ジクロフェナク ナトリウム テープ。 肩・腰に貼るボルタレンEX テープ/テープL(大判)

リフェンダジクロフェナクテープ

ジクロフェナク ナトリウム テープ

ボルタレンはノバルティスが販売している解熱鎮痛剤です。 ボルタレンはロキソニンに比較して鎮痛効果が高い事がしられていますが、同様にも大きいため使用する際には注意が必要です。 経口投与の他、即効性を求められる場合には坐薬による投与も行われます。 ボルタレンの主成分はジクロフェナクであるのに対してロキソニンはロキソプロフェンが主成分となっています。 生理活性の違いもさることながら、副作用がジクロフェナクとロキソプロフェンでは大きく異なります。 PR 特に消化器にたいする副作用の強さはジクロフェナクが一番強く、服用する際は潰瘍や出血防止のため胃腸薬との併用がすすめられる他、まれですが重篤な副作用の場合には急性穿孔などの症状も出るという場合もあります。 また、坐薬により即効性が求められる場合には、体温が低下しすぎるなどのショックがまれに出現するケースがあり、極力医師の指導のもとで投与されることが勧められます。 また、鎮痛剤によって喘息を引き起こす可能性がある場合にも注意が必要です。 その他の副作用としては肝障害や発疹、腎機能の低下、心臓発作などがあげられますが、どれもまれに表れる副作用です。 しかし、鎮痛効果という意味ではロキソニンよりもはるかにボルタレンの効果は大きく、乳癌の痛みなどの強い痛みに対しても効果が期待できるのです。 医療用麻薬の範疇には入らない鎮痛剤のなかでは、トップクラスの鎮痛効果があります。 そのため、小児の発熱など即効性が要求されるケースには頻繁に用いられる他、ロキソニンでは対応できない痛みの場合にも用いられます。 市販薬としては貼り薬としてボルタレンが配合されたものが売られていますが、ロキソニンとは異なり、と同じく飲み薬としては販売が許可されていません。 そのため、経口、坐薬共に医師から処方された場合にのみ入手が可能です。 どうしても我慢できない痛みがある場合は医師に相談してください。

次の

リフェンダジクロフェナクテープ

ジクロフェナク ナトリウム テープ

副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 1.重大な副作用(頻度不明) 1).ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシー(蕁麻疹、血管浮腫、呼吸困難等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には使用を中止し、適切な処置を行う。 2).接触皮膚炎:本剤使用部位に発赤、紅斑、発疹、皮膚そう痒感、皮膚疼痛の皮膚症状が現れ、皮膚腫脹、皮膚浮腫、皮膚水疱・皮膚糜爛等に悪化し、更に皮膚症状が全身に拡大し重篤化することがあるので、異常が認められた場合には直ちに使用を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用(頻度不明) 皮膚:光線過敏症、皮膚浮腫、皮膚腫脹、皮膚剥脱、皮膚炎、皮膚そう痒感、発赤、皮膚荒れ、皮膚刺激感、皮膚水疱、皮膚色素沈着[このような症状が現れた場合には、使用を中止するなど適切な処置を行う]。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2.アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等により誘発される喘息発作)又はその既往歴のある患者[重症喘息発作を誘発する恐れがある]。 (慎重投与) 気管支喘息のある患者[気管支喘息患者の中にはアスピリン喘息患者も含まれており、それらの患者では重症喘息発作を誘発する恐れがある]。 (重要な基本的注意) 1.消炎鎮痛剤による治療は原因療法ではなく対症療法であることに留意する。 2.皮膚の感染症を不顕性化する恐れがあるので、感染を伴う炎症に対して用いる場合には適切な抗菌剤又は抗真菌剤を併用し、観察を十分行い慎重に使用する。 3.慢性疾患(変形性関節症等)に対し本剤を用いる場合には、薬物療法以外の療法も考慮する(また、患者の状態を十分観察し、副作用の発現に留意する)。 (相互作用) 併用注意:ニューキノロン系抗菌剤(エノキサシン等)[痙攣を起こす恐れがあるので、痙攣が発現した場合には、気道を確保し、ジアゼパムの静注等を行う(ニューキノロン系抗菌剤が脳内の抑制性神経伝達物質であるGABAの受容体結合を濃度依存的に阻害し、ある種の非ステロイド性抗炎症剤との共存下ではその阻害作用が増強されることが動物で報告されている)]。 (妊婦・産婦・授乳婦等への使用) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある女性に対しては治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[妊婦に対する安全性は確立していない]。 2.他の非ステロイド性消炎鎮痛剤の外皮用剤を妊娠後期の女性に使用し、胎児動脈管収縮が起きたとの報告がある。 (小児等への使用) 小児等に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。 (適用上の注意) 使用部位: 1.損傷皮膚及び粘膜に使用しない。 2.湿疹又は発疹の部位に使用しない。 (保管上の注意) 遮光した気密容器。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

リフェンダジクロフェナクテープ

ジクロフェナク ナトリウム テープ

ジクロフェナクナトリウムテープ30mg「テイコク」の主な効果と作用• 痛みや 炎症の原因となる物質(プロスタグランジン)が作られるのをおさえる働きがあります。 炎症による痛みやはれをやわらげるお薬です。 ジクロフェナクナトリウムテープ30mg「テイコク」の用途• の消炎• の鎮痛• 筋肉痛の消炎• 筋肉痛の鎮痛• 腱炎の消炎• 腱炎の鎮痛• 腱周囲炎の消炎• 腱周囲炎の鎮痛• 腱鞘炎の消炎• 腱鞘炎の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• の消炎• の鎮痛• 外傷後の 腫脹の消炎• 外傷後の腫脹の鎮痛• 外傷後の 疼痛の消炎• 外傷後の疼痛の鎮痛• 筋・筋膜性の消炎• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 皮膚炎、光線過敏症、皮膚剥脱、皮膚荒れ、皮膚刺激感、皮膚色素沈着 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、アナフィラキシー、蕁麻疹、血管浮腫、呼吸困難、接触皮膚炎、発赤、紅斑、発疹、皮膚そう痒感、皮膚疼痛、皮膚症状、皮膚腫脹、皮膚浮腫、皮膚水疱、皮膚糜爛、皮膚症状が全身に拡大し重篤化 ジクロフェナクナトリウムテープ30mg「テイコク」の用法・用量• 1日1回患部に貼付する.

次の