トグル スイッチ 配線。 車外の配線に防水トグルスイッチを取り付ける方法

スイッチとその代わりの調光器の配線図

トグル スイッチ 配線

「スイッチ」とは 「スイッチ」って聞いてどういうイメージが浮かびますか? 日本語での「スイッチ」は「電源をONーOFFするもの」というイメージではないでしょうか。 英語のswitchは、電源をON-OFFするというより、「何かを(急に)切り替える」という意味です。 電子部品としてのスイッチは、一般的な電源スイッチ以外にも、この英語の意味のとおり、2つの回路を切り替える役目をするものもあります。 スイッチの起源 スイッチの起源は、おそらくモールス信号の打鍵器が元祖ではないかと考えられます。 その後、ラジオが発明されると、真空管で作られたラジオに今のトグルスイッチと同じようなものが使われたようです。 そこから色々なスイッチへ発展していきました。 スイッチの種類 スイッチは大きく分けて、「人間が操作する」操作用スイッチと、「何かの動きを検出する」検出用スイッチの2種類があります。 操作用スイッチの種類 操作用スイッチは、人が触って操作するスイッチです。 そのため、主にその操作する部分の形状や動きに注目して分類されています。 操作感や機器デザイン機能表現など、求められる用途に合わせ、多種多様なものが製品化されています。 操作用スイッチの種類としては、トグルスイッチ、ロッカスイッチ、押ボタンスイッチ、ロータリスイッチ、スライドスイッチ、キーロックスイッチ、タクティルスイッチなどがあります。 トグルスイッチとは トグルスイッチの「トグル Toggle 」という単語は、帽子などをかける「止め釘」という意味です。 スイッチから突き出したレバーのイメージではないでしょうか。 トグルスイッチの、レバー部分そのものをいう時、「バット bat 」と言います。 これも、形状から来ています。 野球のバットと同じ意味です。 トグルスイッチでいえば、標準バット以外に、レバーキャップをつけたもの、短いもの、長いもの、フラットレバー、その短いものなどがあります。 ちょっと変わったものではレバーロックといって、レバーの上部を上に持ち上げるようにしないと操作できないものもあります。 誤操作防止用です。 また、レバーの所ではなく、パネルに取り付けるブッシング部分を太く大きくした、ラージブッシングタイプというものもあります。 ロッカスイッチとは ロッカスイッチの「ロッカ Rocker 」という単語は、ロッキングチェアの「ロック」という意味です。 その形状がロッキングチェアーの脚のところのように反っているため、ここから来ています。 ロッカスイッチの操作部の場合、横から見てTの字やYの字を逆にしたようなものがあります。 このようなスイッチは、「パドル Paddle 」スイッチと呼ばれます。 舟をこぐ時の「櫂(かい)」の意味です。 ロッカスイッチの場合の誤操作防止には、間違って手などが触れたときにスイッチが動くことを防止する目的の「バリア」が付属品として用意されている場合があります。 押ボタンスイッチとは 押ボタンスイッチの場合は、その名前のとおり、通常は「ボタン」が操作部になります。 しかし中にはボタンなしの「プランジャー」(スイッチを押す軸部分)タイプもあります。 お客様の方で独自にデザインされた操作部を使う場合などに用いられます。 押ボタンスイッチの誤操作防止にも、「バリア」があります。 単に押ボタンの周りに囲いをつけただけのものと、開閉できるフタをつけたものとがあります。 そのフタがバネで自動的に閉まるようになっているものもあり、「スプリング・バック」方式といいます。 ロータリースイッチとは ロータリスイッチは、その名前の通り、回転することでON-OFFしたり、回路を切り替えたりするスイッチです。 アナログ回路用と、デジタル回路用のDIPロータリスイッチの2種類があります。 DIPロータリースイッチは、デジタル回路の設定に利用されることが多く、操作回数は他のスイッチのタイプに比べると少なめになります。 そのために、操作にドライバーが必要なものもありますが、つまみやダイヤルをつけて指で操作できるようにしているものもあります。 スライドスイッチとは スライドスイッチは、操作部を「スライドさせる」ことで操作するスイッチです。 ロータリと同じくデジタル回路用のDIPスライドスイッチというものもあります。 キーロックスイッチ キーロックスイッチは、「カギ(鍵)」を使って操作するスイッチです。 鍵を抜いてしまえばスイッチの操作ができなくなるため、そういうセキュリティが必要な機器で使われます。 タクティルスイッチ タクティルスイッチは、メーカーによってはタクトスイッチ、タクタイルスイッチと呼んだりします。 基本的には押しボタンスイッチですが、パソコンのキーボードのキーのように、押すときのストロークが短く、また独特のクリック感(タクティルフィードバックと言います)があるものを言います。 タクティルは「触わった感じの」という意味です。 投 Throw とは スイッチを「入れる」操作を、英語ではthrowという動詞で表現します。 このthrowを直訳して「投」というスイッチ専門用語があります。 単投式、双投式、三投式などと使います。 この場合、「投」はそのスイッチが制御している回路の数をいいます。 「投」とはすなわち、スイッチを「入れる」回路が何個あるか、ということです。 1回路だけ入り切りできるものが単投式、2回路をそれぞれ入り切りできるものは双投式です。 ON-OFFのスイッチは一投式です。 ON-ONというスイッチは双投式です。 ON-ONというとOFFが無いように思われますが、ON-OFFが2つ逆向きに組み合わさったと考えてください。 実際に双投式のスイッチは、単投式スイッチとしても使うことができます。 三投式はON-ON-ONという三回路を制御できるちょっと珍しいスイッチです。 トグルスイッチとスライドスイッチに品揃えがあります。 赤青黄色の信号機の切り換えをイメージしてください。 極と投の組み合わせ 「投」と「極」を組み合わせて使うことで、スイッチを指定することができます。 一番単純なON-OFFのスイッチは、スイッチが制御している回路 投 は1回路、同時に制御している回路 極 も1回路です。 このタイプのスイッチを、「単極単投式」のスイッチといいます。 英語では、単極単投は「Single Pole Single Throw」、省略して「SPST」と呼びます。 投と極がそれぞれ2つある場合は、2極2投となりますが、「2極双投式」と呼びます。 英語では「Double Poles Double Throws」、省略して「DPDT」と呼びます。 他に単極双投、3極双投など色々な組み合わせがあります。 「オルタネート」と「モーメンタリ」 主に押ボタンスイッチで使われる用語に、「オルタネート」と「モーメンタリ」という用語があります。 「オルタネート」は、「交代する」という意味です。 スイッチのボタンを押す度に「ON」状態と「OFF」状態が入れ替わるタイプです。 オルタネート式に加えて出てきたものに、「ロック式」があります。 「ロック式」は、「ON」の時は、ボタンが押し込まれた状態でロックされ、もう一度押すとロックが解除され元の高さに戻るものが基本形です。 これは「オルタネート」の「ロック式」になります。 「モーメンタリ式」は、押している間だけ「ON」または「OFF」になるもので、押ボタンスイッチで一番多いものです。 「モーメンタリ」は「瞬間の」という意味で、その意味の通り「押している瞬間だけ」「ON」または「OFF」になります。 押ボタンスイッチやトグルスイッチに(ON)や<ON>とカッコで括られたONの表記が書かれてあれば、それはモーメンタリを示します。 日本語では「常時開」です。 「ショーティング」と「ノンショーティング」 主にロータリスイッチとスライドスイッチの場合に使われる、「ショーティング」と「ノンショーティング」という用語があります。 「ショーティング」は、2つの固定接点の間を、移動する接点(可動接点)が動くとき、2つの固定接点を一度つなぐ(ショートさせる)ように動くものです。 「ノンショーティング」は、可動接点が動く時に一度どちらの接点にもつながらない状態(ノンショーティング)になるものです。 ショーティングのスイッチは、テスターの切り換え回路などの場合に、スイッチのどちらの接点にもつながらない状態になると、高電圧が測定回路にかかってしまう、といった場合に使われます。 ショーティングのスイッチは、他に「メーク・ビフォア・ブレーク」ともいいます。 接点が「離れる前にくっつく」という意味です。 ノンショーティングは、「ブレイク・ビフォア・メーク」です。 接点が、「くっつく前に離れる」という意味です。 はんだ端子 スイッチをスイッチとして働かせるためには、ワイヤーをつなぐ必要があります。 ワイヤーは端子につなぎます。 その端子の形状としてもっとも一般的なものは、「はんだ端子」といい、端子板に穴が開いており、そこにワイヤーをからげてはんだ付けを行うようになっています。 圧着端子 はんだ付けをしないで、圧着端子を用いて端子とワイヤーの接続を行うものもあります。 端子(オス)側をタブ端子とかファストン端子と呼びます。 メス側をレセプタクルと呼びます。 スイッチによっては、はんだ端子とタブ端子兼用の端子になっているものもあります。 PC端子 スイッチをプリント配線板に取り付ける場合は、PC端子付きのものを用います。 端子がプリント配線板の穴に刺さるように、2. 54mmピッチになっています。 また、端子を水平または垂直方向に曲げたものがあり、それぞれV端子(VerticalのV)、H端子(HorizontalのV)といいます。 プリント版を縦置きして、スイッチを上部や横から操作する場合にV端子やH端子のものを用います。 また、取り付け強度を上げるために、補助端子が追加されたブラケット付きもあります。 ブラケットは、補強のためだけでなく、Bシリーズのように導電樹脂を使ったスイッチでは、スイッチ表面の静電気をブラケット経由でアースに流す役 目も持っている場合があります。 表面実装 同じくプリント配線板に取り付ける場合でも、表面実装の場合は、それ専用のスイッチを使います。 端子はJリード形やガルウィング形になった独特のものが用いられます。 表面実装の場合もブラケット付きのものがあります。 ねじ端子 その他、スイッチの端子としては、ねじ端子があります。 名前の通り、ねじでワイヤーを端子に固定するもので、大電流用スイッチなどに使われています。 スイッチの取付け方法その1 スイッチの取付け方法もパネル取り付けとプリント配線板取り付けがあります。 トグルスイッチなどで多いのは、ブッシングを使ってパネルに開けた穴にスイッチを挿入し、パネルの表裏からナットで締め付けるものです。 すべりを防止するために、パネルの裏側に内歯座金という爪が出た座金をはさみます。 ブッシングのないタイプのスイッチでは、ねじでパネルに取り付ける場合があります。 その他、ロッカスイッチや押ボタンスイッチでは、スナップインタイプといって、パネルに開けた角穴にパネル表面から挿入して「パチン」と音がするまで上から押し入れるタイプのものがあります。 スイッチの取り付け方法その2 プリント配線板にスイッチを取り付ける場合は、プリント板にスイッチを挿入するまたは表面実装してはんだ付けすることにより、スイッチへの配線とスイッチの固定が同時に行われます。

次の

車にスイッチを取り付ける方法(配線図)

トグル スイッチ 配線

今回はもともとあった一般的なタイプのスイッチをトグルスイッチに交換するので、まずはもともと付いていたスイッチの取り外しから。 露出配管で設置するため、ボックスは外に出ておりますが、埋め込みボックスでも基本的な設置方法は同じになります。 新設の場合は配線を伸ばし、トグルスイッチのサイズにあわせてボックスを別途ご用意ください。 (各スイッチのサイズは商品ページに図面がございます。 ) トグルスイッチの取り付け方だけを知りたい方は、既存スイッチの外し方は読み飛ばしていただいても大丈夫です。 トグルスイッチに限らず、電気工事のときには感電予防のため、ゴム手袋をして、ブレーカーを落として作業するのが通常です。 写真のようにその準備を終えてから、表面のプレートと、ボックスにつけられていたスイッチ本体を取り外します。 このときに使った工具は「ペンドライバー」といい、電気工事のプロはほとんどが持っているというアイテム。 威力が他の電動ドライバーよりも弱く、繊細な作業に向いており、小型なので腰に巻く工具差しにも収納が可能で扱いやすいのだそうです。 私もペンドライバーに触らせていただきましたが、インパクトドライバーより軽くて、女性でも扱いやすいかも!という印象でした。 しかし、トグルスイッチの取り付け方説明書にも明記してありますが、電動ドライバーでの取り付けは、コードや、埋め込みボックスプレートの表面などを傷つける可能性もあるため、通常は手回しドライバーでの施工をおすすめしております。 今回はトグルスイッチの施工に慣れている方だったため、工程に合わせてペンドライバーと手回しドライバーを使い分けていました。 既存スイッチのコードの外し方 まずは各コードに対して、付属の「圧着端子」を差し込んで、「絶縁キャップ」をはめていきます。 上が絶縁キャップ、下が圧着端子です。 このときに、電線がゴム皮の下に潜ってしまっていたら、「ストリッパー」という工具を使ってゴム皮を剥き、電線を出してから装着するようにする必要があるそうです。 今回は電線がしっかり出ていたのでそのまま次の作業に。 圧着端子をはめたら「圧着ペンチ」で潰して固定。 普通のペンチでは圧着することができないのでご注意ください。 しっかりと圧着されました。 ここでは、圧着端子と絶縁キャップを使ったトグルスイッチの取り付け方を紹介していますが、電気屋さんの中には違う配線の仕方をされる方もいらっしゃいます。 「」の記事内で紹介していますのでよろしければそちらもご覧ください。 コードとスイッチを接続します コードの下準備が整ったら、トグルスイッチ本体との接続です。 トグルスイッチの裏側はこんな感じ。 このスイッチに付いているビスを一度外し、圧着端子の輪っかをビスに引っ掛けて留め直します。 このとき、どこにどのコードを繋げるかも重要です。 配線を伸ばす工事のときにしっかりとされていれば、黒線は電源に繋がっているので、電源に繋がっているコードはスイッチの真ん中の端子に。 残りの白線を下の端子に繋げます。 白線を上の端子に繋げても照明を点けることはできますが、通常スイッチは上にするとON、下にするとOFFなところが逆になってしまいます。 ご注意ください。 トグルスイッチは片切り、3路どちらにも対応しており、今回は片切りになる方法で接続しました。 そのため、1つ接続端子が余っていますが、それは3路用なので問題ありません。 3路でご利用の場合は、白線の他に赤線が出ているのが通常ですので、黒を真ん中、白と赤を上下に繋げてください。 一般的なスイッチの裏にはコードを繋げる部分に数字がふられていますが、トグルスイッチの端子をその数字に当てはめると、真ん中が0、上が1、下が3となります。 電気屋さんでないとこの辺りは難しいので、私も初めて知ったことばかり。 とりあえず「コードを繋げる場所にはルールがある。 」ということだけは、充分理解することができました! 全てのコードを繋ぎ終わったら、使わない端子と、念のため絶縁キャップをはめたところにもビニールテープを巻いて絶縁しておきます。 (下のスイッチも同じく巻いておきます。 ) 絶縁する理由は、埃などが原因で発火する危険性があるからです。 安全のためにしっかり絶縁してくれていました。 スイッチをボックス内に入れ込みます ここまできたらボックスの中にコードとスイッチを収納して、プレートをボックスに取り付けるだけ!あと少し! と、思いましたが、このコードとスイッチを収納するのが大変そうです。 狭いボックスの中に無理のないよう綺麗にしまい、ビスの干渉を受けない位置にコードを配置する必要があるので、指で頑張って調整。 一度プレートを取り付けようとするも、ビスの下にコードを噛んでしまい、やり直すことになりました。 こちらの2枚はうまく行った時の様子。 ペンインパクトドライバーで途中まで閉めますが、最終的には手回しドライバーを使って留めています。 これは、失敗した時のように、ビスの下にコードが挟まっていて、コードを切ってしまうようなトラブルがないように、感触を確かめながら留めているのだそうです。 でも、先ほどもお伝えした通り、慣れていない場合は最初から手回しドライバーのご使用をおすすめします。 つい操作したくなるスイッチの完成!.

次の

片切スイッチ結線

トグル スイッチ 配線

エーモンの人気スイッチ、• スイッチから出ている2本線のうち、1本を電源側とつなぎ、1本を電装品(LEDなど)とつなぐだけです。 つまり電源と電装品の間に、割り込むんだ。 そうです。 上写真はLEDの例ですが、LED以外の電装品だとしても、配線の流れは同じです。 スイッチは、プラス線の途中に割り込ませるルールですか?• 「自光しないタイプのスイッチ」でオンオフだけの動作なら、マイナス線に割り込ませてもOKですよ。 トグルスイッチなども同様ですね。 電気が遮断されるのは、同じことですもんね。 ただし、このあと登場する「自光するタイプのスイッチ」はプラス線側に割り込ませる必要があります。 だからプラス線に割り込む、と覚えるほうが間違いが起きませんよ。 なるほど。 スイッチによってはプラス線側でないとダメなのか。

次の