赤ちゃん 男の子 女の子。 赤ちゃんの名前 2019 女の子&男の子のランキング

国際的な赤ちゃん(男の子・女の子)の名前。海外でも通用するおしゃれな子供の名前

赤ちゃん 男の子 女の子

妊娠が判明したとき、赤ちゃんの性別が女の子なのか男の子なのか気になるのではないでしょうか。 赤ちゃんの性は、受精の瞬間に性染色体の組み合わせによって決定します。 性の分化が始まり、女性、男性の生殖器が作られ始めるのは妊娠7~8週頃からです。 妊娠12週頃になると、男性の生殖器を形成するためのホルモン「テストステロン」の分泌が盛んになり、外性器が形成されます。 妊娠16週になると身体の細部も完成し、性別がはっきりしてきます。 エコー写真に小さな突起物が写ることもあり、性別が判明するケースが出てきますよ。 ただし、エコー写真に写る画像は必ずしも鮮明ではなく、出産まで性別が確定しないこともあります。 また、あえて性別を伝えない方針の医師もいます。 エコー写真で性別がわからなくても、生まれてくるまでの楽しみが増えるのだとおおらかな気持ちでいたいですね。 実際、妊娠中に性別が判明した時期はいつごろだったのでしょうか。 ままのて編集部ではママたちに「性別がわかったのはいつごろでしたか?」というアンケートを実施しました(有効回答426)。 アンケートの結果で一番多かったのは「妊娠6ヶ月」です。 ほぼ半数の201人(47%)の方が、妊娠20~23週のあいだに性別が判明したと回答しています。 さらに「妊娠5ヶ月以前」では93人(22%)、「妊娠7ヶ月」で判明したのは75人(18%)、「妊娠8ヶ月」で37人(9%)、「妊娠9ヶ月以降」では8人(2%)という結果が続きます。 アンケートからは、性別が判明するのは妊娠中期が最も多いことがうかがえます。 医師が性別を伝える時期を妊娠20~22週以降に設定している産院もあることから、性別が確定するのは妊娠6ヶ月頃が目安となりそうですね。 赤ちゃんの性別で、ママのつわりやお腹の出方に違いが出るという話を聞いたことがありませんか。 赤ちゃんの性別にまつわる迷信やジンクスはたくさんあります。 性別判断テストや占いのたぐいも、ママたちのあいだで話題になっていますよ。 中国700年の歴史をうたうのは、男の子と女の子の産み分けカレンダーを応用して性別を判断する「中国式産み分けカレンダー」です。 東洋医学や代替医療を参考に、ママの脈拍や赤ちゃんの心拍で性別を判断するという方法も試されていますよ。 ほかにも指輪や重曹を使った方法、第一子のつむじや足のしわで占う方法などがあります。 性別判断テストや占いは医学的根拠があるものではありませんが、どの占いが当たるか、試してみるのもおもしろいかもしれません。

次の

赤ちゃん、男の子と女の子の違い!どっちが育てやすい?

赤ちゃん 男の子 女の子

健康なら女の子でも男の子でもどっちでもいい!とほとんどの妊婦さんは口にするでしょうが、「男の子と女の子、どっちなのかな?!」と実は気になってるのが本音。 性別判断が正確にできるのは、妊娠16〜20週以降です。 この頃の妊婦検診はまだ1ヶ月に1回の人がほとんど。 赤ちゃんの性別を早く知りたいママは気が気じゃないでしょう。 実は私もそうでした!初産だったので性別のこだわりはありませんでしたが、出産後の育児のことを考えると「早く性別を知りたいな」と常に思っていました。 検診のたびに聞いていましたが、実際にエコーで判断できたのは28週の頃でした。 さて、女の子と男の子では• つわりの重さが違う• ママの味の好みが変わる• 体調が違う• お腹の形が違う など、耳にする妊婦さんも多いのではないでしょうか? 果たして本当に違いがあるのか、今回は『女の子だった場合の兆候や特徴』について、筆者と先輩ママの体験談も集めて検証してみました!• 赤ちゃんの性別が分かるのはいつ? 赤ちゃんの性別は、妊婦健診のエコー検査でわかることがほとんどです。 大抵はエコー画像に写った赤ちゃんの性器のシルエットで判断します。 女の子なら股部分がフラットで、男の子なら突起が見えますよ。 性別がわかる時期で最も多いのは妊娠21〜25週目で、早い場合は15週前に判別できることもあります。 しかし赤ちゃんの姿勢によっては肝心な部分が見えず、いつまで経っても性別が分からないケースも! 筆者の友人の中には、お腹の子がいつも足を組んだポーズだったので最後まで性別が分からず、出産したら男の子だったという人もいます! 女の子妊娠の兆候はママの体調で判断する! まずは『ママの体調で判断する女の子妊娠の兆候』についてご紹介します。 ご自身に当てはまるかどうか、くらべてみてくださいね! つわりが重いと女の子! 「男の子の妊娠より、女の子の妊娠の方がつわりが重い!」というママの声がありました。 筆者は女の子を妊娠・出産しましたが、確かにつわりはきつかったです。 ピーク時は本当に四六時中、気持ちが悪くて座っているだけでも辛かったほど。 女の子を産んだ友人で、つわりがひどすぎて入院したママもいます。 逆に男の子を授かった先輩ママは、つわりがまったくなかったとか! ただしつわりの重さは人それぞれですし、つわりがまったくない妊婦さんの方が稀ではあるので、何ともいえないところではあります。 ママが甘いものを食べたくなると女の子! これは女の子ゆえなのでしょうか?!いつにも増してスイーツ好きになる傾向があるようです。 特にクリーム系にハマってしまったというママや、チョコレートが手放せなくなったというママも。 ちなみに男の子を妊娠すると、揚げ物が食べたくなるそうです。 筆者はマクドナルドのポテト以外、食べられなくなった時期がありました! 普段は食べることがほぼ無いものだったので、妊娠中は食の好みが激変には驚きましたね。 ポテトは揚げ物ですが、筆者は女の子を無事に出産しました! ママの肌荒れが続く・顔つきが優しくなると女の子! 妊娠中にママの肌荒れが続くようだったら女の子、という説です。 筆者も妊娠中は肌がくすみ、かなり荒れてしまったので当てはまります。 また、「ママの顔つきが優しくなると女の子」という説もあります。 自分ではよく分からないものですが、そういえば筆者も妊娠初期にいわれたことがありました。 女の子妊娠の兆候をお腹のカタチや胎動で判断しよう! 続いては『お腹のカタチや胎動による女の子妊娠の兆候』です。 こちらも個人差があってまちまちですが、男女での差はあるようなので照らし合わせてみてくださいね! お腹が横に出ると女の子! 昔からよく言われている説のひとつに「お腹が横に出ると女の子」「お腹が前に出ると男の子」というものがあります。 女の子だった場合はお腹が全体的にまあるく膨らむ、といった方がイメージしやすいかも知れませんね。 筆者は妊娠中、お腹がかなり前に飛び出ていたので周囲の人から「きっと男の子だね!」と言われていましたが、実際には女の子でした。 筆者自身もすっかり男の子だと思っていたのですが、これも個人差がある説かなあという感想です。 胎動が穏やかだと女の子! こちらも昔からよくいわれていますが、「胎動が穏やかだと女の子」「胎動が激しいと男の子」という説があります。 筆者もこれは当てはまりました。 娘はお腹にいた頃、あまり胎動が無かったのです。 動くときは「ゴニョゴニョ・・・。 」という感じで、なんとなくのっそりした動き。 足で蹴る、というのもほとんどなく、どちらかというと内側からぐいーんと押し出して伸びるのを楽しんでいるようでした。 (そんな娘は、現在も伸びるゴムのおもちゃが大好きです・笑) 男の子のママからは「お腹の中で蹴られると結構な衝撃で痛い!」という話をよく聞いていました。 胎動が始まったのも早かったようです。 しかし、これとまったく逆の言い伝えもあるので、判断は難しいところです。 当たるかどうかは産後のお楽しみとして、ご家族でワイワイ盛り上がりながら試してみるのも良いのではないでしょうか。 指輪が前後に揺れると女の子! 指輪を使ったダウジング方法です。 結婚指輪などの指輪に、20cmほどの長さの糸の先端を結びつけます。 次に反対側の糸端を持ち、お腹の前に指輪を垂らして静かに待ちます。 指輪が前後に揺れると女の子、円を描いて回ると男の子、といわれています。 中国式産み分けカレンダー 中国で有名なのが「中国式産み分けカレンダー」です。 700年以上の歴史があり、今でも性別判断に使われているようです。 赤ちゃんを受精したときの年齢と月で計算する方法で、簡単に算出できるサイトもあるので、気になる方は試してみるのも面白いかと思います。 みなさんはいくつ当てはまりましたか? 個人差が大きいものもあり一概にはいえませんが、自分はどうかな?と照らし合わせてみるのも面白いかと思います。 また、赤ちゃんの性別が判断できるのは妊娠16〜20週以降です。 それも完璧な判定ではなく、実際とは違っていたということもありますので、結局は最後まで分からないというのが本当のところです。 そうはいいつつも、お腹の赤ちゃんの性別をあれこれ想像するのはワクワクするひとときですよね。 今回ご紹介した見分け方も参考にしながら、ぜひご家族みなさんで楽しく盛り上がっていただければと思います。

次の

産んでみてわかった!男の子と女の子はこんなに違う。|cozre[コズレ]子育てマガジン

赤ちゃん 男の子 女の子

赤ちゃんを女の子・男の子に産み分ける方法!排卵日と精子量がコツ? 2019年6月1日 こそだてハック 赤ちゃんは授かりものとはいえ、できれば「女の子が欲しい!」「男の子が生まれてこないかな」なんて、希望が出てくることもありますよね。 今回は性別の決まり方と合わせて、基本的な女の子と男の子を産み分ける方法についてまとめました。 女の子・男の子の産み分けはできるの? 産み分けとは、希望の性別が実現するように妊娠前に行動することです。 パパの方がママが好きだと女の子、逆だと男の子だとか、パパが毎日コーヒーを飲むと男の子だとか、おまじないや迷信のような産み分けの方法もたくさんあります。 このことから察するに、産み分けを希望していた夫婦は昔から少なくなかったようですね。 例えば約700年前からある中国式産み分けカレンダーは、産み分けを考えている人の間では有名で、現在も利用されています。 ほかにも、パーコール法という人工授精の技術を用いる方法もあります。 現在では、自然に男の子・女の子を産み分ける方法が主流です。 関連記事 赤ちゃんの性別の決まり方は? 赤ちゃんの性別は卵子に受精した精子の種類によって決まります。 精子はX染色体かY染色体という細胞を持っており、一方卵子はX染色体のみを持っています。 つまり精子の状態が赤ちゃんの性別を決める際に重要ということですね。 産み分けに重要な精子の特徴とは? 女の子を産み分けたいときはX染色体、男の子を産み分けたいときにはY染色体を持つ精子を、卵子に届ける必要があります。 しかし、女性の腟は雑菌の侵入を防ぐために酸性になっていて、そこで死んでしまうY精子も多いため、男女が生まれる確率は約50%ずつになると考えられています。 産み分けには排卵日も大切? 男性側の精子の状態だけでなく、女性の排卵日も男の子・女の子の産み分けには大切です。 逆に排卵日と日数を空けて性交したときには、酸性度が強いなかで精子が排卵を待たなければならないため、Y精子が減り、X精子が生き残りやすくなります。 このように、排卵日も産み分けには重要になりますよ。 女の子の赤ちゃんの産み分け方法は? 赤ちゃんの性別を決める要因がわかったところで、さっそく男の子の赤ちゃんの産み分け方法をみていきましょう。 女の子の赤ちゃんを産み分ける方法では、多くのX精子をどうやって卵子に届けるかが大切になります。 排卵日の2日前が性交タイミング 妊娠に排卵は重要ですが、排卵日になると腟内がアルカリ性になる特徴があるため、酸性に強いX精子を多く残すためには、排卵日の2日程度前に性交を行うことが大切です。 X精子は寿命が長いのも特徴なので、排卵日前に性行為をしておけば、排卵当日にX精子の方がより多く残っている可能性も高くなります。 性行為は穏やかに 女性がオーガズムを感じると腟内がアルカリ性に傾くため、Y精子が生き残りやすくなってしまいます。 そこで、X精子を優位にするためには、穏やかな性行為がおすすめです。 酸性の腟内を通る時間を延ばすという意味で、射精を腟内の浅いところで行うのも良いでしょう。 女の子用のゼリーを腟内に注入する 腟内の環境を酸性に傾ける女の子用の産み分けゼリーというものがあります。 原材料は基本的に食品を原料としているので悪影響を与えるものではありませんが、利用前に産婦人科などで相談してみてくださいね。 関連記事 男の子の赤ちゃんの産み分け方法は? 男の子の産み分けは、いかにY精子を卵子に多く届けるか、という点が重要です。 排卵日の直前に性交する Y精子は酸性に弱いという特徴があるため、もともと酸性の腟内がアルカリ性に傾く排卵日の直前、できれば排卵日の当日が性交を行ういいタイミングです。 女性が気持ちいい性交をめざす 女の子の産み分け方法でも記載した通り、実は女性が性的刺激を受けてオーガズムを感じると、アルカリ性の子宮頚管粘液が多く分泌され、腟内がさらにアルカリ性に近づきます。 女性にとって気持ちのいい性交を目指すことで、男の子が産まれやすくなります。 できるだけ深く男性器を挿入する 腟内の酸性にできるだけ触れないようにするという意味で、男性器をなるべく深く挿入してから射精することも一つの方法です。 女性の腟内は酸性ですが、子宮内はアルカリ性になっているため、腟内での移動距離を短くしてあげましょう。 性交渉前に3〜5日禁欲して精子の量を増やす 男の子の産み分けにはY精子が必要になるのですが、前述のとおりY精子は酸性の腟のなかで生き残りづらいという特徴があるので、性交渉前に3〜5日禁欲し、できるだけ精子量を増やして性行為を行いましょう。 ただし、極端に禁欲期間が長いと精子の受精能力が下がってしまうので、長くても5日程度が良いですね。 男の子用のゼリーを腟内に注入する 腟内の状態にも個人差があり、もともと酸性が強い人もいれば、オーガズムを感じにくくアルカリ性の子宮頚管粘液があまり出ない、という人もいます。 そこで、腟内の酸性・アルカリ性を調節するゼリーを注入する、という方法もあります。

次の