内側を結んでいる。 膝の後方外側の安定性を守り、膝関節を伸ばしたり、内側から外側にひねる(内旋(ないせん))機能をもつ.

次の

『外反膝・内反膝(X脚とO脚)』・『スラスト現象』を解説!-変形性膝関節症の治療法

膝 イラスト

こんな医療記事、見たことない! この記事は、日本一分かりやすい変形性膝関節症のコンテンツを目指して作成しています。 一般の方には必要ない専門的な情報を省き、図やイラストを多用することで、サッと読むだけ( 赤太字だけを読めば、1~2分で概略が分かる。 )でも理解できるようにしました。 医師監修のもと、信頼性の高い情報のみを取り上げています。 歩き始めに膝が痛む。 階段を降りるときに膝が痛い。 でも、動いていないときには痛みが治まるからと、ついつい放置している膝の痛みはありませんか? 痛みが繰り返し起きるようなら、それは 変形性膝関節症の始まりかもしれません。 たいしたことはないと油断していると、 歩くたびに痛みが出たり膝が腫れたりすることもあります。 症状が悪化すると手術が必要になることもあるため、早めに対策をとることが大切です。 この記事では、 変形性膝関節症の 原因や 症状・ 治療方法について、イラストや図を使って分かりやすく解説します。

次の