カブトムシ 土 カビ。 青カビが発生した際の対処方法について:Shiho的見解 » クワガタ・カブトムシ飼育情報:月夜野きのこ園

カブトムシを飼育!100均マットでカビを防げる?交換頻度は?

カブトムシ 土 カビ

もくじ• カブトムシの頭に白いカビのようなものが 一番期待していたさなぎが出てこないので心配でした。 幼虫からさなぎになり、体が黒くなるところまでは確認済み。 お尻の部分だけが見えていたので、オスかメスかの判別はできず、それがまた出てきた時の楽しみとなっていました。 ところが、他のさなぎが次々成虫になる一方でこのさなぎが動く気配がありません。 全く変化がなくなってしまったのです。 じっと見守る、という掟はわかっているのですが、どうしても気になってしまい、土をあけてみることにしました。 慎重に土を少しずつあけていき、蛹室まで到達。 脱皮した皮が残っていました。 そして、肝心のさなぎ。 脱皮したので色も黒くて立派。 オスでした。 ただし、ツノがとても短かかったです。 ペットボトルで育てていたもので、中が見えるので頻繁に動かしていました。 もしかして刺激が悪かったのかもしれません。 よく見ると、 頭の部分に白いカビのようなものがフワッとついていました。 はしでそっとさわってみても動く気配がなし。 羽化に失敗したのかなとこの白カビのことを調べてみたら、 ボーベリア菌という情報にたどりつきました。 ボーベリア菌• 昆虫病原糸状菌 こんちゅうびょうげんしじょうきん)• カビ病• 白きょう病 というキーワードに行き当たったものの、はっきりとコレ!とわかる情報はありませんでした。 もしかしたら動き始めるのかもしれないし、もう少し様子をみてみます。 調べた結果、人口蛹室というものを作るとよいということだったので、トイレットペーパーの芯で蛹室を作って飼育ケースに移し替えました。 カブトムシマットにできた白いカビみたいなもののせい? 梅雨の時期に入り、毎日じめじめしてきたころ、ペットボトルの飼育室に 白い菌らしきものが大量発生していました。 キノコ等の菌類が繁殖するのだそうです。 特に害はないとのことだったので放置していましたが、もしかしてこれが原因!? ただ、白いカビのような土よりも気になったことがあるのです。 土をあけるときに、とても固かった。 表面がカチカチだったのです。 最後に土を変えるときに、水分を含ませすぎたのかもしれません。 乾燥しすぎも幼虫にとってよくない環境ですが、湿らせすぎて土がよい状態でなかったのかもしれません。

次の

カブトムシ幼虫用の腐葉土は園芸用やダイソーでも育つ?ホームセンター購入時の注意点

カブトムシ 土 カビ

カブトムシ飼っていて色々トラブル起こるようですが、カビが生えたらどうすればいい?というのがあるんですね。 カビの種類も色いろあるんでしょうが実際のところどんな対応をすればいいんでしょうか。 ちょっと調べてみました。 【スポンサードリンク】 カブトムシの飼い方!そのカビの色は? それで、カブトムシを飼っていてカビが生えるというのはよくあることなんだそうです。 特に多いのが白カビ。 環境にもよりますが、マットの上が白くなるようです。 それで対応方法はどうするかというと、・・・ 特に気にしない! これですね。 身も蓋もないですが、白カビは特に気にしなくてよし!というのが結論です。 カブトムシを飼っているマットの白カビはなぜ気にしなくていいのか? 実はカブトムシの幼虫はカビや細菌にはめっぽう強く、少々のことではやられないんだそうです。 むしろ、そのカビはカブトムシの幼虫の餌になるくらいなんだとか。 そしてこの白いのは白色腐朽菌というカビの可能性が高いんだそうです。 この白色腐朽菌というのは木材を腐食させるカビの一種で、木材の成分であるリグニンを分解しセルロースを残すもの。 木材が茶色い色をしているのはリグニンによるもので、木材の主成分であるセルロースは白い色をしていますので、白色腐朽菌が木材中のリグニンを分解したら白く見えるというわけ。 このカビはそもそもカブトムシが生存している森や林には当然存在していますから、カブトムシはこの菌に対して耐性がある、というこなんです。 だから、白カビが発生していても大騒ぎすることなく見守る、というのが正解のようです。 ちなみに、このセルロースというのは木材の主成分で、これが加工されて白い紙になります。 紙の場合は木材からリグニンを人工的に化学処理で取り除いてセルロースを取り出すのですが、白色腐朽菌の方がはるかに品質の高いセルロースを作ることが出来るようです。 残念ながら、白色腐朽菌の処理では大量生産に向いていないので実用化は出来ていないようですが。 結局、それなりに白カビが生えてくる環境はカブトムシの幼虫には良い環境である、ということになります。 【スポンサードリンク】 カブトムシのマットに対するその他の注意点 白カビについては特に問題ないと分かったのですが青カビが生えるようならマットを取り替えたほうがいいようです。 ただし、青カビは滅多と生えてこないようです。 もう一つ、カブトムシは幼虫でも成虫でも糞はしますので、気になるようならマットをふるいにかけて糞を除くのがいいようです。 ということで、白カビについてはあまり気にする必要はなく、むしろマットを何ヶ月かに1回程度ふるいにかけて糞を取り除くような作業をした方がいいということのようです。 カテゴリー• 105• 3 最近の投稿• 最近のコメント• に セミリタイア生活 より• に たっちゃん より• に セミリタイア生活 より• に セミリタイア生活 より• に より アーカイブ• メタ情報• 運営者情報.

次の

カブトムシ幼虫育成日記:今度はダニが発生した

カブトムシ 土 カビ

蛹になる時期はだいたい5月に入ってから。 それが、 だいたい5月初めから中旬ごろ。 温かい温度で管理している方は4月に蛹になっていることもあります。 蛹の時期は非常にデリケートなので、マット交換は禁物です。 なるべく4月後半には最後のマット交換を済ませておきましょう。 春のマット交換についてはこちらの記事で詳しく解説しています。 蛹室を壊してしまうと羽化不全が起こりやすいので注意しましょう。 カブトムシが蛹になって羽化(蛹から成虫になる)までは、 約1か月! 蛹でいる期間も温度によってだいぶ変わります。 温度が高いと約1か月。 温度が低いと1か月以上。 たま~に、気の早いカブトムシは5月中に羽化していたりしますね。 遅いものだと7月終わりごろになってようやく羽化するものもいます。 2019年5月31日に野外で見つけたカブトムシ 羽化するタイミングが見られたらラッキー! カブトムシは蛹室(蛹がある空洞)をマットの中に作って、その中で羽化します。 なので、 基本的に羽化する場面は見ることができません。 ただし、 土の上で蛹になってしまったり、マット交換などで蛹室を壊してしまったときには、「 人口蛹室」で管理します。 (そう、これがピンチをチャンスに変える!ってやつです。 ) 飼育ケースの側面に蛹室がある場合も羽化を観察するチャンスかもしれませんね。 でも、いつ羽化が始まるのかはわかりません。 蛹の羽化が近くなったときの特徴を覚えておくといいです。 動かしたり、揺らしたりしないよう静かに見守りましょう。 羽化直後は触らないこと! カブトムシが無事に羽化に成功したら、そのまま安静にすることが大事です。 羽化直後はまだ前羽(カブトムシの硬い方の羽)も柔らかく、変形しやすいためです。 身体がやわらかい時期に振動や衝撃、傾きなどがあるとまだ動けないカブトムシが蛹室の壁に押し付けられて、羽が閉じなくなったり、角が折れ曲がったりしてしまいます。 カブトムシ本来の茶色や黒になってくると羽も少しずつ固まり始めます。 羽が固まるまでは、だいたい1週間くらいかかります。 それまでは、蛹室の中で寝返りをうつように時々回転している様子もみられますが、ほぼジッとしています。 成虫の色が安定してくると次は 蛹室から脱出して地上へ出てきます。 人口蛹室の場合は、中でもがいて出ようとしていたら外に出してあげましょう。 地上に出ても羽化して間もないうちは動きも鈍く、エサもあまり食べません。 身体の器官がまだしっかりできていないのかもしれませんね。 時々ひっくり返ってジッとしていることもあります。 心配になってしまいますが、 あお向けになって腹側を乾かしています。 枝木などつかまれるものを近くに置いて起き上がれるようにしておきます。 ただ、 いつエサを食べ始めてもいいように昆虫ゼリーは入れておきます。 エサを食べ始めるまでは、 オスメスは別にしておいた方が無難です。 (わが家は一緒にしてしまっていますが・・・。 ) メスが成熟していないのに、オスが交尾をしようとしてしまうためです。 原因 振動や衝撃・傾きなど外力によるもの 蛹室の形(多頭飼育やマットの量・深さ) カビ・キノコ・木片などの異物 乾燥や多湿によるマットの状態 累代(何代も子ども同士をかけ合わせる) 特発性(原因不明) それではひとつずつ説明していきます。 振動や衝撃・傾きなど外力によるもの 振動や衝撃によって蛹室自体が壊れてしまうと羽化不全の可能性が高まります。 蛹室の形(多頭飼育やマットの量・深さ) 飼育密度が高すぎる、マットの量が不足している、深さが足りない 、といった原因で蛹室がうまく作れなかった場合、蛹の段階または羽化直後に身体が変形してしまうことがあります。 多頭飼育では蛹室が近いところに密集しやすい性質があるんです。 ということは、羽化して動き出す個体とまだ蛹の個体が 「密」になっている可能性が高いってことです。 羽化する時期にタイムラグがあると成長の早い個体が他の蛹室を壊してしまうことがあるんですね。 カビ・キノコ・木片などの異物 マットによっては、蛹室内の空洞にカビ・キノコが発生してしまうことがあります。 そうすると柔らかい蛹や羽化直後はその影響で変形しやすくなります。 とくにカビは要注意です。 カビの原因はマットの劣化と加湿しすぎによるものです。 マットを長期間使っていると雑菌が発生しやすくなります。 カブトムシも雑菌に対する免疫はありますが、あまりに多すぎると負けてしまいます。 とくにカビは真菌。 カビは手強いです。 私もノコギリクワガタの蛹がカビにまかれているのをずいぶん経験しました。 乾燥や多湿によるマットの状態 蛹室はカブトムシの幼虫が体液やフンで周囲のマットを固めますが、乾燥しすぎると崩れることがあります。 反対に加湿をしすぎると、蛹室内に水たまりができてしまったり、カビが生えやすくなったりします。 難しいですよね。 私は、4月の最後のマット交換のあとはほとんど加湿しません。 容器に深さをもつことで下部の湿度を保つことにしています。 上部2~3㎝は乾燥しても下の方は渇いていないことが多いです。 多湿と乾燥で怖いのは多湿のほう。 初めての方は、「少し乾燥気味かな」と思うくらいの方が安心です。 累代(何代も子ども同士をかけ合わせる) カブトムシやクワガタは累代飼育に強いといわれています。 ベテランの方たちは累代を重ねて大きさ競っていたりします。 ただ、やっぱり累代飼育を長年続けていると羽化不全や奇形の割合も増えてくることが考えられます。 野外で採集したものなら考える必要ありませんが、自家繁殖でもらったものは累代を重ねている可能性もあります。 自分で繁殖させたものは友達と交換し合ったりして違う血を入れるのもいいかもしれませんね。 特発性(原因不明) どんなに注意して対策をしても一定の割合で羽化不全や病気、突然死の個体はでます。 生き物を飼育する上では仕方ないことなのかもしれません。 飼育しているカブトムシが無事に成長してほしいのが本心ですが、 全部が無事に羽化できるわけではないことも頭に入れておきたいですね。 羽化不全の対策 対策 適切な温度管理 マットの状態(深さ・量・湿度・清潔) 安静を保つ 飼育密度を小さくする 羽化した個体は別にする 適切な温度管理 室内でも 日の当たる場所に置いておくと、5月~6月はかなりの高温になります。 日当たりには充分注意しましょう。 マットの状態(深さ・量・湿度・清潔) マットは少し乾燥気味を意識して、 深さは15㎝以上。 「できれば」ですが、4月のマット交換は新しいものが望ましいです。 安静を保つ 蛹室を壊さないため。 蛹(サナギ)の中身はドロドロ。 羽化直後はやわらかい。 できるなら単独飼育。 しょうがない場合でも大きい容器で飼育したいところです。 羽化した個体は別にする これも成長の遅い個体を安静にさせるためです。 最後に。 羽化不全は、だれでも起こり得ます。 ある程度は仕方ないことです。 羽化不全してしまった個体でも軽い程度であれば、育成や繁殖にほとんど問題ない場合が多いです。 もちろんここまで育て上げた大切なカブトムシ。 こんなことはないとは思いますが、「変形、奇形の個体を野外に放してしまった。 」なんてことがないように 最後まで責任をもって面倒をみてくださいね。 卵が孵化、幼虫から育てて羽化までがカブトムシ飼育の醍醐味です。 蛹から羽化がいちばんのクライマックスです。 すごく神秘的な姿で、感動的!なかなか経験できない場面ですので楽しんでくださいね。 こんな商品も見つけました。 少し値段が高いですが、 これを参考に人口蛹室をオアシスで作ってみるのもいいかもしれません。 (国産カブトムシは蛹室をタテに作るので縦て使いましょう。

次の