あく フェアリー。 ポケモンのタイプ相性表、弱点相関図(ポケモンGO、さかさバトル対応)

あく

あく フェアリー

5倍 0. 25倍。 56倍、二重耐性で0. 390625倍。 保存して見るのも便利。 [フェアリー]タイプの追加 相性は表参照• [はがね]タイプに対し[ゴースト]・[あく]の技が通常通り効くようになった。 ゲーム本編の一部施設で楽しめる他、レーティングバトルでも採用される事がある。 25倍のダメージ幅になる。 タイプ相性が反転したバトル。 [効果抜群]だったものが[いまひとつ]になり、[いまひとつ・無効]だったものが[効果抜群]になる。 ステルスロックのダメージにも適用• 25倍のダメージ幅になる。 保存して使っても便利。 第六世代。 特別なメッセージが表示されるわけではないが、初代ポケモンから実装されている。 ポケモン本編:1. ポケモンGO:1. 2倍 その他、タイプによる効果 タイプ 効果 ノーマル — ほのお ・「やけど」状態にならない ・「こおり」状態の相手にほのおタイプの技を当てると解ける みず — でんき [XY以降]:「まひ」状態にならない くさ ・[XY以降]:「やどりぎのタネ」「こな」「ほうし」系の技が効かない ・「やどりぎのタネ」が効かない こおり ・「こおり」状態にならない ・天気「あられ」のダメージを受けない かくとう — どく 「どく」「もうどく」状態にならない じめん ・「でんじは」も効かない ・天気「すなあらし」のダメージを受けない ひこう 交代した際に「まきびし」「どくびし」の効果を受けない エスパー — むし — いわ 天気「すなあらし」のダメージを受けず、特防が上がる ゴースト [XY以降]:戦闘から離脱できなくする技・特性の効果を受けない ドラゴン — あく [SM以降]:特性「いたずらごころ」の効果で先制して出された変化技の効果を受けない up! はがね ・天気「すなあらし」のダメージを受けない ・「どく」「もうどく」状態にならない フェアリー — > >// > >.

次の

タイプ別ポケモン一覧

あく フェアリー

概要 フェアリー(妖精)という名のとおり、外見としては可愛らしいポケモンやメルヘンチックな雰囲気を持つポケモンが分類される。 より登場した最も新しいタイプ。 登場したばかりということもあってか、とほぼ同じ総数で、メガシンカを除くと一番少なくなる。 総数が33匹、既存のポケモンでフェアリータイプが追加されたポケモンは12種類である。 ポケモンカードゲームではからの登場し、そちらでもタイプに分類されていたが、からはタイプの分類に変更されている。 ポケモンとしてのフェアリータイプ このタイプを持つポケモンについてはを参照。 ・タイプの技は、効果が抜群となる。 ・・タイプの技は、効果が今一つとなる。 タイプの技は、効果無しとなる。 関係する• を持つと、ドラゴンタイプの技が当たるようになる。 関係する• とくせいがのポケモンがを持つとフェアリータイプになる。 とくせいがのポケモンがを持つとフェアリータイプになる。 00 初出: 一覧• (以降)• (以降)• (以降)• (以降)• (以降)• (以降)• 00 初出: 一覧• (以降)• (以降)• (以降)• (以降)• 00 初出: 一覧• (以降)• (以降)• 00 初出: 一覧• (以降)• (以降)• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• (以降)• 00 初出: 一覧• (ガラルのすがた)• (以降)• (以降)• (以降)• (以降)• (以降)• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• 00 初出: 一覧• (以降)• (けんのおう) フェアリータイプの歴史 新しいタイプとして対戦環境のパワーバランスを大きく変えた。 で猛威を振るっていたやタイプはこのタイプを弱点とするために弱体化することになった。 また、攻撃面の強みが少なかったタイプとタイプはフェアリーの弱点を突けることで見直されるようになった。 ではポケモンランキング最上位の大部分をこのタイプが占めるほどになった。 これは対戦で重要な展開系の特性を持つがすべてこのタイプに属していたためである。 その他にも対戦ではメジャークラスのポケモンが多め。 その強さに対するバランス調整のためか、フェアリータイプのフィールドであるは他のフィールドと違ってフェアリー技を強化しない。 能力としてはに秀でている傾向がある。 弱点の2タイプも他のポケモンで半減しやすいため、サイクルに組み込みやすく、特にやタイプとシナジーを発揮する。 一方、が低め。 さらに物理技がしか存在しないため物理アタッカーには不向き、と思いきやがのや、専用のが使えるが存在するため見た目や数値以上のパワーがある。 第六世代 初登場したではフェアリータイプの新ポケモンは少なく、既存のポケモンに新タイプとして追加される形で数を増やした。 フェアリー自体をとすることから、フェアリータイプの実装は第五世代で冷遇されていたどくへの救済という意味合いもあった。 また、ドラゴンを無効にすることから、以前までは以外に耐性を持つタイプがいなかったドラゴンタイプの弱体化の意味も込めているといえる。 、、らはタイプが無くなった代わりに追加されている。 をはじめフェアリータイプが追加されたポケモンの多くは攻撃範囲が広がり強化され、やにはの選択肢も増えてそれぞれの強力なでパワーインフレを起こした。 メガシンカ以外でもはで桁違いな攻撃力を誇り、とはやを利用した戦法で活躍した。 フェアリータイプ初の伝説ポケモンであるはとのコンボにより伝説戦で最強の一角となった。 第七世代 新規ポケモンとなるやは強力な特性も相まって汎用性が高く、ルールを問わずほとんどのパーティで重宝された。 ただ、これらのポケモンがあまりにも突出していたため、他のフェアリータイプのポケモンは採用率が下がってしまったとも言える。 ではのを無効化するタイプとして重要性がさらに高まることになり、パーティに一匹はフェアリータイプを入れる形が定着した。 第八世代 前作で猛威を振るったは存在せず、ミミッキュのも弱体化されるなどの調整がされ、全体的には弱体化はしている。 新ポケモンにして初のタイプとの複合タイプであるは、現在、環境トップのを止められるポケモンとして評価されているなど、価値自体は失われていない。 わざとしてのフェアリータイプ このタイプを持つわざについてはを参照。 ・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が抜群。 ・・タイプを持つポケモンに対しては、効果が今一つ。 関係する• フェアリーわざの威力を上げるとして、がある。 フェアリーわざの威力を下げるもちものとして、がある。 関係する• とくせいがのポケモンの出すノーマルわざは、フェアリータイプとして扱われる。 とくせいがのポケモンが場にいると、フェアリーわざの威力が1. 3倍になる。 さらに、とくせいがのポケモンが場にいると、その効果は逆になる。 フェアリータイプを好むポケモントレーナー• から追加された。 このタイプの登場により、まで一部の例外を除き弱点なしだったとに弱点ができてしまった。 のによるも対応しており、タイプ用プレートとしてが追加された。 フェアリータイプのは現在存在しない。 フェアリータイプ単独のポケモンは、タイプのわざを覚えると、苦手なタイプ両方に弱点をつける。 ただし、当てはまるポケモンでを覚えられるのはとのみ。 などはを覚えられたが、ではあなをほるのがなくなったため、覚えられなくなったがで再び覚えられる。 また、どくタイプやはがねタイプには持ちが多いため、地面技を覚えるだけでは対策できないことがある。 複合タイプを持たないのは・。

次の

ポケモンの発見されていない複合タイプとは (ポケモンノハッケンサレテイナイフクゴウタイプとは) [単語記事]

あく フェアリー

『』におけるタイプ相性のわかりやすい覚え方、【フェアリー】タイプ編をお届けします! なんでドラゴンに強いの? 簡単な覚え方を紹介 ポケモンには現在18種類のタイプが存在し、それぞれのポケモンが1〜2種類のタイプを持っています。 たとえば【みず】タイプを持つ「ゼニガメ」は【ほのお・みず・こおり・はがね】タイプのわざを受ける場合はダメージが減少し、【くさ・でんき】タイプのわざを受けるときはダメージが大きくなります。 しかしこのタイプ相性、中には一見しただけではよく分からないものも……。 そこで、それぞれのタイプ相性について、わかりやすい覚え方を紹介。 第1回となる今回はもっとも新しいタイプである 【フェアリー】について。 フェアリータイプ相性の覚え方 メルヘンで女子っぽい【フェアリー】タイプは、総じて 小学生男子が好きなもの ドラゴン・かくとう・あく・むし に強いと覚えましょう! 個別にも覚えるポイントもあるので、この記事では細かい覚え方を紹介していきます。 ご注意ください。 【フェアリー】タイプとは 【フェアリー】は、ゲーム『ポケットモンスター』シリーズにおいて後から追加で登場しました。 比較的新しいためか、ライターの中でも馴染みが薄いという声がある程度に、まだ浸透していないタイプであるようです。 弱点が少なくステータスが高い【ドラゴン】に対して有利であると鳴り物入りで登場したのですが、いまいちピンときていないプレイヤーも多いのではないでしょうか。 何故これがドラゴンに有利であるかというと、西欧の伝承において、ドラゴンを打ち倒すのは「妖精あるいは神が与えた武器」であることが理由として挙げられます。 北欧神話に登場する英雄シグルズが、邪竜ファフニールを倒す際に用いた「グラム」という剣は、妖精の一種であるドワーフが作り与えたものでした。 「妖精が与えたものがドラゴンを倒す」というイメージを覚えておけば、この相性を忘れにくくなると思います。 ・対【かくとう】タイプ 【フェアリー】はメルヘンなポケモンが多いのが特徴。 中にはぬいぐるみのようなポケモンも存在しています。 可愛らしい存在に、筋肉ダルマが本気で殴りにいけるでしょうか? 否。 か弱い存在 本当にか弱いかは置いておいて に 一方的に手を挙げるのはスポーツマンシップが許さないことでしょう。 ・対【あく】タイプ メルヘンな存在はどういった性格をイメージするでしょうか? 少し天然が入った柔らかな性格、もっと言えば悪意に対して鈍感といったイメージがありませんか? そう、 天然ボケには悪意は通じないと覚えるのです。 ・対【むし】タイプ 絵本の世界で妖精と虫について、どのような関係を想像しますか? 対立せずに仲良くしているイメージが湧きませんか? 妖精にとって虫はおともだちであって、敵ではないのです。 つまり、【フェアリー】から見た【むし】は 敵ですらないのです。 なので、【フェアリー】からは攻撃しないので等倍、【むし】からの攻撃は「じゃれあい」認識で半減、と覚えましょう。 妖精と虫が仲良くしているイメージが湧かない方は、グロテスクな虫も絵本では可愛くデフォルメされる、つまり 虫もメルヘン世界にはかなわないと考えてみてください。 文明の発達によって神秘的な存在は科学に取って代わられていったため、近現代的なものには弱いことをイメージしてもらえれば、覚えやすいと思います。 【はがね】タイプは人工物そのままなので当然として、【どく】タイプはアーボのような自然の毒よりもドガースやベトベターのような汚染を想像してみてください。 【ほのお】タイプは文明の象徴である一方で自然界にも存在するため、【フェアリー】が攻撃するときのみ不利と覚えましょう。

次の