歌詞紅蓮華。 【アニメ】鬼滅の刃OP曲『紅蓮華』、TVバージョンとフルサイズの歌詞が違うってホント?

【歌詞翻譯】LiSA

歌詞紅蓮華

どうも。 LISAさんの曲「紅蓮華」が鬼滅の刃のオープニングに採用されてます。 アニメのオープニングは色んなキャラが出てきていて面白シーンあり、戦闘シーンありの詰め込まれたオープニングになってます。 とくにサビに入った時の戦闘シーンがカッコいい。 水の呼吸という技を使った時のシーンで水の龍が出てきます。 紅蓮華 ここは意味ありげ・・・ とは違うけど、サビのカッコいい部分と技のカッコいい部分が相重なってとてもいいです。 誕生日は1987年6月24日(2019年現在32歳)、2005年から活動していてソロデビューしたあとからの楽曲の多くが自分で作詞をしていて積極的に活動しているみたいです。 2019年現在も活動中。 LISAさんの声は芯があるような力強い声が特徴的だと思います。 私のイメージですが、アップテンポな曲を歌うのがめっちゃ似合っていると思います。 」などアニソンに採用されている曲もあります。 難しい・・・。 連れて進めとあるから自分ひとりの事でなく他者がいる複数形の表現?いやこれは複数系の表現に見えるけど実は僕、自分自身と対話しているのではないかと思いました。 まだ弱い自分に強い自分を連れていくそうして強くなる。 そんな歌詞だど解釈しました。 当たっているかは分かりませんがそう解釈することも出来ると思います。 そして次、 泥だらけの走馬灯に酔う こわばる心 震える手は掴みたいものがある それだけさ 作詞:LISA 前の歌詞から強い自分(前向きな精神?折れない心?など)を連れて、修行をしていて泥だらけになっているのではないでしょうか。 そして時には死ぬほどに走馬灯がよぎったり、手も震えるくらいに怖くなるけれど、掴みたいものがある。 そんな感じで解釈しました。 この掴みたいものとはたぶん「強い自分、成長した自分」ではないでしょうか?目標もって日々精進していく。 そんな前向きな歌詞の表現だと思います。 そして次、 夜の匂いに空睨んでも 変わっていけるのは自分自身だけ それだけさ 作詞:LISA 夜の匂い・・・。 これは星空の事でしょうか?眺めるではなく睨む。 なぜ睨むのか・・・。 それはたぶん星空と自分を比較すると自分がちっぽけにみえますよね?だからちっぽけな自分ていうのが分かるから少し星空を恨めしそうに睨んでいるのではないでしょうか?眺めていても、恨んでも何も変わらない。 変わっていけるのは行動した自分。 日々精進した自分。 そんな自分を自分でさとしているのではないでしょうか? そして次、 強くなれる理由を知った 僕を連れて進め 作詞:LISA そして最初の繰り返し。 これは繰り返すことによって、弱い自分にサヨナラして強い自分を強く受け入れるために繰り返して歌ったのではないかと解釈しました。 より強くなるために日々精進。 そんな気持ちが伝わってくる歌詞だと解釈しました。 そしてサビ、 どうしたって! 消せない夢も 止まれない今も 誰かのために強くなれるなら ありがとう 悲しみよ 作詞:LISA 頭から離れないものがある。 どうしても頭から離れない夢。 これはたぶん悪い夢の事ではないでしょうか。 そして、必死で頑張ってるから止まっていられない。 成長するために強くなるためには悲しみも必要だと分かっていると言いたいのではないかと解釈しました。 だから、悲しみも否定せずに感謝している。 かなり前向きな歌詞です。 普通なら悲しみはあまり良くないことと思いがちですが、LISAさんは悲しみをも味方につけてる。 かっこいい歌詞だと思います。 良いサビですね。 そしてサビを終え次、 世界に打ちのめされて負ける意味を知った 紅蓮の華よ咲き誇れ! 運命を照らして 作詞:LISA これはそのままの意味合いでわかりやすいですね。 色々なことに挑戦していて時には負けることもあると知った。 そして、紅蓮の華。 ここがわからない・・・。 運命を照らして咲き誇る。 私なりの解釈では、修行など色々経験を積み、光となる存在に成長して自分の運命さえも明るく照らせるようになってきているというような解釈になりました。 アニメなりの解釈だとアニメ内でヒノカミ神楽炎舞という炎をまとって技を繰り出すシーンがあるのですがそれが紅蓮の華なんじゃないか。 ピンチな時に奥の手として技を出して目の前に立ち誇る強敵を倒すためにやった。 そういう場面がこの歌詞にはピッタリなんじゃないかと思います。 そしてサビも終わり次、 イナビカリの雑音が耳を刺す 戸惑う心 優しいだけじゃ守れないものがある? わかってるけど 水面下で絡まる善悪 透けて見える偽善に天罰 逸材の花より 挑み続け咲いた一輪が美しい 作詞:LISA 色々んな出来事が起きて戸惑うこともあるけど、時には優しさも捨てて強くなることも必要だと分かってる。 そして、善と悪がごっちゃになったり、見え見えの偽善さえもあってはいけない。 やってはいけない。 そんな理想の人になろうとめげずに頑張ってた人が尊敬できる存在なんじゃないか。 その存在が美しいのではないか。 そんな意味合いがあるのではないかと思いました。 そして次、 乱暴に敷き詰められた トゲだらけの道も 本気の僕だけに現れるから 乗り越えてみせるよ 簡単に片付けられた 守れなかった夢も 紅蓮の心臓に根を生やし この血に宿ってる 作詞:LISA 強くなってきた自分にいばらの道があらわれても乗り越える。 とても強い精神力を感じますね。 強い自分を追い続けてきたから多少の困難なら難なく越えられるようになった。 そして、守れなかった夢とはこれは目標みたいなものでしょうか?その目標みたいな夢が心に根をはり、今も根付いている。 悪い表現ではなく前向きな歌詞だと思います。 そして次、 人知れず儚い 散りゆく結末 無情に破れた 悲鳴の風吹く 誰かの笑う影 誰かの泣き声 誰もが幸せを願ってる 作詞:LISA 人はもろく良くないことが起こる。 それを笑う人もいれば泣く人もいる。 そんな色んなことが起きてるけど、みんな幸せを願っている。 もちろん、自分も。 これまで自分中心だった歌詞が周りの事を気にする歌詞になっていますね。 成長して自分に余裕出てきたからでしょうか、与える人となってみんなの光になっていく。 周りを助けていく。 そんな歌詞だと解釈しました。 そしてラストサビ、 どうしたって! 消せない夢も 止まれない今も 誰かのために強くなれるなら ありがとう 悲しみよ 世界に打ちのめされて負ける意味を知った 紅蓮の華よ咲き誇れ! 運命を照らして 作詞:LISA 最初のサビの歌詞と変わっていませんが、少し解釈が変わった気がします。 いろんなことがあって苦しむときもあるけれど、それを乗り越えて強くなって周りを助ける存在になりたい。 そんな意味合いが前の歌詞からの流れで読み取れるのではないかと思います。 アニメの場合では、妹を助けるために色々な試練に乗り越えて助けたいというような兄弟を想う強い心も感じ取れます。

次の

【歌詞翻譯】LiSA

歌詞紅蓮華

どうも。 LISAさんの曲「紅蓮華」が鬼滅の刃のオープニングに採用されてます。 アニメのオープニングは色んなキャラが出てきていて面白シーンあり、戦闘シーンありの詰め込まれたオープニングになってます。 とくにサビに入った時の戦闘シーンがカッコいい。 水の呼吸という技を使った時のシーンで水の龍が出てきます。 紅蓮華 ここは意味ありげ・・・ とは違うけど、サビのカッコいい部分と技のカッコいい部分が相重なってとてもいいです。 誕生日は1987年6月24日(2019年現在32歳)、2005年から活動していてソロデビューしたあとからの楽曲の多くが自分で作詞をしていて積極的に活動しているみたいです。 2019年現在も活動中。 LISAさんの声は芯があるような力強い声が特徴的だと思います。 私のイメージですが、アップテンポな曲を歌うのがめっちゃ似合っていると思います。 」などアニソンに採用されている曲もあります。 難しい・・・。 連れて進めとあるから自分ひとりの事でなく他者がいる複数形の表現?いやこれは複数系の表現に見えるけど実は僕、自分自身と対話しているのではないかと思いました。 まだ弱い自分に強い自分を連れていくそうして強くなる。 そんな歌詞だど解釈しました。 当たっているかは分かりませんがそう解釈することも出来ると思います。 そして次、 泥だらけの走馬灯に酔う こわばる心 震える手は掴みたいものがある それだけさ 作詞:LISA 前の歌詞から強い自分(前向きな精神?折れない心?など)を連れて、修行をしていて泥だらけになっているのではないでしょうか。 そして時には死ぬほどに走馬灯がよぎったり、手も震えるくらいに怖くなるけれど、掴みたいものがある。 そんな感じで解釈しました。 この掴みたいものとはたぶん「強い自分、成長した自分」ではないでしょうか?目標もって日々精進していく。 そんな前向きな歌詞の表現だと思います。 そして次、 夜の匂いに空睨んでも 変わっていけるのは自分自身だけ それだけさ 作詞:LISA 夜の匂い・・・。 これは星空の事でしょうか?眺めるではなく睨む。 なぜ睨むのか・・・。 それはたぶん星空と自分を比較すると自分がちっぽけにみえますよね?だからちっぽけな自分ていうのが分かるから少し星空を恨めしそうに睨んでいるのではないでしょうか?眺めていても、恨んでも何も変わらない。 変わっていけるのは行動した自分。 日々精進した自分。 そんな自分を自分でさとしているのではないでしょうか? そして次、 強くなれる理由を知った 僕を連れて進め 作詞:LISA そして最初の繰り返し。 これは繰り返すことによって、弱い自分にサヨナラして強い自分を強く受け入れるために繰り返して歌ったのではないかと解釈しました。 より強くなるために日々精進。 そんな気持ちが伝わってくる歌詞だと解釈しました。 そしてサビ、 どうしたって! 消せない夢も 止まれない今も 誰かのために強くなれるなら ありがとう 悲しみよ 作詞:LISA 頭から離れないものがある。 どうしても頭から離れない夢。 これはたぶん悪い夢の事ではないでしょうか。 そして、必死で頑張ってるから止まっていられない。 成長するために強くなるためには悲しみも必要だと分かっていると言いたいのではないかと解釈しました。 だから、悲しみも否定せずに感謝している。 かなり前向きな歌詞です。 普通なら悲しみはあまり良くないことと思いがちですが、LISAさんは悲しみをも味方につけてる。 かっこいい歌詞だと思います。 良いサビですね。 そしてサビを終え次、 世界に打ちのめされて負ける意味を知った 紅蓮の華よ咲き誇れ! 運命を照らして 作詞:LISA これはそのままの意味合いでわかりやすいですね。 色々なことに挑戦していて時には負けることもあると知った。 そして、紅蓮の華。 ここがわからない・・・。 運命を照らして咲き誇る。 私なりの解釈では、修行など色々経験を積み、光となる存在に成長して自分の運命さえも明るく照らせるようになってきているというような解釈になりました。 アニメなりの解釈だとアニメ内でヒノカミ神楽炎舞という炎をまとって技を繰り出すシーンがあるのですがそれが紅蓮の華なんじゃないか。 ピンチな時に奥の手として技を出して目の前に立ち誇る強敵を倒すためにやった。 そういう場面がこの歌詞にはピッタリなんじゃないかと思います。 そしてサビも終わり次、 イナビカリの雑音が耳を刺す 戸惑う心 優しいだけじゃ守れないものがある? わかってるけど 水面下で絡まる善悪 透けて見える偽善に天罰 逸材の花より 挑み続け咲いた一輪が美しい 作詞:LISA 色々んな出来事が起きて戸惑うこともあるけど、時には優しさも捨てて強くなることも必要だと分かってる。 そして、善と悪がごっちゃになったり、見え見えの偽善さえもあってはいけない。 やってはいけない。 そんな理想の人になろうとめげずに頑張ってた人が尊敬できる存在なんじゃないか。 その存在が美しいのではないか。 そんな意味合いがあるのではないかと思いました。 そして次、 乱暴に敷き詰められた トゲだらけの道も 本気の僕だけに現れるから 乗り越えてみせるよ 簡単に片付けられた 守れなかった夢も 紅蓮の心臓に根を生やし この血に宿ってる 作詞:LISA 強くなってきた自分にいばらの道があらわれても乗り越える。 とても強い精神力を感じますね。 強い自分を追い続けてきたから多少の困難なら難なく越えられるようになった。 そして、守れなかった夢とはこれは目標みたいなものでしょうか?その目標みたいな夢が心に根をはり、今も根付いている。 悪い表現ではなく前向きな歌詞だと思います。 そして次、 人知れず儚い 散りゆく結末 無情に破れた 悲鳴の風吹く 誰かの笑う影 誰かの泣き声 誰もが幸せを願ってる 作詞:LISA 人はもろく良くないことが起こる。 それを笑う人もいれば泣く人もいる。 そんな色んなことが起きてるけど、みんな幸せを願っている。 もちろん、自分も。 これまで自分中心だった歌詞が周りの事を気にする歌詞になっていますね。 成長して自分に余裕出てきたからでしょうか、与える人となってみんなの光になっていく。 周りを助けていく。 そんな歌詞だと解釈しました。 そしてラストサビ、 どうしたって! 消せない夢も 止まれない今も 誰かのために強くなれるなら ありがとう 悲しみよ 世界に打ちのめされて負ける意味を知った 紅蓮の華よ咲き誇れ! 運命を照らして 作詞:LISA 最初のサビの歌詞と変わっていませんが、少し解釈が変わった気がします。 いろんなことがあって苦しむときもあるけれど、それを乗り越えて強くなって周りを助ける存在になりたい。 そんな意味合いが前の歌詞からの流れで読み取れるのではないかと思います。 アニメの場合では、妹を助けるために色々な試練に乗り越えて助けたいというような兄弟を想う強い心も感じ取れます。

次の

紅蓮華 LiSA 歌詞情報

歌詞紅蓮華

LISAさんの経歴は?アニソン歌手? LiSAさんの出身高校は私立の富田高校という高校です。 偏差値が45ぐらいなので良くも悪くもない普通ですね。 LiSAさんの地元は岐阜で、地元の学校に進学していました。 でもLiSAさんはバンド活動に明け暮れていたため、帰宅部だったようです。 高校卒業後は、バンド活動に専念するため、大学には進学しませんでした。 あいみょん等の楽曲に続き5作目となる。 — ライブドアニュース livedoornews LiSAさんの音楽との接点は、 母親との関係で3歳の頃からピアノを通っていた所からです。 他にも習い事をしてて、 ロックの世界に興味を持ち、ロックを始めます。 高校時代はバンド「 CHUCKY」を結成します。 そしてオリジナルソングを作り売り出します。 ですが、ライブを最後とし、解散しています。 それでもロックが諦められなかった、 LiSAさんはロックが融合されたアニソン界に踏み込みます。 紅蓮花の歌詞は? まずは紅蓮華の歌詞を一挙に紹介します。 逸材の花より 挑み続け咲いた一輪が美しい 乱暴に敷き詰められた トゲだらけの道も 本気の僕だけに現れるから 乗り越えてみせるよ 簡単に片付けられた 守れなかった夢も 紅蓮の心臓に根を生やし この血に宿ってる 人知れず儚い 散りゆく結末 無情に破れた 悲鳴の風吹く 誰かの笑う影 誰かの泣き声 誰もが幸せを願ってる どうしたって! 消せない夢も 止まれない今も 誰かのために強くなれるなら ありがとう 悲しみよ 世界に打ちのめされて負ける意味を知った 紅蓮の華よ咲き誇れ! 運命を照らして 運命を照らして となっています。 何度聴いてもいい曲です! 紅蓮花の歌詞の意味は?徹底解説 人が強くいられる秘訣 歌詞の序盤に、 強くなれる意味を知った。 という歌詞があります。 その後に僕を連れてすすめ。 仲間と協力し、成長する姿が思い浮かんできます。 他人と相手は変えられないが、自分と未来は変えられる 歌詞中のなか、 変わっていけるのは、自分自身だけ、それだけさ。 これがそういう意味なんだと思います。 自分を変えるのは自分しかいませんよね。 試練は乗り越えられる者にしか与えられない 誰かのために強くなれるのなら。 素敵ですね。 その試練とは誰かを守るためにあるのだと思います。 鬼滅の刃の中でも助かった家族、 など色んな人の感謝がつまっています。 それを背負って戦う 鬼殺隊士のことを咲き誇れ と言ったのではないでしょうか。

次の