ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件。 ある日、お姫様になってしまった件について 1 (フロース コミック)

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」25話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 (今回の話はコミック版からです) 前回のあらすじは、1発クロードを殴ろうと腕を振り上げるが、食べようと隠していたチョコが袖からこぼれ落ち、クロードを直撃し失敗。 その後、正面からクロードの視線を浴びながら、彼の部屋で晩餐をとる。 今回のことは、フィリックスがクロードに人の心を取り戻してもらうために、亡きダイアナそっくりのアタナシアを使った計画だった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」13話のネタバレ ある朝、ドレスの裾を持ち上げ、とてもかわいらしく丁寧に挨拶するアタナシア。 相手は勿論クロード。 彼の後ろにいたフィリックスやメイド達は、あまりの可愛さにほんわかする。 どうしたら可愛く見えるか練習したので、自信があるアタナシアだったが、クロードは相変わらず無反応だ。 それでもめげず、彼に愛想をふりまくアタナシア。 クロードがこの前の晩餐の後から、ティータイムを午前中にしてしまったので、毎日朝の挨拶を欠かさず行っていた。 クロードは返事もせず、アタナシアを見つめるだけだが。 パパが夢にでてきて嬉しかった等、彼に媚を売りまくるアタナシア。 フンと鼻で笑い、相手にしないクロード。 これはいつものことだが、初めてその会話を聞いたメイドは驚き固まっていた。 今日は庭園の中でのお茶なので、木漏れ日の下でテーブルにつく二人。 クロードは頬杖をつき、ぼんやりとしている。 いつも睡眠不足なのだろうか。 午後に呼べばいいのに。 ふと、クロードが飲んでいる紅茶を、美味しいのか聞いてみるアタナシア。 味で楽しむものではないと言われるが、パパと同じものが飲みたいとリクエストする。 フィリックスが、姫様が飲むには香りが強すぎると言うが、同じの飲みたいと主張する。 私の心臓がどれほど強くなったのか、この大胆さに感銘して、私を殺す気持ちがなくなればいいのにと思う彼女。 クロードは飲みたいなら飲ませてやれと指示する。 早速用意してもらい、口に運ぶと、とても良い香りがした。 これ好き、アーティの口でお花が咲くみたいと、大喜びするアタナシア。 その言葉に、クロードやフィリックスが固まる。 フィリックスは、それは陛下もよく飲まれるリペ茶で、ダイアナ様も口の中で花が咲くようだと言い、お気に入りだったのだと話す。 キョトンとその言葉を聞くアタナシアは、ママとアーティは同じことを言ったのと聞き返す。 リペ茶はシオドナで採れるサンユ草が原料で、陛下がリペ茶を楽しまれたのもダイアナ様のため、二人はここでお茶をされたこともあると、フィリックスが説明を続ける。 が、そんな記憶はない、今日は無駄口が多い、下がれ、とクロードにフィリックスは追い払われた。 そんなクロードの態度に、ダイアナのことはたった一度だけの女という意味か、あの女性の肖像画は今でも持っているくせにと、アタナシアは少し嫌な気持ちになる。 クロードは、まだ茶は早い、牛乳を飲めと、彼女の言うのだった。 その後、ルビー宮でお絵かきをするアタナシア。 それを温かく見守る、リリーとフィリックス。 リリーやフィリックス、クロードを描き終えると、他に描く人はいないかなと軽い気持ちで、ダイアナはどんな人だったのかと、リリー達に聞いた。 リリーとフィリックスは動揺するが、それに気づかないアタナシアは、髪はどうだったのか、長かったのか、顔の形はと、クレヨンで描きながら次々質問した。 アタナシア様のようにとても美しかったと言われ、原作の小説にも、目を離せないほど美しかったと書かれていたことを思い出す。 天下のクロードすらダイアナを気に入った程だから、相当な美人なのだろう。 そんなことを考えながら、絵を描き続けるが、フィリックス達が異様に静かなのに気づく。 それは、つい、お母さんに会いたいなと、アタナシアが呟いたせいなのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」13話の感想 ダイアナは、アタナシアと同じゆるいウェーブがかったシルバーブロンドの髪を持つ、絶世の美女だったようです。 2話にも美しいダイアナの絵が載ってましたよね。 クロードはずっと心を奪われたままのようですね。 その娘で、ダイアナそっくりのアタナシアを見て、クロードはいつも何を考えているのでしょう。 フィリックスは、なんとかクロードの心を開こうと、アタナシアとダイアナの繋がりを強調しますが、まだクロード自身に準備ができていないのか、拒否されています。 いつかこの傷は癒えるのでしょうか。 また、アタナシアは何の気なしに興味本意で、母に会いたいと口にしますが、フィリックスとリリーが重く受け止めてしまいました。 変な雰囲気になってましたが、大丈夫でしょうか。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

ある日、お姫様になってしまった件について 1 (フロース コミック)

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件

無料漫画アプリ・、で連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、小説の中の姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、原作では、アタナシアは皇帝にエスコートすらしてもらえず一人ぼっちなのに、ジェニットはイゼキエルに付き添われ、クロードに認めてもらうという華々しいデビュタントをする設定だった。 そして現在、アタナシアはデビュタントのためにダンスレッスンを受けていた。 そのアタナシアの誕生日に、欲しいものしてもらいたいこと、なんでも言ってよいというクロードだが、現状が幸せな彼女は特にないと答える。 クロードはなんだかおもしろくなさそう。 フィリックスにも聞かれるが特に思いつかない。 デビュタントのデビューダンスの相手はどうするのかと聞かれ、フィリックスにすると答えるが、彼は嫌がる。 そのことをルーカスに話すと、クロードが踊りたいに決まっているだろうと指摘される。 だがどうしてもそこまでクロードが自分を好いてくれてるとは思えないアタナシアは、結局フィリックスを選ぶ。 彼女の決定を認めながらも、眉間に皺寄せてお茶を飲むクロード。 ゴーンと聞こえる鐘の音が、運命が開花した音だと勘違いするアタナシアなのだった。 やはりデビューダンスで父と踊るかもしれない、でも父と自分で身長が全然違うし、ハイヒールを履いて踊るから慣れずに足を踏んでしまうかもしれないと説明する。 だからその背の高さに変身し練習相手になれということかとルーカスは理解するが、俺が何故と乗り気でない。 そこで、世界一最強の能力者で宇宙一美少年の、天才魔法使いルーカス様、踊ってくれないかなと、可愛らしく微笑んでみるアタナシア。 ルーカスは、式神のような人型の真っ白でペラペラの紙をいきなり出現させ、俺は忙しいからこれで練習しろという。 いつも寝っ転がりながら何が忙しいのよと言うアタナシアに、俺は毎日息するのに忙しいのだという彼。 仕方なくそのペラペラで練習する彼女だが、ペラペラの足を踏んでしまい、滑って床に転倒する。 笑うルーカスに、これ骨も関節もなくペラペラしていて無理、倒れても支えようともしないし、のっぺらぼうみたいで気持ち悪いと、アタナシアは文句を言う。 ペラペラが傷つくぞというルーカスに、感情があるのと驚くアタナシア。 ルーカスはからかっているだけだ。 ペラペラと練習を続ける彼女だが、もう少し人間ぽいのは作れないのか、できればハンサムなのにしてと頼んでみる。 ルーカスは嫌だと言う。 どうしてと彼女が聞くと、ルーカスは、なぜかわからないが気分が悪いと言い、ムスっとする。 いっそフィリックスに頼んだほうがマシだったかもとアタナシアが漏らすと、お前結構残酷だなという彼。 アタナシアは床に座ると、疲れたと呟く。 そういえばイゼキエルが戻ってきてるみたい、6年も経ったからどのくらい成長したんだろうと言う彼女。 イゼキエルは、アルランタ学術院を首席で早期卒業したらしく、さすが男主人公である。 私だって遊んでばかりではなく一生懸命勉強したしと思っていると、そのシロの息子に興味があるのかと、ルーカスに聞かれる。 イゼキエルとの思い出は黒歴史だったため、事あるごとに思い出して辛かったのだとアタナシアは答える。 そんなに気になるなら直接みてくればいい、俺なら簡単だと言うルーカスは、またもや彼女を空中に瞬間移動させる。 ルーカスを罵りながら落下するアタナシア。 だが彼女はしっかり受け止められた。 大丈夫ですかと微笑む、成長したイゼキエルによって。 会う度に私を驚かせてくれますね、会いたかったですよ天使様と言う彼。 背も伸びすっかり男らしくなったイゼキエルを見て、アタナシアは驚くのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」25話の感想 息をするのに忙しいルーカスは、アタナシアの練習相手にならず、ペラペラの紙を用意しました。 彼には愛嬌攻撃が通用しないようです。 ルーカスの気分が悪い理由は何なのでしょうか。 イケメンを用意しろと言ったからなのかと思いましたが、そのわりにはイゼキエルの元へはすぐ飛ばしてくれました。 相変わらずとんでもない所に飛ばすので、アタナシアは移動する度に悲惨な思いをしています。 そんな彼女を今度はしっかりと抱きとめたのは、成長したイゼキエル。 ほんわかした優しい雰囲気はそのままですが、かなり背が伸びました。 アタナシアも驚いていましたね。 まるで待っていたかのような言葉のイゼキエルですが、この後二人はどのような会話をするのか楽しみですね。 今回は瞳の色はそのままなので、宝石眼バレバレです。 皇女だと気づくでしょうか。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」37話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件

無料漫画アプリ・、で連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、小説の中の姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、原作では、アタナシアは皇帝にエスコートすらしてもらえず一人ぼっちなのに、ジェニットはイゼキエルに付き添われ、クロードに認めてもらうという華々しいデビュタントをする設定だった。 そして現在、アタナシアはデビュタントのためにダンスレッスンを受けていた。 そのアタナシアの誕生日に、欲しいものしてもらいたいこと、なんでも言ってよいというクロードだが、現状が幸せな彼女は特にないと答える。 クロードはなんだかおもしろくなさそう。 フィリックスにも聞かれるが特に思いつかない。 デビュタントのデビューダンスの相手はどうするのかと聞かれ、フィリックスにすると答えるが、彼は嫌がる。 そのことをルーカスに話すと、クロードが踊りたいに決まっているだろうと指摘される。 だがどうしてもそこまでクロードが自分を好いてくれてるとは思えないアタナシアは、結局フィリックスを選ぶ。 彼女の決定を認めながらも、眉間に皺寄せてお茶を飲むクロード。 ゴーンと聞こえる鐘の音が、運命が開花した音だと勘違いするアタナシアなのだった。 やはりデビューダンスで父と踊るかもしれない、でも父と自分で身長が全然違うし、ハイヒールを履いて踊るから慣れずに足を踏んでしまうかもしれないと説明する。 だからその背の高さに変身し練習相手になれということかとルーカスは理解するが、俺が何故と乗り気でない。 そこで、世界一最強の能力者で宇宙一美少年の、天才魔法使いルーカス様、踊ってくれないかなと、可愛らしく微笑んでみるアタナシア。 ルーカスは、式神のような人型の真っ白でペラペラの紙をいきなり出現させ、俺は忙しいからこれで練習しろという。 いつも寝っ転がりながら何が忙しいのよと言うアタナシアに、俺は毎日息するのに忙しいのだという彼。 仕方なくそのペラペラで練習する彼女だが、ペラペラの足を踏んでしまい、滑って床に転倒する。 笑うルーカスに、これ骨も関節もなくペラペラしていて無理、倒れても支えようともしないし、のっぺらぼうみたいで気持ち悪いと、アタナシアは文句を言う。 ペラペラが傷つくぞというルーカスに、感情があるのと驚くアタナシア。 ルーカスはからかっているだけだ。 ペラペラと練習を続ける彼女だが、もう少し人間ぽいのは作れないのか、できればハンサムなのにしてと頼んでみる。 ルーカスは嫌だと言う。 どうしてと彼女が聞くと、ルーカスは、なぜかわからないが気分が悪いと言い、ムスっとする。 いっそフィリックスに頼んだほうがマシだったかもとアタナシアが漏らすと、お前結構残酷だなという彼。 アタナシアは床に座ると、疲れたと呟く。 そういえばイゼキエルが戻ってきてるみたい、6年も経ったからどのくらい成長したんだろうと言う彼女。 イゼキエルは、アルランタ学術院を首席で早期卒業したらしく、さすが男主人公である。 私だって遊んでばかりではなく一生懸命勉強したしと思っていると、そのシロの息子に興味があるのかと、ルーカスに聞かれる。 イゼキエルとの思い出は黒歴史だったため、事あるごとに思い出して辛かったのだとアタナシアは答える。 そんなに気になるなら直接みてくればいい、俺なら簡単だと言うルーカスは、またもや彼女を空中に瞬間移動させる。 ルーカスを罵りながら落下するアタナシア。 だが彼女はしっかり受け止められた。 大丈夫ですかと微笑む、成長したイゼキエルによって。 会う度に私を驚かせてくれますね、会いたかったですよ天使様と言う彼。 背も伸びすっかり男らしくなったイゼキエルを見て、アタナシアは驚くのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」25話の感想 息をするのに忙しいルーカスは、アタナシアの練習相手にならず、ペラペラの紙を用意しました。 彼には愛嬌攻撃が通用しないようです。 ルーカスの気分が悪い理由は何なのでしょうか。 イケメンを用意しろと言ったからなのかと思いましたが、そのわりにはイゼキエルの元へはすぐ飛ばしてくれました。 相変わらずとんでもない所に飛ばすので、アタナシアは移動する度に悲惨な思いをしています。 そんな彼女を今度はしっかりと抱きとめたのは、成長したイゼキエル。 ほんわかした優しい雰囲気はそのままですが、かなり背が伸びました。 アタナシアも驚いていましたね。 まるで待っていたかのような言葉のイゼキエルですが、この後二人はどのような会話をするのか楽しみですね。 今回は瞳の色はそのままなので、宝石眼バレバレです。 皇女だと気づくでしょうか。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の