カレー うどん 作り方。 冷やしカレーうどんのレシピ「冷凍麺でどこよりも簡単に作る」

冷やしカレーうどんのレシピ「冷凍麺でどこよりも簡単に作る」

カレー うどん 作り方

みんなが好きなカレーうどん 国民食は何かと問われたらラーメンかカレーライスか・・・なんだそうです。 残念ながらうどんはまだそこまでたどり着けないようです。 で名案。 カレーうどんで攻めてみましょう。 カレーラーメンよりやはりカレーうどんでしょう。 ・・・張り合ってどうする。 (笑) 一食しか食べないときに選ぶうどんは・・・意外とカレーうどんて多いと思いませんか。 なんだかそのお店の隠れた実力が出るような気がしてなりません。 うどんのクオリティというよりもカレーのできあがり具合に注目してしまいます。 今日はお店の紹介ではなくカレーうどんの作り方を紹介します。 ほんのりと薄茶になるまで炒めるとあとの風味がよい。 カレー粉を加えてまんべんなく炒めて塊ができないようにする。 カレーの香が強くなる。 透き通ってキツネ色になるまで炒めたら水と固形スープ、塩を加えて煮込みます。 少しずつダマができないように丁寧に伸ばしていきます。 できあがったスープがカレーベースです。 隠し味に砂糖と醤油をお好みで適当に加えます。 私の場合は5人前で砂糖大サジ1杯です。 醤油も大サジ1杯程度です。 さらさらのカレースープがお好きな場合は片栗粉は使わなくてもよいです。 牛肉でもよいですし海老やイカなど海鮮材料でもよいでしょう。 カレーは上からかけてもよいですし、鍋で一度煮込んでもよいです。 熱々のところをふうふう言いながら食べると気分爽快間違いなし。 辛いのが苦手な人はカレー粉の量を加減したり、最後に牛乳を加えて加熱して流行のクリーミータイプカレーうどんに仕上げても良いと思います。 薬味は細ネギか白髪ネギがよいでしょう。 カレースープが残ったら迷わずご飯を入れてカレー雑炊。 食べ過ぎに注意の誘惑の逸品となります。

次の

冷やしカレーうどんのレシピ「冷凍麺でどこよりも簡単に作る」

カレー うどん 作り方

筆者撮影 カレーうどんの発祥と言われている東京で、人気のカレーうどんを30店舗ほどピックアップしてみたところ、断トツ1位で入っていた具が「玉ねぎ」でした! その次に、豚肉・エビ天・かまぼこと続き、他には油揚げ・ちくわ天・野菜の素揚げ・もち・チーズ・味玉や温玉など。 薬味としてわけぎがのっているものも多かったです。 総じて言えることは、カレーライスとうどん(そばも含む)に入っている具材なら、大体マッチしてしまうということでしょうか。 カレーうどんの懐の深さが感じられます。 カレーうどんを作る際、だしが効いた味にしたいのか?または、カレールーの味を前面に出したいのか?によっても、具材選びを調整することができます。 例えば…「だしの風味が強めの汁」にするなら、通常のそばやうどんに合う具材を優先して選び、「カレールーの風味が強め」ならカレーライスに合う具材を選ぶことをおすすめします。 【レシピ】めんつゆで簡単!残りのカレーでつくるリメイクカレーうどん!とろみの付け方がポイント• 市販のめんつゆを、うどんつゆと表記されている水の量で希釈します。 2倍濃縮なら、めんつゆ100ml:水100mlで200mlになります。 鍋に希釈済みのめんつゆ・カレーを入れ、かき混ぜながらひと煮立ちさせます。 水溶き片栗粉を加えてさらにひと煮立ちさせてください。 カレーに入っているじゃがいもは煮込むことでとろみの素にもなります。 片栗粉を入れる前にすでにとろみがある場合は、入れる片栗粉の量を調節してくださいね。 別の鍋でうどんをゆで、器に盛ります。 3の上に2をかけて完成です! めんつゆはかつおだしのものがおすすめです。 今回使用したのは「ヤマキ かけでおいしいめんつゆ」です。 ヤマキ かけでおいしいめんつゆ 1.

次の

簡単 お鍋ひとつでカレーうどん 作り方・レシピ

カレー うどん 作り方

秋から冬へと季節が移り替わる11月。 そろそろホットなうどん料理が食べたくなる頃ではないでしょうか。 グツグツと煮込んだ鍋焼きうどんや辛味のきいたチゲうどんなど、たまには手間ひまかけたこだわりのうどん料理もいいですが、「できるだけ簡単に」「外さない王道の味を手軽に」という方にはレトルトカレーを使ったカレーうどんがおすすめです。 今回は、食材を買いだめする習慣のない単身者の方や家族と離れて暮らす一人暮らしの方にもってこいのレトルトカレーを用いたカレーうどんの作り方と、トッピングにおすすめの食材をご紹介します。 一人暮らしの強い味方!「レトルトカレーうどん」 星の数ほどあるといわれるレトルトカレーは、どれを選べばいいのか迷ってしまうもの。 そんなときは、まずは自分が食べたいカレーのジャンルをしぼってみましょう。 洋食屋などで食べられるような本格的な味を求める方は欧風カレー、サラサラと食べたいならスープカレー、スパイシーな味を求めるならインドカレーやタイカレーなど、選択肢や味のバリエーションが広いだけに「ちょっと好みじゃなかった...... 」といったような"失敗"も減ります。 まずはお好みのジャンルをしぼり込んで、そこから徐々に広げてみましょう。 地元PRを兼ねているとあって、使用する食材はもちろん、こだわりを追求したちょっと贅沢なレトルトカレーが多いのも特徴です。 また、現地まで訪れずともさまざまな地域の名産品を食べられるため、ちょっとした旅行気分も高めてくれるでしょう。 もちろん、ドロドロとした濃厚なカレーを楽しみたい方は水やめんつゆを入れずにカレーだけにしてみてもいいでしょう。 その際にぜひ試したいのが、レトルトカレーうどんをより一層おいしくするトッピング。 カレーにはもともと相性のよい食材や調味料が多くあるので、うどん料理に応用してみるのもおすすめです。 カレーに合うトッピングといえば、温泉卵やチーズが王道。 まろやかで深みのある味わいが楽しめるでしょう。 調味料でいうと、カレー愛好家の中にはラー油にハマる方も少なくありません。 カレーの旨味を残しつつ辛さが増すため、辛いカレーが好きな方にもってこいです。 そのほか、お好みソースやステーキソースなどを隠し味として取り入れる方も。 「いつものカレー」に飽きたら、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。 意外な発見があるかもしれません。 ここで紹介したものはほんの一部。 ぜひ、ご自身のお好みにマッチしたカレーうどんを探してみましょう。 冷凍うどんなどの食品製造・販売を行うキンレイのオンラインショップでは、出汁や麺、具材が一つになった「お水がいらない カレーうどん」をラインナップ。 関西風の出汁がきいたカレーうどんは、温めるだけで手軽に食べられますよ。 ぜひお試しください!.

次の