小鍜冶孝志。 オピニオン

このにやけ顔の写真が赤沼英男上席専門学芸員

小鍜冶孝志

新型コロナウイルス感染症の治療薬候補であるアビガンを巡り、臨床研究で明確な有効性が示されていないとの報道に関し、加藤勝信厚生労働相は20日の衆院厚労委で「臨床研究や治験の結果、分析を待つという姿勢は変わらない」と述べるにとどめた。 これに先立ち、同省の鎌田光明医薬・生活衛生局長は「有効性が確認されれば承認するということで作業している」と話した。 「進行中の研究については審査に影響を与えるので以前から答えていない」とした。 共産党の宮本徹、公明党の伊佐進一、両氏への答弁。 安倍晋三首相は4日の記者会見で「5月中の承認を目指す」と述べている。 国が早期承認を目指す新型インフルエンザ治療薬「アビガン」を念頭に、拙速に特例的な承認を行うべきではないと提言した。 声明は、科学的根拠の不十分な候補薬について「有事だから良い、ということには断じてならない」と指摘。 自然に回復する患者も多いため、症例数の多い臨床試験が必要だとした。 妊娠中の女性が服用して胎児に重い先天異常を引き起こしたかつてのサリドマイド薬害も引き合いに「数々の薬害事件を忘れてはならない」と強い懸念を示した。 有識者会議のメンバーで、国立国際医療研究センターの國土典宏理事長は「既存薬ならば、データがそろうまで適応外使用も可能だ。 一度承認されれば有効性の検証は難しくなる」と警鐘を鳴らす。 安倍晋三首相はアビガンについて「今月中の承認を目指す」と言及。 厚生労働省は、公的な研究で有効性や安全性が確認された場合、通常は申請時に求められる臨床試験の結果提出を承認後に後回しにできるとの通知を出している。 27 評論家ではない一般の人々が、自分の感じたことを表明するにあたって、いちいちこのような条件を課されたら、まず発言できなくなる。 このように、《〇〇は〇〇らしくしていろ》というステレオタイプを与えられた人々が、《らしくないこと》をしようとすると、高度な要求を課されるというのも、差別のひとつの形である。 アメリカ南部では、1960年代まで、黒人が選挙で投票しようとすると、政治について判断するに足る知力があるかどうかを判定する「識字テスト」が課せられ、およそ無理なレベルの高度な知識を要求された。 そのため、実際に投票所に行く人は稀だった。 今、そのような制度を採用する州があれば、すぐに公民権法違反、または憲法違反の判決が下されるだろう。 このような思考は、差別にあたるのである。 関係政令を改正し、来週から、取得価格よりも高額で転売することを禁じる。 医薬品や医薬部外品のアルコール消毒製品のほか、アルコール濃度の高い酒類や除菌シートも対象とする。 違反者には、1年以下の懲役または100万円以下の罰金を科す。 加藤氏は禁止理由について「経済活動再開により、アルコール消毒製品に対する需要は一層増大することが見込まれる」と説明した 実際に、消毒効果の認められた製品は、 以下のようなラインナップになっている。 【手洗い、拭き取り掃除、トイレ掃除を想定した製品】 ・かんたんマイペット(原液) ・クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート 香りが残らないタイプ(絞り液) ・クイックルワイパー 立体吸着ウエットシートストロング(絞り液) ・クイックル Joan シート(絞り液) ・クイックル Joan 除菌スプレー(原液) ・食卓クイックルスプレー(原液) ・セイフキープ(絞り液) ・トイレマジックリン 消臭・洗浄スプレー ミントの香り(原液) ・ハンドスキッシュEX(原液) ・ビオレガー ド薬用泡ハンドソープ(原液) ・ビオレu薬用泡ハンドソープ 3倍希釈 ・ビオレガード薬用手指用消毒スプレー(原液) ・ビオレガード薬用ジェルハンドソープ (3倍希釈) ・ビオレu手指の消毒液(原液) ・リセッシュ除菌EX プロテクトガード(原液) 【衣類の洗濯等を想定した製品】 ・アタック高浸透リセットパワー(3. PCR検査の数は断然足りない、感染状況把握のために拡大すべき• PCR検査は大学研究室でもできるし、数が増えないのは制度の問題• 死ななければ感染は怖くない、専門家会議に治療の専門家が少ないのが問題 横山令奈 日本人女性バイオリニスト 感染集中の街で響いたバイオリン 病院屋上から響いた音 4月22日 バイオリンの世界的名器を生んだストラディバリが17~18世紀に活動したイタリア北部クレモナで16日、バイオリンの調べが響き渡った。 新型コロナウイルス患者への治療の最前線となっている病院の依頼で、日本人バイオリニスト横山令奈さん(33)が病院の屋上から演奏した。 医療従事者への感謝と、患者たちが再び音楽や芸術を楽しめる日が来るよう祈りを込めたという。 感染集中の街、響いたバイオリン 病院屋上から届けた音:朝日新聞デジタル 【写真】イタリア北部クレモナで16日、病院の屋上でバイオリンを演奏する横山令奈さん(横山さん提供) 横山さんは高校卒業後の2006年にクレモナに渡り、同地の音楽院で学んだ。 クレモナにある「バイオリン博物館」で、数億円の価値がある展示楽器の音色を訪問者に聴いてもらう演奏会で、演奏を任されている。 今回、病院側が地元の町おこし団体に声をかけ、「地元バイオリニストの顔」となっていた横山さんに、白羽の矢が立った。 横山さんが16日夕、クレモナで製作された愛用のバイオリンを手に、約30メートルの高さにある病院の屋上に立つと、町のシンボルとなっている高さ112メートルの鐘楼が夕日を受けて浮かび上がった。 住み慣れた美しい町の情景に感動する一方、足元に見える病院の敷地には新型コロナウイルスに感染した患者を隔離する白いテントが広がる。 人口約36万人のクレモナ県では15日までの死者が872人に上り、感染者は5千人を超えた。 感染拡大のスピードは落ち着いてきたが、横山さんの演奏中にも救急車がサイレンを鳴らし、病院に到着した。 演奏が始まると、防護服姿の医師らが窓から身を乗り出して、バイオリンの音色に聴き入った。 横山さんはビバルディの「四季」や映画「ニュー・シネマ・パラダイス」で使われたエンニオ・モリコーネの作品などを演奏した。 曲が終わるたびに大きな拍手と歓声が上がった。 横山さんは演奏後、朝日新聞の電話取材に「演奏家は、人の心に直接語りかけられるからこそ、いま何ができるのか、考えてきた。 マイナスなことを考えてもきりがないが、生の音楽が人の心に響き、少しでも勇気を持ってもらえたらうれしい」と話した。 (ローマ=河原田慎一). 朝日新聞社 「おめでとう、選ばれし人々よ Chosen One 」 「なぜ、君たちを選ばれし者と呼んだのか。 それは君たちが色々な意味で選ばれたからだ。 第一に、指針としてきた気質と規律。 君たちの内側の想像力の炎によるもの。 そして、願望に突き動かされた推進力。 教育、バックグラウンド、意識、記憶、現在進行中の謎こそが、君たち全員にとって大事なことなのですから」 「君たちの人生についてこう語ることになるだろう。 コロナ以前はこうだった。 巨大なパンデミック以前は、とね。 他の世代で語られるように、君たちの人生は永遠にコロナ以前として定義されることになるだろう。 戦前や、インターネット普及以前、ビヨンセ以前のように。 大きな犠牲を強いられる事態を君たちは生き抜くことになる。 そして、平常化を再始動させる役割を果たすために、これ以上清々しい人材は君たちをおいて、他に存在しない。 選ばれし者たちよ」 「未来は常に不確かなものだ。 しかし、君たちの達成を皆で祝福したい。 君たちの全ての達成を。 今日確かなことが1つある。 君たちはこれからも我々を落胆させることはないだろうということだ」 急性膵炎(すいえん)の治療薬として国内で長年使われてきた点滴薬剤「ナファモスタット(商品名フサン)」が新型コロナウイルスの感染を阻止する可能性があると、東京大医科学研究所の井上純一郎教授らが18日発表した。 人の細胞への感染を模擬した実験の成果で、国立国際医療研究センターなどと近く臨床研究を始める方針。 この原稿を書くのに5日間かかった。 一度は困難さに発表をやめようかと思ったが、あまりにも誤解が拡散しているので、不十分でも発表することにした。 事の起こりは4月16日、フランスのサイト『Pourquoi Docteur』(どうして?ドクター) の音声インタビューだった。 前略 このような状況を踏まえると、 学校再開後は、学校でのトイレの衛生管理がとても重要になってきます。 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議からは、 保健管理や環境衛生を良好に保つような取組を進めていくとともに、 咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染症対策を徹底することが 重要であるとの考え方が示されました。 星野源 — うちで踊ろう Dancing On The Inside 休業しないパチンコ店に罰則も 政府、特措法改正を示唆 共同通信 - Yahoo! ニュース 西村康稔経済再生担当相は27日の記者会見で、自治体がパチンコ店などに新型コロナウイルス特措法に基づく休業指示を出しても従わない事例が多発するようであれば、法改正で罰則規定を設ける考えがあることを明らかにした。 西村氏は「罰則を伴う、より強い強制力のある仕組みの導入など法整備について検討を行わざるを得なくなる」と強調。 罰則化に踏み切る基準や法改正の日程など具体的なことは「状況を見て、適切に判断する」と述べるにとどめた。 現在も営業を続けるパチンコ店などをけん制する発言だが、私権の強い制約を伴う事実上の休業強制を示唆するもので、発言は物議を醸しそうだ。 yahoo. あの方たちの一部は 特にこんな時にも行かずにはいられない人たち 治療が必要なんだって ご本人も世間も認識することが 必要だと思う。 中国漁船に「人道」なんてモノ微塵もないとは思っていたが。 それにしたってあまりに残酷だな。 中国漁船がインドネシア人乗組員の遺体を海に遺棄、韓国ユーチューバーが...

次の

新型肺炎

小鍜冶孝志

丹野晋太郎さん(左)と叔母の坂口幸嘉子さん。 両親と祖母の遺影が見守る=岩手県陸前高田市竹駒町で3日、小鍜治孝志撮影 一度は縁の切れた母の実家が自分を受け入れてくれたから、今がある。 東日本大震災で両親を失った岩手県陸前高田市の丹野晋太郎さん(24)は、そう感謝している。 母が駆け落ち同然に飛び出した家から高校に通い、今は会社員として盛岡で暮らす。 震災から9年を迎えた11日、両親の写真に「つらいこともあったけど、元気にやってるよ」と報告した。 【小鍜冶孝志】 9年前、丹野さんは中学校で卒業式の予行演習中だった。 高台の校庭から町が津波にのみ込まれるのが見えた。 不安と寒さで震えながら一夜を明かした。 同級生の親が次々と迎えに来る中、最後まで教室に残された。 「早く来て」と祈っていた時、叔母の坂口幸嘉子(ゆかこ)さん(52)が来て「お姉ちゃんたちが見つかるまでうちにおいで」と言った。 叔母に連れられ、市内の母の実家に向かった。 そこには、険しい顔をした祖父の一助(いちすけ)さん(88)がいた。 父の正嘉さん(当時52歳)と母の勝子さん(同)は中学の同級生だった。 祖父は3姉妹の長女だった母が家を継ぐことを期待していたが、2人は駆け落ち同然で結婚し、母は家を出た。 祖父は母を勘当し、20年以上敷居をまたがせないまま、震災が起きた。 丹野さんはそんな事情を全く知らなかった。 祖父は母の「忘れ形見」を引き取ることに一度は反対した。 でも….

次の

このにやけ顔の写真が赤沼英男上席専門学芸員

小鍜冶孝志

熊本県南部に甚大な被害をもたらした記録的豪雨。 球磨村の球磨川支流近くにある特別養護老人ホーム「千寿園」では、浸水で入所者14人が心肺停止で見つかった。 災害時に避難が難しい高齢者施設で多くの被害が出た例は、4年前にもあった。 2016年の台風10号では岩手県岩泉町の小本川が氾濫し、近くの高齢者グループホーム「楽ん楽ん(らんらん)」の入所者9人全員が亡くなった。 遺族の一人は「立地条件のよく似た施設で、また災害に弱い高齢者が巻き込まれてしまった。 教訓を生かしてほしかった」と絶句した。 【小鍜冶孝志】 16年8月の台風10号豪雨災害では、岩手県と北海道で関連死を含めて33人が犠牲に。 うち25人が同町で亡くなった。 町は被災当日の朝、高齢者ら避難に時間のかかる人に避難行動を始めるよう促す「避難準備情報」を発令したが、施設の運営者が意味を把握できず、夜に川が氾濫。 平屋建ての施設は濁流にのまれ、70~90代の男女9人が亡くなった。 この災害を受け、国は「避難準備情報」の名称を「避難準備・高齢者等避難開始」に変更。 河川氾濫時の浸水想定区域にある高齢者施設などに避難計画の作成と訓練を義務付けた。 今回、千寿園のある熊本県球磨村は3日午後5時に同情報を発令。 避難計画の作成は、同園も対象になっていた。 同園周辺は川幅が狭くなる場所にあり、過去に何度も浸水被害に見舞われていた「常襲地帯」だった。 国や地元自治体は、堤防の建設や排水ポンプの設置なども進めてきた。 それでも、被害を防げなかった。 楽ん楽んで母のチヤさん(当時95歳)を亡くした八重樫信之さん(76)は「今回の避難の詳細はまだ分からないが、千寿園も川のそばに建っていて高い階がないなど立地がよく似ており、備えや早めの避難が求められたと思う。 母の死を無駄にしないでほしかったのだが……」と唇をかんだ。

次の