甘い もの が 食べ たい とき。 ダイエット中に甘いものが食べたい...!代わりの食べ物と対策を紹介

甘いものが食べたい理由9選!チョコ/ケーキ/生クリーム・足りない栄養

甘い もの が 食べ たい とき

その為に生理中はイライラして、『甘いものが食べたい』欲求にかられます。 血糖値はすい臓から分泌されるインスリンホルモンが深く関わっています。 通常はエストロゲンによりインスリンが分泌され、血糖値を安定させますが生理中にはプロゲステロンが多くなり、インスリン分泌が弱くなるので一時的に血糖値が高くなっているのです。 インスリンはこれを改善しようと分泌量を増やしてくるので、 今度は血糖値が下がりすぎてしまい脳が糖質を求めます。 甘いものを普段からたべる人は、インスリン分泌が高いのでホルモンの切り替えが上手くいかなくなり不調を起こしやすくなります。 実は砂糖は体を冷やすので、腹痛や腰痛にも繋がってしまいます。 多少は仕方がないとしても、出来るだけ控える方が生理期間を不快と感じることなく過ごせるので、 我慢できるなら我慢しましょう。 プロゲステロンの影響 プロゲステロンは妊娠に向けて体を作るホルモンですから、生理で増えると体に栄養を溜め込もうとします。 生理中のむくみもプロゲステロンの働きによるもので、 甘いものを食べ過ぎると確実に脂肪になってしまいます。 セロトニンの分泌が減るとイライラが募るので、生理中は自然に甘いものを体が欲しがるのですが、この期間はさらに蓄えやすいようになります。 我慢して余計にイラつくようなら、 スイーツよりフルーツや糖質の少ないダイエットおやつを選びましょう。 生理中に甘いものは食べても平気? 甘いものにも種類があるので、選べば食べる事でセロトニンが分泌されイライラは抑えられ、無駄なストレスは軽減されます。 だだ生理中に甘いものを食べ過ぎると、血糖値が上昇しインスリン分泌が増えるためにホルモンバランスが乱れます。 ドライフルーツをおやつに持ち歩いたりして、この期間はチョコレートやケーキなどカロリーの高いものを控えた方が身体の為には良さそうです。 生理中には、これは控えたい! 白砂糖は体を冷やすだけでなく、ビタミンを消費するので生理痛を更に酷くしてしまいます。 どうしても生理中に甘いものが食べたいなら、ドライフルーツやダイエット用のローカロリーで満足できるものを選びましょう。 朝食も、白米より玄米の方がビタミンを多く含んでいるのでおすすめ、パンも玄米や全粒粉パンがお勧めです。 肉や乳製品、塩分の高いスナックは生理痛みを悪化します。 これらは子宮を引き締めるので余計に辛さを倍増させる事に繋がります。 生理中は体を温める事が大切ですから、スープや野菜の甘味を感じられるメニューを考えましょう。 アルコールもビタミンの消費が高く肝臓に負担をかけてしまいます。 代謝機能を更に低下させる事になり、生理後のダイエットにも響きます。 生理中はアルコールを控え、当然ですが喫煙もやめましょう。 カフェインの多いコーヒーも血行を悪くして冷えを悪化させてしまいます。 甘いものだけでなく、生理中は控えたいものがたくさんあります。 無理にとは言いませんが、出来るだけ楽に生理期間をリラックスして過ごす為に大切な事ですから守っていきましょう。 生理中は、味覚もおかしくなり食欲も止められない! 生理中甘いものを控えなくては……と思いながら1つつまむと止まらない。 病気ではないからと、心ない言葉や視線を浴びる人もいるので『休みたいけど仕事に出なければならない』女性もいます。 確かに生理は毎月のもので長く『付き合う』事が大切ですが 『精神的に不安定』『動けない程に辛い』時は生理休暇は出来れば利用したいもの。 取れなくても少しでも快適にするには工夫が必要です。 生理中甘いものを食べても太らない!? 生理中は甘いものを食べても太らないなんていう迷信を信じている女性もいるようですが、生理中摂取した糖分は全て脂肪へ蓄えられます。 生理中甘いものを食べても私は太らない!なんて言う方も実際にいらっしゃいますが、これは完全に体質によるもの。 生理中甘いものを食べると、生理痛を悪化させてしまうことにもなりますので、生理中は我慢していたお菓子を食べられる!なんて思わずに、やはり極力控え我慢するようにしましょう。 食事は鉄分とタンパク質 レバーやひじきは鉄分も多くエネルギーにもなり易いので積極的に食べましょう。 豆腐や鶏肉に青魚もビタミンやタンパク質が豊富です。 積極的にとは『毎日どれかを1食はメニューに加える』事でそれらをたくさん食べるのではありません。 メニューはあくまでもバランスなので、普段は食べないものもしっかりと食べるようにしましょう。 無理のない範囲で身体を動かして! 貧血が酷いのは別ですが、体操やヨガは生理痛を和らげるので身体をリラックスさせて血液の循環を高めます。 身体を動かすとリラックス状態になり、ぐっすりと眠れるようになりますから食事と軽い運動で身体を温め、ぐっすりと眠るようにしましょう。 まとめ 生理中の甘いものの欲求は、適度に満足させて身体をリラックスさせる事をメインに考えます。 食べてはいけない!と抑えればストレスになるので、食べる事に神経が向かないように身体を動かしたりする方が、結果的には生理期間を楽にします。 間違った知識で『生理中は甘いものを食べても良い』とすると、生理が終わっても欲求が続いてしまいます。 過度な糖質の摂取は身体にサビをもたらします。 甘いものと上手く付き合えるように、コントロールするように出来れば、後々ダイエットにも役立ちますよ。 この記事と一緒に読まれている人気記事.

次の

ダイエット中に甘いものが食べたい...!代わりの食べ物と対策を紹介

甘い もの が 食べ たい とき

今日はしょっぱいものが無性に食べたい本当の理由について書いてみたいと思います。 しょっぱいものが好き、辛いものが好き、甘いものが好き、コーヒーや紅茶が好き、 どれも単なる嗜好性の問題ではないということがよくあります。 体の異常からくる嗜好性の偏りというのはよくあります。 今回は「しょっぱいものが好き」について詳しくお話ししますが 甘いものやコーヒーなどのカフェイン飲料などを欲する体のお話については、 以前のブログで詳しく書いていますのでそちらをご参照ください。 「しょっぱいもの」と一言でいっても色んな食べ物があり、そもそも自分がしょっぱいものを欲していることにすら、気づいていない方は沢山います。 一例をあげてみますが、• 必ずお漬物が食べたい• ラーメンを汁まで全部飲み干してしまう• 辛いカレーが好きだ• ポテトチップスやお煎餅などが食べたくなる• 何かを食べるときに塩を追加でかけてしまう などなど これらはほんの一例に過ぎません。 私は当院に来院されたほとんどの方に 「塩分への欲求はありますか?」という質問をします。 なぜなら副腎疲労と言われる「疲労系疾患」つまり「とにかく疲れている」「寝ても疲れがとれない」「朝起きられない」などという訴えをお持ちの多くが、体が塩分を欲していることがよくあるからです。 世間では相変わらずの減塩ブームで「塩」そのものが悪者扱いされていますが、決して塩を摂らなければ健康かというと全くそうではありません。 「塩分」=「高血圧」という方程式がいつの間にか世に知れわたっていますが、日本人の場合そもそも塩分が高血圧に関係している方というのは、本態性高血圧つまり原因不明の高血圧と言われている方の中の4分の1くらいしかいないというのが現状です。 高血圧になる原因は、カルシウムやマグネシウムのミネラルバランスの問題やミトコンドリアのエネルギー不足などなど要因はありますが、今回はその内容につきましては、割愛してまた別の機会にその辺も書いてみようと思います。 江戸時代では「塩抜き」という極刑があったと書物に記されておりますが、人間から完全に塩抜きをしてしまうと1週間もたたないうちにヘナヘナに元気がでなくなってきます。 しかし塩と一言でいってもここ最近では色んな種類の塩が店頭に並んでいますが、食卓塩と言われる精製塩は塩もどきといっても過言ではないくらい、本来の海の成分の塩とはかけはなれた栄養成分になっております。 やはり海から作った塩は何といってもミネラルが豊富で、単なるナトリウム(NA)成分だけでなく、マグネシウム(Mg)をはじめとした微量ミネラルが豊富に含まれていますので、良質なミネラル豊富な塩を調味料として変えるだけでも栄養成分は変わってきます。 特にとういう沖縄の塩は突出してマグネシウムをはじめ微量ミネラルを豊富にふくんでおりオススメです。 ここでもう少し詳しく「副腎疲労」と言われるいつも疲れた状態の方が、なぜ塩分への欲求が強まるかについて書いてみたいと思います。 ここからの生体システムにご興味がない方はここからは読み飛ばしてもらっても結構です。 結果どうすればよいのかというところをお読みください。 そもそも副腎疲労の方は皆さん共通してストレスにさらされています。 それは 長期的に乱れた食生活や生活習慣であったり、職場や家庭での精神的なストレスなど様々です。 また短期的であっても肉親の死などの強烈なストレスは副腎疲労の引き金になります。 腎臓の重要なシステムに 「レニン・アンジオテンシン系」というシステムがあります。 私たちの祖先は約3億年前に、海から陸に上陸したという進化論があります。 その時に腎臓に体内を海水と同じ成分に保つようなシステムが作られたと言われています。 腎臓は血液のろ過により体内の 水分とナトリウム(塩分)のバランスが一定になるように調節しています。 体内の水分や塩分が足りないと、腎臓から レニンという酵素を放出し、血中のアンジオテンシンや 副腎のアルデステロンというホルモンを活性化して 血管を収縮させ、塩分の吸収を促します。 逆に体内の塩分が多いと、レニンの分泌を抑制し、汗や尿として塩分を体外に排出させます。 アルデステロンは副腎皮質から分泌されるホルモンの一種で腎臓に働きかけ 水とナトリウムを体内に貯留し血圧をあげるホルモンです。 コルチゾールもまたアルデステロンの働きを持っています。 このようなナトリウムやカリウムなどのミネラルの動きはなかなか血液検査では読み取れません。 ホメオスターシスという恒常性機能が働き血中のミネラルはある程度一定になるように厳重に管理されているからです。 しかし毛髪ミネラル検査では毛髪のナトリウム、カリウムなどからこの「レニン・アルデステロン系」の働きや甲状腺の働きを推測して読み取ることができます。 また 血管収縮作用もアルデステロンにあるため高血圧という傾向性がでてきます。 しかし副腎疲労と言われる方々で塩分への欲求が強い方々はすでにこの時期を通り越して、もはやアルデステロン分泌やコルチゾールといったストレスに対抗するホルモンが出せない状態にまで陥っています。 また血圧が上げられないため 低血圧になります。 塩は化学式でNaClと書きます。 この塩化ナトリウムは体内に入るとナトリウムイオンと塩素イオンに分かれます。 どちらも消化を助け、新陳代謝を促す働きがあります。 ナトリウムイオンには次のような働きがあります。 神経や筋肉を正常に機能させ、不足すると筋肉が吊ったり痙攣をおこします。 消化機能の助けになり、不足すると食欲不振、全身のだるさがおこります。 アルカリ性であるナトリウムイオンには血液を酸性になるのを防ぐ重要な役割があります。 塩素イオンの働きは• 胃酸を作ります。 胃酸は化学式でHClと書きますが、塩素イオンが胃酸には必要不可欠なのです。 不足すると消化不良や食欲不振が起きます。 体液の浸透圧のバランスを保ちます このように減塩ブームとは逆に、一方では副腎疲労が疲弊期に進み、体で塩分を欲求している現代人は潜在的にかなり多くいるのではないかと思います。 副腎疲労を検査するには、血液検査ではDHEASという項目を測ってみたり、また毛髪ミネラル検査も有効です。 また 唾液コルチゾール検査からも副腎の状態を把握できる有効な検査です。 唾液を1日何回かに分けてとるだけでコルチゾール分泌量が分かるので検査方法としてはとても簡単です。 当 院でも今年からをできるようになりましたので、ご興味がある方はお問合せください。 また余談ですが、我が家でもこの唾液コルチゾール検査を夫にしてもらいました。 最後の夜の唾液採取を前にかなり大きい夫婦喧嘩になりまして、かなり夫に強いストレスがかかったのちの唾液採取となりました。 結果本来であれば夜に向けてコルチゾール分泌が少なくなるところ、夜の時間帯でコルチゾールが上昇していました。 やはりストレスがコルチゾール分泌を促しているなーという面白い結果になりましたが、正しく検査したい方は当然ですが、なるべく穏やかに過ごした日に採取してください。 副腎疲労の治療については生活習慣や食生活の指導やサプリメントの処方、場合によっては高濃度ビタミンC点滴も行っております。 まずは根本ストレスから回避することが一番です。 しょっぱいものが無性に食べたい方は今一度ご自身の生活スタイルを見直してみてください。 オーソモレキュラー療法に興味のある方、分子栄養学を学びませんか?.

次の

しょっぱいものが無性に食べたい本当の理由

甘い もの が 食べ たい とき

クリックできる目次• 1.甘いものが食べたくなる原因 いくつか原因があります。 心配や不安がある• いらいらすることがある• 炭水化物を控えている• たんぱく質が少ない• 食べる量をへらした• 生理前• 目の前にお菓子があったから どうですか?どれかに当てはまっていませんか?甘いものが食べたくなるという1つの現象でも、原因は様々。 原因はなにか知ることで、うまく対処できます。 7つの原因ごとに対処法を解説していきます。 2.甘いものが食べたくなる原因別の対処法 1)心配や不安がある これが原因の人は、リラックスすることが必要。 できるならその心配や不安になる原因から離れることです。 精神の状態は 食欲に関係します。 心配や不安があると、 幸せホルモンを欲します。 そのホルモンは気持ちよくさせてくれるからです。 幸せホルモンは「セロトニン」というホルモン。 ヨガや瞑想、朝日を浴びることなどでも作られます。 食事でも作られますが、即効でセロトニンをつくることができるのは、甘いものなんです。 甘いものはすぐにセロトニンを合成します。 ですが、短時間しかもちません。 なので、セロトニンがきれると、「もっと気持ちよくなりたい。 もっと甘いものを」を脳が欲します。 その結果、甘いものが食べたくなるのです。 甘いものだけでなく、ちゃんとした食事からもセロトニンは作られます。 その方が健康的。 幸せホルモンは甘いものだとすぐ切れますが、たんぱく質食品などでは長くもちます。 どんな食品をとればいいかはでお読みください。 2)いらいら いらいらは心配や不安と同じように幸せホルモンを欲します。 なので即効で幸せホルモンの「セロトニン」をつくるために甘いものがほしくなります。 いらいらするな、と感じたらリラックスしたり深呼吸しましょう。 私はいらいらをいいエネルギーにしています。 いらいらがあるときは力がでるので、筋トレしています。 これが本当にいい!きつい筋トレもできますよ!! 3)炭水化物を控えている ダイエットで炭水化物をぬきがち。 穀物などの炭水化物にも幸せホルモンのセロトニンをつくる栄養素が含まれています。 なので、「炭水化物をへらしていたなぁ」と思ったら、しっかり炭水化物もとるようにしてください。 炭水化物は菓子パンでとるのではなく、ご飯となる白米、玄米、雑穀米、雑穀パン、パスタなどでとるようにしてくださいね。 できるだけ精製度が低いものがおすすめ。 セロトニンをつくる「トリプトファン」が多く含まれているためです。 4)たんぱく質が少ない セロトニンをつくる栄養素は「トリプトファン」。 これはたんぱく質に含まれています。 なので、たんぱく質が少ないということは、トリプトファンも少なくなるということ。 たんぱく質を意識してみましょう。 5)食べる量をへらした これも。 さきほどのトリプトファンが原因。 食べる量をへらすと、全体のトリプトファン量が減ります。 結果、幸せホルモンのセロトニンがつくれず、いらいらし、結果として甘いものがほしくなります。 ダイエット中の人にありがちなので、食事量を減らすのではなく、食事内容を見直しましょう! 6)生理前 なんとなく気づいていた方もいるかもしれません。 生理前はホルモンが変化します。 ホルモンバランスの変化で食欲がでて、甘いものが欲しくなるのです。 生理前は無理に甘いものを我慢しないでくださいね。 ホルモンバランスの変化でいらいらを感じやすい期間なので、甘いものを我慢することはいらいらを倍増させてしまいます。 生理前は大好きな甘いものを食べたほうが食欲が抑えられます。 「これを食べたら満足する!」というものを知っておきましょう。 脳が満足すると、食べたいという気持ちが治まって食べすぎることはなくなりますよ。 目に見えるところに甘いものがあると、それほどほしくないのに食べてしまう、ということに対処する方法です。 引き出しにしまっておくのもいいですが、甘いもの買っておいたなぁと食べてしまうことになるので、買い置きしないようにしましょう。 でも食べたくなるときはどうしたらいいの?と思う人もいるかもしれませんね。 「目の前にあるから食べる」ではなく、「買いに出てもいいから食べたい」ものは本当に食べたいもの。 その方が自分に必要な食べ物だけを食べることができる。 これは、私が学生のとき教授に教わったことです。 3.甘いものをやめるために 甘いものをほしくなる理由は様々です。 甘いものが食べたくなるという現象・行動だけを見るのではなく、その背景には今の心理がかかわっていることを覚えておいてくださいね。 食欲は心と関連しています。 ・甘いものをやめたい、というときは ・リラックス・リフレッシュする ・嫌なことから離れる ・食事量は減らさず、炭水化物・たんぱく質をしっかりとる ・とびきり好きな甘いものを食べる(脳を満足させ、食べすぎを防ぐため) 私もストレスがあったとき、毎日のように菓子パンを食べていました。 無性に食べたくなったんですよね。 そのときのことを『』で書きました。 体に不調を起こす前に、体を守るために、私の経験を活かしてもらえたらと思っています。

次の