ポケモン 剣 盾 ミミッキュ 対策。 【ポケモン剣盾】ミミッキュの育成論と対策【ソードシールド】

【ポケモン剣盾】ミミッキュの入手方法と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン 剣 盾 ミミッキュ 対策

ミミッキュの強力な点• 特性「ばけのかわ」による行動保証• 「つるぎのまい」を使用し、並以上の素早さから強力な攻撃を仕掛けてくる• 一致先制技も持つ• ダイマックス技によって火力を底上げしつつ防御を下げたり状態異常を無効にする手段もある• 一致技によるタイプの補完もよい• 構成によっては受け潰しも可能 前作では鬼火などの状態異常よって火力を落とす事が出来たミミッキュですが、ダイマックス技の「ダイフェアリー」によってミストフィールドを展開し、状態異常を完全に防ぐ手段を得ました。 更にダイマックス技の「ダイホロウ」の追加効果で防御ダウン行うも出来るので単純な数値受けもしづらくなり、 アタッカーとして非常に強力にまとまっています。 更に「のろい」「いたみわけ」などを利用して大きく削りを入れてきたり、「トリックルーム」を使用してダイジェットを逆手にとる型なども存在します。 アタッカー型に関してはこちらも積み前提のタイプ受け、ミミッキュの攻撃を下げながらの数値受け、ミミッキュ全般においては特性「かたやぶり」によって「ばけのかわ」を貫通して落とす、連続技で「ばけのかわ」を貫通して落とす、相手の「ばけのかわ」を発動させた後にこちらのミミッキュで「ばけのかわ」を利用して倒すなどが主な対処法として挙げられます。 また、 先制して「ちょうはつ」を使用する事で「つるぎのまい」「のろい」「いたみわけ」などミミッキュに採用されやすい技を何れか無効にする事が出来ますが、変化技を使用せずに攻撃された場合もしっかりと考慮して技を選択していきましょう。 環境毎にどんな型が流行っているかを分析して対応していくとより安定した対策が可能になります。 具体的な対処例 特性「かたやぶり」 ミミッキュの代名詞とも言える「ばけのかわ」の 『攻撃を一度無効化する』という効果を無効にしてダメージを与えられます。 ミミッキュは素の耐久が高いわけではないので、特に物理技であれば弱点を突く、高火力のポケモンを使うなどで落とせる可能性が高くなります。 特性「かたやぶり」を持つポケモンの中でも、鋼タイプによってフェアリー技を受ける事が出来、且つ火力も高い「ドリュウズ」が特にオススメです。 素早さはミミッキュよりも低いので「link こだわりスカーフ」などを持たせる必要はありますが、「つるぎのまい」を使用するターンに後出しからでもミミッキュに大きな圧をかける事が可能です。 その他「オノノクス」はフェアリータイプで抜群を取られてしまうので後出しこそ厳しいものの素早さがミミッキュより早く、高い物理攻撃から圧力をかけられます。 タイプによって後出しもしやすく、特性の「ミラーアーマー」によって「ダイホロウ」の防御ダウンも跳ね返せる「アーマーガア」や、相手のランク補正を無効化出来る特性「てんねん」を持つヌオーなどが有力な候補となります。 どちらも防御を上昇させる技とHPを回復する為の技を持っている為、受けとして安定した仕事が見込めます。 攻撃側 防御側 ダメージ結果 命の珠持ち特化ミミッキュ(ダイフェアリー) HB特化ヌオー 24. 連続技は威力が低い場合が多いのでこれのみで倒すのは難しい事がほとんどですが、一切ダメージを与えられなかったという事が無くなるのでミミッキュに対しては通常の攻撃よりもバリューが高い行動と言えます。 パルシェンは特性の「スキルリンク」によって連続技が確定で5回出る上に防御が高く、対面からであれば「からをやぶる」による火力上昇で「ばけのかわ」が未発動の状態からでもHPを大きく削る事が出来ます。 「ばけのかわ」が残っている状態vs「ばけのかわ」を消費している状態であれば「つるぎのまい」による攻撃上昇問わず消費していない方が圧倒的に有利となるので どのタイミングでミミッキュを出すか、相手の「ばけのかわ」を消費させるか、というのをしっかりと考えつつターンを進めていくのが重要になります。

次の

【ポケモン剣盾】基本型ミミッキュの対策を解説!

ポケモン 剣 盾 ミミッキュ 対策

オーロンゲの壁張りでサポートからのトゲキッスのわるだくみダイマックスで、ポットデスのからやぶバトンからのダイマックスパッチラゴンで全抜きを狙いに行けます。 ブラッキーはあくびで相手を流したり、相手のダイマックスターンを消費させる起点作りとして活躍が可能です。 オーロンゲ特性「いたずらこころ」で 先制して壁を張れるのが優秀ですが、読まれることが多いため、相手の先制攻撃封じも可能なイエッサンなどもおすすめです。 単体で強力な2体が組んで弱い訳がなく、攻撃的なテンプレ構成での 対面構築から、ドラパルトが おにびで起点を作り、ミミッキュの剣舞から全抜きを狙う 積み構築など、コンビながら型は様々です。 パーティに入れ得の最強タッグ 前提として対策が必須になるこの2体は、パーティに入れるだけで 相手の選出を強烈に誘導できます。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 バンギラスの《すなおこし》でドリュウズの《すなかき》を発動させ、あらゆるポケモンを上から殴ります。 通称:バンドリ 性質上「アーマーガア」を投げられる可能性が非常に高いため、対策となるロトム、高火力の炎技を打てるポケモンなどを残りの1枠として選出したいところです。 単体性能が高く、偽装でも使われる バンギラスがドリュウズのサポーターとしてだけでなく、単体としての性能が凄まじいため、「さらさらいわ」を持たせて砂役になるだけでなく、「 弱点保険」で自身が抜きエースとして機能することもできます。 また、ドリュウズも、環境上ミミッキュ、ロトムが非常に多いため、特性をすなかきではなく「かたやぶり」を採用する型も多いです。 バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。 そこで物理耐久振り 鬼火祟り目ドラパルトを投げ、ミミッキュの機能停止&祟り目でそのまま仕留めます。 また、同じく環境トップメタのドラパルトはブラッキーでほぼ完封することができ、 ドラパミミッキュの並びに強いタッグともいえます。 また、環境にいる多くの物理アタッカーも見ることができます。 ブラッキーの苦手なかくとう技をドラパルトで空かせる点や、ドラパルトでは受けが効かない対象は、ブラッキーで受けやすい点なども高相性です。 通称:ロンゲキッス 後ろの抜きエースが積み技 剣舞、悪だくみなど を使用できるタイミングを作り、ダイマックス技の能力上昇も合わせて全抜きを狙う積み構築です。 抜きエースは高耐久で高火力のポケモンが望ましい オーロンゲは、起点作成次第倒れる前提で立ち回るため、数的不利な状況で積みエースに繋ぐことになります。 残っている相手のポケモン3体を全抜きができるエースは、壁込で耐久力が高く、且つ 《火力》《素早さ》《技範囲》が優秀なポケモンである必要があります。

次の

【ポケモン剣盾】オノノクスの育成論と対策【力の暴力!最強格のミミッキュキラー】

ポケモン 剣 盾 ミミッキュ 対策

ミミッキュは素早さで上をとっている相手に対し、 剣舞をしながら、攻撃をばけのかわで受け、上がった攻撃で仕留めるというのが基本的な戦い方となっている。 上を取られている場合でもかげうちで削ることができる。 相手のダイマックスターンを枯らせる ばけのかわは相手のダイマックスわざを凌ぐこともできる。 ばけのかわやダイウォールでダイマックスターン稼ぎが出来るのもミミッキュの長所だ。 最近ではゴーストダイブでさらに時間稼ぎをするミミッキュが増えてきた。 持ち物はいのちのたま以外もあり この型はいのちのたま型として紹介しているが、実はピントレンズやするどいツメもおすすめ。 個体値も0を目指そう。 ただしミミッキュは最遅でもそれなりに速いため、必ず有利になるわけではないので注意。 安定してトリックルームを発動可能 特性「ばけのかわ」により大抵の状況下で1回行動できるため、トリックルーム要員に最適。 鈍足アタッカーのドサイドンやローブシン、ヨクバリスなどに繋ぐと強力だ。 トリックルームのターンを無駄にせず早期退場を狙える上に、対面した相手に絶大な負担をかけられる。 ほぼ確定で身代わりを貼れるので、 素早さで勝っている相手なら一方的に倒すことができる。 基本的には技構成は固定 受けのHPを削るためののろいは必須。 みがわりがあると補助技を対策でき、いたみわけを覚えさせれば回復と削りを同時に行える。 攻撃技は威力重視でじゃれつくがおすすめだ。 攻撃技が無い構成もあり 対耐久型だけ見るのであれば、じゃれつくをに変更し、耐久に努力値を回す選択肢もある。 ドヒドイデやミロカロスのねっとうで身代わりが壊れないようにすると、より突破不可能な状況を作れる。 また先制でゴーストダイブをすることで、 ばけのかわと合わせてダイマックスターンを枯らす動きがしやすい。 でんじははダイジェットエース対策 でんじはは、ダイジェットを使用してくるエースポケモン対策として採用。 ミミッキュはやられてしまうが、後続のポケモンで対応しやすい状況を作れる。 パーティによってはウッドハンマーやみちづれなどに変更しよう。 ドラパルトやサザンドラを先に攻撃できる こだわりスカーフを持つことで、S種族値で劣るドラパルトやサザンドラを先に攻撃できる。 性格をいじっぱりにしているのは、4振りドラパルトをじゃれつくで確定1発にするためだ。 技や持ち物の選択肢 技の選択肢 技 解説 ・便利な先制技 ・急所率が高いタイプ一致技 ・ダイホロウでBダウンが可能 ・威力の高いタイプ一致技 ・ダイフェアリーで状態異常対策ができる ・のろいやダイマックスのターンを稼げる ・ヌオーやトリトドンに有効 ・でんきだまを持たせて使う ・ダメージを与えつつ相手をまひさせる ・対ミミッキュならばけのかわを剥がせる ・じめんタイプもまひする ・スカーフを持たせて使う ・相手をまひさせる ・みがわりとの相性がいい ・やけどにしてAを下げる ・やられる直前に使って1体をみちづれにする ・受けの補助技を封じる 持ち物の選択肢はかなり多い 持ち物は回復きのみ、特にオボンのみや攻撃重視のいのちのたまが定番。 でんきだまをなげつけるで投げてまひにするのもおもしろい。 殴り合う回数が多いのでひかりのこなで攻撃を外したり、スカーフをトリックで押し付けるのもありだ。 ばけのかわを貫通するか、物理を受けながらはがね技で抜群を狙える。 アーマーガアでほとんどなにもさせない アーマーガアの夢特性は、 能力を下げられず相手に跳ね返すというもの。 ミミッキュの攻撃で通るのはゴースト技だけであり、ダイホロウのBダウンの効果も跳ね返せる。 シャドークローの急所以外には安定した対応が可能だ。 ばけのかわを剥がしながら相性のいいポケモンに交代できるため、相手に1ターン与えずに済む。 物理耐久の高いノーマルタイプで対策 ミミッキュの攻撃技は基本的に ゴーストとフェアリータイプのみ。 ノーマルタイプでゴースト技を無効にすれば、攻撃手段はじゃれつく ダイフェアリー しかない。 物理耐久を厚くしたヨクバリスなどで対策が可能だ。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 攻略データベース.

次の