峰岸徹 岡田有希子。 岡田有希子の脳みそ写真と仰向け画像の真相! 遺書の自殺理由には峰岸徹の名が・・・

反響要約「岡田有希子自殺の知られざる真相…」▽サンミュージック屋上から飛び降りた本当のワケとは?【爆報THEフライデー 2016年12月2日(金曜日)放送内容 TBS】

峰岸徹 岡田有希子

【爆報! THEフライデー】で懐かしい伝説のアイドル「 岡田有希子」さんが取り上げらています。 リアルタイムの世代の方は、複雑な心境の懐かしさかもしれません。 アイドルで絶頂期を迎えているさなか、あの飛び降り自殺のニュースには凄くショックだったのを覚えています。 岡田有希子さんの飛び降り自殺した理由は、当時付き合っていた彼氏の 相手の男性が原因だというのは有名でした。 当時、噂で恋人とささやかれていたのは 俳優Mや俳優K。 現在まで真相は闇の中にうやむやになり、月日は30年余り過ぎてしまいました。 <スポンサードリンク> 岡田有希子のプロフィール 芸名 岡田有希子 愛称 ユッコ 本名 佐藤佳代 生年月日 1967年8月22日 出身 愛知県名古屋市熱田区 職業 アイドル歌手 学歴 堀越学園高等学校 所属事務所 サンミュージック 没年日 1986年4月8日 忘年18歳 本題に入る前に、岡田有希子さんの特集動画がありました。 懐かしさもありましたので、まずは動画を張り付けておきます。。 こちらの動画は 岡田有希子さんのアイドルの軌跡が詳しく描かれているので、岡田有希子さんについてのおさらいにもなるかと… この番組でも触れていますが、当時は岡田有希子さんの 「後を追って自殺」する少女が多くいて社会現象にまでなりました。 まだ中学生だった管理人は、子供ながらに 「後追い自殺」という言葉を初めて知りました。 当時は岡田有希子さんの死で与えた衝撃はものすごく、少年少女から社会まで沢山の人に影響を与えました。 岡田有希子さんが現在、存命だったとすると 今年で49歳になるんですね。 少し考え深いです。 岡田有希子の亡くなるまでの経緯 岡田有希子さんは亡くなる当日まで何度かリストカットを繰り返しており、所属事務所のサンミュージックも 岡田有希子さんの行動に目を光らせていました。 記憶ではこのリストカットの噂は、亡くなられてから世間に広まったわけではなく、亡くなる以前から岡田有希子さんの 「自殺未遂の噂」は広まってたと記憶しています。 ですから岡田有希子さんの行動は、既にいつ実行してもおかしくない位、深刻な状況だったとみられます。 その原因は、当時付き合っていた 男性問題だと言うのは有名な話で、相手男性の不倫が話題になりました。 そして亡くなる当日は、リルトカットをした岡田有希子さんを心配した事務所が、岡田有希子さんを事務所に呼んでなだめている時に起こります。 マネージャーや事務所社長が目を離したすきに、事務所建物の 屋上に走り出しそのまま飛び降りてしまったんですね。 追いかけたマネージャーは 「目の前で飛び降りるのを目撃」したと言いますから、あの事件以来長い年月苦しんだことでしょう。 原因とされる彼氏の男性M! <スポンサードリンク> 男性俳優Mはご存知の通り、当時彼氏と噂になった 俳優の峰岸徹さんですね。 この方と岡田有希子さんの噂は有名な話なので、知らない人はいないとは思います。 二人の出会いは岡田有希子さんが主演を務めた 「禁じられたマリコ」がきっかけと言われています。 このドラマがきっかけになり、岡田有希子さんと峰岸徹さんは男女の関係になり、結果、 岡田有希子さんが遊ばれた形となったとの噂が流れました。 当時、峰岸徹さんは岡田有希子さんの死に対し「 正直、ものすごくショックです。 僕は兄貴のつもりでいたんですが、彼女はそれ以上のプラスアルファがあったのかもしれない。 それが愛だったら、責任を感じます」とあくまでも男女の関係は無かったとコメントしています。 しかし、当時のサンミュージックの社長相澤氏は 「峰岸徹さんを絶対に許さない」と周囲に話していたのも有名な話です。 峰岸徹さんは2008年にお亡くなりになられているので、峰岸徹さん 亡き今では真相は誰にも知る由はありません。 芸名 峰岸徹(みねぎし とおる) 本名 峰岸知夫(みねぎし ともお) 生年月日 1943年7月17日 出身 東京都京橋区銀座 職業 俳優 学歴 暁星中・高卒業後、日本大学藝術学部演劇学科中退 没年日 2008年10月11日 もう一人の恋人と噂された男性K! そしてもう一人の男性は俳優のKは 神田正輝さんです。 実はこういう噂も一時は流れていたんです。 神田正輝さんが岡田有希子さんと交際をしていて、 岡田有希子を妊娠させてしまったにもかかわらず、岡田有希子さんと同じ事務所で 先輩の松田聖子さんと結婚したというのです。 その後、岡田有希子さんが亡くなったのが、松田聖子さんが妊娠したという発表のすぐ後だった事から、石原プロモーションが神田正輝さんへの目をそらすために、峰岸徹さんとの噂を立てたという説もありました。 しかし、こちらの噂の信ぴょう性は低いと考えられます。 それは何故か、当時のサンミュージックの社長の相澤氏が「 有希子は峰岸さんに恋焦がれて、プラトニックな愛を持ち続けて、自殺したんです」とマスコミに話していたそうですから、神田正輝さんとの噂は可能性が低いと言えます。 本名 神田正輝(かんだ まさき) 生年月日 1950年12月21日 出身 東京都港区 職業 俳優 学歴 日本大学高等学校・日本大学芸術学部映画学科 所属事務所 石原プロモーション 岡田有希子・姉と遺書に新事実!? 実は岡田有希子さんには2つ年上のお姉さんがいます。 現在は51歳になられているとみられますが、岡田有希子さんとお姉さんはとても中が良かったそうです。 今回の【THE! 爆報フライデー】では、岡田有希子さんが所属していたサンミュージックから、何者かが大事な資料を持ち出されたとの話題が特集されますが、もしかしたら お姉さんと遺書についても話題が出てくるのかも知れません。 番組を見ないと何とも言えませんが、これも有名な話ですが岡田有希子さんの遺書は 「大事にサンミュージックが保管していた」とされていますから、その真相にも注目です。 酒井法子も関係している!? ちなみに、ネットでは酒井法子さんも少なからず岡田有希子さんの死に関わりがあるとの噂もあります。 当時、岡田有希子さんの後輩だった酒井法子さんとは、 一緒に寮で暮らした時期があったそうです。 その仲が悪かったのかは分かりませんが・・・ 自殺する3日前にサンミュージックの社長、相澤氏の自宅に岡田有希子さんが訪ねてきたときに、意味深な言葉を残しています。 「自殺する3日前に、僕の家に有希子が食事に来た。 しかし、これは岡田有希子さんが 「落ち込み気味」だったことから出た言葉で、直接酒井法子さんに関係はないとみられます。 この話題のまとめ 岡田有希子さんが亡くなられてから、もう30年以上がたちました。 30年たっても岡田有希子さんについては、話題になります。 これも岡田有希子さんが 「伝説のアイドル」と呼ばれる由縁ですね。 最後に懐かしついでに、岡田有希子さんの代表曲の動画を張り付けておきますので、当時を懐かしみたい方はどうぞ・・・ ちなみに、岡田有希子さんが投身自殺した当日の現場を 「一部始終写真」に納めて、週刊誌に乗せた記者はその後不慮の事故で急死してます。 いわゆる、岡田有希子「脳みそ」とか「脳みそ画像」「脳みそ写真」で取り上げられている写真を提供した記者なんだと思われます・・・ その 「因果関係」は分かりませんが、この事はなぜかマスコミでも取り上げられず。 話題にもなっていません。 ですが・・・ これはまぎれもない事実のようです。 <スポンサードリンク>.

次の

【真相】岡田有希子の遺書に峰岸徹の名前!自殺の新事実も総まとめ

峰岸徹 岡田有希子

岡田有希子とマネージャーの真相に新事実!? 岡田有希子とマネージャーの真相に 新事実があるとされていますが、 まず最初に岡田有希子の人物紹介を 致します。 岡田有希子は1967年8月22日生まれで 本名は、佐藤佳代 さとうかよ です。 愛知県一宮市生まれで名古屋市育ち。 アイドル歌手で女優でした。 1986年4月8日に18歳という若さで 自ら命を絶ってしまいました。 当時、報道がすごい勢いで 岡田有希子のことがテレビでは 流れていました。 私自身も今でも岡田有希子のことは 忘れていません。 岡田有希子が、もういないので その真相は 「永久にわからない」 「躁鬱が酷かった」 「悩みも自分で背負いこむ性格だった」 そして、 「峰岸徹への恋愛感情と破局」 と憶測されています。 岡田有希子のマネージャーをしていた 溝口は、愛知県から上京してきた 高校1年生の岡田有希子を駅で 出迎えています。 岡田有希子のデビューまでと、 その後の活躍、最後の瞬間を 見届けています。 衝撃的な偶然です。 普段は内気な岡田有希子は 負けん気の強さもあって 自分自身に厳しく、何事も真面目に 取り組んでいたとマネージャーは 話しています。 純粋で妥協を許さない一途な性格に 不安があったとも話しています。 このマネージャーの不安は 的中してしまいました。 岡田有希子は、1度目にガスであの世へ 逝こうとしますが本気では、 なかったと考えられています。 しかし、事が大きくなってしまい 自分は「もう終わり」と 思い込んでしまい、勢いが災いして あの世へ逝ってしまったと 真相の新事実が出ています。 岡田有希子の母親も明確に 「あの世へ逝く」と理由などを 残していなかったと真相を 話しています。 岡田有希子を担当していた 溝口マネージャーは、 2000年7月19日、岡田有希子が あの世へ逝ってから14年後に事務所の 岡田有希子が最後に 立ち寄ったトイレ内で 自ら命を絶っています。 岡田有希子を救えなかったことを ずっと悔やんでいたのかもしれません。 糖尿病が原因とも言われていますが、 真相は謎です。 スポンサード・リンク 持ち去られた資料とは? 持ち去られた資料とは何でしょうか? 調べてみたところ資料は、 見当たりませんでした。 発表もされていないのですから、 ネット内を彷徨っても当然、 見つかるのは創作や妄想ばかりです。 岡田有希子は、あの世へ逝く前に 遺書を準備していました。 茶封筒の中にキャラクター模様の 便箋が3枚という、少女らしいもの だったようです。 そこには、峰岸徹の名前が 書かれていて、岡田有希子が病院に 搬送された後に警察官によって 発見されたと、言われています。 葬儀の翌日に遺書は、岡田有希子の 父親が警察官から受け取ったそうです。 事務所の金庫に納められている というのは、資料でも遺書でもなく 岡田有希子が常日頃書き綴っていた 「日記」のノートです。 「資料」で調べて見ましたが、やはり …自分が集めた資料によると… という感じで岡田有希子の記事が 載っていました。 この一件では、お決まりの陰謀説など、 未だに尾ひれが増え続けています。 神田正輝、松田聖子、石原裕次郎 などの名前が並び、ファンの後追いの 人数も300人にまで膨れ上がりました。 確かに当時、後追いの現象は大いに 話題になってはいましたが・・・。 まとめ 岡田有希子のことは、本当に ショッキングでした。 何年経過しても忘れないでしょう。 岡田有希子は、男性と交際を したことがなかったそうです。 ですから、共演した峰岸徹に 淡い恋心を抱いてしまって真剣に 悩んでしまったのでしょうか? 恋愛したい時期の16〜18歳に アイドルとしてお仕事をしていて 恋愛できなかったとしたら、 そんな岡田有希子を切なく思います。

次の

彼女はなぜ自ら死を選んだのか?『岡田有希子』

峰岸徹 岡田有希子

スポンサーリンク こんにちは、リエコです。 みなさんは、岡田有希子さんをご存知でしょうか。 1986年4月、18歳の岡田さんは所属先のサンミュージック本社の屋上から身を投げ、飛び降り自殺を図りました。 当然、この惨劇に日本中に激震が走りました。 亡くなった岡田さんの後を追い、50人以上もの少年少女の後追い自殺者も続出し、社会問題にまで発展。 しかしながら、月日は流れ、昭和から平成、そして令和に時代を隔てても岡田さんの命日になると今でもファンが花を捧げに来るのです。 そこで今回は「 岡田有希子さん33回忌迎える、自殺の原因と不倫や浮気の噂とは」と題しまして、33回忌を迎えた岡田有希子さんの自殺の原因や真相と、峰岸徹さんとらとの不倫や浮気の噂について追ってみました。 それではさっそく本題に入っていきましょう。 岡田有希子さん33回忌を迎え、自殺の真相を振り返る 1985年 昭和60年 6月11位 Summer Beach 岡田有希子 当時17歳 前年に歌手デビューしたが、早くも翌年に飛び降り自殺で亡くなってしまいました。 1985年4月17日発売 — 中村俊之 虹殿セブン nijitono7 84年の9月5日はゆっこちゃんのファーストアルバム「シンデレラ」の発売日、まりやさんの「ターンテーブル」をBGMにイラストを。 うーん、やっぱり色塗りって難しい……。 ゆっこちゃんがまりやさんの唄うデモテープを聴きながらレコーディングを心待ちにする姿が目に浮かびます。 — 森川優 morikawayuu まずは、岡田さんの簡単なプロフィールです。 ・本名:佐藤 佳代 ・生年月日:1967年8月22日 ・享年:18歳 ・出身地:愛知県一宮市 ・血液型:O型 ・家族構成:父親、母親、姉 ・代表作品:「禁じられたマリコ」 岡田さんが自殺したのは、86年4月8日昼頃のことでした。 そのときの状況をサンミュージック名誉顧問の福田時雄氏が、振り返りました。 「あの日、屋上にはスリッパが綺麗に揃えられていました。 病院から有希子がそのまま履いてきたものです。 守ってやれなかった後悔と共に、その光景は今でも鮮明に覚えています」 自殺した当日の午前10時頃、岡田さんは南青山の自宅マンションでガスの元栓を捻って手首を切り、近隣の病院に搬送されていたのです。 病院に駆けつけた福田氏は、岡田さんを事務所に連れて帰り、故・相沢秀禎会長の電話に出るため、福田氏は一度席を外しました。 岡田さんは、付き人の目を盗んでは屋上へ向かい、投身自殺を遂げたのです。 その後、岡田さんの部屋には、便箋2枚の遺書が残されていました。 するとそこには、24歳年上の峰岸徹さんへの思いがこう綴られていたと言われています。 男優の峰岸徹さんにふられた…あこがれていたのに、最近冷たくされて悲しい…勝手なことしてごめんなさい… メディアはすぐさま、峰岸さんを追いかけ回しましたが、峰岸さんは岡田さんとの男女関係を否定。 「正直、ものすごくショックです。 僕は兄貴のつもりでいたんですが、彼女はそれ以上のプラスアルファがあったのかもしれない。 それが愛だったら、責任を感じます」と峰岸さんがコメントしました。 岡田さんと峰岸さんは、85年から始まったドラマ『禁じられたマリコ』で共演。 当時、峰岸さんは42歳、岡田さんとは24歳差でした。 サンミュージックの相澤会長は後に、亡くなる円実の岡田さんの行動を公表しています。 岡田さんは前日の深夜、世田谷区・成城の峰岸徹さんの自宅前に1人訪れ、朝方、泣きながら帰宅したそうです。 峰岸徹さんには、元妻との間に女児を設け、当時は新しい婚約者もいたそうです。 事務所に保管されていた日記ノーとには、岡田さんの峰岸さんへの想いや苦悩が綴られていたそうです。 岡田さんは、峰岸さんへの憧れがいつしか愛に変わり、敵わぬ恋と悟ったのでしょうね。 その峰岸さんは2008年に肺がんを患い、65歳でこの世を去っています。 岡田有希子さんの不倫や浮気の噂とは? 今日は岡田有希子の命日。 自殺当初は峰岸徹さんとの叶わぬ恋が取り沙汰されていたけど、真相はどうなんでしょうね……合掌。 — とおます lgted 新事実かもしれへんけど、真実ではない。。。 ユッコちゃんは、峰岸さんと付き合っていたけど、仕事上のついあいよ。 峰岸さんには、婚約者と前妻との間の娘がいた。 — 安倍美和子 wwqrhjFlTM0woyg 岡田さんの自殺から数か月後の1986年6月、『週刊サンケイ』が、岡田さんが想いを寄せていたのは、峰岸さんではなく、神田正輝さんであったと報じたのです。 岡田さんは事務所の先輩である松田さんを通じて神田さんと知り合い、大人の関係に発展したそうです。 いわゆる不貞の関係ですね。 そして、神田さんの子供を妊娠するに至っていたというのです。 ところが、岡田さん自殺の前日の86年4月7日、松田さんは神田さんとの第1子の妊娠を発表。 松田さんは、この時すでに妊娠4ヵ月に入っていました。 岡田さんは、これらの経緯に絶望し、自殺を図った説が浮上しました。 「死人に口なし」とは、まさにこのことでしょう。 峰岸さんとの関係も事実ならば、岡田さんは峰岸さんの浮気相手ということになり、神田さんとの関係も同時に進行していたのならば不倫の関係に値しますが、真相は闇のなかですね。 まとめ 今回は「岡田有希子さん33回忌迎える、自殺の原因と不倫や浮気の噂とは」と題しまして、33回忌を迎えた岡田有希子さんの自殺の原因や真相と、峰岸徹さんとらとの不倫や浮気の噂について追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。 岡田さんのご両親は、死後から 「三十数年間、取材は一切受けていませんので……」とコメントしています。 そして、岡田さんの命日が来ると、事務所前に置かれた花束を集めたファンが、愛知まで運び、岡田さんの墓前に供えるそうです。 短い生涯でしたが、この上ない永遠のアイドルでしょう。 それでは、ここまでにさせていただきます。 最後までご覧頂きありがとうございました。

次の