松原 照子 予言。 東京オリンピックは中止!予言者の松原照子さんが断言したその内容とは!?

松原照子【最新予言】幸福への近道で断言!「地震は必ず起こる」

松原 照子 予言

まず、経済関連の世見だが、昨年12月16日のブログ記事には、「株価の上昇も、もしかすると馬の目の前に吊るした人参かもしれません。 来年はあまり欲を出さずに静観している方がいいように思います」(松原照子、ブログ「幸福への近道」より)とあるので、株をやっている方々は、大損しないように注意したほうがいいだろう。 今後の世界の気象の変動については、昨年12月9日のブログ記事で、「2025年には現在より1. どうも地球温暖化の結果としてそうなるらしい。 同じ記事では、「大都市の大停電。 それと、家や車が天高く舞い上がっています」とあるが、一体どんな大災害が起きるというのだろうか。 そして、松原氏の予言の中で、読者の多くが知りたいと思っているのは、やはり地震・津波などの自然災害に関することだろう。 1月12日の記事では、「今後の地震について」と題して、今後揺れそうなところをいくつか指摘している。 ・日本・中国・韓国間で、とてつもないことが起きる!? 最後に、地震以外の重要な予言に目を向けると、4月4日の記事では、「とても嫌なものを感じるのです。 何か途轍もない出来事に我国が巻き込まれそうで心配なのです」とあり、その直後に、中国・韓国に目を向けてほしい旨のことを書いていて、どうも上記の「途轍も無い出来事」というのは、この2つの国に関連したことなのかもしれない。 そして「尖閣諸島に竹島。 このままで行くと日本からこの名前が姿を消す気がします。 自衛隊が軍隊にならないことを願わずにおれません」と、意味深な記述が続いているが、これが現実になったら、確かに途轍も無いことが起きた結果ということだろう。 このように、松原氏の今年以降の予言は、日本にとって現実になったら大変という物騒なものばかりだが、筆者の長年の研究によれば、いくら有能な予言者でも、予言が当たる場合よりもはずれることの方が確率的に多いので、これらの予言も、なんとか起きない方向に向かってほしいものだ。 (文=百瀬直也).

次の

予言で有名な?松原照子さんのガバジャラミタ、毎朝やってます♪

松原 照子 予言

松原照子さんは、 2019年2月号の雑誌「ムー」で新型ウイルスが流行するという記事を書いています。 これは、今流行しているコロナウイルスのことなのでしょうか? 記事のタイトルが、 「新型インフルエンザが発生しパンデミックが宣言される!? 」です。 「この数十年間、 私たちが経験したことのなかったようなウイルスが発生し、人から人へと感染して大流行する 」 ー(中略)ー 「フェーズ6」 この数字が見えています。 それほど遠くない未来、パンデミック宣言が出されて、世界中を震撼させるでしょう。 ー(中略)ー 豚由来のウイルスが変異するだけではなく、その他の生物に由来するウイルスも、進化しようとしているように思います。 月刊「ムー」2019年2月号『松原照子の大世見』 実際の雑誌ですでに掲載されている記事です。 記事の内容は新型インフルエンザについてですが、コロナウイルスのことを言っているようにも感じます。 現時点(2020年2月26日)にはWHOが「フェーズ6(パンデミックフェーズ)」とは発表してはいません。 記事の最後の方で松原さんはこう書いています。 ぜひとも大成功を収めてほしい東京オリンピックが2020年に迫っています。 夏に発生しやすいように思えるこうした新型ウイルスが、2020年に発生しないことを願います。 月刊「ムー」2019年2月号『松原照子の大世見』 東京オリンピック中止も含めて、予言は的中するのでしょうか? 松原照子(まつばらてるこ)さんの生年月日は、1946年10月15日。 兵庫県神戸市で生まれました。 肩書は経営コンサルタントで、 株式会社SYO代表取締役 です。 本業は経営コンサルタントですが、ライフアドバイザーとして財界人へのアドバイスも行っているようです。 松原照子さんは自身のブログ 「幸福への近道」に世見として予言を発表しています。 原稿用紙に向かうと、自然と筆が動いて書くという自動書記で予言を書いています。 霊視のようなビジョンが見える能力も持っているそうで、この世ではない不思議な世界の住人たちと交信して知恵を得たりするそうです。 また、実際に地図に手をかざして異常のある場所を感じとり、それについて公言していたらしいです。 松原照子さんは、2013年ごろから東京オリンピックは中止になるという予言を発信しています。 松原さんのお話のしかたは、おっとりとしていて、決しておどろおどろしい感じではありません。 予言は当てることが目的ではないとはっきり松原さんは言っています。 オリンピック中止を予言した松原照子が過去に当てたものは? 松原照子さんが一躍話題となったのは、東日本大震災の被災地を指摘したことでした。 この予言は東日本大震災が起こる前の月に、自身のサイトの世見で発表されたものでした。 東日本大震災のほかに松原さんの当てた(?)予言をいくつか挙げます。 多くの財界人にアドバイスを行っていて、多くの著書もある松原照子さん。 経営コンサルタントとしての実力があってのことだと思います。 予言内容に関しては賛否両論あります。 松原さんは、自身のブログ「幸福への近道 」で 4000件超の投稿をしています。 膨大な予言の数で、ファンも多くいます。 東日本大震災の予言に関しては、ブログを震災発生後に更新日を操作したのでは?という疑惑もありました。 その真偽は分かりません。 月刊「ムー」では真偽を確かめて、本物だという見解を出していました。 松原照子さんの予言(世見)、信じるかどうかはあなた次第ということでしょうか?.

次の

予言で有名な?松原照子さんのガバジャラミタ、毎朝やってます♪

松原 照子 予言

松原照子さんは、 2019年2月号の雑誌「ムー」で新型ウイルスが流行するという記事を書いています。 これは、今流行しているコロナウイルスのことなのでしょうか? 記事のタイトルが、 「新型インフルエンザが発生しパンデミックが宣言される!? 」です。 「この数十年間、 私たちが経験したことのなかったようなウイルスが発生し、人から人へと感染して大流行する 」 ー(中略)ー 「フェーズ6」 この数字が見えています。 それほど遠くない未来、パンデミック宣言が出されて、世界中を震撼させるでしょう。 ー(中略)ー 豚由来のウイルスが変異するだけではなく、その他の生物に由来するウイルスも、進化しようとしているように思います。 月刊「ムー」2019年2月号『松原照子の大世見』 実際の雑誌ですでに掲載されている記事です。 記事の内容は新型インフルエンザについてですが、コロナウイルスのことを言っているようにも感じます。 現時点(2020年2月26日)にはWHOが「フェーズ6(パンデミックフェーズ)」とは発表してはいません。 記事の最後の方で松原さんはこう書いています。 ぜひとも大成功を収めてほしい東京オリンピックが2020年に迫っています。 夏に発生しやすいように思えるこうした新型ウイルスが、2020年に発生しないことを願います。 月刊「ムー」2019年2月号『松原照子の大世見』 東京オリンピック中止も含めて、予言は的中するのでしょうか? 松原照子(まつばらてるこ)さんの生年月日は、1946年10月15日。 兵庫県神戸市で生まれました。 肩書は経営コンサルタントで、 株式会社SYO代表取締役 です。 本業は経営コンサルタントですが、ライフアドバイザーとして財界人へのアドバイスも行っているようです。 松原照子さんは自身のブログ 「幸福への近道」に世見として予言を発表しています。 原稿用紙に向かうと、自然と筆が動いて書くという自動書記で予言を書いています。 霊視のようなビジョンが見える能力も持っているそうで、この世ではない不思議な世界の住人たちと交信して知恵を得たりするそうです。 また、実際に地図に手をかざして異常のある場所を感じとり、それについて公言していたらしいです。 松原照子さんは、2013年ごろから東京オリンピックは中止になるという予言を発信しています。 松原さんのお話のしかたは、おっとりとしていて、決しておどろおどろしい感じではありません。 予言は当てることが目的ではないとはっきり松原さんは言っています。 オリンピック中止を予言した松原照子が過去に当てたものは? 松原照子さんが一躍話題となったのは、東日本大震災の被災地を指摘したことでした。 この予言は東日本大震災が起こる前の月に、自身のサイトの世見で発表されたものでした。 東日本大震災のほかに松原さんの当てた(?)予言をいくつか挙げます。 多くの財界人にアドバイスを行っていて、多くの著書もある松原照子さん。 経営コンサルタントとしての実力があってのことだと思います。 予言内容に関しては賛否両論あります。 松原さんは、自身のブログ「幸福への近道 」で 4000件超の投稿をしています。 膨大な予言の数で、ファンも多くいます。 東日本大震災の予言に関しては、ブログを震災発生後に更新日を操作したのでは?という疑惑もありました。 その真偽は分かりません。 月刊「ムー」では真偽を確かめて、本物だという見解を出していました。 松原照子さんの予言(世見)、信じるかどうかはあなた次第ということでしょうか?.

次の