テテフ。 【対戦】「カプ+追い風」最強はテテフライドかレヒレバルジか?

【SMシングル】テテフパル軸の考察

テテフ

図鑑説明 むで ざんこくな アーカラの りがみ。 はなの かぐわしい かおりが の と。 とびまわり ふしぎに りんぷんを ふりまく。 ふれたものは たちまち を とりもどすという。 概要 \カプゥーフフ!/• を構成するの1つ・アーカラの守り。 の「ー」は、出現時に新技「」を展開する。 は接地状態のに「の攻撃による与増加」「先制技効」の効果を付随する。 やと並ぶ特攻かつ自動的にパー技が強化されるため、そのはかなりものである。 ちなみにを装備するとの威は 約相当。 半減でも十分な特殊がなければ受けだしはできない。 先制技が効かないということは素さで劣るにを取られる心配がなくなることを意味しており、持ち前のもあってを取れればその制圧は凄まじいものがある。 テテフ単体での恩恵もさることながら、では搭載率が非常に高いもシャットできてしまう為に与えるも大きい。 「サン&ムーン」では、20話でとの前に姿を現して以降何度か登場している。 話で初めて本格的にに絡むが、偶然見かけたのにを挑みにって状態に追い込んだり、傷ついたの回復を頼みに来たを用で吹き飛ばしたり、気まぐれでを回復させようとして上手く治らなければしたりと、図鑑にある「邪気で残酷」な面が強調されていた。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

【ポケモン剣盾】イエッサン♂の育成論と対策【超火力&超優秀タイプの疑似カプ・テテフ】

テテフ

当事者のユーザーの皆様は編集合戦を辞めてコメント欄での議論を行い、それを元に編集をお願いします。 「カプゥーフフ!」 データ 全国図鑑 No. 2m おもさ 18. 6kg 特性 他言語版の名称 英語 Tapu Lele ドイツ語 Kapu-Fala フランス語 Tokopiyon イタリア語 Tapu Lele スペイン語 Tapu Lele 韓国語 카푸나비나 中国語 卡璞・蝶蝶 概要 『』(第7世代)から登場する。 先行して発表されていたと同じく、名前に中点 ・ が付けられている。 「テテフ」の由来はの古い表記「てふてふ」と、ハワイ語で蝶を意味する「プレレフア」を合わせたものと思われる。 地方にあるの守り神で、その気質は無邪気にして残酷。 面白半分に自らの特殊なを人間やポケモンに振りまくという。 この鱗粉は体を活性化させ、怪我や病気を治す効果を持つが、 浴びすぎると体がその変化に耐えきれなくなり、逆に危険という二面性を持つ。 大昔に起こった島同士の争いを鎮めるために、鱗粉で治癒を行い和解させたという伝承が残されているが、その真相は鱗粉の力で 暴走した人々が全員死んでしまったために争「え」なくなったとも言われている。 原始的な信仰にありがちな邪気のない残酷さ、あるいはを用いた神との交信あたりがモチーフとされているという事だろうか。 外見は蓋付きの(外殻に相当する)の中にが入ったような姿をしている。 外殻の後方に2列の突起があり、これが蝶のに相当するようである。 ただし、かなり小ぶりで言われないと取っ手か何かにしか見えない。 本体も黒く、節の目立つ姿でどちらかと言うとのような雰囲気である。 本体の頭部からはピンク色をした長めの髪らしきものが生えており、それによって顔立ちは人間の少女のように見える。 標準のグラフィックではで、初見の印象ではむしろおとなしそうにすら感じられる。 外殻もピンク色がベースで、茶色い簡単なと濃さを変えたピンク色で塗り分けているため華やかである。 明らかに蝶ではなく、 伝統工芸品的な方向性であるが。 普段はアーカラじまにある「命の遺跡」を根城としており、以上の設定からモチーフは四大神にして蝶と生命の神「カネ」であると思われる。 戦闘面では、蝶どころか 要素自体が無い。 タイプはや系統と同じエスパータイプとフェアリータイプの複合であり、特性も「」ではなく第7世代からの新特性である「」となっている。 カプ・テテフがフィールドに登場したとき、地面にいるポケモンはエスパー技の威力が上がり、先制技を受けなくなるのだという。 やはりと言うか、 羽で飛ぶ気はこれっぽっちも無いようだ。 また、手動で「サイコメイカー」の効果を発生させる「サイコフィールド」を習得するともアナウンスされている。 「殻にためられるエネルギーが少なく、真っ向勝負をすると力負けしてしまう」 「戦いになると勝つことよりも負けないことを重視して、相手を状態異常にする戦法を得意とする」 という紹介文もあり、サポート型のポケモンである可能性が高い。 …と、多くのトレーナーに考えてられていたのだが…。 対戦におけるカプ・テテフ HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 70 85 75 130 115 95 570 「サイコフィールド」によるエスパー技の強化は1. 5倍とかなり大きい。 本人のタイプ一致補正と合わせると実に 2. 25倍にもなる。 低いと思われていた攻撃力も 蓋を開けてみればぜんぜんそんな事はなく、あのに匹敵する 「とくこう」130とかなりのものをお持ちであった。 エネルギーが少ないとは何だったのか…。 この状態で打ち出されるエスパー技はとてつもない火力となり、 生半可な耐久のポケモンであれば一瞬で吹き飛ばされてしまう。 「特殊受け」もなんのその、半減程度なら平気ででの突破を図ってくるほどである。 しかもフェアリー複合であるため、 でエスパー技を無効化しても止まらない。 習得者の少ない「」も当たり前のように覚え、全く抑止力として機能させない。 「すばやさ」も95とそれなりに速く、「サイコフィールド」の効果で自らの致命傷となる「」や「」、動きを制限する「」もシャットアウトできてしまう。 鈍足ポケモンには もはやマトモに動く事すら許さないのである。 ただし、後述もするがテテフ自身はあらゆる相手を一撃で倒しきれるほどではなく、何も考えず攻めても耐えられて返し倒されるだけなので注意。 サブウェポンが貧弱かと言うとそうでもなく、「」、「」、「」等、このタイプとして一般的な技を一通り取り揃えている。 カプ神共通の専用技「しぜんのいかり(ガーディアン・デ・アローラ)」という奥の手も忘れてはいけない。 相性と耐久でどれほど優位に立たれようとも、固定ダメージで体力をゴッソリ持って行けるのである。 文句無しのがそこにいたのだった。 ただし、弱点も無いわけではない。 物理耐久は中の下程度しかないため、先手で強力な物理攻撃を叩き込めれば勝機も十分ある。 他の多くのエスパーポケモンと同じように、このポケモンもまたへの対抗手段が乏しく、フェアリー複合のために一致抜群となってもいる。 すなわち、高い「すばやさ」から強力な物理はがね技を放て、自身もエスパー複合であるため「サイコフィールド」の効果にも便乗できる などは天敵と言えるだろう。 自身がエスパー・フェアリー両方を半減する一方ではがね・ゴースト両方のタイプ一致で弱点を突ける 、特性がどれも対テテフに機能するといったポケモンも注目されている。 また、攻撃力・特殊耐久が高く、エスパー無効でめざパ以外で弱点をつけないや、特性を逆利用され、積みの起点にされる、特性で確実に一発は耐えてくるも無視できない存在となっている。 また、「高い素早さ」というのも高々95。 超激戦区と言われる100に僅かに及ばず、そのため「」で補っているのが現状であり、読みを誤ると不利対面に直面することも多い。 サイコフィールドに関しては本作における素早さインフレの原因の一つともされており、先制技を使わずに素早いポケモンを落とそうと元から早いポケモンにこだわりスカーフを持たせるケースが増加し対戦環境はさらに高速化していくこととなった。 あのやですらこだわりスカーフを持たせることがあるほどであり如何にこのポケモンの影響力が凄まじいかが伺える。 また、「相手を状態異常にする戦法」は実際に取れるものは「」くらいしかなく、「」はおろか「」さえ覚えられない。 辛うじて治癒設定由来の「」「」があるくらいで「」さえ不可能と、 「」と言えるほどに変化技のレパートリーは乏しい。 故に、エスパータイプでは珍しくを覚えない。 強いて言えば、「サイコメイカー」の習得者が限られており、「サイコフィールド」需要の大半を一手に担っているぐらいか。 負けないことを重視とは何だったのか…。 もっとも、カプ・テテフの火力からすれば、その程度のハンデは些細と言える。 小手先の牽制をしている暇があるなら、でもでも持ってきてより激しく、より豪快にぶん殴った方がよっぽど早く片が付くのだから。 外見的にも人気は高く、当面需要が衰える事は無いだろう。 まぁフェアリー全盛の環境で尚トップメタに居座るガブリアスも相当なものだが。 本当に、力負けとは何だったのか…。 しかし、研究が進んだ現在、S95はスカーフでなければ縛られやすく、さらに低物理耐久の問題等でプレイヤーもある程度対策に慣れが生じてきた。 その為現在はある程度落ち着きを見せている。 アニメのカプ・テテフ CV: 第20話で初登場。 無人島でを助けるためにボロボロになったの前に現れ燐粉を振り撒きサトシの傷を治した。 その後やからカプ・テテフのことを聞いたサトシは、必ずカプ・テテフにまた会いに行くと決意した。 37話で再登場。 主な鳴き声は「テテテテ~」でベートーベンの「運命」の出だしの4音と同じ音。 サトシから離れ一人で特訓するの前に姿を現すや否や めっちゃニコニコ顔でイワンコを 一方的にボコボコにし、ダメージで倒れてなお 容赦なく煽りながら殴り倒した。 そしてイワンコを探すサトシの声を聞くとそのまま放置し立ち去った。 次の日、命の遺跡で鱗粉を振りまきながらはしゃいでいた その鱗粉での怪我を直している 所、瀕死状態になったイワンコを連れてきたとに鱗粉による治癒をお願いされる。 しかし、頼み方が気に食わなかったのか真夜中を 問答無用で吹っ飛ばし、真昼の丁寧なお願いによって鱗粉をかけても完全に治りきらなかった事に 突如逆ギレしトドメを刺そうとした 直前に真昼がイワンコを庇った為、大事には至らず。 ライチによると、燐粉で回復してくれることもあるが、同時に無邪気で残酷な一面も持ち合わせており、手当たり次第にバトルをしかけ時には瀕死に追いやることもあるらしい。 この解説はゲームの設定と一致しており、視聴者にはサイコパスまたは理解の及ばぬとしての印象を与え、対戦環境における暴君のイメージを掘り起こさせるものとなった。 その後サトシが立ちはだかるとでルガルガン達とサトシからエネルギーを吸い取り、それをイワンコに分け与えた。 するとその行為がきっかけで回復したイワンコはへと進化を果たし、その結果を分かっていたかのように満足して去って行った。 この回はサトシのイワンコが進化する重要な回だったのだが、放送前に進化することは公表されていたため、テテフの良くも悪くも強烈な性格が印象に残った。 こんな時、その「理解不能」の理由を解説してくれるがいれば、話は済んだ……かもしれない。 このような奔放ぶりだが、との使者に島を任された者としての自負と責任感はあるようで、後に新たながアローラに生み落とされた時は、託す人間の選定や進化への助力などの協力を真面目に行っていた。 ポケモンカードにおけるカプ・テテフ ポケモンカードゲームサンムーンの「アローラの月光」からGXとして参戦している。 汎用性の高い特性に強力な技を持つ強力なアタッカーとして、 ここでも猛威を振るう事となった。 特性 ワンダータッチ 自分の番に、このカードを手札からベンチに出したときに1回使える。 自分の山札にあるサポートを1枚、相手に見せてから、手札に加える。 このワザのダメージは弱点・抵抗力を計算しない。 このポケモンどこが強いかというと一つ目にワンダータッチの特性でやといった サポートを確定でサーチ出来る。 二つ目に 無色エネルギーで簡単に高威力をたたき出せるエナジードライブで大ダメージを与えられる、三つ目ではよほどのことがない限り倒しづらいGXポケモン。 と三つの強みが凄まじい。 そして汎用性が高いためどのタイプのデッキでも必須パーツになっている。 その強力さと汎用性の高さから、発売初日よりRRで3000円を超えたほどの人気を博している。 もうやだこの。 その後、XYシリーズのスタン落ちから価格が爆発的に伸びていき、気が付けばEX並の値段に跳ね上がっている。 さらにSR、HRなどもパック1ボックス分以上、HRに至っては2ボックス以上の値段もしているころはまだよかった…… 2018年7月に販売された通称540円デッキ販売後ポケモンカードの人気が爆発し一部のカードショップではHRが12000円もすることもあるほどの人気カードとなった 対戦動画ではハイパーボールでテテフを手札に加え、ベンチに置き特性発動からのサポート発動が毎回見るレベルで行われる 再録されるとは言えその勢いは止められない。 もう訳が分からないよ。 ただし、ベンチのアドバンテージを消費してしまい 効果発動後は置物になってしまう、そうなるとポケモンキャッチャーやグズマ等のベンチ入れ替えカードのいい的になりかねない。 初手で出せるたねポケモンがテテフだけだったら効果を生かせず終わってしまう。 そういうことに陥らないように採用枚数は自分のデッキとプレイングに合わせて採用すべきである。 これはテテフだけではなく他のポケモンカードでも配慮しなければいけないことである。 余談 カプ・テテフが守り神として祀られているアーカラじまの「アーカラ」とは、ハワイ語で という意味。 カプ・テテフの体色と一致している。 関連イラスト pixivision• 2020-07-21 18:00:00• 2020-07-21 17:00:00• 2020-07-21 13:00:00• 2020-07-20 18:00:00• 2020-07-20 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-22 05:57:06• 2020-07-22 05:56:37• 2020-07-22 05:55:57• 2020-07-22 05:54:13• 2020-07-22 05:50:28 新しく作成された記事• 2020-07-22 05:54:19• 2020-07-22 05:45:06• 2020-07-22 04:52:13• 2020-07-22 02:27:29• 2020-07-22 02:03:36•

次の

PGL大会で色違いカプ・テテフ配信!厳選時の個体値・ステータスは?

テテフ

こんにちわorこんばんわ、最近新しいカプ・テテフを捕まえたくなった管理人です。 しかしそれもただ捕まえるのではなく オシャボ(オシャレボールの略。 そのポケモンに似合ったボールで捕まえること)での捕獲を狙っています。 しかしカプ・テテフは準伝説ポケモンだからか 捕獲率はとても低いです。 更に特殊型のポケモンなので、対戦等でも使うつもりなら めざめるパワーの厳選も怠ってはいけません。 王冠で個体値は補えるとはいえ、めざパは個体値の偶数奇数でタイプが決まるので性格だけ合わせて終わり、というわけにもいきません…。 僕が狙っているカプ・テテフのめざめるパワーは記事タイトルにもありますが 炎。 確率にして何百分の一だとか。 ただでさえ捕獲しにくいのにそんな低確率の個体を引かなきゃなりません。 いちいち捕まえて確認して~…なんてやってたら時間がいくらあっても足りないので 厳選用のポケモンを用意して戦闘中にある程度見分けてから捕まえることにしました。 そこで今回はカプ・テテフの厳選方法についてまとめてみました! マスターボールで捕まえる場合でも、戦闘中にお目当ての個体かどうかを見分ける術を身に付ければ厳選の効率は良くなるでしょう。 スポンサーリンク 目次• 野生のカプ・テテフについて レベル:60 性格:ランダム 個体値:ランダム、3V以上確定 技:おだてる、しぜんのいかり、ムーンフォース、じんつうりき これはサンムーン、ウルトラサンムーン共通です。 回復技も反動技も無いので心置きなく弱らせられますし 行動順が特殊な技もないので戦闘時にSを判定するのも楽。 ボール投げてる間にサンドバック役となるポケモンは鋼タイプがいいかと思いますが、 こちらのレベルや能力問わず体力を半分削ってくる「しぜんのいかり」が意外と厄介。 厳選要員 特性「シンクロ」のポケモン 特性「シンクロ」の効果によって、シンクロのポケモンと同じ性格のポケモンが出やすくなります。 シンクロ持ちのポケモンは ケーシィや ネイティ、 ラルトス等。 特性がシンクロならば誰でもいいです。 シンクロポケモンは瀕死の状態でPTの先頭に置いておきましょう。 瀕死状態でもシンクロの効果は働きます。 H実数値171で「いのちがけ」を覚えたポケモン 戦闘中にテテフの個体値をある程度測定するのが仕事。 HとSが目標の個体用に調整されている「いのちがけ」を覚えたポケモンならなんでもいいです。 めざ炎個体のテテフならばHは必ず奇数。 その場合はV(H実数値172)の可能性が高いので HVテテフだけが生き残れる威力のH171いのちがけでHがVかを判定します。 ついでにめざ炎ならSVというのもありえないので すばやさも「SVテテフ-1」に調整しておけばある程度判定出来ます。 SVテテフ-1調整をするなら 控え目テテフ狙いなら136 臆病テテフなら149 に調整しておきましょう。 これならばいのちがけを使う時に行動順でテテフのSを絞れます。 いのちがけを使えば個体値をある程度判定できる上に 捕獲のために体力を削る手間も省けますが個体値を完璧に判断できるわけではないことに注意。 テテフ側の実数値はVとU(個体値30)では同じなので 「いのちがけで1残ったけどH個体値は30でめざ炎じゃない」 「戦闘中に抜かれたけどS個体値30のめざ炎個体なのにリセットしてしまう」 こともあります。 とはいえハズレの個体の方が圧倒的に多いはずなので、判定することは無駄じゃないはず。 オススメはオコリザル 僕はこの役を オコリザルに任せました。 オコリザルを起用した理由は ポニの広野に出てくる野生のものにそのまま努力値を振ってちからづくを思い出させれば完成するお手軽さです。 上の画像のオコリザルも捕まえてからステータス計算して努力値振り終わるまで一時間もかかってません。 用意する方法としては 1. まずポニの広野へ行く 2. ポケモンが飛び出てくる木へ行きオコリザル捕獲。 等でオコリザルの個体値を調べて、調整を行う。 かなり投げやりな説明ですが、厳選用のポケモンを一から孵化させて用意するよりはずっと早くて楽なはず。 キノコのほうしを覚えたポケモン カプ・テテフをマスターボール以外で捕まえるつもりなら用意しておきましょう。 「いのちがけ」で体力は1にされているし野生のテテフは回復手段を持っていないのでみねうち等はいりません。 よく捕獲要員として育てられているであろうキノガッサの場合は テテフの攻撃技が全て効果抜群なので注意。 対策としてはキノコのほうしを撒いた後に みがわりを置いておけば手間はかかりますが比較的安全。 起きた後の行動がおだてるならば爆アド。 しぜんのいかりもこちらの体力が減った状態だとみがわりを一撃で破壊出来なくなる。 手持ちのポケモンは6匹に 捕獲する際には手持ちのポケモンを6匹にしておきましょう。 6匹ならば捕獲後にボックスに送るか手持ちと入れ替えるか聞かれますが その時に捕まえたテテフのステータスを見ることができます。 めざパのタイプまでは確定できませんが、 性格不一致、CV(めざパにならない)などを戦闘後すぐに確認できます。 もしアタリの個体っぽかったら誰かと入れ替えてめざパ鑑定に行きましょう。 厳選の手順 1. 戦闘開始。 いのちがけ要員でテテフにいのちがけを撃つ。 テテフに先に行動されるかテテフが死ねばリセット。 テテフが体力1残したらキノコのほうしを覚えたポケモンに変える。 マスターボールで捕まえるなら適当なポケモンでいい。 キノコのほうしを撃って眠り状態にして捕獲する。 捕獲成功したらテテフをボックスに送るか聞かれる。 ステータス確認。 育てやでめざパ確認。 お目当てのタイプだったらお疲れさまでした。 違えばリセット こんな感じです。 ちなみにサンムーンとウルトラサンムーンの両方を持っている場合 「つかまえポン」がある分ウルトラ版の方が多少楽です。 以上、カプ・テテフ厳選についての記事でした! 僕はラブラブボールでの捕獲を狙っていますが、正直ラブラブボールでめざパの厳選はマゾすぎる。 記事まで書いておいてアレですが諦めるか、めざパは適当なもので妥協するかも….

次の